ジーナ カラーノ - 「マンダロリアン」キャラ・デューン役ジーナ・カラーノが解雇 SNSでの不適切投稿を受けて(2021年2月11日)|BIGLOBEニュース

カラーノ ジーナ ジーナ・カラーノ、『マンダロリアン』解雇後は「かつてないほど自由」

SWドラマ出演のジーナ・カラーノ不適切投稿で解雇

カラーノ ジーナ ジーナ・カラーノとは

カラーノ ジーナ ルーカスフィルムが『マンダロリアン』の出演女優ジーナ・カラーノを解雇!

カラーノ ジーナ ジーナ・カラーノ騒動とアメリカの特殊な「表現の自由」|うまみゃんタイムズ|note

「スター・ウォーズ」シリーズの俳優が解雇。差別的なSNS投稿が問題に

カラーノ ジーナ 「マンダロリアン」解雇のジーナ・カラーノ、ルーカスフィルム作成の謝罪文を拒否したと証言 ─

ジーナ・カラーノとは

カラーノ ジーナ 「マンダロリアン」キャラ・デューン役ジーナ・カラーノが解雇 ─

カラーノ ジーナ SWドラマ出演のジーナ・カラーノ不適切投稿で解雇

カラーノ ジーナ 「マンダロリアン」キャラ・デューン役ジーナ・カラーノが解雇 ─

カラーノ ジーナ ジーナ・カラーノとは

ジーナ・カラーノが美人格闘家女優過ぎてつらい【『デッドプール』にエンジェル・ダスト役で出演】

カラーノ ジーナ 「マンダロリアン」のジーナ・カラーノ、SNSでの不適切発言を受けてルーカスフィルムが解雇。(VOGUE JAPAN)

ジーナ・カラーノ騒動とアメリカの特殊な「表現の自由」|うまみゃんタイムズ|note

さらにジーナはマスクをつけている人たちの写真をアップして「カリフォルニアはこんな状況」とマスク着用派を批判したり、「ジェフリー・エプスタインは自殺したのではない」と性犯罪者のエプスタインの死にまつわる陰謀論を展開したりしていた。

  • アメリカの「表現の自由」 ここで改めて思ったのですが、ヨーロッパとアメリカの「表現の自由」って大きく異なると言われるんですよね。

  • デットラインにジーナは、「デイリーワイヤーは、私の夢の1つ、自分の映画を創作し製作する手助けをしてくれている」「私は叫び、私の祈りは叶えられた。

  • 2021年2月12日閲覧。

「マンダロリアン」キャラ・デューン役ジーナ・カラーノが解雇 SNSでの不適切投稿を受けて(2021年2月11日)|BIGLOBEニュース

アメコミ映画からミニシアター系までなんでも観ます。

  • 『スター・ウォーズ』アクション・フィギュアなどでおなじみの 米玩具大手Hasbro社は今後、キャラ・デューン関連の商品を製造する予定はないとThe Hollywood Reporterに回答している。

  • また、に関しては陰謀論を訴えたり、やマスクの着用を揶揄するような投稿をに行った。

  • によると、所属エージェントとも契約が終了したという。

ジーナ・カラーノとは

しかしながら、ジーナ・カラーノ騒動は、ロザンヌ以上の遺恨を残すかもしれません。

  • 当初、このキャラクターは「スター・ウォーズ」のファンから人気が高かったが、カラーノの一連のコメントを受けて急速に意見が変わりつつあった。

  • GBR 2009年3月10日• 俳優活動 [編集 ] 監督のスパイ・アクション映画『』(2012年日本公開)では主演を務めた。

  • カラーノが「マンダロリアン」で演じたキャラ・デューンは、主人公のマンドーやベビーヨーダ、グリーフ・カルガと共に活躍した。

『スター・ウォーズ』のスピンオフ「マンダロリアン」のジーナ・カラーノ、差別発言でドラマを解雇される(ELLEgirl)

(編集部・入倉功一). カラーノはこれ以外にも、以前からコロナ禍でのマスク着用を問題視する投稿やトランスジェンダーに対する差別的発言、大統領選には不正があったとするトランプ氏の主張を支持する投稿などもしており、SNSでは#FireGinaCarano(ジーナ・カラーノを解雇しろ)のハッシュタグがトレンド入りしていた。

  • そのほかさまざまな投稿が問題視され、シリーズファンの間で物議を醸していた。

  • 「意見の同調を強いて攻撃してくる左派勢力」を意味するのであろう「暴徒 mob 」への反抗を貫いてきたジーナは、解雇後も黙っていませんでした。

  • このことで、他の人々にも、同様の行為ができると激励になればと願っているわ。

ジーナ・カラーノが美人格闘家女優過ぎてつらい【『デッドプール』にエンジェル・ダスト役で出演】

「民主党派セレブリティも共和党をナチスに例えているのに、保守派が民主党に対して同様の比較をすると大企業から追放されるのか」といった左派キャンセルカルチャー批判です。

  • The Daily Wire創設者で政治評論家のベン・シャピロも、「権威主義的なハリウッドの左翼を侮辱したとして、 とルーカスフィルムに捨てられた素晴らしい才能を持つジーナ・カラーノ」「考え方が違うというだけでキャンセルを続けるハリウッドに見せつけてやるのです。

  • 同シリーズで元反乱軍兵士キャラ・デューンを演じていたジーナは、前大統領の率いた共和党を支持。

  • 「憲法が表現の自由を基本的人権として定めているため、米国におけるヘイトスピーチを直接的に規制することはできない」。

ジーナ・カラーノが美人格闘家女優過ぎてつらい【『デッドプール』にエンジェル・ダスト役で出演】

最初に政府が隣人たちにユダヤ人であることだけを理由に彼らを憎むように仕向けた。

  • 公表する声明や謝罪についてルーカスフィルムとやり取りをしたのは、それが最後のことでした」。

  • (以下THR)に情報筋が語ったところによると、12月にルーカスフィルムは、カラーノが主演する「スター・ウォーズ」のドラマシリーズの発表を計画していたが、11月にツイートしたカラーノの投稿により中止になったとのこと。

  • 今、政治観を理由に人を憎むのとどこが違うのだろうか」と投稿。




2021 cdn.snowboardermag.com