重力 が 眠り に つく 千年 に 一度 の 今日。 (できれば)毎日日記☆ 本当は したいんです。

RADWIMPS グランドエスケープ feat. 三浦透子 歌詞&動画視聴

重力 が 眠り に つく 千年 に 一度 の 今日

RADWIMPS「グランドエスケープ feat. 三浦透子 」。 「グランドエスケープ」は直訳すると 「大いなる逃避行」。 運命のその向こうへ。 解放感あふれるエネルギッシュな歌詞が魅力的な1曲です。 新海誠監督の映画「天気の子」の主題歌。 自身の声ではなく女声が欲しいというRADWIMPS. 野田洋次郎さんの要望で、オーディションの末に女優の三浦透子さんをゲストボーカルとして迎え製作されました。 現在、「天気の子」予告映像の中で楽曲の一部が公開されています。 歌詞の特徴は、その圧倒的な解放感です。 空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か? グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 人間は個人の自由と引き換えに、社会で生きることを選んだ。 それでもなお夢を追いかける僕らは罪なのか。 「空」はよく自由の象徴として描かれます。 人として生きるなら、社会に付き従うのが定めというものです。 それでも夢を追いかけようとするのはいけないことなのか。 どことなく窮屈で不自由な世界が描かれています。 夏は秋の背中を見て その顔を思い浮かべる 憧れなのか、恋なのか 叶わぬと知っていながら 叶わぬことと知りながら、夏は秋に思いを馳せる。 夏はどれだけ秋に恋い焦がれようと、秋の顔を拝むことはできません。 夏が終わらなければ秋は来ないから。 それは変わることのない 運命です。 しかし夏は、叶わないとわかっていても秋を想う。 同じように、 「僕ら」も届かないと知りながら夢を追いかけます。 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 何にも邪魔されることのない今日、はるか彼方へ飛び出そう。 ちょっとネガティブな歌詞から解き放たれ、 一気に前向きな詩へと飛躍。 「重力」というものは私たちをこの星に縛り付けるもので、 不自由のシンボルともいえる存在です。 今日だけはそんな足枷を感じることなく、誰にも気にされずにここではない場所へ行こう。 そんな、 物語、あるいは恋の抑えきれない高揚感が歌詞に表れています。 重力は眠ったりしないので、ここではその 「君となら何でもできてしましそうな感じ」を、束縛を感じない、すなわち 「重力が眠りにつく」と表しているのだと思います。 彼が眼を覚ました時に 連れ戻せない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 行こう グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 二度と不自由に捕らわれない、はるか遠くへ行こう。 「彼」が指すのは勿論 「重力」。 何でもできちゃいそうな今のうちに、何にも捕らわれない現実離れしたどこかへ行ってしまおう!という非常に前向きな歌詞です。 重力の話をすると、重力に連れ戻されない場所というのははるか無限の彼方。 そのくらい、はっちゃけたスケールの歌詞になっております。 いかにも野田洋次郎さんらしい。 どことなく、言い回しや言ってる内容が「君の名は。 」のOP「夢灯篭」っぽいですね。 新海監督の最近の作品らしさみたいなのが表れてるのかな... なんて思えてきます。 もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう もう少しで運命の向こう もう少しで グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 運命のその向こうへ。 ここで、それとなく 「重力」というものが 「運命」という概念の比喩だったことがわかります。 彼らは「運命」なんかに支配されない、もっと自由な場所を目指しているのです。 まさに 「グランドエスケープ」、「大いなる逃避行」ですね。 ここの歌詞もどことなく、前作「君の名は。 」の「スパークル」の歌詞を彷彿とさせます。 夢に僕らで帆を張って 来るべきの日のために夜を越え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 来る未来のために、期待を胸にここまで突き進んできた。 未来はどうなるかわかりません。 待ち受けるのは悲劇かもしれない。 だけど、 そんな日のために今は進んでるんだからきっとどうにかなるさ、と、どこまでも楽観的です。 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 怖がったって仕方がない。 この恋が僕らを押し進める。 未来が怖くないわけではないけれど、 恋をして、運命を乗り越えようとする彼らにはそんなもの関係ありません。 恋をしているから。 君が隣にいてくれるから。 止まらない彼らの衝動と、その先にある圧倒的な解放感。 究極にポジティブで爽快な1曲です! まとめ.

次の

【RADWIMPS×三浦透子/グランドエスケープ】歌詞の意味を徹底解釈して考察!

重力 が 眠り に つく 千年 に 一度 の 今日

[00:00. 00]熙子hiroko、盖盖Nyan - グランドエスケープ [00:02. 46]作词:野田洋次郎 [00:03. 57]作曲:野田洋次郎 [00:12. 26]重力が眠りにつく [00:14. 63]1000年に一度の今日 [00:18. 88]太陽の死角に立ち [00:21. 41]僕らこの星を出よう [00:25. 43]彼が眼を覚ました時 [00:27. 86]連れ戻せない場所へ [00:31. 99]せーので大地を蹴って [00:34. 72]ここではない星へ [00:40. 89]行こう [00:41. 89]もう少しで運命の向こう [00:45. 33]もう少しで文明の行こう [00:48. 50]もう少しで運命の向こう [00:51. 91]もう少しで [00:54. 66]夢に僕らで帆を張って [00:58. 14]来るべき日のために [01:00. 46]夜を越え [01:01. 57]いざ期待だけ満タンで [01:04. 61]あとはどうにかなるさと [01:07. 05]肩を組んだ [01:08. 79]怖くないわけない [01:11. 56]でも止まんない [01:13. 63]ピンチの先回りしたって [01:17. 69]僕らじゃしょうがない [01:20. 08]僕らの恋が言う 声が言う [01:26. 59]行けと言う [01:39. 62]愛にできることは [01:43. 11]まだあるかい [01:46. 14]僕にできることは [01:49. 89]まだあるかい 熙子hiroko、盖盖Nyan - グランドエスケープ 作词:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 彼が眼を覚ました時 連れ戻せない場所へ せーので大地を蹴って ここではない星へ 行こう もう少しで運命の向こう もう少しで文明の行こう もう少しで運命の向こう もう少しで 夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために 夜を越え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 行けと言う 愛にできることは まだあるかい 僕にできることは まだあるかい.

次の

RADWINPS「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」歌詞の意味(解釈)とは?『天気の子』予告で内容考察も!

重力 が 眠り に つく 千年 に 一度 の 今日

スポンサーリンク 2019年5月29日にアニメ映画「天気の子」の第2弾予告映像が解禁されました。 本作品は2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。 」以来、 約3年ぶりに新海誠監督とRADWIMPSがタッグを組む作品になっています。 第2弾となる予告映像で解禁されたのは、三浦透子がボーカルとして参加した楽曲 「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」です。 スッと自然に耳に入っている声はアニメ映画「天気の子」の世界観にピッタシですし、透明感をも感じられます。 そこで今回はRADWIMPSが手がけた楽曲「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」の歌詞についてまとめていきたいと思います。 どのような意味や解釈があり、「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」を歌われているのでしょうか。 ということで、「グランドエスケープ三浦透子 RADWIMPS 歌詞!意味や解釈やフル音源動画は?」と題してまとめていきます。 グランドエスケープ 三浦透子 の歌詞! 「グランドエスケープ」 空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か? 夏は秋の背中を見て その顔を思い浮かべる 憧れなのか、恋なのか 叶わぬと知っていながら 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 彼が目を覚ました時 連れ戻せない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 行こう もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう もう少しで運命の向こう もう少しで 夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を超え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う 新海誠監督は第2弾予告映像が解禁された際にこのようなコメントを出しています。 人間がどうしても取り繕えないものが、声だと思います。 喋る内容はもちろん、声質、息づかい、言い淀み、語尾、すべてにその人そのものが避けようもなく滲み出てしまう。 須賀役を小栗さんに、夏美役を翼さんにお願いしたのは、だからです。 彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉と心を与えてくれているアフレコの過程を、わくわくしながら楽しんでいます。 「天気の子」は RADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。 劇場でその音に身を浸していただけるように、スタッフ全員で今も制作に奮闘しています。 楽しみにお待ちいただけますように。 また新海誠監督は「役者の歌声というよりも、 世界そのものの響きのような声。 個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声」と言っています。 グランドエスケープ 三浦透子 の意味や解釈は? そもそも、グランドエスケープ の意味とは何でしょうか。 「ground」とは地面のことを指しており、「 escape」とは逃亡する、脱出することを指しています。 「ground escape グランドエスケープ 」は 【地面 地上 から抜け出す】としての意味だと思います。 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 地球には重力があり、今私たちは地面に足をつけながら生活をしています。 重力が無くなってしまったら、 「無重力」になってしまいます。 「僕ら」とは、「天気の子」の登場人物の森嶋帆高と天野陽菜の2人を指していると思います。 「太陽の死角に立ち」とは、誰にも見つからない場所を指していると思います。 2人だけの世界へ行くことを宣言しています。 彼が目を覚ました時 連れ戻せない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 「彼」とは、重力のことを指しているのでしょうか。 重力が戻った際にも、影響を受けない場所まで行こうとしています。 「せーの」ということは1人ではなく、2人だからいうかけ声です。 ここで、帆高の陽菜への思いが強く感じます。 もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう もう少しで運命の向こう もう少しで 運命や文明の向こうへ行くことは物理的に厳しい部分があります。 ここは、運命や文明を越えるまで、諦めず、挑戦し続けることが大切と語りかけてくれているような気がします。 夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を超え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ 自分が掲げている夢に自信を持って、あとは時が来るまで待つことが大切と謳っているのでしょうか。 自分への期待を胸をいっぱい待っていれば、どんな困難も立ち向かっていけると言っているような気がします。 この歌詞には、僕らに「目標や夢へ自信を持って進め!」「自分への期待だけ無くならなきゃ、どうにかなるよ!」と語りかけ、後押しをしてくれる力を持っています。 自分が選んだ夢に向かって、全力で生きろ!と語りかけてくれているみたいです。 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う 自分の目標や夢に向かっている時は、不安がどうしても出てきてしまうのが人間です。 「不安に思うこともある、しかし、立ち止まってはダメだ!」と伝えてくれています。 ピンチな場面はいずれ来るけど、それを自ら不安に思い迎えにいくべきじゃない。 目標や夢に向かっているときの不安や怖さは僕らじゃ、どうしようもない。 そうだから、僕らの恋 心 にある「挑戦」を、口に出して、自分自身に「行け」と声で言っているように感じます。 考察内容がちょくちょく変わっていますので、私の心境含め楽しんで貰えたら幸いです。 グランドエスケープ 三浦透子 のフル音源動画は? 予告第2弾として解禁されたグランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」ですが、動画では一部分しか聴けないことになっています。 しかし、現在は第2弾予告映像でしか視聴出来ないようです。 アニメ映画「天気の子」の公開日2019年7月19日に、RADWIMPSが書き下ろした主題歌5曲と、劇伴27曲を収録したサウンドトラックも発売されるので、そのタイミングでフル音源が解禁されるのかもしれないですね。 フル音源動画を視聴する際には「」を参考に注意してください! まとめ 今回は「グランドエスケープ三浦透子 RADWIMPS 歌詞!意味や解釈やフル音源動画は?」というタイトルでまとめさせていただきました。 三浦透子の歌声を聞きましたが、こんな方いたのかと胸を撃ち抜かれました。

次の