地縛少年花子くん 16話 ネタバレ。 【地縛少年花子くん】花子くんの正体は?過去や本名などネタバレ!

【地縛少年花子くん】5話ネタバレ感想。花子くんの寧々への想いは・・・?

地縛少年花子くん 16話 ネタバレ

今回は『』に連載されている 『』 16話【人魚姫1 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、二人の前に黒い杖代が現れました!? 八尋を庇った花子に、学ラン姿の少年は、その子のことは守るんだ?と告げました。 そして、俺のことは殺したくせに。 俺のこと覚えてるよね?あまね・・・と。 俺にも優秀な助手がいてねと怪異。 あの謎の女子(で遭遇した子)が助手のようです。 俺に会えて嬉しい?と怪異。 花子は涙を流しました。 八尋は水筒の蓋を開け、怪異に中身をぶちまけました! やるじゃんと怪異。 そしてまたねと告げて消えていきました。 どこか力ない花子・・・。 行かなきゃと言って何処かへ行ってしまいました。 無惨に散らばった手作りドーナツ・・・。 翌日、葵に恋愛相談する八尋。 私も怪異ならよかったのに・・・と呟くと、謎の金魚の姿の怪異が現れました!? お初にお目にかかりますおひいさまと金魚ら。 あの七不思議たちから解放して差し上げますと告げました。 金魚の話では、人魚様の血肉を分け与えられたものが主人(あるじ)になるようで、すなわち八尋が我が主人だと! 七不思議の7番は八尋を利用するだけ利用して扱いがひどいと苦言を呈しました。 そして人魚の生き血が入った醤油差しみたいなペンダントを渡しました。 これを飲めば悪霊との縁はきれ、人魚様との正式なご縁が結ばれると。 悩んだ八尋は土籠に相談することにしました。 ドーナツをダメにしたことで光とは気まずいし、花子とは最近会えていないからです。 話を聞き、姫待遇なんていいじゃんと土籠w 八尋は止めて欲しいと告げましたw よく考えて自分で決めろと土籠。 八尋が帰ると、そっとカーテンをめくりました。 そこには花子が!? どーするんですか?と土籠。 翌日、再び現れた金魚たち。 八尋はやっぱり花子くんと縁を切ることはできないと告げました。 しかし、よく考えてくださいと金魚。 その醜い足をすて、我ら魚たちの世界へ!と八尋を魚の姿に変えてしまいました!? つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)が貰えますので、 600 円以内の書籍なら実質無料で購入できちゃいます!つまり お得に殺した相手と再会 する花子 が拝めるのでぇす!! ひいいい!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

「地縛少年花子くん」見逃し配信動画を第1話〜最終話全話を無料で見る方法!ネタバレと感想も!

地縛少年花子くん 16話 ネタバレ

生前に犯してしまった罪の話になると弱々しい一面を見せたりします。 しかし寧々ちゃんを目の前にするとさらっとをしたりもしますよねw そして、寧々ちゃんのことになるとかなり感情が動くような描写が多いです。 本名 「花子くん」というのは、七不思議の7番としての名前であって、本名ではないですよね。 花子くんは生前普通の人だったのできちんと名前があります。 柚木普(ゆぎあまね) あまねくんです! あまねくんは現在寧々が通っている学園の中等部の生徒でした。 そんなあまねくんの過去についてご紹介していきます! 過去 花子くんの過去は 漫画3巻で、七不思議の5番「16時の書庫」土籠の依代を壊した時に明らかになっています。 花子くんの過去の状況としては• 常に傷だらけで友達もいない• 土籠が誰にやられているのか聞いても答えない• 初めて人類が月に行った翌日に、どこにでもいけるとみんなが舞い上がっている中「もうどこにもいかない」と発言• 星が好きで理科の教師になるはずだった こんな感じです。 土籠が見てきた中で決められた未来を変えた、たった1人の人間のようです。 というのも、 16時の書庫の本に書かれていた理科の教師になるという内容通りにはならずに、死んでしまったからです。 しかしは未だに明かされていません。 もうどこにもいかないという発言通り、七不思議になって今も学園に居続けているんですよね。 幼少期の夢は宇宙飛行士だったということもわかっています。 生前の罪とは 花子くんは生前に犯した罪に囚われて七不思議として学園にいます。 「 花子くんは包丁を武器にしている人殺しの悪霊」と源光くんに言われ、その事実が明らかになりましたが 一体誰を殺してしまったのか気になりませんか? それも実は判明しているんです! 花子くんが殺してしまった人は 双子の弟の柚木つかさ です! 弟だったんですよね! 優しいあまねくんとは 正反対のサイコパスな弟です。 生き物を殺すことに対して何も感じないような少年ですが、あまねくんのことが相当好きなようで、姿を見かけると抱きついたりしています。 あまねくんとつかさくんがどのような生活をしていたのかについては、まだ何も描かれていないのでほとんどわかりません。 ですが、幼少期は一緒にお祭りに行っていたりと 仲が悪いというわけではなかったようです。 花子くんの本名は柚木あまね• 花子くんは現在寧々が通っている学園の中等部に通っていた人物• 将来理科の教師になるはずだったが、決まった未来を変えて死んでしまった• 花子くんが殺してしまった人は双子の弟のつかさ こんな感じです! なんだかかなり不穏な感じですよね。 過去が辛かった分、この先幸せになれればいいのですが…。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

【地縛少年花子くん:65話】最新話ネタバレ|光に語られる寧々を長生きさせる方法|漫画キャッスル

地縛少年花子くん 16話 ネタバレ

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:65話】最新話ネタバレ 光はボケーッと1人で考え事をしていました。 もちろん、内容は寧々の寿命とミツバとの約束について。 寧々の命は今も刻一刻と削られているのに、本人はそんなこと不安にも感じていない素振りを見せていた。 それが光にとって、さらなる心配の種になっていたんです。 ミツバにも見抜かれていた悩み事 1人で調理器具等を洗っていたとき、目の前の鏡からヌッと姿を表したのはミツバです。 どこか落ち着かない素振りを見せていたミツバは、端的に光へ言葉を投げかけました。 悩んでいるかと。 少しの間を置いて、当たり前のように悩んでいない素振りの言葉と表情でミツバに伝えます。 しかし、ミツバは明らかに光が無理をしていることがわかったと同時に、隠し事と強がりな態度を避難する意味合いで彼を足で蹴飛ばし続けます。 2人で楽しくじゃれ合っているとき、不意になにかの物音がします。 一拍の間を置いたあと、響いてきた音は人の叫び声でした。 ミツバの先輩・夏彦 叫び声がする方向に走っていった2人は、目の前で怪異に食べられている人を見つけます。 光は怪異を払うと、そこには消化途中となっていた1人の男の子がいました。 ミツバは彼の顔を見た瞬間、顔をしかめて空気先輩とあだ名で呼びます。 空気先輩と呼ばれた男の子は、ミツバを見つけるなり犬を撫で回すように彼の頭をワシャワシャしたあと、自分の名前である日向夏彦と名乗ります。 怪しそうな感じがしたので立ち去ろうとしたとき、光は不意に出た言葉に足を止めざる得なかった。 夏彦は寧々の寿命について何か知っている素振りがあったからです。 光が悩む問題を解決するヒントを語りだす夏彦 なぜか光・ミツバ・夏彦の3人で寝ることに・・・。 真っ先に眠ってしまったミツバを余所に、光は夏彦の感動武勇伝(大嘘)により打ち解けていました。 話も一段落したとき、夏彦は光の問題の解決策は六番にあると語り始めるのです。 六番の能力はあらゆる生に死を与える怪異であるが、それは一つの側面でしか無いというのです。 つまり、死の裏は生。 六番の怪異・シニガミ様は生死をコントロールする能力を持っているため、死にそうな命を生きながらえさせることも可能である。 光が悩む寧々の寿命は、シニガミ様にこそ解決できると、夏彦は断言したのでした。 一方、六番・シニガミ様はというと・・・ まさか「ゴミ箱」と呼ばれる穴にカンナギである葵と共に、あそこに落ちる予想外の展開に頭を悩ませていました。 しかし、悩んでいる素振りをしているわりには嬉しそうです。 そこからシニガミ様は部下たちに語りだします。 元から「ゴミ箱」に葵は落ちて、肉体を滅ぼし、魂を残すことを目的にしていたこと。 自分から落ちたのであれば、手間が省けて楽になったこと。 しかも、邪魔する3人まで道連れになっていること。 悪い笑みを浮かべつつ、シニガミ様は奈落の穴の蓋を閉じるのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 久しぶりに光たちの姿を見た気がしますね。 さて、今回の重要キャラクターでありそうな日向夏彦は、一体なにを知っているのでしょうか。 というか、六番・シニガミ様の能力を知っている時点で、夏彦は只者じゃないぞ? さらにシニガミ様は葵を奈落の穴に叩き落とすつもりだったことも判明。 やっぱり優男は腹黒ってのはお決まりですよね。 すでに落ちている寧々、葵、花子くん、茜たちの行方も気になります。 早く次号が読みたいッ!.

次の