サザエさん一家家系図。 フリーのエクセル家系図の使い方!便利機能を解説!

親等の数え方なんですがサザエさんでみるとどうなるのでしょう?

サザエさん一家家系図

Contents• 家系図というと手書きのイメージをもつ方も多いかもしれません。 もちろん、手書きの方が風情はあります。 しかし、後世に残すことを考えるとやっぱりデータ保管がおすすめ。 紙での保管だと、万が一紛失した場合は復元が不可能ですよね。 エクセルで作っておけば、Dropbox等を使ってインターネット上で保管できるので安心。 フォーマットもきれいで読みやすいし、何よりたくさんの情報管理(生年月日、没年月日、戒名、住所など)が可能です。 手書きでたくさんの情報を書くのは大変ですもんね。 まぁ20代の若者であれば、エクセル(パソコン)で作成することに抵抗はないはず。 数分ほど触っていれば何となく使い方が分かるはず。 ここでは特に便利な機能や特徴を順番に紹介していきます。 マクロで家系図を自動生成 何といっても一番のメリットはこれ。 皆さん家系図のイメージはお持ちだと思いますが、こんな感じのきれいな家系図が作れます。 方法は、家系図の名前の少し上の部分をクリックするだけ。 (カーソルを持っていくとクリックできる所があります) 家系図を見ていて、この人の情報が知りたいなーとなった時、すぐに移動できるのでとても便利。 この辺りの細かい配慮も、ユーザーの利便性を考慮していて素晴らしいですよね。 コメントで年齢or享年を表示 これも細かいですがユーザーとしては嬉しい機能。 この人今何歳だろう?とか、この人何歳で亡くなったのだろう?という疑問がすぐ解消できます。 個人カードで、生年月日(既に亡くなった人は没年月日も)を入力しておけば、自動的に現在の年齢(あるいは享年)が計算され、表示されます。 見方は、家系図上で、名前の部分にカーソルを持っていくだけ。 すると、エクセルのコメントとして年齢(or享年)が表示されるという仕組み。 本当によく考えられたツールですね。 自分の家系を色で識別可能 さて、続いては家系図における重要なポイント。 もう一度、サザエさんの家系図を見てみましょう。 名前の部分が黄色の人と水色の人がいますね。 このように、家系によって色分けの設定ができるんですね。 分け方は以下の3通り。 本人、配偶者、兄弟• 本人、配偶者、兄弟、配偶者兄弟• 直系 それぞれどういう風に違うかを説明する前に、まずは言葉の定義から。 (マスオさんは婿養子なので、波平の次はマスオさんではなく、波平の子供であるサザエさんになります) 配偶者:本人の配偶者。 波平の場合は舟、サザエの場合はマスオになります。 兄弟:本人の兄弟。 上の代も下の代も、繋がっているところまで。 (少し分かりにくいので、理解できなくてOK。 サザエさん一家で言うと、磯野家で生まれた人達と、そこへ嫁いできた人達(舟やマスオ)となります。 マスオさんの兄弟とか、磯野家のイメージ全くないですもんね。

次の

『サザエさん』 磯野家に学ぶ“現代間取り術” [住宅設計・間取り] All About

サザエさん一家家系図

登場人物の多いアニメを見ていると「あれ?この人とこの人ってどういう関係?」なんて混乱してしまいませんか? そこで有名なアニメをより面白くしてくれる、家系図や相関図をご紹介します! 1. サザエさん一家の家系図 出典: 出典: 言わずと知れた『サザエさん』の家系図です。 サザエさんの家は、磯野家とフグ田家の地世帯住宅になっています。 意外なのは、サザエさんの従兄弟であるノリスケさんが5人兄弟だったこと。 フネさんの義姉の名前の『おこぜ』さんもちょっと面白いです。 野比一族の家系図 出典: 出典: 『ドラえもん』に登場するのび太くんの一族の家系図。 もともとドラえもんが誕生した時代に暮らすセワシくんは、のび太くんを『おじいちゃん』と呼んでいますが実際には孫ではなく、漫画の初登場シーンでは孫の孫、と紹介されています。 こんなにたくさんのご先祖様たちが登場していたことにも驚きです。 しんちゃん一家の家系図 出典: 出典: 『クレヨンしんちゃん』に登場する野原一家を中心とした家系図です。 家庭内ではみさえが強いイメージですが、ひろしはみさえよりも6歳も年上だったんですね。 みさえの姉妹『むさえ』『まさえ』、ひろしの兄『せまし』の名付け方の適当さに注目です。 スヌーピーと仲間たちの相関図 出典: 出典: 映画『I LOVE スヌーピー』が公開されることもあり、改めて注目を集めているスヌーピーと仲間たち。 スヌーピーには兄弟が5人います。 モテ男チャーリー・ブラウンに想いを寄せる、マーシーとペパーミント・パティが友人関係(原作ではマーシーがペパーミント・パティを慕っている)であることが気になります。 サマーウォーズ相関図 出典: 出典: 今年『バケモノの子』が公開された細田守監督作品の『サマーウォーズ』。 ヒロインの親族一同が数多く登場し、初見では「この人は誰の息子?」「この人たちは兄弟?」と混乱してしまうことも。 しかし、この相関図を見れば一目瞭然です。 いかがでしたでしょうか?登場人物の関係性がわかれば、映画やアニメがさらに面白くなるのではないでしょうか。 こんな記事も読まれています• blogimg. jp 突然ですが、質問です。 「あなたは絵が得意 […]• タイムズのカーシェア入会してきたんだけど、教習所の100倍わかりやすい冊子くれた pic. twitter. co […]• main. jp 「ターミネーター」 言わずと知れた世 […]• 数多いジブリ作品の中でも、皆さんが共感を覚える内容はそれぞれだと思います。 その中から今回は、「家族」というキー […]• jp 日本にある企業の99%が中小企業なのだそうです。 たくさんのサ […].

次の

磯野家の家系図(画像版) : サザエさんラボ[研究所]

サザエさん一家家系図

磯野家 家系図 日本の国民的人気テレビアニメと言えば、1969年から放送が始まった誰もが知っている「サザエさん」ですが、磯野家の家系図で登場人物を整理すると、その関 係性が一目瞭然。 また年齢や学歴などサザエさんの登場人物に関するトリビアもご紹介します。 サザエさんの歴史 毎週日曜日の18時30分からテレビ放送しているサザエさんは、2020年の東京オリンピック前に節目の50年を迎えます。 私たちの世代はテレビ放送しか知りませんが、サザエさんは元々新聞掲載の漫画から始まっています。 サザエさんの漫画は、1946年に九州の地方新聞 「夕刊フクニチ」で連載を開始し、「朝日新聞」の朝刊では1951年から1974年までの23年にわたって掲載された国民的人気漫画です。 磯野家の歴史 サザエさんが愛される理由 毎週日曜日の18時30分から放送しているサザエさんは、2020年の東京オリンピック前に節目の50年を迎えます。 長く愛され続けているサザエさんの魅力は、登場する一人ひとりの個性が豊かです。 磯野家はもちろんのことながら、その周りを固める脇役も際立っています。 好きな「サザエさん」脇役ランキング• 波野イクラ:ノリスケの子ども• 花沢花子:カツオのクラスメイト• 波野ノリスケ:波兵のおい• 穴子さん:マスオの同僚• 三郎:三河屋のサブちゃん• ハチ:伊佐坂一家の飼い犬• 裏のおじいちゃん• 伊佐坂難物:隣の家の小説家• 波野タイ子:ノリスケの妻• 伊佐坂ウキエ:お隣さん ランキング1位を確認したのは、波平のおいである「波野ノリスケ」の子ども「波野イクラ」ちゃんです。 突出した癒し役として、存在感を放つイクラちゃんは、「はぁ~い」のかわいらしい声に癒されている方は多いのではないでしょうか。 2位はカツオのクラスメイトの「花沢花子」さん。 小さな悩みなら吹き飛ばしてくれそうな豪快な性格のキャラクターは、学校や会社のリアルな生活の中にいて欲しいタイプの人物かもしれません。 サザエさんの登場人物の年齢• 磯野波平 :54歳• 磯野フネ :52歳• 磯野カツオ :11歳• 磯野ワカメ :9歳• フグ田マスオ:28歳• フグ田サザエ:24歳• フグ田タラオ:3歳• 波野ノリスケ:25歳• 穴子さん :27歳 サザエさんの登場人物は高学歴• 磯野波平 :京都大学• 磯野フネ :日本女子大学• フグ田マスオ:早稲田大学商学部(二浪)• フグ田サザエ:あわび女子学園• 波野ノリスケ:東京大学法学部• 波野タイコ :立教大学経済学部• 伊佐坂難物 :早稲田大学第一文学部(中退)• 伊佐坂お軽 :日本女子大学• 伊佐坂甚六 :早稲田大学理工学部(三浪)• 伊佐坂ウキエ:東京理科大学理工学部• 穴子さん :京都大学 住所は東京都住み 以下3つの住所がサザエさんの家だという説があります。 東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目までは3つと共通です。 東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目10番地• 東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目51番地• サザエさんの知られざる都市伝説14• サザエさんは元探偵社に勤めていた• タラちゃんが筋肉増強剤を使って、オリンピックで活躍するストーリーがある• 伊佐坂先生は歌舞伎の女形の修行をしていた• カツオの初代声優はドラえもんの声の大山のぶ代• TV放送のオープニングの観光地めぐりは、各観光地からお金が支払われている• オープニングの曲は実は二番が使われている• 波兵は結婚を二度している• 伊佐坂先生は覚せい剤(ヒロポン)中毒だった• TV放送のエンディングのジャンケンはグーが一番勝つ確率が高い• 磯野家は泥棒に18回入られている• 磯野家の食卓には魚が並ぶことはない サザエさん第一話.

次の