成果を上げる 挙げる。 仕事で成果を上げる人は、軸のおき場所が違います

「成果をあげる」に関連した英語例文の一覧と使い方

成果を上げる 挙げる

「挙げる」の敬語はすぐに思い浮かびますか。 敬語は敬うべき相手や行為がないと成り立ちません。 「挙げる」の意味を知り、どのような状況で何に対して敬うのかを考えてみましょう。 「座る」「食べる」などの人が直接行う動作はわかりやすく、敬語にしやすい言葉です。 「挙げる」は人の動作でしょうか。 そこに敬語が成り立つ関係性はあるのか見ていきます。 「挙げる」の意味 「挙げる」は「上へと動かす、事を実行する、指し示す」の意味があります。 もっと意味を詳しく見てみましょう。 「利益や成果を出す」「具体的に示して、話題の中からの選別をはかる」「犯人を捕らえる」「証拠などを見つける」「自分の子をもうける」「すべての能力を出す」「組織の人たちが皆ですること」「結婚式をする」 単独では意味をなさない「挙げる」 「挙げる」は目的になる語がないと何のことだかわかりません。 例えば「飲む」「書く」「見る」は目的語がなくても意味がわかります。 「飲む」はジュース、お茶、コーヒーのどれを飲んでも「飲む」という意味は変化しません。 「挙げる」は何を挙げるか、目的語によって意味が変わります。 犯人を捕らえる「挙げる」と、利益を出す「挙げる」では意味が違います。 「挙げる」のミニ例文 「挙げる」をもっとわかりやすくイメージするために、簡単な例文を挙げます。 「利益を挙げる」「例を挙げる」「手を挙げる」「犯人を挙げる」「証拠を挙げる」「一男一女を挙げる」「全力を挙げる」「国を挙げて行う」「結婚式を挙げる」 敬語の種類 敬語は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つに分かれます。 「尊敬語」は、行為の主体が話し手よりも上位であることを表す敬語です。 謙譲語は行為の及ぶ相手が話し手よりも上位であることを表す敬語です。 丁寧語は話し手よりも聞き手の方が上位であることを表す敬語です。 もう少し詳しく敬語を見ていきましょう。 謙譲語 「謙譲語」は自分をへりくだって言う敬語です。 自分を低く言うことで、結果として相手を高めて敬うことができます。 「謙譲語」には「型」があります。 語彙(ごい)自体を変える語は「伺う」「拝見する」「いたす」などがありますが、「挙げる」は語彙の変化する語ではありません。 「お(ご)~する、いたす」「お(ご)~いただく」が謙譲語の型です。 「挙げる」を当てはめてみると「お挙げする」「お挙げいただく」となります。 シーンにより相応しい方を使います。 尊敬語 「尊敬語」は相手の行為を敬う敬語で、相手を高めることができます。 「尊敬語」には型があります。 「お(ご)~になる」「お(ご)~なさる」「~れる・られる」です。 実際に「挙げる」を入れてみましょう。 「お挙げになる」「お挙げなさる」「挙げられる」になります。 状況に相応しい尊敬語を選びます。 丁寧語 「丁寧語」は語尾に「です」「ます」「ございます」を付けて丁寧に言う敬語です。 名詞の前に「お」や「ご」を付けて丁寧に言う敬語も「丁寧語」です。 丁寧に言うことは相手を敬うことになり敬語とみなされます。 「挙げる」を当てはめると「挙げます」になります。 「挙げる」の敬語での使い方 「尊敬語」の表現で 相手が主体になって「挙げる」行為に対して敬い高めるときに、「尊敬語」の表現を使います。 「お(ご)~になる」「お(ご)~なさる」「~れる・られる」の型に当てはめてみましょう。 「利益をお挙げになる」「例を挙げられる」になります。 「利益をお挙げになる」は職場の同じ位置の社員に向けてでしたら嫌味になります。 「例を挙げる」では尊敬するほどのことではないため、「例をお挙げになる」のようにな表現は過剰な敬語になってしまいます。 「例を挙げられる」程度の尊敬語にしておいた方が無難です。 「謙譲語」の表現で 自分をへりくだって相手を立てたいときは「謙譲語」の表現を使います。 「お(ご)~する、いたす」「お(ご)~いただく」に当てはめてみましょう。 「結婚式をお挙げいただく」「全力をお挙げいたします」になります。 「結婚式をお挙げいただく」とへりくだって言うのは、結婚式場の人、結婚式をしてもらうことで利益が出る人が使います。 友人や知人が謙譲語で言ったらブライダルスタッフと思われるでしょう。 「全力をお挙げいたします」は自分の力では足りないけれど、頑張って持っているすべてを投入しますという意味です。 「お挙げいたす」も大げさで「全力でいたします」の方が自然です。 メールでの使い方 これまで見てきたように「挙げる」では過剰な敬語は相応しくありません。 メールでも過剰な表現にならないように気を付けます。 相手がしてくれたことを尊敬語で言いたいときは「挙げられる」、謙譲語では「挙げていただく」の丁寧過ぎない敬語にします。 「挙げます」の丁寧語でも相手を敬うことになるため、使うことができます。 結婚式での使い方 「挙げる」は「結婚式を挙げる」と使いますが、尊敬語では「結婚式をお挙げなさる」にすると挙げること、実行することが変に強調されてしまいます。 「結婚式を挙げられる」にして言葉を添えて次のように言います。 「素敵な結婚式を挙げられましたね、ご結婚おめでとうございます」 「挙げる」を敬語表現するときの例文 「挙げる」と「上げる」は似ていて区別が難しいですが、「会議で手を上げられました」は「会議で手を挙げられました」の言い換えの敬語表現です。 微妙に意味合いは違います。 「手を上げられました」は手を上に上げられたという、手を上に上げる運動による状態を言っているに過ぎません。 「手を挙げられました」は次のように考えられます。 「挙げる」の意味の中に「具体的に示して、話題の中からの選別をはかる」というものがあります。 つまり大勢の中で手を挙げて示すことで、手を挙げてない人と区別をしている意味があります。 「上げる」か「挙げる」のどちらの言葉が適切か、人の解釈次第でどちらにも取れる場合があります。 「挙げる」の対義語・反対語の敬語表現.

次の

成果は上げる・挙げるどっちが正しい?成果をあげる方法とは

成果を上げる 挙げる

「上げる」と「挙げる」の意味 まずは「上げる」と「挙げる」の意味を見てみましょう。 他と比較して高い状態になる。 好ましい結果を得る。 家の中に入れる。 表し示す。 検挙する。 意味によっては「上げる」と「挙げる」で共通のものもあれば、「挙げる」だけが持つ意味もあるようです。 特に「上げる」には実に幅広い意味がありますので、「挙げる」の意味で使われているのかどうかを判断するのが良さそうですね。 「上げる」と「挙げる」の違い 「上げる」と「挙げる」の違いを端的に説明するのは難しいところ。 「上げる」には 上昇の意味や終了の意味があるのに対して、「挙げる」は 成果を残したり、意思を表示する意味を持つのが大きな違いでしょうか。 つまり「上げる」は上下に関わるものが中心で、挙げるは上下に関係なく成果に関するものが多いということになります。 この辺りの違いを踏まえると、「上げる」と「挙げる」の使い分けがなんとなくお分かりになってくるかと思います。 次からは具体的な例文を元に、「上げる」と「挙げる」の違いを見ていきましょう。 「上げる」と「挙げる」の使い分け ここでは「上げる」と「挙げる」のどちらが適切か、その使い分けについて解説していきます。 「床に落ちた本を棚にあげる」 この場合は「上げる」を使います。 本を棚に上げるのは上下に関係していますよね。 「フォワードがシュートを決めて得点をあげる」 この場合は「挙げる」を使います。 得点という成果に関係していますね。 「今回の事件でも警察は必ず犯人をあげるだろう」 この場合も「挙げる」を使います。 犯人を捕まえるという成果であり、検挙という単語でも使われますね。 このように上下に関係するか成果に関係するかで考えると、「上げる」と「挙げる」の使い分けは大抵見分けられそうです。 「上げる」と「挙げる」と「揚げる」 同じあげるという言葉には「上げる」と「挙げる」の他にも「揚げる」がありますね。 「揚げる」には「上げる」よりも特に高くあげる意味がありますので、国旗を揚げる(国旗掲揚)や唐揚げを揚げるといった場面で使います。 場合によっては「上げる」との違いが少し分かり辛いかもしれませんね。 「上げる」と「挙げる」でも紛らわしい場面では違いが分からなくなるかもしれません。 手をあげるという文章では、どちらも当てはまる可能性があります。 単純に上下運動として手を上げるのか、何か主張があって手を挙げる(意見がある人は挙手、みたいな場面)で意味に違いが出るんですね。 というわけで、大抵のケースでは違いが分かりやすい「上げる」と「挙げる」。 上手く使い分けられそうでしょうか?.

次の

成果は上げる・挙げるどっちが正しい?成果をあげる方法とは

成果を上げる 挙げる

「上げる」と「挙げる」の違いが難しい!!! 以前にも同じような内容で質問があったみたいですが、今一度ということでご協力願います。 「~の事業について成果をあげた」の場合の「あげる」が、どちらなのかで迷っています。 共同通信社:記者ハンドブックでは、〔効果・成果が上がる(アップする)〕と、〔効果・成果・好成績を挙げる(残す)〕で使い分けるとあります。 一方、朝日新聞社:用語の手引では、〔効果が上がる・成果を上げる〕と、どちらも「上げる」で統一されています。 皆さんはどうお感じですか。 次の3つの中から選んでご回答・ご意見をお願いします。 3つの中から選んでくださいとありますが、それを別にして、参考まで。 研究社から出ています「日本語表現活用辞典」(監修 姫野昌子)2004年6月発行によれば「高い成果を上げる」と書かれています。 集英社発行の「漢字を正しく使い分ける辞典」(2006年2月発行 著者 中村 明)では、「上げる」は、<下から上に移す><程度を高くする>の意味で、主に「下げる」「下ろす」に対する場合に用いる。 また、<声を出す><埃などを出す><与える><供える><済ませる>などの意味の場合でも「上げる」と書く、としています。 「挙げる」は<手や腕を上方に差し出す>の意味のほか、<事を起こす><こぞってする><捕まえる><明らかにする>などの意味で用いるとしています。 補助動詞で、<人のためにあることをする>の意味で用いる場合は、ふつう仮名書きにするとしています。 辞書より抜粋) [8] 定形のないものやひそんでいたものを、現れるようにする。 (ア) 煙・炎などを、上方に立ちのぼるようにする。 《上》 (イ) 大きな声を発する。 《上・揚》 (ウ) 利潤やよい成果をおさめる。 証拠などを発見する。 《挙》 「利潤やよい成果をおさめる」《上・挙》...どちらでも良いとなっていますが、普通「上げる」を使う。 「数値などを具体的に示す」《挙》.....「挙」には「示す」の意味があります。

次の