自賠責保険 コンビニ クレジットカード。 自動車保険はクレジットカード払いにしなきゃ損!ポイントやクレカ払いへの変更方法に保険7社簡単自動車保険まとめ

バイク自賠責保険のコンビニでの加入と更新方法

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

2016年7月1日から大阪では 自転車保険の加入が義務付けられました。 既に兵庫県など一部の都道府県では自転車保険の義務化が始まっており、大阪が義務づけたとなると今後は 全国的に自転車保険の義務化が広がっていくかもしれませんね。 実際に、2017年10月からは名古屋で義務化がスタートし、2018年4月からは京都で自転車保険の加入が義務化される予定です。 自転車保険の保障は クレジットカードを使って備えることもできますので、本ページで自転車保険が付帯するクレジットカードの一覧を紹介します。 まず必要な保障や準備する方法をまとめて紹介していますが、すぐに自転車保険が付帯するクレジットカードの一覧を見る方はからご覧ください。 (ページ内の一覧に飛びます)• 新しく自転車を購入する人• 今自転車を持っている人• 大阪に自転車で乗り入れする人• 大阪でレンタサイクルを利用する人 大阪の条例では、これから新しく自転車を購入する人だけでなく、「今自転車を持っている人」や「大阪に自転車で乗り入れする人」、「大阪でレンタサイクルを利用する人」など、 大阪で自転車に乗る人全てに、自転車保険の加入を義務付けています。 特に注意したいのが 大阪府に自転車で乗り入れをする際にも条例は適用されるので、サイクリングで大阪を走るとか大阪でレンタサイクルをする場合にも自転車保険が必要になってしまいます。 この条例を受けて、自転車保険の加入を検討されている人も多いと思いますが、 自転車保険は単体で加入すると割高です。 自転車保険は、クレジットカードの付帯保険や自動車保険、火災保険の特約などで保障を準備することができ、自転車保険に加入するよりも保険料が安くすみます。 自転車保険で必要になる保障 個人賠償責任保険に加入すれば保障を準備できる 自転車保険で必要になる 保障は個人賠償責任保険に加入することで準備できます。 個人賠償責任保険とは「他人に怪我をさせたりものを壊してしまった場合に、治療費や損害を賠償するためのお金を補償する」保険です。 けがをさせた場合の治療費だけでなく、 他人の物を壊した場合にもその損害を補償してくれます。 つまり「自分以外に発生した損害」に対する補償です。 自転車での高額賠償は他人を怪我させた場合に発生する損害賠償です。 事故を起こした場合には治療費だけでなく、働けなくなった分を補償したり、障害を負わせた場合には将来稼ぐはずだった金額を補償しないといけません。 そのため被害者が若者であるほど賠償額は高額になり、 1億円近い賠償が出たこともあります。 自分のけがの治療費などは高額療養費でカバーできる その他に発生する損害として考えられるのは、 自分の怪我の治療費や自分の もの(この場合は自転車)の損害です。 ただこの損害はあまり大きくはなりませんし、治療費についても高額療養費制度があるので1ヶ月入院しても10万円くらいの自己負担で済みますので、今回はこの保障は考えないこととします。 まずは自動車保険、火災保険の特約をチェック そういう意味で自転車保険と同様の保障が必要であれば、 個人賠償責任保険に加入すれば良いことがわかります。 クレジットカードの付帯保険をはじめ、自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任特約として保障をつけることができますので、すでに保険に加入している人は まずは保険契約と特約の内容を確認してみることをおすすめします。 保険会社にもよりますが、自動車保険や火災保険の特約であれば年額1,000円から2,000円で加入することができると思います。 自動車保険の場合、満期が近づいている人は一括見積もりを使うと保険料が安くなり、個人賠償責任保険(自転車保険)をつけてもこれまでより保険料が安くなります。 こちらから見積もりできるので、一度試してみてください。 自動車保険や火災保険など、特約を追加できそうな 保険に加入されていない人や、保険の 内容を確認するのが面倒という方は、 クレジットカードの付帯保険で用意されるのがお手軽かつ保険料が安くなりおすすめです。 前置きが長くなりましたが、個人賠償責任保障が付帯保険として追加できるクレジットカードを一覧にしましたので参考にしていただければと思います。 自転車保険が付帯するクレジットカード一覧 自転車保険(個人賠償責任保険)が付帯するクレジットカードは以下のカードです。 上記のカードを作った後に会員専用ページのメニューから「保険」などを選択して、対象の保険にそれぞれ申し込みをすることで保険に加入することができます。 掛け金は月額で120円から300円程度となっており、現在提供されている主な 自転車保険よりも安い保険料で加入することができます。 示談交渉とは事故が起きたときに相手方と行う交渉のことで、「示談交渉あり」の個人賠償責任保険に加入していると、保険会社が示談交渉交渉を代行してくれます。 示談交渉は相手方の交渉担当がプロの場合も多く、交渉には時間もエネルギーも使うことになりますので、こちらも 第三者(プロ)に任せるのが基本です。 ですので示談交渉ありのサービスを選びましょう。 おすすめはJCBカードかイオンカード 示談交渉がついているのは「JCBトッピング保険」、「三井住友VISAカードのポケット保険」、「イオンカードの保険」の3つです。 この中から選ぶと良いでしょう。 保険料はJCBトッピング保険が最も安いですが、JCBカードはほとんどのカードで年会費がかかります。 スタンダードなカードは初年度年会費は無料ですが、 2年目以降は1,350円の年会費がかかります。 三井住友visaカードも同様です。 JCBカードで年会費無料のカードにはネット限定で申し込める JCB CARD Wがありますので、JCB CARD Wを作ることで、 年間コストを最も安く自転車事故に備えることができます。 (月額保険料は120円になります) すべてのカードの 年会費が無料なのがイオンカードです。 さらに 入会キャンペーンで5,000ポイント以上のポイントをプレゼントしていることもあるので、キャンペーン特典も加味するとイオンカードがお得になることもあります。 私はイオンで買い物することが多く、もともとイオンカードを持っていたのでイオンカードの個人賠償責任保険に加入しました。 長く自転車保険に加入するつもりの人や 保険料を安くしたい人はJCBカード(JCB CARD W)、保険期間が2年以内の予定の人やイオンで買物をする人はイオンカードを選ぶのが良いでしょう。 三井住友カードも保険料は大きく変わらないので、すでに三井住友カードを持っている人や銀行系の信頼感のあるカードを持ちたい人はポケット保険も良いですね。 自転車保険に単独で加入する• 自動車保険や火災保険の特約で保障を用意する• クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険を利用する 自転車保険の補償を用意する方法について見てきました。 自転車保険の補償を用意するには、「自転車保険に単独で加入する」か、「自動車保険や火災保険の特約で保障を用意する」か、「クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険を利用する」かの3種類の方法があります。 自転車保険単独で加入すると保険料が割高になる可能性がありますので、自動車保険や火災保険の内容を確認して、極力特約ですむようにしつつ、必要に応じて クレジットカードの個人賠償責任保険を活用していきたいですね。 今回紹介した自転車保険が付帯するクレジットカードの一覧を再度掲載しておきますので、気になるカードがあれば公式ページで詳細をチェックしてみてください。

次の

コンビニ振込用紙をクレジットカードで支払うことは可能?セブンイレブンやファミマにおいて、電気代や携帯料金をカード払いできるか解説。

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

「自分のタイミングで払い込みをしたい」「銀行口座にお金を入れる時間がない」など、自動車保険料のコンビニ払いを希望する人は少なくありません。 自動車保険の更新では、これまでの支払方法を引き継ぐことがほとんどです。 他の支払い方法にはどのような方法があったのか忘れている人が多いでしょう。 新規加入の際、コンビニ払いができるかどうかを選択基準のひとつに考える人もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、自動車保険のコンビニ払いについて詳しく解説します。 自動車保険の支払い方法 自動車保険の支払い方法には、複数の選択肢があります。 また、お得な支払い方法もあるので、自動車保険選びの際にはチェックしたいポイント。 ここでは、自動車保険の支払方法にはどんな方法があるのかを中心に、支払い方法の種類についてお伝えします。 意外と豊富な支払い方法 自動車保険の支払い方法は「口座振替(引き落とし)」を予想する人が多いかもしれませんね。 それだけではなく、実は多くの支払方法が用意されています。 クレジットカード払い• ネットバンク含む銀行振替• 口座振替(引き落とし)• 払込票:銀行やコンビニ すべての自動車保険ですべての方法が選べるわけではありませんが、複数の選択肢が用意されていることが一般的です。 コンビニ払いもあります。 この中で、自分で振込手続きをする「銀行振替」は、手数料を利用者が負担するケースが多いでしょう。 他の方法は手数料がかからないことがほとんどなので、選ぶ際の参考にしてみてください。 支払い方法にこだわりがあるなら、希望の方法が選べるか先に確認が必要です。 最近は、窓口や営業担当者に現金を渡す方法はあまりないようです。 安全面でも不安がありますので、何か事情がある場合を除き、現金の受け渡しは避けることをおすすめします。 支払い回数は3択 支払い方法は、主に3種類で、「分割払い(月払い)」「年払い」「長期一括」です。 一般的に、月払いより年払い、そして年払いより長期一括払いが保険料総額は安くなります。 分割払いにして割増になる会社と、一括払いにすると割引される会社がありますが、どちらにしても、一回で支払えるのであればまとめて払った方がお得です。 お得という点では、同じ会社で長く加入しているほうが割引されますし、インターネット申し込みも一般的に保険料が安くてお得なので検討してみましょう。 自動車保険はコンビニ払いできる 本題のコンビニ払いについてです。 「自分の都合が良い日程で支払いをしたい」「領収書を手元に残したい」など、コンビニ払いを利用したい人も多いのではないでしょうか。 上記でお伝えしたように、自動車保険はコンビニ払いが可能です。 すべてではありませんが、コンビニ払いできる自動車保険は多いので、安心してください。 ただし、コンビニ払いは条件があります。 ここでは、自動車保険のコンビニ払いについて、利用できる保険と条件をお伝えします。 コンビニ払いできる自動車保険 コンビニ払いできる自動車保険は、たくさんあるので、一覧で紹介します。 ソニー損保• AIG損保• あいおいニッセイ同和損保• SBI損保• 東京海上日動• イーデザイン損保• おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)• 三井ダイレクト損保• セコム自動車保険• 損保ジャパン日本興亜• アクサダイレクト• そんぽ24• チューリッヒ• 共栄火災• 三井住友海上• 日新火災 大手の自動車保険の多くがコンビニ払いに対応しています。 すでに加入している自動車保険が上記にあって、現在クレジットカード払いをしているけどコンビニ払いにしたいという場合も対応してもらえるので、契約している保険会社に相談してみましょう。 利用できるコンビニ 自動車保険のコンビニ払いは、「払込票」でおこないます。 自動車保険の多くの商品がコンビニ払い対応ですが、コンビニ側で対応していないと支払いができません。 自動車保険の支払いができる主なコンビニ• セブンイレブン• ファミリーマート• ローソン• ミニストップ 地域が限定されますが、セイコーマートも利用可能です。 払込票の裏に利用できるコンビニの記載があるので、支払に行く前に確認しておきましょう。 コンビニ払いは現金一括払いのみ 自動車保険でコンビニ払いができることや自動車保険の支払い方法には分割払いがあることを紹介しました。 では、コンビニ払いで分割はできるのでしょうか? また、クレジットカードで支払うことができるのか知りたい人も少なくないでしょう。 ここでは、コンビニ払いで対応できる支払い方法をお伝えします。 自動車保険のコンビニ払いでは分割払い不可 自動車保険には分割払いと一括払いがあります。 分割払いは、一回ごとの支払額が少ないので貯金で支払えないときに助かります。 しかし、一括払いと比較して支払い総額が多くなるのがデメリット。 一括払いは、一度払えばしばらく保険料のことを忘れていられることや割引が適用されるのがメリット。 しかし一度の支払額が高額になることがデメリットです。 自動車保険のコンビニ払いは、一括払いのみ。 分割払いができない点に注意が必要です。 クレジットカードの使用不可 自動車保険の支払い方法には、クレジットカード払いが含まれていました。 しかし、コンビニ払いを選択するとクレジットカードは使えません。 自動車保険のコンビニ払いでは、現金一括払いのみ対応しています。 電子マネーも原則不可です。 クレジットカードで払いたい人の多くが、ポイントがつくメリットに魅力を感じているのではないでしょうか。 クレジットカードのポイントがほしい場合、コンビニ払いは選択しないように気を付けてください。 例外でnanacoは利用可能 電子マネーでの支払いは不可とお伝えしましたが、実は、例外があります。 セブンイレブンで利用できるnanacoのみ、自動車保険のコンビニ払いで使えます。 さらに、チャージするときに「セブンカード・プラス」というセブンイレブン提携のクレジットカードが使用できます。 他のクレジットカードからはチャージできません。 このため、nanacoにセブンカード・プラスからチャージしてnanacoで自動車保険料をコンビニ払いするという方法で結果的にクレジットカード払いが可能です。 チャージする際にポイントがつきます。 コンビニで加入できるその他の保険 コンビニ払いについてみてきましたが、コンビニで加入できる自動車保険があるのをご存じでしょうか? 一般的な長期契約の自動車保険ではありませんが、コンビニで加入できるのは簡単ですので知っておくと便利です。 ここでは、バイクの自賠責保険と一日保険をご紹介します。 バイクの自賠責保険はコンビニで加入できる 原付バイクや250cc以下のバイクは、購入時に加入した自賠責保険の期限が切れると自分で加入しなくてはいけません。 購入店で加入できますが面倒に感じる人もいるかもしれません。 そんなときは、コンビニで簡単に加入できます。 加入手順はとても簡単です。 支払いをすると、保険標章(自賠責保険に加入していることを証明するステッカー)と自賠責保険のしおり、領収書をもらえます。 その場で加入が完了するので便利です。 これもセブンイレブンでnanacoが利用できます。 1日自動車保険 友達の車を借りて運転するとき、1日だけの自動車保険に加入すると安心です。 この1日限定の自動車保険もコンビニで即日加入できます。 ローソン:ちょいのり保険(引き受け会社:三井住友海上)• セブンイレブン:1DAY保険(引き受け会社:東京海上日動) どちらも、24時間補償してくれる保険です。 保険適用開始時間を指定できるので、運転開始時間にあわせて契約してください。 補償内容も3つのプランから選択できます。 必要な分だけ保険をかけられて、無駄がありません。 契約は、バイクの自賠責保険と同様に、ネットで事前予約後、マルチコピー機で申し込みをしてレジで支払うだけ。 とても簡単です。 もし支払いを忘れたら猶予期間について 自動車保険の支払いをコンビニでできるとお伝えしましたが、コンビニ払いのデメリットは、支払日を忘れてしまう可能性があることです。 もし支払いを忘れたらどうなるのでしょうか? 実は、自動車保険には、猶予期間があります。 期限までに支払うのは当然ですが、うっかり忘れてしまわないとも限りません。 ここでは、猶予期間についてお伝えします。 猶予期間は3ヶ月 保険は契約なので、料金を支払わなければ契約を解除されます。 しかし、自動車保険は、支払いを忘れても、いきなり契約解除にはならず、猶予期間があります。 その猶予期間は、一般的に3ヶ月。 何度か督促状を送ってくれるので、全く気付かないまま契約解除されるケースは考えにくいです。 自動車保険は、自分のための保険でもありますが、相手のための保険という性質もあります。 そのため、支払がないから即解除とはなりません。 支払い忘れに気づいても、慌てずにすぐ支払いをすることが大切です。 猶予期間に事故が起きたら では、猶予期間中に実際事故が起きてしまった場合の保障はどうなるのでしょうか? 猶予期間ということは、保険料が未払いということです。 不安ですよね。 猶予期間中の事故は、猶予期間が終了する前に保険料を支払えば補償してもらえますから安心してください。 契約解除後の事故は、さすがに補償を受けられません。 もし未払いがある場合は期日までに支払いをしましょう。 ケガをして入院しているなど事情があれば考慮してもらえるので、支払いが期日までにできない場合は保険会社に相談してください。 また、契約解除後に事故が起こった場合も事情によっては救済措置をとってくれることもあるので、何か困ったことがあれば、一旦保険会社に相談すると良いでしょう。 自動車保険のコンビニで支払いへの変更は早めに連絡しよう! 自動車保険はコンビニでの支払いができる商品がほとんどです。 コンビニ払いは、期日までであれば自分のタイミングで支払いができることや領収書が貰えるなどのメリットがあり、現金一括払いが原則です。 新規契約時だけでなく、更新時の支払い方法変更もできます。 しかし、更新時の変更は手続きに時間がかかるので、コンビニで支払いたい場合は、早めに保険会社に申し出てください。

次の

バイク自賠責保険 | セブン‐イレブンで入る保険(三井住友海上)

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

インターネットを使えば、ネットショッピング感覚で自賠責保険に加入することもできます。 実際の店舗に行く必要もなく 24時間いつでも申し込むことができるので、時間を気にせず自宅でゆっくりと自賠責保険の申し込みができます。 ほとんどの代理店が クレジットカードでの支払いに対応しているので、カードのポイントを貯めたい人にメリットのあるサービスでしょう。 しかし、コンビニのように即日で自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)とステッカー(保険標章)が受け取れるわけではなく、 申込みは契約開始の7日前から1ヶ月前に行わなければならない点で注意が必要です。 自賠責保険が切れかけていて、すぐに自賠責保険を契約したい方はをご覧になると良いでしょう。 インターネットで自賠責保険に加入する際の注意点 インターネットでの自賠責保険の加入は自分で入力した内容で契約が行われるため、自賠責保険証明書とステッカーが届いたら 記載内容に誤りがないか確認するようにしましょう。 そうならないためにも、契約の前にはしっかりと「必要なもの」や「必要な情報」調べておきましょう。 自賠責保険の加入・更新に必要なものと必要な情報 「自賠責保険の加入・更新に必要なもの」 軽二輪自動車(126cc〜250ccのバイク)の場合• 軽自動車届出済証• 現在契約している自賠責保険の契約書(更新の場合)• クレジットカード(料金についてはをご確認ください) 原動機付自転車(原付)の場合• 標識交付証明書• 現在契約している自賠責保険の契約書(更新の場合)• クレジットカード(料金についてはをご確認ください) 「自賠責保険の契約に必要な情報」• ナンバープレートの番号(自動車届出済証・標識交付証明書に記載)• 車台番号(自動車届出済証・標識交付証明書に記載)• 契約者の郵便番号・住所• 契約者の氏名• 保険開始希望日時 それでは、インターネットでの自賠責保険の加入の仕方についてご紹介したいと思います。 インターネットで自賠責保険に加入できる保険会社一覧 三井住友海上で自賠責保険の契約をする インターネットだけで申込みが完結します。 自賠責保険証明書とステッカーは後日送付されてきます。 この際、 配達記録郵便にて送られてくるので安心です。 支払いはクレジットカードのみ対応しており、保険開始はインターネットでの申し込みから最短で7日後、最長で1ヶ月後になります。 引受保険会社(正式名称) 三井住友海上火災保険株式会社 申し込みの手順• 申し込みをする前にを確認、用意しておきます。 三井住友海上の申し込みサイトにアクセスして、ページ内にある「申し込みボタン」を押して、自賠責保険の契約に必要な情報を記入して送信します。 契約後、およそ1週間で登録住所に配達記録郵便にて 自賠責保険証明書と ステッカーが届きます。 それまではバイク・原付に乗車できません。 自賠責保険証明書を受け取ったら、記載されている内容に間違えがないか確認してからバイクや原付に備え付けます。 損保ジャパン日本興亜で自賠責保険の契約をする インターネットだけで申込みが完結します。 自賠責保険証明書とステッカーは後日送付されてきます。 支払いはクレジットカードのみ対応しており、保険開始はインターネットでの申し込みから最短で7日後、最長で1ヶ月後になります。 引受保険会社(正式名称) 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 申し込みの手順• 申し込みをする前にを確認、用意しておきます。 にアクセスして、ページ内にある「申し込みボタン」を押して、自賠責保険の契約に必要な情報を記入して送信します。 契約後、およそ1週間で登録住所に普通郵便にて 自賠責保険証明書と ステッカーが届きます。 それまではバイク・原付に乗車できません。 自賠責保険証明書を受け取ったら、記載されている内容に間違えがないか確認してからバイクや原付に備え付けます。 東京海上日動で自賠責保険の契約をする インターネットだけで申込みが完結します。 自賠責保険証明書とステッカーは後日送付されてきます。 支払いは銀行振込のみ対応しており、クレジットカードを持っていない場合に有効です。 保険開始は最短で入金確認日、最長で1ヶ月後になります。 申し込みをする前にを確認、用意しておきます。 にアクセスして、ページ内にある「申し込みボタン」を押して、自賠責保険の契約に必要な情報を記入して送信します。 自賠責保険料と振込口座の案内がメールにて提示されるので、そちらの指示に従って銀行入金を行います。 入金確認後に保険開始となり、その後およそ1週間で登録住所に普通郵便にて 自賠責保険証明書と ステッカーが届きます。 それまではバイク・原付に乗車できません。 自賠責保険証明書を受け取ったら、記載されている内容に間違えがないか確認してからバイクや原付に備え付けます。 まとめ:オススメのインターネット自賠責保険 いかがでしたでしょうか?車検のない原付や250cc以下のバイクはインターネットで簡単に自賠責保険に加入することが出来ます。 しかし、簡単に加入できるがゆえに 間違った情報のまま契約してしまい、事故が起きてから対応が大変と言った不具合も起きてしまっているのが現状です。 そうならないためにも、契約後はしっかりと記載されている情報が正しいか確認を忘れないようにしましょう。 なお、当サイトでは自賠責保険証明書とステッカーの送付を、 配達記録郵便で行うを推奨しています。 自宅ですぐに加入できるので、まだ未加入な方や更新が迫ってる方はぜひ加入することをオススメします。 また、 自賠責保険が切れた状態での運転は絶対にやめましょう。 自賠責保険をつけずにバイクを運行した場合、法律により1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、違反点数6点で即座に免許停止処分となります。 自賠責保険に未加入で運転するリスクはでも解説をしているので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。 しっかりと自賠責保険をつけて、快適なバイクライフを過ごしてください! 自動車を買ったら必ず、自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険に加入しなくてはならないことはよく知られていますが、バイクや原付(原動機付自転車)の所有者にもまた自賠責保険の加入義務があります。 自動車や小型二輪自動車(250cc超のバイク)は車検のときに自賠責保険の加入手続きをしなくてはなりません... 24時間365日いつでも契約が可能ですので、代理店との手続き時間が取れない忙しい方でも大丈夫です。 また、代金はクレジットカード払いですので、キャッシュレスで簡単にご契約いただけます。 自賠責保険の保険料は、保険会社やお申込み方法を問わず一律です。

次の