アトミック ボーイ。 Amazon

福島市の子供像に住民らから批判 防護服着用

アトミック ボーイ

ちなみに、彼は原爆が投下された1時間半後に生まれているんだ。 高校卒業後、早稲田大学に進学し、東京オリンピックの400メートルと1600メートルリレーの強化指定選手に選ばれている。 彼自身も オリンピックの出場を目指したアスリートだった。 しかし、その後の 日本選手権であえなく敗退し、オリンピック出場の道を絶たれてしまった。 その時、彼の胸中にはどんな思いが去来したのだろう。 だが、坂井のもとに意外な知らせが舞い込む。 東京オリンピック組織委員会は、 「平和の祭典」や「戦後復興の象徴」とされる東京オリンピックの開催理念にあわせ、広島に原爆が投下された日に生まれた坂井に、 最終聖火ランナーを依頼した。 オリンピックの開会式の当日、坂井は前走者の女性から聖火を受け取り、 聖火台に火をつける大役を見事に果たした。 この時、坂井は19歳で、10万713人目のランナーだった。 実際の東京オリンピックの開会式をご覧いただきたい。 後半に、 坂井が聖火台に火をつける映像が収録されている。 きっと坂井さんは、たくさんの人たちの平和の思いを背負って走ってたんっすよね。 オリンピックの出場を絶たれた坂井は、最終聖火ランナーという形で、夢の舞台に立った。 大役を果たした坂井を、国内外のメディアは 「戦後復興の象徴『原爆の子』」・ 「原爆の日生まれ、世界に平和発進」・ 「アトミックボーイ(原爆の子)」と大々的に報道した。 なお坂井は、オリンピック終了後も陸上選手としても活躍し、1966年(昭和41年)に開催された バンコクアジア大会で 1600メートルリレーで優勝、同大会の 400メートル走でも銀メダルを獲得した。 一度はオリンピックの出場が絶たれた坂井。 だが、彼は 「戦後復興の象徴」としてオリンピックの舞台に立った。 彼の出自に立ち込める戦争の影は、オリンピックの舞台を通して、平和や希望の象徴として見なされ、人々に勇気を与えたのだ。 アスリートの全盛期は非常に短い。 現役を終えた後、彼らの 第2の人生が幕をあける。 1964年の東京オリンピックで最終聖火ランナーをつとめた坂井義則も例外ではなかった。 彼のその後には、 意外な経歴が隠されていた。 1968年、坂井は民間放送局・ フジテレビに入社する。 入社後は、スポーツやオリンピックの報道にたずさわり、 1972年のミュンヘンオリンピックと1996年のアトランタオリンピックの取材もおこなっている。 アスリートとしてオリンピックの出場を目指した坂井は、今度は オリンピックを伝える側にまわったのだ。 1972年のミュンヘンオリンピックでは、 パレスチナゲリラによって選手村が襲撃された際、坂井は日本選手団のユニホームを借りて選手村に 潜入し、現地から事件の詳細を伝えたという。 現場に潜入って…命がけの取材じゃないっすか! さすがアスリートのハートの強さ、彼は 生死をかけた突入取材を敢行したのだ。 また1981年から2006年まで開催されていた 東京国際マラソンの関係者として、大会に招待する海外の有力選手の交渉も担当した。 坂井は生涯、 1964年の東京オリンピックを 「理想の五輪」と話していたそうである。 しかし、2回目となる東京オリンピックの開催が決定した後、2014年に70歳でこの世を去った。 彼は2020年の東京オリンピックの開会式をどのような思いで観たのだろうか…。 開会式の感想や前回の東京オリンピックとの印象の違いなどを、ぜひ人々のもとに届けてほしかった。 関連雑学 坂井義則も例にもれない。 彼が早稲田大学時代に指導を仰いだのが 中村清である。 1936年、早稲田大学に在学していた中村は、 1000メートルと1500メートルで当時の日本記録を樹立するなどの実績を残した選手だった。 1936年の ベルリンオリンピックでは、 1500メートルの日本代表選手としても出場している。 戦後、母校である 早稲田大学競走部の監督に就任した。 その教え子のなかには、後に映画監督になった 篠田正浩。 そして、1964年東京オリンピックの最終聖火ランナーである 坂井義則らがいた。 その後は エスビー食品陸上部の監督に就任し、2019年6月現在、日本陸上競技連盟の強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダーをつとめる 瀬古利彦や、1987年の世界陸上ローマ大会で優勝し、1988年のソウルオリンピックで銀メダルを獲得した ダグラス・ワキウリらを指導する。 マラソンの解説者やスポーツ番組などで活躍する 金哲彦(きんてつひこ)も彼の教え子のひとり。 中村の指導方法は独特で、マラソンに関するデータ収集もさることながら、教育の一貫として 仏教やキリスト教などを引用した説話なども取り入れていたという。

次の

やばい?アトミックモンキー声優養成所の評判・費用・卒業生などを徹底レビュー

アトミック ボーイ

アトミックボーイとは、「」のである。 中身は 東単騎。 概要 に突如界に現れたのX。 試合開始からでをため、たまったら本当の意味で試合開始。 やることはアトミック()を決めるだけ。 というの上、がが入る間合いまで相手に近づき2回転技を入れて決めることは非常に難しい。 また、対戦相手も通常技やではなく必ずをしてくるという警心もあるため、より難しいのだが、そこは難なく決めるのがアトミックボーイの最大のであり魅でもある。 が易々と決まっているように見えるのも、に行くまでの布石をうっておいたり、地上戦の立ち回りが一流であるがゆえ、なせる技なのである。 というのもアトミックボーイのである東単騎はと同じ回転系であるで弱ながらに出場したり、「X-MA8」にて3人1という構成で戦う中、と2人で弱2体という夢ので準までいったほどのの使い手でもあるからなのだ。 立ち回りの特徴として、地上戦の上手さは、他のにはあまり見られない頭突きや等をよく使う。 本人いわく、は大Pとの自動二択になっているらしく、きっちり2回転回すことで不成立時ののリモーションの暴発を防いでいる。 そして相手をらせたときには肝心のは出ないというのが今のところの定説である。 全て「 る」 を出す間に一ることから「る」と言う ためににを払いにきており、らずに試合に勝つことをよしとしない性分のため、相手が残り0でもを決めに行く。 そので分かりやすい対戦観や劇的な試合内容、いままでいそうでいなかっただけを露に狙う、おもわずうなるヤーとしての技量の高さもあり、勢だけでなく、他ゲー勢、にもを博すこととなった。 で試合を決めた際には「 チェコフィニッシュ」等、書き込まれる。 として他に「」等がある。 のはターボ()。 プレイヤーとして 「なぜなの」と尋ねられた時、本人いわく「 ののかっこ良さに魅了された」とのことなので同じ回転系、同じ2回転技であるにも魅を感じてを使っているのかもしれない。 を使うことに関しては「 は面い」という単純な理由を述べている。 特に2回転に並々ならぬ執念があり、大会の大一番で東単騎の残り数を削りにきたの、シェイーをで吸ったというを残している。 不利な組み合わせである戦も「8:2で」と言ってしまうほど自信をもっており、頭ひとつ抜きん出た使いだったが、最近の使いの流である歩きNPハメは苦手らしい。 でに「東」 とん を振り込んで大負けしたらしく「東単騎」 とんたんき というを使っているらしい。 またにのって下のレも回した結果、にがバレ、罰として下の毛を全部剃りになった際には「単騎」というで参加した。 という造はの「」に由来している アトミックボーイと、いわゆる「勢」である。 そして数人、「単騎」勢もいるらしい。 関連動画 関連項目•

次の

いだてん~東京オリムピック噺~ 第46話「炎のランナー」 ~アトミック・ボーイ~ : 坂の上のサインボード

アトミック ボーイ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年9月) ASTRO BOY 鉄腕アトム ジャンル 、 アニメ 原作 監督 シリーズディレクター 望月敬一郎 シリーズ構成 マーク・ハンドラー(ストーリーエディター) キャラクターデザイン 瀬谷新二 メカニックデザイン 、高倉武史 音楽 アニメーション制作 製作 手塚プロダクション、、 放送局 フジテレビ系列 放送期間 - 話数 全50話 アトム ウラン 如月夕子 ロビタ 天馬博士 - 『 ASTRO BOY 鉄腕アトム』(アストロボーイ てつわんアトム)は原作の漫画『』の化作品で第3作目となる。 前2作は・の制作だったが、今作はがプロダクションを担当し、同社が初めて日本の原作物をアニメ化した作品でもある。 放送 [ ] 系列にて、からまで毎週の9時30分 - 10時(JST)に放送された。 全50話。 また日本以外でも、海外の各局ほかその他現地放送局で放映された。 概要 [ ] 原作に於いてアトムの誕生日と設定されている2003年4月7日を記念してのアニメ化だった。 そのため、放送開始日も2003年4月に合わせている。 作品のベースは、元来のアトムとは違い、さまざまなエピソードを交えながら、ロボットと人間の共存から対立、そして全面衝突と和睦への流れをハードかつシリアスに描く色の強い展開となった。 日本アニメというよりに近い色の強い作風で、いくつかのエピソードはアメリカ人脚本家によって執筆されている。 アメリカ側は『鉄腕アトム』に対しての「明朗快活なアクションアドベンチャー」という認識しか持っておらず、原作のようにシリアスなテーマ性のストーリーに対して疑問を持つなど認識のずれがあったと監督のは証言している。 天馬博士とアトムの親子ドラマでもあり 、また他の親子や擬似親子関係にまつわるエピソードも多い。 設定面ではファミリー層向けに大幅に変えた点が多い。 天馬博士を演じる大和田伸也は、アトムファンだった。 その他、演出上の特徴として、本編前後(本編前半 - CM間、CM - 本編後半間、本編後編 - エンディング主題歌間)の画像効果および効果について、一般的な他アニメ作品に比べ余裕を持ってやや長めに用いられて編集制作されていたが、中期でのオープニング主題歌変更に合わせ、やや短めに緩和されている。 は16:9で制作されているが、テレビ局からの要望により13:9で放送された。 監督のは実写作品の監督でありアニメ作品は未経験であったが、実写オリジナルビデオ『』を監督した経緯から起用された。 小中はアニメ作品への参加に戸惑いはあったが手塚の代表作品を映像化できるチャンスであることから参加を決め、アニメーションディレクターの望月敬一郎をはじめとする優秀なスタッフに支えられて制作できたと述べている。 日本側の脚本家には小中も参加した『』を担当した者が多く参加しているが、小中は手塚作品に思い入れのある世代が自然に集まったものとしており、やはウルトラシリーズ以外からの付き合いであると述べている。 2004年でテレビ部門の優秀作品賞を受賞した。 DVDのリリースは、単巻のVol. 1~Vol. 13と、フィギュアを同梱したDVDボックス形式でより発売。 当時はは放送されていなかったものの、音声はの5. 1チャンネル形式においてリマスタリング収録されていた為にアニメ作品においては非常に珍しい商品であった。 声優が本業でない芸能人をキャストとして起用しているため、ソニーピクチャーズのアニメ作品 と、販売リリースを継承した以降も含め権利関係の問題が複雑になっている。 登場人物 [ ] いわゆるの他、本作完全オリジナルの欧米人キャラクターも多い。 また、ほとんどの人間は欧米人風に、ロボットはカートゥーン風のデザインにリメイクされている。 科学省の総力を結集し、莫大な予算と最新技術の全てをかけ、開発された。 生みの親である天馬博士の亡き息子、天馬トビオを模している。 お茶の水博士の家に同居。 純粋で心優しく、大きな正義感を持つ。 ロボットと人間が友達でいられる世界を目指している。 本作では、10万馬力のパワーより、むしろ飛行能力やスピードを生かした軽快なアクションが多い(また「力負け」してピンチに陥ることも多い)。 進化していくロボットの中に「心の芽生え」をいち早く感じ取り、ロボットにも人権が必要だと考え始める。 「ロボットは人間の友達」という理念の持ち主。 5万馬力のパワーを持つが、アトムのように飛行能力や武器は持たない。 甘えん坊でワガママな性格で時々アトムを困らせるが、心優しい一面も。 アトムを兄として慕い誇りに思っているが、兄と比較されることを極端に嫌う。 今作では動物とのコミュニケーション能力を持つ。 如月 夕子(きさらぎ ゆうこ) 声: アニメオリジナルキャラクター。 科学省秘書官。 お茶の水博士のスケジュールは、仕事から休養まで管理している。 モモを傍らに連れ、颯爽と(モデルはであり、実車とのタイアップ企画「アトム・チャリティー」も実施)を乗り回し、てきぱきと仕事をこなす。 感動しやすく、涙もろい。 モモ 最新式のダチョウ型モバイルロボットで、夕子の補佐役兼ペット。 仕事の資料は全てモモのコンピュータの中に入っている。 モニター画面を開けば、お茶の水博士のスケジュール、健康管理資料など、全て一目瞭然。 ウランの遊び相手となることが多い。 アトムやウランの育児兼教育ロボットの役割も果たす。 お茶の水博士の世話と併せて、多忙を極める。 第3話から登場。 自宅のエアペダロを帆船に改造してしまうほどのメカマニア。 ロボットも大好きで、アトムという友達が出来たことを誇りに思っている。 慌てもので、お人よし。 本作では今風のファッションをしているが、トレードマークの丸眼鏡はそのまま。 第3話から登場。 小柄だが、利発でみんなのまとめ役になる事が多い。 ロボットであるアトムに偏見を持たず、人間と同じように接する。 ロボットであるためにアトムが受ける寂しさを思いやり、本来は参加できない運動会などの競技に参加させてあげようとするなど、優しい心の持ち主。 将来の夢はサッカー選手。 本作では、ラテン系かアフリカ系を思わせるかなり浅黒い肌にリニューアルされている。 第3話から登場。 父親の影響でロボットを人間のために働く機械だと考えていたため、最初はアトムに対してつらくあたるが、アトムが自分を助けようとしてくれた事で気持ちが変わり、親しくなっていく。 大柄だが意外と臆病。 単純で憎めない性格。 本作では金髪碧眼・ソバカスに出っ歯と、白人風の顔立ちへと大幅にリニューアルされている。 原作の様にアトムを邪険にする事は、最初を除いて皆無。 リノ 声: 両親に捨てられ、11年間ロボットサーカス団のメンバーに育てられたことで、ロボットを家族の様に大切に思っている。 ある事件でアトム達に出会い、お茶の水博士にロボット工学の素質を買われ、メトロシティでロボット工学の勉強をしている。 ロボタニア騒動の際には、ロボットと全面戦争しようとするレッド将軍を止める為に、彼の娘であるエナを連れて、決戦の場となる南極へ向かう行動力を見せる。 エナ 声: 地球連邦軍の将軍であるレッド(声:)の娘。 ロボットに極端な偏見を持つ父親とは対照的に、ロボットに対しても分け隔てなく接する心優しい少女。 執事として働くAIロボット・キップを大切にしているが、彼を強引に追い出そうとした父・レッド将軍に抗議しようとしたことが思わぬ事故を招いてしまい、昏睡状態になった上にレッド将軍がAIロボットやロボタニアの排除に乗り出してしまうことになる。 昏睡からの覚醒後、リノから事情を聞き、暴走するレッド将軍を止めるべく、彼と共に南極のロボタニアへ向かう。 庭野 ミドリ(にわの ミドリ) 声: アトムたちが通う小学校の教師。 第3話から登場。 ロボット博覧会でロボットに歌を歌ったり、アトムの担任になったりと、ロボットとは何かと縁が深い。 本名は 伴 俊作(ばん しゅんさく)。 目新しい今風のもの全般が嫌いで、ロボットも嫌いだと公言しているが、気が合えばロボットでも動物でも仲良くなれる。 アトムやウランと共に事件を解決したこともある(特にアトムのことを優秀な助手と言っている)。 並外れた洞察力の持ち主で、推理力もかなりのもの。 ハードボイルドな探偵を気取っているが、多少ドジなところがある。 事件解決のために、アトムに協力を要請することもあるが、アトムの生みの親が天馬博士だということが引っかかり、アトムを信用しきれないところがある。 多発するロボット犯罪に頭を痛め、同時にロボットの存在に対して危惧を抱いている。 シティの平和を守るため、日夜心を鬼にして戦っているが、時折ふと、人情もろい面を見せる事も。 デルタ 声: メトロシティ警察が、対ロボットスクワッドとして配属しているARRS(アンチロボット・ロボットスクワッド機動隊)の隊長。 地上最高のサバイバル戦術を使い、場所に合わせて気配を消すことが出来、ARRS隊専用の銃を使用する。 隊長としてのプライドを持っており、アトムが自分達の捜査に参加するのを快く思っていない。 多少頑固だが真っすぐな性格。 相手の行動パターンを分析して潜伏範囲を特定したり、気象センサーにより自然の状況を分析して「地の利」を生かした戦い方が出来る。 女性型で、争いを好まない非戦闘ロボットではあるが、かなりのパワーを持ち、光子砲で攻撃することも出来る。 原作ではオーストラリアの孤児院で働く男性型ロボット。 ハーレー 声: オメガ・ナイツを代表するロボットボールプレイヤー。 華麗なプレイが魅力的な、世界一の運動性能を持つロボット。 ルールを大切にし、ラフプレイを好まない。 ゲーム中サーチをして、敵の行動を予測し、パスコースやライディングのコースを探して得点を狙うチームの司令塔。 その知力と能力はアトムに勝るとも劣らない。 ダイチの孤独な記憶や、父親をはじめとする人間への憎しみに支配され、親に隠れて破壊を繰り返すようになる。 後にロボタニアの協力者として復活する。 あらゆるロボットに闘いを挑み、勝利を続けていくが、アトム達と接していくうちに、成長する電子頭脳の中に「友情」「仲間」といった意識が芽生え始め、「闘う」ことに疑問を持ち始める。 さらに強大で、一切感情を持たないダーク・プルートウ(原案は原作のボラー)も登場。 後にロボタニアの協力者として復活する。 なお、本作ではデザインが大幅に変更され、を連想させる茶色のカラーリングになっている。 アテネニア出身。 誇り高き騎士型のロボッティング戦士。 ライトニングスピアでの打撃と、楯から出るスパークシャワーという突風により攻撃する。 青騎士との関わりによって自らの生き方に疑問を覚えるようになり、彼の理想に傾倒してついて行き、ロボタニア軍の戦士として人類との決別を決意する。 ロボットが人間に虐待されている現場に現れては、ロボットを救う謎の青い騎士の姿をしたロボット。 ロボット馬アオに乗って行動する。 武器はサーベルを使用し、電撃を集めることでビームを発射できる。 元はハムエッグが主催する闇ロボットクラッシュにて、選手ロボットを修理するロボット「 ブルー・ボン」であったが、ハム・エッグの為にロボット達が傷つけられていくことに耐えられず、反抗するようになった結果、宇宙に放り出されてしまい、そこに現れたシャドウに改造され、青騎士としての力を与えられた。 過去の経緯から、ロボットが人間に服従することに疑問を感じており、自分の意志に同調するロボット達を同士として集めている。 当初とはアトムとも共闘するが、意見の違いから次第に対立していき、遂にはレッド将軍の元で働いていたAIロボット・キップの件にて我慢の限界を迎え、人間達のエゴで解体処分されようとしていたキップと同型のロボット達を救出。 南極にて、自らが集めたロボット達と共に、ロボットだけの理想郷である独立国家「 ロボタニア」の建国を宣言する。 以降はロボットの理想郷の為ならば、人間との全面戦争も辞さない覚悟で、レッド将軍率いる精鋭部隊「ユリシーズ」と激しい戦闘を繰り広げるが、アトムの必死の説得や、人間との共存を望んだキップを始めとするロボタニアの一部のロボット達の意思を見て、アトムと和解。 シャドウの太陽系外宇宙への旅立ちに賛同し、ロボタニアに残ったロボット達と共に旅立っていった。 そしてアトムの生みの親で本作最大の敵でもある。 傲慢で自己中心的な性格で、極端な人間嫌いであるがゆえに、アトムだけでなく亡き愛息・トビオからも「誰も愛していない」と評されてしまっている。 科学省長官時代に、事故で亡くなったトビオの代わりとなるロボットを生み出すために知能ロボットの開発に着手、アトムを作り上げるが、次第に心の成長によってアトムが自身に反抗するようになる。 そのことから、アトムを試す為にあえて廃棄ロボットの処理を行う「第7プラント」へ連れて行った結果、ロボットを廃棄する光景に怒りを覚えたアトムは、プラントを破壊。 心を持ったロボットの成長に恐怖を覚えた天馬博士は、ロボットを強制停止させる「キルリング」を使ってアトムを強制的にシステムダウンさせた上に、開発中だった心を持ったロボットも全て破壊する暴挙に出る。 このことで、最終的にはお茶の水博士とも対立し、科学省から追放されることになった。 その後、お茶の水博士によって再起動し、心の成長によって進化していったアトムを見たことで、「進化したロボットは、種として人間を超えていく可能性を持っている」という結論を導き、アトムを始めとする自分が作ったロボットが世界を支配するという狂気の夢に取り付かれたと化していく。 アトムを最強のロボットへと成長させるべく、自身の分身とも言えるロボット・シャドウを造り出し、彼を通して様々な事件を引き起こし、アトムをロボットの王、自身はロボットの神になろうとする。 しかし、ロボタニア騒動にて、アトムをロボットの王にすべく新しい身体を用意するが拒絶され、自分自身をロボットに改造してロボットの神になる望みも、自分と同じ顔に変えたシャドウから拒否され、野望は潰えてしまうことになる。 ロボタニア騒動でランプのミサイルから青騎士とシャドウの乗り込むロボタニアの宇宙船を庇って大破したアトムをトビオとしての記憶に変えて復活させるが、ランプに襲われる際にアトムが記憶を取り戻し、お茶の水博士の元に戻ることに失望した。 その後、科学省を占領して第7プラントでアトムを待ち構えた。 アトムを捨てた理由と自らの野望を口で明かし、アトムに「あなたは僕を愛していない」と評された後、科学省を爆破させて自らを犠牲にしようとした。 だが、天馬博士を見捨てないアトムに「死なないで、お父さん」と告白され、逮捕される直前、「アトムの父親にふさわしいのは私ではない」とアトムをお茶の水博士に託した。 シャドウ 声:大和田伸也 プルートウ及びダークプルートウの生みの親。 アトムを進化させるため、より強いロボットを造ることの出来る存在を要した天馬博士により、アトム同様進化するロボットとして作られたロボット科学者。 当初は天馬博士の指示通りに行動して、様々な混乱を巻き起こしていたが、アトムの戦いを見ていくうちにその心境に変化が起こり始める。 ハムエッグの元で修理ロボットとして働かされていたブルーボンを青騎士に改造した張本人でもあり、彼の影の協力者でもあったが、争いによって必要以上の犠牲が出ることを理解していたシャドウは、青騎士と対照的に戦争以外の方法でロボットの理想郷を創ることを考えていた。 ロボタニア騒動にて、当初は機械が剥き出しだった覆面下の素顔を天馬博士と同じ顔にして、天馬博士に反抗するようになる。 アトムと青騎士の和解後、ロボタニアの巨大宇宙船機能を起動させ、青騎士達ロボタニアの民と共に太陽系外宇宙へと旅立って行った。 世界征服には興味がなく、徹底的な拝金主義の小悪党。 冷酷で捻くれた性格。 金儲けのためにロボットをたびたび利用するが、毎度アトムに阻まれ、次第にアトムを憎むようになる。 ただし、憎いのはアトム「個人」だけで、反ロボット主義者ではない。 本人も「役に立つし忠実」という理由で「ロボットを愛している」と公言している。 もっとも、用済みになったロボットを平気で切り捨てている。 ランプと行動を共にしているが、反ロボット主義には興味が無く、爆破にのみ興味を持っている。 普段は無口というより無反応であるが、ホログラム録画でピエロに扮した時には狂燥的なまでに陽気になる。 最終的には、空中機雷を使ってランプが南極へ向かう足止めを行ったものの、タワシ警部にコントロールスイッチを破壊されたことで機雷が停止。 自身も警察ロボット達に取り押さえられて逮捕された(この時、トレードマークのサングラスが取れ、一瞬だが精たんな顔立ちの素顔が見えている)。 加田里(かたり) 声: 反ロボット主義グループの過激派メンバー。 ランプと共にAIロボットを街から追い出そうと思っている。 様々な人間に成り済ましてAIロボットを狂わせ、それを人々に見せてロボットの危険性を訴えている。 「ロボット農場の環境制御を暴走させて大洪水を引き起こす」、「密造した翼竜ロボットを街中で暴れさせる」、「テロを起こし、遠隔操作のロボット(というより人形)に嘘の犯行声明を喋らせる」など、AIロボットの評判を落とすためなら、関係のない人間や自分を慕っていた少女のミミ(声:)ですらも犠牲にする事を厭わない自分勝手で外道な。 姫川明の漫画版では、元コックでありロボットのせいで失業した為にロボットを恨み、アニメと同じように洪水を起こしたが、自身が洪水に巻き込まれアトムに助けられる結果になる。 その後、ランプやカトウと共謀して徳川グループの月面プラントを爆破しようとするが、アトムとアトラスの乱入により不利になる。 ここで「顔を知られすぎている」という理由でランプに見限られ、「自分はただの道具」と自虐しながらもアトムとアトラスに起爆装置の解除方法を教えた。 生物なら何でも言いなりに操れ、変装の達人でもあり何度も姿形を変える。 火の鳥(後述)の力で超人類に進化、世界の王となるべく暗躍。 何度もアトムを騙して利用し、心を傷つける。 卑劣で自己中心的な性格であるが、天涯孤独ゆえに家族のいない寂しさから、持っていたペンダントに、道端に落ちていた雑誌から切り取った女性の写真を貼って、それを母親と思うといった面も持っている。 過去に、政府の転覆を狙う反政府組織の能力開発研究所で、人体実験同様の特殊訓練を受けさせられており、12歳の時に脱走。 その時に自分が両親に捨てられたという、偽りの記憶を植えつけられており、ロックが人間を憎む理由にもなっている。 アトムのエネルギーを利用して、フェニックス島にムーンタワーを召喚し、進化をもたらす火の鳥の力を得ようとするも、悪しき心を持っていたことで暴走。 アトムに救われ、その時にロックはアトムと共に母親が病気で長く生きられず、自分が捨てられていなければ、愛されていた事実を、火の鳥の力で知り、最終的には警察に逮捕された。 ロボットを金儲けの道具としか考えていない。 金儲けの為にはロボットを連れ、宇宙のどこにでも顔を出す。 青騎士とは浅からぬ因縁がある。 人間以外の知性を認めない人間至上主義者である。 政界に進出し、AIロボット排斥運動の急先鋒となる。 しかし内心では、かつて自分を救ってくれたロボット・フレンドを見捨ててしまった(というより良心の呵責)に苛まれ、「ロボットは道具。 心などいらない」と己に言い聞かせ、世に広めることで、辛うじて正気を保っている。 フレンドとの再会を予感させる場面もあったが、その後も姿勢は変わらなかった。 ロボタニア騒動の発端を作り、ロボットの完全排除を目論んだものの、アトムのロボタニアへの説得によって目論みは失敗に終わる。 しかし、諦めようとしないランプは、個人所有していた戦艦の大型ミサイルで青騎士とシャドウの乗り込むロボタニアの宇宙船を撃墜しようとするも、これもアトムの活躍で失敗に終わる。 ミサイルの爆発でアトムを破壊することに成功して狂喜するも、ロボタニア騒動が結果的にロボット達の地位を上げてしまった上に、自らも元凶の一人として指名手配されたことで、それまで協力を得ていた企業の大物達から遂に見放されてしまい、名誉・地位の全てを失う。 このことで、アトムと天馬博士を逆恨みしたランプは、有人人型機動兵器「バウントアーマー」に搭乗して、自ら二人の抹殺に乗りだすも、ウランや友達の活躍で記憶を取り戻したアトムの反撃を受け、敗北。 最後は警察に取り押さえられて逮捕される。 その時もランプは全く懲りずに「人間の名誉の為に闘ったのだ」と自らの正当性を主張し続けていたが、タワシ警部には「お前に人間の名誉を語る資格は無い」と断じられた。 ダーク・ガールズ 声:(サラ)、(クリス)、(カーラ) サラ、クリス、カーラの女3人組からなる闇のロボット廃棄業者。 企業から大金を受け取り、不法に廃ロボットなど有害物質を大量に廃棄する裏稼業の人間。 巨大ヘビロボットの ナーガをペットにしている。 やることがやることだけに人目についてはいけないはずだが、コスチューム・口上・決めポーズまで取り揃えて怪現象を引き起こす者集団。 アトムのアストロシステムを悪用した兵器を開発して儲けるため、「小技」を駆使してアトムを狙う。 キャラクター原案は原作の。 スタッフ [ ]• 原作 -• 製作 - 、、森隆一• 企画 - 、金田耕司、清水義裕• プロデューサー - 久保田稔、風間康久、林紀夫、松崎薫、高瀬敦也• ストーリーエディター -• キャラクターデザイン・総作画監督:瀬谷新二• アニメーションディレクター - 望月敬一郎• メカデザイン - 、高倉武史• 美術監督 -• 背景 - 、手塚プロ• 撮影 - 高橋プロダクション• デジタル撮影 - T2スタジオ• 撮影監督 - 高橋宏固、野口肇• 色彩設計 - 岡野強、吉田めぐみ• テクニカルディレクター - 高橋賢太郎• BGスキャン - 小川猛• 色調整 - 鈴木美保• 音楽 -• 音楽監督 - 磯田健一郎• 音響監督 -• 音響効果 -• 録音 - 内田誠• 録音助手 - 藤林繁• スタジオ -• 音響製作 - (中島朋子)• 編集 - 森田編集室• ネガ編集 - 岸眞理• タイミング - 吉川富雄• 特殊効果 - 榊原豊彦• デザイン協力 -• 現像 -• HDフォーマット編集 -• 監督 -• 制作協力 -• 制作 - 、、、 主題歌 [ ] オープニング 前期・後期• 「」 第49・50話でも使用。 作詞 -• 作曲 - 町田紀彦、吉松隆• 編曲 - 山原一浩• 歌 - 中期• 作詞 - 、• 作曲・編曲 - m-flo• 歌 - CHEMISTRY meets m-flo エンディング 前期• 「」 後期にも藤井フミヤが声の出演をした34・35話、ストーリー最終盤の49・50話に使用。 このうち50話では2番目の歌詞で放送された。 作詞・作曲 -• 編曲 -• 歌 - 藤井フミヤ 後期 後期のエンディングには2種類あり、ストーリーが比較的明るい時はスカパンク、暗いときはバラードを使用。 「鉄腕アトム」(スカパンクバージョン)• 作詞 -• 作曲 -• 編曲 -• 「」(バラードバージョン)• 作詞:谷川俊太郎• 作曲:高井達雄• 編曲:山原一浩• 歌 - ZONE 視聴率 [ ] 初回視聴率・最高視聴率(調べ、関東地区):11. 話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 放送日 1 パワーアップ! 望月敬一郎 瀬谷新二 2 ロボットボール 3 アトム宇宙に行く 森田浩光 鈴木幸雄 宍倉敏 4 電光 吉村文宏 望月敬一郎 瀬谷新二 5 ロボット農場を救え! 鈴木幸雄 6 アトラス誕生 7 アトムVSアトラス 8 ロボット超特急 森田浩光 鈴木幸雄 宍倉敏 9 フランケン 吉村文宏 内田裕 10 金星ロボット襲来! 長谷川圭一 鈴木幸雄 宍倉敏 11 ロボットサーカスがやって来た! 太田愛 瀬谷新二 12 よみがえったジャンボ 西田正義 清水恵蔵 鈴木伸一 13 ウラン誕生 太田愛 鈴木幸雄 宍倉敏 14 ミクロの大冒険 小中千昭 山崎和男 瀬谷新二 15 人工知能を守れ! パメラ・ヒッケイ デニー・マッコイ 西田正義 鈴木卓夫 西田正義 16 闇のロボットハンター 太田愛 桑原智 瀬谷新二 17 地上最強のロボット 長谷川圭一 西田正義 西田正義 18 プルートゥは死なず 19 ロボットボーイ マーク・ハンドラー しのゆきひろ 20 永遠の少年 桑原智 吉村昌輝 21 湖の怪物 長谷川圭一 22 さよならプリンセス 太田愛 鈴木幸雄 宍倉敏 23 失われた記憶 小林弘利 山崎和男 古瀬登 24 ベアちゃん 長谷川圭一 鈴木幸雄 宍倉敏 25 もしも涙を流せたら 小林弘利 西田正義 山崎和男 西田正義 26 青騎士登場 太田愛 桑原智 加藤茂 27 名探偵ヒゲオヤジ 長谷川圭一 鈴木幸雄 宍戸敏 28 宇宙プラントの危機 太田愛 桑原智 吉村文宏 瀬谷新二 29 ウランと名探偵 長谷川圭一 鈴木卓夫 寺沢伸介 30 地底探検 小林弘利 西田正義 高橋滋春 清水恵蔵 31 グーノンの大冒険 太田愛 平田敏夫 成川武千嘉 柳瀬譲二 32 青騎士の秘密 長谷川圭一 西田正義 鈴木幸雄 宍倉敏 33 妖精物語 小林弘利 内田裕 34 変形生命ムーピー 村井さだゆき 森田浩光 津田義三 35 アトムVSロック 36 恋するロボット 小林弘利 山崎和男 古瀬登 37 アトラス逆襲 長谷川圭一 西田正義 清水恵蔵 38 エミリーの願い マーク・ハンドラー 渕上真 古佐小吉重 39 タイムハンター ラリー・ビスコフ 森田浩光 竹内啓雄 杉野昭夫 40 ロボット嫌い 長谷川圭一 桑原智 吉村昌輝 41 巨人の記憶 太田愛 水野健太郎 古佐小吉重 42 鋼鉄島の戦い 長谷川圭一 吉村文宏 津田義三 西城隆詞 43 人間に憧れたロボット 太田愛 山崎和男 古瀬登 44 龍の森へ 平田敏夫 橋本三郎 西城隆詞 45 革命前夜 吉村文宏 杉野昭夫 46 ロボタニア建国 長谷川圭一 西田正義 鈴木卓夫 西田正義 47 決戦! 南極大陸 滝沢潤 柳瀬譲二 48 明日への旅立ち 西田正義 鈴木卓夫 49 アトム復活 山崎和男 瀬谷新二 50 最後の対決 望月敬一郎 瀬谷新二 望月敬一郎 放送局 [ ] 放送時間枠がローカルセールス枠のため時差ネットが多かった。 では30分先行で、9:00 - 9:30(JST)に放送された(当該時間帯は『』を放送)。 また、では8日遅れながらも、毎週月曜 19:00 - 19:27(JST)というに編成した。 また、制作局フジテレビの権利が失効した後も、のや系列の(「」枠)において再放送された。 なお、アニマックス(前述の海外版ではなく国内版)において現在、第20話「永遠の少年」はなぜか放送ラインナップから外され、以降回が話数を一つ繰り上げて放映されている。 対象対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 放送期間 毎週日曜 9:30 - 10:00 制作局 2003年4月6日 - 2004年3月28日 同時ネット フジテレビ系列 フジテレビ系列 毎週日曜 9:00 - 9:30 30分先行 日本テレビ系列 フジテレビ系列 毎週月曜 16:25 - 16:55 遅れネット 2003年4月7日 - 2004年3月29日 フジテレビ系列 毎週月曜 16:30 - 17:00 毎週月曜 15:30 - 16:00 2003年4月8日 - 2004年3月29日 ・ 毎週火曜 16:00 - 16:30 2003年4月8日 - 2004年3月30日 毎週火曜 16:54 - 17:24 毎週水曜 16:30 - 17:00 2003年4月9日 - 2004年3月31日 毎週金曜 16:00 - 16:30 2003年4月11日 - 2004年4月2日 毎週土曜 6:00 - 6:30 2003年4月12日 - 2004年4月3日 毎週土曜 9:30 - 10:00 フジテレビ系列 毎週土曜 17:00 - 17:30 TBS系列 毎週土曜 17:30 - 18:00 フジテレビ系列 毎週土曜 18:00 - 18:30 毎週土曜 18:30 - 19:00 ・ 毎週月曜 19:00 - 19:27 2003年4月14日 - 2004年4月4日 毎週日曜 17:30 - 18:00 毎週日曜 24:00 - 24:30 制作協力 遅れネット リピート放送あり 2003年4月20日 - 2004年4月10日 日本国外での放送 [ ] 、 、 、、、カートゥーン ネットワーク 、 、 、 、、カートゥーン ネットワーク 、、、カートゥーン ネットワーク 劇場作品 [ ] 手塚治虫アニメシアター 特別編 [ ] 「KYOTO手塚治虫ワールド」内300インチシアターで上映された劇場作品。 が監督となり3本制作された。 手塚治虫アニメシアター『ASTRO BOY 鉄腕アトム特別編 アトム誕生の秘密』 2003年4月6日公開。 天馬博士がトビオの代わりとしてアトムを作ったエピソード。 手塚治虫アニメシアター『ASTRO BOY 鉄腕アトム特別編 イワンの惑星〜ロボットと人間の友情〜』 2003年9月13日公開。 イワンという捨てられたガードマン型ロボットのエピソード。 手塚治虫アニメシアター『』 2004年2月7日公開。 200年後、ロボットに支配されている地球で、少年は役目を終え展示されていたアトムと出会った。 スタッフ• 監督 - 出崎統• 脚本 - 森田真由美• 演出 - 桑原智• 作画監督 - 西田正義• 美術監督 - 斉藤雅巳• 色彩設計 - 川添恵 科学館上映作品 [ ] 『ROBOT〜夢のアストロボーイへ〜』 2004年4月15日より福岡青少年科学館ほか科学館上映された日本科学未来館企画の映像コンデンツ。 アトムのを交えながら実際のロボット技術を紹介していく。 制作企画・監修 - 日本未来科学館• 制作・著作 - 株式会社IMAGICA FORCE• 著作 - 株式会社ソニー・ピクチャーズエンターテイメント• プロジェクト協力 - 株式会社手塚プロダクション プラネタリウム上映作品 [ ] 『ASTRO BOY 鉄腕アトム〜月面基地・消えたロボットの謎〜』 2004年5月29日 - 2004年8月31日公開プラネタリウム上映作品。 月面基地で多発する奇妙な事件、そして宇宙ステーションに向けてロケットが打ち上げられた。 アトムは宇宙ステーションを救うことが出来るのか? I-MAX上映作品 [ ] 『ASTRO BOY 鉄腕アトム 10万光年の来訪者・IGZA(イグザ)』 2005年9月1日より公開の日本初のIMAXフィルム大型映像でのフルアニメーション作品。 ストーリー アトムたちを乗せ土星の衛星タイタンに向かう惑星間宇宙船ガリレオII世号。 しかしタイタンで人間達を滅ぼそうとする機械生命体イグザが現れたのであった。 スタッフ• 企画 - 清水義裕、楠見忠司• 監督 - 竹内啓雄• 脚本 - 野崎透• キャラクターデザイン・作画監督 - 瀬谷新二• メカニックデザイン - 、中川航• 美術監督 - 柴田正人• 色彩設定 - こばやしみよこ• 撮影監督 - 中山圭介• 編集 - 森田清次、髙山智江子• 音響監督 - 三間雅文• 音楽 - 吉松隆• プロデューサー - 宇田川純男、深井利行 コミカライズ [ ] 小学館 小学五年生 2003年3月号 - 7月号、小学六年生 2003年4月号、5月号 、別冊コロコロコミック 2003年4月号 - 8月号連載。 全3巻。 アニメと連動したコミックで、原作ではない。 作画はが担当。 ASTROBOY 鉄腕アトム()• ASTROBOY 鉄腕アトム()• ASTROBOY 鉄腕アトム() 制作エピソード [ ]• オープニング主題歌は当初、『鉄腕アトム』を使用せず、ZONEの『true blue』だった。 『鉄腕アトム』の権利関係が原因になっている。 『鉄腕アトム』は後に後期エンディング主題歌として使用された。 手塚プロより35mmフィルムで残したいとの意向と3DCGを使いたいとの監督の意向により、セル7割デジタル3割という既に少なくなっていたセル制作にこだわった作品となっている。 原版は35mmフィルムで製作されたあと、ハイビジョン24Pの世界配信用原版を起こすという方法がとられた。 視聴率は同年のアニメの中では高く、当時視聴率が高かった・系列『』には対抗できたものの、から発売された玩具の売上は苦戦し、玩具展開は早期に打ち切られた。 声優に関するエピソード [ ]• 作品中では製のロボットが声の出演を務めるエピソードもあった。 がペンキ塗りロボットの声でゲスト出演しているが、権利関係からかDVD版では手塚眞が声の吹き替えを行っている。 上記の香取をはじめ3クール目は声優が本業でない芸能人のゲスト出演が多かった。 脚注 [ ]• 106(2003年5月号)、、2003年5月1日、 75頁、 雑誌コード:01843-05。 米国の子会社であるが制作した長編アニメ映画は除く。 「TV STATION NETWORK」『』2003年6月号、、 109 - 111頁。 当初は4月7日開始予定であったが、の報道特別番組が入ったため翌日に改めて放送。 以降は左記通りの放送となる。 北日本新聞 2003年4月7日付および4月8日付各朝刊のテレビ欄より• 「」枠で放送。 、、2003年4月11日。 (のキャッシュ)• 、、2003年10月1日。 (インターネットアーカイブのキャッシュ) 関連項目 [ ]• 前番組 番組名 次番組.

次の