るるぶ ゆるキャン。 「ゆるキャン△」×「るるぶ」公式ガイドブックが2月4日に刊行

『るるぶ ゆるキャン△』2月4日(火)発売!物語の順にキャンプができるコースガイド付き(2020年2月1日)|BIGLOBEニュース

るるぶ ゆるキャン

旅行情報誌『るるぶ』は、これまで『ガールズ&パンツァー』や『薄桜鬼』、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 』など数々のヒット作とコラボした公式ガイドブックを制作してきました。 近年、手ぶらキャンプやグランピングなど、キャンプの楽しみ方は多様化しています。 国内外の地域の魅力をガイドする『るるぶ』とも相性バッチリな作品です。 アニメのストーリーと同じ順で旅とキャンプができるコースガイド• 主演声優独占インタビュー• キャンプ地や、絶景が望めるスポットだけを紹介するだけでは普通のガイドブック。 アニメのストーリーと同じ順で旅とキャンプができるコースガイド ~高ボッチ高原のボッチじゃない夜景を追体験~ 聖地を巡るためのモデルコースも掲載していますが、やはりファンならば、なでしこたちと同じルートでキャンプをしたいもの。 山梨県だけでなく、静岡県・長野県もしっかり掲載しています。 あのシーンやこのシーンのキャプチャ画像と実際の写真に加え、巻末には地図も掲載。 この本を見ながら、「リンはこうやって回ったのか」など、イメージが膨らみます。 このコースガイドのとおりに巡れば、神秘的な夜の富士山を見ながらカレーめんの匂いを感じたり、高ボッチ高原でリンがなでしこに夜景の写真を送ったシーンが目に浮かんだり、休憩所のログハウスでついウトウトして16時になってしまったりするはず。 盛りだくさんにお楽しみいただけます~ 作中ガイドのあとは、コミックス最新9巻までの未アニメ化の旅ルートも解説。 こちらは原作イラストとともにお楽しみください。 千明が教えてくれた桔梗信玄餅のツウな食べ方も合わせて思い出しましょう。 グッズ紹介のページでは、イラストやロゴが使用されたグッズを一挙大公開。 「しまりんだんご」や「グビ姉のすき焼きに合う日本酒」など、コラボグルメもたっぷり紹介しています。 撮りおろし写真、「実は私…」なエピソードもあるので、ファン必読です。 美しい写真と充実の情報量で、旅のワクワク感たっぷりの誌面や、編集部が厳選した最新情報やわかりやすい地図など、旅行者はもちろん、地元の方にも役立つ情報が満載です。 2018年1~3月までTVアニメ第1期が放送されました。 TVアニメ続編第2期、映画劇場版の制作も発表されており、今もっとも話題で今後も目が離せない作品です。

次の

『るるぶ ゆるキャン△』2月4日(火)発売!聖地巡礼ルートを完全網羅!

るるぶ ゆるキャン

旅行情報誌『るるぶ』は、これまで『ガールズ&パンツァー』や『薄桜鬼』、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 』など数々のヒット作とコラボした公式ガイドブックを制作。 近年、手ぶらキャンプやグランピングなど、キャンプの楽しみ方は多様化している。 国内外の地域の魅力をガイドする『るるぶ』とも相性バッチリな作品だ。 キャンプ地や、絶景が望めるスポットだけを紹介するだけでは普通のガイドブック。 アニメのストーリーと同じ順で旅とキャンプができるコースガイド~高ボッチ高原のボッチじゃない夜景を追体験~ 聖地を巡るためのモデルコースも掲載しているが、やはりファンならば、なでしこたちと同じルートでキャンプをしたいもの。 山梨県だけでなく、静岡県・長野県もしっかり掲載しています。 あのシーンやこのシーンのキャプチャ画像と実際の写真に加え、巻末には地図も掲載。 この本を見ながら、「リンはこうやって回ったのか」など、イメージが膨らむ。 このコースガイドのとおりに巡れば、神秘的な夜の富士山を見ながらカレーめんの匂いを感じたり、高ボッチ高原でリンがなでしこに夜景の写真を送ったシーンが目に浮かんだり、休憩所のログハウスでついウトウトして16時になってしまったりするハズ。 盛りだくさんにお楽しみいただけます~ 作中ガイドのあとは、コミックス最新9巻までの未アニメ化の旅ルートも解説。 こちらは原作イラストとともにお楽しみいただきたい。 千明が教えてくれた桔梗信玄餅のツウな食べ方も合わせて思い出そう。 グッズ紹介のページでは、イラストやロゴが使用されたグッズを一挙大公開。 「しまりんだんご」や「グビ姉のすき焼きに合う日本酒」など、コラボグルメもたっぷり紹介している。 撮りおろし写真、「実は私…」なエピソードもあるので、ファン必読だ。

次の

『るるぶ』と『ゆるキャン△』が待望のコラボ!『るるぶ ゆるキャン△』2020年2月4日(火)発売!|株式会社JTBパブリッシングのプレスリリース

るるぶ ゆるキャン

旅行情報誌『るるぶ』は、これまで『ガールズ&パンツァー』や『薄桜鬼』、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 』など数々のヒット作とコラボした公式ガイドブックを制作。 近年、手ぶらキャンプやグランピングなど、キャンプの楽しみ方は多様化している。 国内外の地域の魅力をガイドする『るるぶ』とも相性バッチリな作品だ。 キャンプ地や、絶景が望めるスポットだけを紹介するだけでは普通のガイドブック。 アニメのストーリーと同じ順で旅とキャンプができるコースガイド~高ボッチ高原のボッチじゃない夜景を追体験~ 聖地を巡るためのモデルコースも掲載しているが、やはりファンならば、なでしこたちと同じルートでキャンプをしたいもの。 山梨県だけでなく、静岡県・長野県もしっかり掲載しています。 あのシーンやこのシーンのキャプチャ画像と実際の写真に加え、巻末には地図も掲載。 この本を見ながら、「リンはこうやって回ったのか」など、イメージが膨らむ。 このコースガイドのとおりに巡れば、神秘的な夜の富士山を見ながらカレーめんの匂いを感じたり、高ボッチ高原でリンがなでしこに夜景の写真を送ったシーンが目に浮かんだり、休憩所のログハウスでついウトウトして16時になってしまったりするハズ。 盛りだくさんにお楽しみいただけます~ 作中ガイドのあとは、コミックス最新9巻までの未アニメ化の旅ルートも解説。 こちらは原作イラストとともにお楽しみいただきたい。 千明が教えてくれた桔梗信玄餅のツウな食べ方も合わせて思い出そう。 グッズ紹介のページでは、イラストやロゴが使用されたグッズを一挙大公開。 「しまりんだんご」や「グビ姉のすき焼きに合う日本酒」など、コラボグルメもたっぷり紹介している。 撮りおろし写真、「実は私…」なエピソードもあるので、ファン必読だ。

次の