古楽 の 楽しみ - NHKクラシック トピックス:NHK

楽しみ 古楽 の 関根敏子氏: ちょっとカゲキなクラシック評論

古楽の楽しみ

楽しみ 古楽 の 古楽の楽しみとは

古楽の楽しみ

楽しみ 古楽 の 古楽

楽しみ 古楽 の 講師プロフィール|フォンス・フローリス古楽院

楽しみ 古楽 の ヒルデガルトフォンビンゲン 古楽名盤聞き比べ(CD比較)短調は悲しい

楽しみ 古楽 の オンエア情報:鈴木優人 NHK

楽しみ 古楽 の 古楽の楽しみ

楽しみ 古楽 の 年の初めに、心落ち着く「古楽」を聴いてみよう(cdn.snowboardermag.comサプリ 2018年01月05日)

講師プロフィール|フォンス・フローリス古楽院

楽しみ 古楽 の ヒルデガルトフォンビンゲン 古楽名盤聞き比べ(CD比較)短調は悲しい

オンエア情報:鈴木優人 NHK

楽しみ 古楽 の 古楽の楽しみ

古楽の楽しみ、他 LX (随時追記)

古楽の楽しみ

Stephen Cleobury 英• Venice Baroque Orchestra• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

  • 古代ギリシャではグレゴリオ聖歌のように単旋律の音楽だけで和音は使われてなかったと考える方が 不自然ですが、資料として残っているのは単旋律の音楽と個々の音階だけで、当時の和音のことは分 かっていないわけです。

  • 花井哲郎 Tetsuro Hanai フォンス・フローリス古楽院院長 古楽演奏家。

  • 声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に、ヴォイストレーニングを Vocology in Practice の小久保よしあき氏に師事。

古楽の楽しみ

グレゴリオ聖歌は前の記事で触れましたので、内容はヒルデガルト・フォン・ビンゲンからルネサンス後期の合唱曲までです。

  • それもあって、あえて似非(えせ)学者風になることを恐れずに古楽も取り上げる ことにしました。

  • 女性が作った同じく単旋律の 合唱曲ですが、ヒルデガルトが予言者のように存在の向こう側を見透す体験を重ねていたことに関係があるのか、どこか深遠で心洗われるような響きに聞こえる のです。

  • 帰国後、桐朋学園大学・早稲田大学・立教大学・昭和音楽大学・東洋大学講師を歴任。

関根敏子氏: ちょっとカゲキなクラシック評論

指揮者としてアンサンブル金沢、NHK交響楽団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。

  • Musica Amphion カナダ [ ]• 確かに最後はレで終わっていてスケールとしては古代のフリギアンと言えます。

  • フランス語などできない方がおかしいと言われたら、何も言えません。

  • Richard Egarr 英• The Orchestra of the Age of Enlightenment• それでもその音楽からはそうした現実的平衡の精神を超えた何かが聞こえてくるような気もします。

オンエア情報:鈴木優人 NHK

Jordi Savall 西• ではどうして中世の音楽がそういう音になったかといえば、それは頭で考えた理屈によって生まれてきたものだからだと言えると思います。

  • 何種類もの話があることから女性の地位回復を願う無意識の悲願があったことは確かでしょう。

  • London Classical Players• というのは最初の一単位のフレーズが「ソレー・レー、シドレドー」な ので、ソから始まっている音階のように現代の我々の耳には聞こえるからです。

  • 古楽の演奏 [ ] 作曲当時には常識であったがために、に明示されていない演奏上の要素、すなわち、、、などの解釈や、、、の特性などは、時代と共に変化している。

オンエア情報:鈴木優人 NHK

フランスにおいてコンチェルトが協奏曲として最初に使われたのは ナポリのマシッティが1727年に出版した曲集の作品7 同年ボワモルティエも作品15を出す、 5本のフラウト・トラヴェルソ、通奏低音無し ~~~~~ 「協奏曲 ト長調 作品21第3から アフェットゥオーゾ」 ボワモルティエ:作曲 (フラウト・トラヴェルソ)フランク・テウンス、(合奏)レ・ビュファルダン 「協奏曲 ト短調 作品4第4から アダージョ」 コレット:作曲 (フラウト・トラヴェルソ)フランク・テウンス、(合奏)レ・ビュファルダン ~~~~~ 「協奏曲 ニ長調 作品26第6から 第1楽章、第3楽章」 ボワモルティエ:作曲 (ヴィオール)ヤープ・テル・リンデン、(合奏)ムジカ・アンティクァ・ケルン、(指揮)ラインハルト・ゲーベル 5つのソナタの後にコンチェルトがひとつ チェロ・ヴィオル・バソンの低音楽器で演奏することができる ~~~~~ 「協奏曲 作品12第1」 ジャン・バティスト・カンタン:作曲 (バイオリン)ハージョ・ベース、(ヴィオール)ヤープ・テル・リンデン、(合奏)ムジカ・アンティクァ・ケルン、(指揮)ラインハルト・ゲーベル パリ生まれのヴァイオリン奏者、ドイツでも名を知られる 1718年オーケストラ奏者となる ヴァイオリンソナタやトリオソナタなど19の曲集を出版 第一楽章は対位法 イタリア風の楽章の間にヴァイオリンが美しく歌う 第三楽章ラルゴが挿入されている ~~~ 決して暗くない優美な短調は確かにイタリア風。

  • 日本で人気が出たのはイ・ムジチからでしょ う。

  • また12年間にわたってオランダのカトリック教会のカントルとして勤務した経験を持つ。

  • Brigitte Lesne, Discantus ヒルデガルト・フォン・ビンゲン他 / ホルトゥス・デリキアム(12世紀のグレゴリオ聖歌) / ディスカントゥス / ブリジット・レーヌ フランスのボーカリストで様々な楽器をこなし、中世音楽の指揮もするブリジット・レーヌ率いるディスカントゥスの演奏です。

古楽

これまでNHK-FMの本放送開始以前から40年以上にわたり同時刻に放送されていた『』を改題・リニューアルする形で3月28日に放送が開始された。

  • 古楽演奏を花井哲郎氏、アカペラ・アンサンブルのハーモニー理論を犬飼将博氏に師事。

  • 音楽史の研究に基づいて、作曲当時の演奏様式を考慮した演奏が主流となっている。

  • でも、その当時のフランス語などできないのが、おおかたのバロック音楽ファンなのです。

古楽の楽しみとは

主なところをちょっと要約してみま しょう: 「ミクソリディアンとシ ントノ・リディアンのモードは悲しみを表現し、フリギアンは平和、尊厳、節度を表して礼拝に向き、イオニアンとリディアンはリラッ クスしてやわらかく、酒を飲むとき用であって軍隊では禁じられるべきであり、ドリアンは誠実さの感覚を生み出し、危機と戦争においての使用に合っていて戦 士にふさわしい」(プラトン「ラケス(または勇気)」、「国家」) 「ミクソリディアンは悲 しく厳粛にさせ、フリギアンにはバッカスの激しさがあって熱中・興奮させて感情的にし、イオニアンとリディアンなどのリラックス (弛緩)させるモードは人々をぼけ(stupid)させ、ドリアンは心を落ち着け、厳粛で男らしく(勇ましく)して行き過ぎを防ぐ」(アリストテレス「政 治学」) 二人の意見はフリギア ンのニュアンスが違うけれども後は同じようです。

  • オランダ [ ]• 低音部の持続による和声も試みます。

  • フランスは18cに入ってからトラヴェルソの愛好家が増え、楽譜も出版されるように 協奏曲はそれほど残っていない ~~~~~ 「フルート協奏曲 ト長調 作品17第5から 第2楽章、第3楽章」 ジャック・クリストフ・ノード:作曲 (リコーダー)フランス・ブリュッヘン、(合奏)ウィーン・コンツェントス・ムジクス、(指揮)ニコラウス・アーノンクール 作品17は田園風の楽器の他トラヴェルソ、リコーダー、オーボエでも演奏可能 ジャック・クリストフ・ノードの名は国際的にも記されており ドイツの演奏家クヴァンツの自伝にも記されている 宮廷で流行していたハーディガーディやバグパイプも演奏できた ~~~~~ 「フルート協奏曲 ニ長調 作品11第1から 第1楽章、第3楽章」 ノード:作曲 (フラウト・トラヴェルソ)パール・ネーメト、(合奏)カペラ・サヴァリア 多くの音楽愛好家をパトロンに持ち彼らの屋敷で私的な演奏を好んだ 作品11にはトラヴェルソと明記、いずれもイタリア音楽を手本 ~~~~~ 「フルート協奏曲 ホ短調から 第1楽章、第2楽章」 ピエール=ガブリエール・ビュファルダン:作曲 (合奏)ムジカ・アンティクァ・ケルン、(指揮)ラインハルト・ゲーベル 作品は2曲しか残されていない コンスタンチノープルに滞在した折、J. 東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。

  • 天啓の音楽 グ レゴリオ聖歌の成立以降で多声になる前の古楽の中では、12世紀のヒルデガルト・フォン・ビンゲンの曲が大変印象的です。

オンエア情報:鈴木優人 NHK

フォンス・フローリス古楽院講師、音楽文献目録委員会事務局長。

  • バロック時代までの鍵盤楽器は「チェンバロ」と呼ばれ、国や様式の違いによってハープシコード、スピネット、クラヴサン、ヴァージナルなどとも呼ばれます。

  • たとえば、この時代には現在のようなピアノはまだありませんでした。

  • Jean Lamon 米• Martin Perlman 米• 関根敏子 Toshiko Sekine 音楽学。




2021 cdn.snowboardermag.com