概ね 読み方 - 「概ね」の範囲は8割?正しい意味・程度・時間は?読み方は?「かねがね」との違い

読み方 概ね 「概ね」とは?意味や使い方を解説!

「概ね」とは?意味や使い方を解説!

読み方 概ね 「概ね」の意味や読み方は?類語/大体/およそ/英語/程度

「忽ち」=「そうち」…?読めそうで読めない《難読漢字》3選

読み方 概ね 概ねの読み方と意味、「おおむね」と「がいね」正しいのは?

【概ね】と【ほぼ】と【大体】の意味の違いと使い方の例文

読み方 概ね 概ねとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

読み方 概ね 概ねの読み方と意味、「おおむね」と「がいね」正しいのは?

「概ね」とは?意味や使い方を解説!

読み方 概ね 「概ね」とは?意味や使い方!例文や解釈

読み方 概ね 「概ね」の範囲は8割?正しい意味・程度・時間は?読み方は?「かねがね」との違い

概ねとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

読み方 概ね 「概ね」は具体的にどれくらいの割合を指す言葉?意味や使い方について解説

「忽ち」=「そうち」…?読めそうで読めない《難読漢字》3選

読み方 概ね 「概ね」の意味とは?読み方・程度・類語・英語表現|敬語の使い方例文も

概ねの読み方と意味、「おおむね」と「がいね」正しいのは?

読み方 概ね 概ねとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「忽ち」=「そうち」…?読めそうで読めない《難読漢字》3選

(出典:デジタル大辞泉) ・ 大凡(おおよそ) 意味:細部にこだわらず概略を判断するさま。

  • 「概ね」「」は的であるが、「ほぼ」「大体」はでも普通に用いられる。

  • 法律の中であいまいな言葉を用いる場合、その言葉には定義がなされていて「直前」は「30m手前」を指しますが「概ね」には法律上の定義はなく、「概ね12歳」とあった場合「6歳」でも「10歳」でも個人の解釈次第では「概ね12歳」となります。

  • 「概ね」の読み方 「概ね」は「おおむね」と読みます。

「概ね(おおむね)」の意味と使い方は?トラブル回避のため知っておきたい!

もし「概ね」という表現を分かりづらく感じるのであれば、「ほとんど」におき換えて考えると良いでしょう。

  • 読み方が同じ「相異」との違いや類義語、対義語についての紹介もされているので、この機会に覚えておきましょう。

  • 話は概ねしている(話は、な点をば、している)• あくまでも、過半数を超えているように見えるときに限って使うようにしましょう。

  • まず 概ねは「大体。

「概ね」の意味と読み方・例文5コ・どの程度を意味するか

「概ね」と似た意味のに「ほぼ」「大体」「」などがある。

  • そのため、現在では、文章や論説についても「概ね」の方を用いる人が多く、「大旨」はほとんど使われることのない表現となっています。

  • 語源としては「概ね」の「大部分を占める」という意味と似ていますが、実際の用法はものごとの一般性を述べるものになるので、混同してしまわないように注意が必要です。

  • 続いて「そもそも・一般的に」の意味を見ていきます。

概ね(おおむね)の意味や読み方 Weblio辞書

非常に抽象的な表現である「概ね」ですが、では、実際にはどのくらいの割合を指す言葉として使用されているのでしょうか。

  • 「概ね」という言葉の意味を知るのと同時に、言葉のストックを増やしておきましょう。

  • 例文4「概ね予定通り」 予定がだいたいそのとおりに進んでいる様子を表します。

  • 「概ね」を用いて少しでも「違う」と感じてそれについて言及をしたいと言う場合は、「概ね良好ですが気になるところがあります」などとすれば問題ないでしょう。

「忽ち」=「そうち」…?読めそうで読めない《難読漢字》3選

つまり「大まかな趣旨を理解した」という意味になり、その理解度が異なることが分かります。

  • ある人にとっては話の内容が概ね理解できたと思っていても、別の人にとっては全然理解が足りないと感じるケースは少なくありません。

  • 「概ね」の表現の使い方• (出典:デジタル大辞泉) ・ 大体(だいたい) 意味:細かい点を除いた主要な部分。

  • 気温や降水量などを表すときに「確定はできないけれど、だいたい平年並み(毎年の平均的な値)である」という意味で使われます。

概ねとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「大体」の類語 「大体」の類語・類義語としては、全体の要点をまとめたものを意味する「概要」、事柄の全体のあらましを説明することを意味する「概説」、細部にこだわらず概略を判断する様子を意味する「おおよそ」、はじめからを意味する「もともと」などがあります。

  • 普通に賛同をするのに抵抗があるという心理状態においても、「概ね賛成です」とすると、微妙な心境を含ませることができるでしょう。

  • 2時間以上であれば2時間を超える必要がありますが、「概ね2時間以上」なので必ずしも2時間を超えなくてはいけないというわけではないことを表します。

  • 「概ね」がにかかる、が状態にあることについて、のはである(例、「今の生活に概ね満ている」)か、である(例、「は概ねだった」)ことが、その状態がにられるには用いにくい。




2021 cdn.snowboardermag.com