公認会計士 難易度 大学。 公認会計士試験と東大入試どちらが難しいですか?

資格難易度ランキング 1位~700位

公認会計士 難易度 大学

2019年3月27日更新 2017年2月28日公開 公認会計士。 それは財務会計のエキスパートであり、医師・弁護士に並ぶ、三大士業の一角として知られています。 「 公認会計士試験って難しいと聞くけれど、どれくらいの難易度なの?」 そういう方のために、本稿では公認会計士試験の難易度について詳しくまとめてみました。 会計士試験の難易度をイメージしやすいように、公認会計士試験の合格率や勉強時間を、 東大入試や他の難関資格と比較しています。 知らない方のために先に言っておきますが、この資格、かなりハードル高いですよ笑 それではいってみましょうー! なお、公認会計士ってなんぞ?という方は、下記の記事で復習ができます。 公認会計士のタマゴとして監査法人に就職するには、大きく二つの試験を突破する必要があります。 それが 短答式試験と 論文式試験です。 以下から「公認会計士試験」は、短答式と論文式の両方の試験を指しています。 会計士試験の合格率の推移 では早速、その2段階の試験の難易度はどの程度なのか見ていきましょう。 出願者数が急減しているように見えますが、これは2006年から一時期の間に合格者数を大幅に増加させた影響です。 その影響も次第に落ち着きを取り戻してきていて、今は1万人の底を脱し、1万2千人に迫るほどに増加しつつあります。 肝心の合格率ですが、論文式の合格率を見ますと 2017年度が37. え?「 3人に1人以上が受かるなら楽勝じゃん」ですって? ちょっと待ってください! 論文式の前に短答式にも合格しなければならないため、ストレート合格を目指す場合はこの数字よりも低くなるとお考えください。 しかも、受験生はみな2年以上みっちりと勉強をしてきている方たちです。 それでも9割が落ちてしまう試験なのです! やばいです! いかがでしょう? 非常に狭き門だということがお分かりいただけると思います。 なお、直近では2018年12月9日に短答式試験がありました。 2019年1月に発表されたデータですと、 短答式試験の合格率は16. については別記事でまとめています。 公認会計士試験の難易度は『東大合格よりやや低い』 公認会計士試験の難易度は前述の通り、日本の数多ある資格試験の中でも最高クラスです。 弁護士・医師の試験難易度は言うに及ばずですが、公認会計士も最高難度のひとつとされています。 会計士試験合格までに必要な勉強時間の目安は驚異の3,000時間! 実務経験が必要な三次試験は置いといて、公認会計士補になるにはマーク式の短答式試験に合格した上で、論述式の論文式試験に合格しなければなりません。 ちなみに 短答式は年2回の実施、 論文式は年1回です。 会計士試験の難しさとはなにか。 それは「学習量の多さ」にあります。 短答式では4科目、論文式は6科目あり、一度に全科目を受験する必要があります。 すなわち科目合格制ではなく、総合合格制です。 「今年は半分の3科目合格を目指して、来年で全部の科目に合格するぞ!」みたいなどれかに特化した勉強をすることができないのです。 これが会計士試験を高難易度たらしめている理由です。 二次試験である論文式試験の合格までの目安勉強時間としては、およそ 3,000時間が必要だといわれています。 個人差はありますが、周囲を見た肌感としても違和感はありません。 3,000時間というと、毎日8時間勉強したとして375日が必要です。 365日毎日勉強するというのは現実的ではありませんので、たまに休息を入れたとしても1年半は必要となります。 実際に、合格者の大半は資格スクールの2年コース(実際の学習期間は約1年半)に通って、みっちり勉強して合格しています。 スクールの2年コースに通って合格を目指す場合だと、最初の入門期では一日5時間以上、直前期ともなれば10時間の勉強は必要なのが一般的です。 まれに仕事をしながら勉強をしている方もいらっしゃいますが、そういった方だと平日3〜4時間が限界ですので、3年~5年がかりの受験勉強となります。 そうした方は一発合格を目指すのは辞めて、初受験ではまず短答式試験の合格と、できれば論文式試験の科目合格を狙うのがベターでしょう。 論文式合格までいけば、論文式は科目合格になりますので一気に試験勉強が楽になります。 あくまで私の周りの会計士にヒアリングした内容と、一般論、そして肌感を元に書いていますので、「人による」という点は予めご了承ください。 なお、勉強時間の半分近くは専門予備校の授業時間になります。 簿記:660時間• 財務理論:300時間• 管理会計:460時間• 監査論:340時間• 企業法:300時間• 租税法:760時間• 経営学:250時間 の計3,070時間です。 なお余談ですが、選択科目の一般的な勉強時間は、• 統計学:250時間• 経営学:250時間• 経済学:500時間• 民法:450時間 と言われています。 理系なら統計学、 文系なら経営学を選択するのが戦略的と言えます。 勉強時間だけでみると、会計士試験は東大合格よりは若干ハードルが低いと言えそうです。 確かに、東大受験に必要な学習範囲は高校の学習要領の3年分、10科目ほどもありますので難度は高くて当然ですね。 一方で同じ会計系の資格で比べると、(就活生が大好きな) 簿記2級がたったの250時間と言われていますので、公認会計士の3,000時間がどれほど難関かおわかりいただけると思います。 しかし、意外とそうでもありません。 そうすると、当然こんな疑問が湧き上がってくるのではないでしょうか。 会計士って、そんなに頑張って取るほど価値のある資格なの? そうですよね、頑張って取ってもそれまでに費やしたお金や時間が回収できない様な資格だったら意味がありませんもの。 しかしご安心ください! 新卒(監査法人1年目)で年収500万円ですから、無資格者に比べたら初年度でペイできます。 また、有資格者はその後のキャリアにおいても抜群にツブシが効いてきます。 世の中の9割は財務三表がまともに読めないビジネスマンです。 また、上場企業の経営者ですら管理会計を理解している人は少ないです。 だからこそCFOや財務部長、経営企画部長のポジションが公認会計士を求めているのです。 詳しくは過去記事のをご覧ください。 公認会計士試験と税理士試験、どちらが難しいのか? 短距離走の公認会計士試験、マラソンの税理士試験 公認会計士試験の特徴は、なんといっても 全科目同時合格が必要な点です。 受験科目全てに足切り水準があり、その点数を1科目でも下回った時点で不合格となります。 したがって複数科目を同時並行で及第点まで伸ばす勉強をしなければなりません。 また、同時合格が必要なため受験者層も独特です。 主な受験生は、時間を持て余していて勉強に専念できる 大学生と、受験勉強に傾注すべく 無職となった若者たちとなります(もちろん若くない人もいますが)。 どちらにしても勉強期間中は収入を得られない状態を許容せねばなりません。 だからこそ、 尻に火がついて猛然と机に齧り付き何が何でも早期に合格せねばならないという強いインセンティブが働きます。 一方で、税理士試験は科目合格制です。 一つずつ着実に合格すれば良いのです。 簿記・財務諸表論と法人税・所得税、そして選択必須科目を含む5科目に合格してゴールとなります。 当然、そういう試験制度であることには理由があって、単純に1科目あたりの必要な勉強量が多いため、そもそも同時合格は現実的ではないということです。 税理士試験はそういう試験ですので、受験者は基本的に 会計事務所や中小企業に勤務している職員や、科目免除を狙う 大学院生が中心になります。 試験の側ら収入を得ることが可能ですので、精神的・経済的に安定した勉強が可能です。 こうした違いから、「 公認会計士は短距離走、税理士はマラソン」と表現されます。 短期決戦の公認会計士には、時間効率の高い勉強法と、合格までの綿密な勉強計画、そして常に万全のコンディションでタスクをこなせる自己管理能力が必要となります。 どっちもそれぞれ難しい ここまで税理士試験との違いを説明してきましたが、ここで結論に移りましょう。 結局のところ、どちらの方が難しいかはポジショントーク。 踏み絵のようなものと考えます。 実際は試験制度が違うからそれに適した勉強スタイルが求められるという、ただそれだけのことです。 必要な勉強時間も大差なく、どちらの難易度が高いのかを論じることが実は不毛なのです。 侃侃諤諤(かんかんがくがく)の議論をしているのは、実は税理士と会計士だけで、自分たちの通った道の方こそ険しかった!と言いたいだけなのですね笑。 しかし、難しいからこそそれを乗り越えられた人には高給、社会的ステータスが高い、ワークライフバランスが取れているなどなどの恩恵を受けられるのです。 また、試験が難しいのは単に計算力や思考力、判断力を試しているだけではなく、 選考プロセスを通して公認会計士としての覚悟であったり、市場の番人としての矜持、そして重責を背負える忍耐をも見抜こうとしているのではないかと愚考します。 道のりは長いですが、決して取得不可能な資格ではありません。 また、たとえ望む結果が出なかったとしても、それまで手にした財務会計の知識はあなたを裏切りませんし、なにより 歯を食いしばって机に齧り付いた日々は確実にあなたを強くします。 必ず別の形であなたのキャリアの支えとなることでしょう。

次の

実際どうなの?公認会計士と税理士の試験難易度

公認会計士 難易度 大学

公認会計士は様々な国家資格の中でも特に高い人気を誇る資格です。 何か資格を取得したいと考えている人の中には公認会計士に興味を持っている人も多いと思います。 しかし公認会計士は難易度が非常に高いというイメージが先行していて、 イメージだけで 「高学歴でないと公認会計士にはなれない」と勘違いする人も少なくありません。 根拠もなく「自分が公認会計士を目指すのは無理だろう…」などと思っていないでしょうか? そこで今回は 公認会計士と学歴の関係について解説していきます。 この記事を読めば 公認会計士を目指す際や実際に公認会計士として働く際に学歴は関係ないことが理解できるので、公認会計士を目指す上で是非参考にして下さい! 公認会計士は高学歴ばかり? 公認会計士は医師・弁護士と並ぶ三大国家資格の1つで経済界最高峰の資格です。 財務諸表の内容が適正かどうかをチェックして不正やミスがないように監査を行う財務会計の専門家で、知名度・社会的地位ともに非常に高い資格となっています。 社会で重要な役割を担う職業なだけに試験は非常に難しく、様々な士業系資格の中でも特に試験の難易度が高い資格です。 世代に関係なく人気があって毎年多くの人が試験を受験していますが、合格するのは決して簡単ではありません。 そのため 「公認会計士は学歴が高い人がなる職業」という印象を持つ人も多くいますが、実際はどうなのでしょうか?まずは 公認会計士の出身大学について確認してみましょう。 超高学歴の公認会計士は一定数いる 公認会計士試験の合格者の中に超高学歴の人が一定数いることは確かです。 慶応大学や早稲田大学など学生数自体が多い大学では合格者の人数も多く、東京大学や京都大学など有名国立大出身者からも毎年ある程度の人数が合格しています。 そもそも公認会計士は国家公務員などと並んで高い人気を誇る資格なので、 出身大学に関係なく多くの人が試験を受ける資格です。 高学歴の人の中にも公認会計士を目指す人は当然いて、結果的に学歴の高い人たちも合格者の中に一定数は含まれることになります。 出身大学別合格者ランキング 次のグラフは大学別の公認会計士試験合格者数を示しています。 公認会計士試験の合格率と学歴は比例するのか 合格者の中に高学歴の人たちが一定数いることは事実でも、 高学歴でなくても合格を勝ち取っている人はたくさんいます。 「公認会計士試験の合格率と学歴は比例するのだろう」などと勘違いする人も多いのですが、決してそのようなことはありません。 試験に合格するために大切なのは学歴ではなく今から如何に勉強して努力するかです。 学歴を気にして「合格できないかも…」と不安になったり勉強のモチベーションを下げる必要はありません。 まずは以下で紹介する点を正しく理解・認識するようにしましょう。 受験資格に学歴は全く関係ない 資格試験の中には試験を受けるために 受験資格を満たさなければいけない場合がありますが、 公認会計士試験には受験資格の定めはありません。 学歴や職歴などに関係なく誰でも受験でき、公認会計士になるチャンスは全員に平等に与えられています。 高卒、大学生、高齢の方など、最終学歴や年齢に関係なく取得を目指せるのが公認会計士という資格です。 実際に合格して公認会計士になった方の最終学歴は様々であり、学歴が高い人ほど試験に受かっているなどとは言えません。 ちなみに 税理士試験と勘違いする人がいますが、学歴要件などの受験資格が規定されている税理士試験とそうではない公認会計士試験では試験制度の仕組み自体が異なります。 税務会計を扱う資格という点では似ていますが混同しないように気を付けましょう。 学歴の高さと合格率の関係 そもそも学歴の高さと公認会計士試験の合格率の相関関係を示すようなデータはありません。 合格者の内訳を見ると難関大学出身者がある程度いることは事実ですが、 受験資格がなくて誰でも試験を受けられるので合格者の学歴は実に様々です。 文系出身者だけでなく工業大学や医科大学出身の人が合格しているケースもあり、 最終学歴としてどこで何を学んだのかは試験に合格する上で関係ないことが分かります。 逆に言えば学歴による差が付きにくい分だけ 努力次第で誰にでも合格するチャンスがあるということです。 公認会計士試験の受かりやすさの指標として学歴を気にする必要はなく、学歴を気にしている暇があったら試験勉強に集中したほうが良いとさえ言えます。 合格者のほとんどが大学・大学院の在校生 公認会計士試験の特徴の1つが、合格者のほとんどを大学生・大学院生が占めていることです。 合格者の学歴別の内訳が毎年公表されていて、 論文式試験合格者に占める大学在学中(短大含む)の人の割合や 合格者の平均年齢は以下のようになっています。 年度 大学在学中の人の割合 合格者の平均年齢 2008年 17. 0% 27. 0歳 2009年 23. 2% 26. 8歳 2010年 25. 8% 26. 3歳 2011年 31. 0% 25. 6歳 2012年 22. 1% 26. 6歳 2013年 29. 5% 26. 2歳 2014年 28. 6% 26. 8歳 2015年 29. 2% 27. 1歳 2016年 37. 2% 26. 2歳 2017年 38. 4% 26. 3歳 2018年 43. 1% 25. 0歳 2019年 39. 6% 25. 2歳 [出典:の各年度試験結果資料より作成] 大学生の占める割合は徐々に上昇していることが分かります。 合格者の中で大学生の割合が最も多いこともあり、 2019年度試験では合格者のうち20代の割合は80. また2019年度試験の 合格者の平均年齢は25. 2歳で、過去12年間の合格者平均年齢は26歳台前半と非常に若いことも試験の特徴の1つです。 合格者の中には20歳未満や60歳以上の人もいるので年齢層は幅広いものの、大学在学中に合格する人が多くなっています。 高卒だと合格できない? 公認会計士試験の難易度・ハードルの高さを過剰に捉えてしまい、 「高卒では無理で大卒しか合格できない…」と勘違いする人がいますが、決してそのようなことはありません。 そもそも公認会計士の試験範囲は財務会計という非常に専門的な内容です。 大卒者が大学入学試験のために中学や高校で勉強した内容とはほぼ関係がなく、大学入学後にもほとんどの人は学ぶことがない分野となっています。 つまり 財務会計の知識がない状態から勉強して試験合格を目指す時のスタートラインは誰でも一緒です。 「自分は高卒だから…」などと気負う必要は全くないと言えるでしょう。 学生のうちから公認会計士を狙うべき? 公認会計士を目指すことを大学在学中に決めた場合には試験合格も大学生のうちに達成しておいたほうが良いのは間違いありません。 仕事に時間を取られる社会人に比べて 大学生は勉強に集中しやすい環境にあり、比較的短期間で合格を狙うことができるからです。 ただし公認会計士は非常に難易度が高く、合格までに数年かかる場合もあります。 大学在学中から勉強しても合格するのが社会人になってからになる場合もあるので、相当な覚悟を持って臨まなければいけません。 ちなみに2019年度試験の合格者の職業別割合では 無職の方が13. 大学在学中に受からず、卒業後も勉強に集中するために就職せずに合格を目指すケースもそれなりに見られるのが公認会計士試験です。 公認会計士は専門学校だけで目指せる 公認会計士を目指す場合には予備校などの専門学校に通って合格を目指すのが一般的です。 その点でもどこの大学や高校に通っていたかという学歴や過去の話は関係なく、専門学校などで今から必要な知識を身に付けられるかどうかが重要になります。 もちろん大学で経済学部や経営学部に通っていれば会計の授業もあって有利に働く場合はありますが、 公認会計士に必要な高度な専門知識は専門学校でないと身に付けるのが難しいのが実情です。 今までの学歴ではなく、 今から身に付ける学力が大事と言えるでしょう。 実務において学歴や学部は関係する? 「公認会計士は高学歴の人しかなれない」といった間違った捉え方をする人が多い中、試験だけでなく 公認会計士として働く時も学歴や学部が関係あると勘違いする人がいます。 しかし公認会計士の場合、試験を受ける際に学歴が関係ないのと同じように、 合格後の実務でも学歴や学部は関係ありません。 以下ではこの点について解説していきます。 公認会計士の業務や就活についても正しい認識を持つようにしましょう。 業務で生きるのは学歴よりも試験勉強 公認会計士に必要な知識は財務会計に関する専門的な知識であり、試験勉強を通じて知識をしっかりと身に付けることがその後の業務でも大いに役立ちます。 逆に専門的な知識だからこそ学歴や学校で学んだことが何なのかはあまり関係がなく、試験の出来・不出来と学歴や学部に関連はそれほど見られません。 実際に公認会計士になった後の 業務で役立つのはあくまで試験勉強で得た知識であり、学歴ではないということです。 そもそも学歴が高くて学校の勉強ができることと実務遂行能力が高いかどうかは別次元の話になります。 公認会計士として業務を適切に行えるかどうかや活躍できるかどうかに関しても、学歴・学部と結び付ける必要性も根拠もないと考えたほうが良いでしょう。 監査法人への就活でも心配なし 公認会計士試験に合格した後の就職先として圧倒的に多いのが監査法人です。 監査法人での採用において学歴は関係なく、面接で的確な受け答えができるかが大事になります。 公認会計士を目指す上では就職面でも学歴を気にする必要はないので、就活での心配などせずにまずは確実に試験に合格できるように勉強に集中するようにして下さい。 公認会計士は慎重さと正義感が大切 公認会計士の実務において学歴が関係ないことは上述の通りですが、 実務で本当に大切なのは慎重さと正義感です。 企業を財務会計面から支える公認会計士の社会的役割は非常に大きく、 日本経済全体の健全性を維持する上で欠かせない職業になっています。 そのような社会的使命をしっかりと果たせるだけの正義感の強さが必要ですし、ミスなく正確に日頃の業務を遂行する慎重さも求められるのが公認会計士という資格です。 また 数字に強い人や根気がある人も公認会計士に向いています。 間違っても学歴だけで向き不向きを判断しないようにして、資格取得に向けて積極的にチャレンジして下さい。 公認会計士試験に向けた勉強で意識すべきこと 公認会計士試験に合格するために必要なのは「今までの学歴」ではなく「今から身に付ける知識や学力」であることが理解できたと思います。 しっかりと勉強して必要な知識を身に付ければ、努力次第で誰にでも合格できるチャンスがあるということです。 ただし 公認会計士に受かるには 4,000時間ほどの勉強時間が必要と言われています。 まず最初に勉強法や学習スケジュールなどをしっかり検討することが大切です。 ただ闇雲に勉強しても的を得ない形になってしまって 時間を無駄にする可能性が高くなります。 また長期間に及ぶ学習期間をしっかりと乗り切るためのモチベーションの維持も重要ですし、 広い試験範囲を漏れなくカバーして効率的に学習を進める意識も欠かせません。 独学・通信講座・予備校のいずれを選択するかはその人の状況次第ですが、予備校や通信講座を活用すれば プロの講師の指導によって効率よく合格を目指せるでしょう。 試験に合格するのは簡単ではありませんが、途中で諦めることなく合格を是非勝ち取って下さい。 公認会計士と学歴の関係まとめ• 公認会計士試験の合格のしやすさと学歴の高さはっきり言って関係がない• 合格者の中には文系だけでなく理系出身者もいて誰にでも合格のチャンスがある• 受験資格がないので学歴に関係なく誰でも試験を受験でき、実務でも学歴は関係ない• 大事なのは学歴ではなく試験合格に必要な知識を身に付ける勉強をしっかりすること 今回は 公認会計士と学歴の関係について紹介しました! 公認会計士を目指す上で学歴は関係なく、実際に資格を取得して公認会計士として活躍する際にも学歴は関係ありません。 努力次第で誰にでも合格できるチャンスがあるので、魅力あふれる公認会計士の資格取得を是非積極的に検討してみて下さい!.

次の

公認会計士試験と東大入試どちらが難しいですか?

公認会計士 難易度 大学

公認会計士試験合格者です。 結論から言うと、本当に、人それぞれですので、一概には言えません。 早稲田、慶応は、付属中学、高校があり、AO入試等の色々な入学方法がありますので、学生の学力の質が区々であると考えられます。 そのため、早慶クラスを一括りにして考える事は出来ません。 また、会計士試験には厄介なところがあります。 それは、会計学の計算科目なのですが、この科目は、センスがあるかないかで相当出来が変わってきます。 このセンスは、大学受験で問われる暗記力、論理的思考力とは異なるものであり、一種の感覚だと思います。 合格者の間でも、よく出た話です。 ですので、高卒の人であっても、人によっては、短期であっても受かる試験なのです。 ただ、時間をかければ、誰しもが合格レベルには到達すると思います。 会計のセンスがあれば、大学入試で入った早慶クラスの大学生であれば、大学在学中に合格 可能でしょう。 会計センスのない、大学入試で入った早慶クラスの大学生であれば、在学中は無理でも、卒業1~3年後であれば、多くは、合格できると思います。 ただ、必ず、試験撤退する人は出てきます。 早慶クラスの大学生が、全員合格できるほどの甘い試験ではありません。 統計的なものではなく、私個人の感覚と合格者の方から聞いた情報によるものであるので、ご注意下さい。

次の