バルトレックス 処方箋なし。 医療用医薬品 : バルトレックス

バルトレックスを処方箋なしで買う方法

バルトレックス 処方箋なし

私のケースでご参考に書きますが、 ・皮膚科ありで別の科もある内科では「軟膏のみ」 ・皮膚科専門は軟膏と外服薬 が処方されました。 あくまでもすべての病院でこういう処方がされるというわけではないので、ご参考に。 ただ皮膚科がヘルペスの専門的なので、皮膚科専門医の病院をおすすめはします。 ちなみに小さい内科は飲み薬がない印象で、中堅の総合病院などは皮膚科はもしかしたら飲み薬があるかもしれません。 ヘルペスの薬の種類とは? 病院の場合に処方される薬の種類は、 ・バルトレックス(内服薬) ・アラセナA軟膏(外用薬) が多いと思います。 ただジェネリックの場合もあるので、多少は名前が違っている場合もあるかもしれません。 じつはこのバルトレックスは通販でも買えるようですが、 輸入品のようで、販売サイトも怪しい所もあるようなので、通販サイトでの飲み薬の購入はあまりおすすめできません。 皮膚科で先生に処方してもらうのが、保険適用なのでまだ安価で買うことができます。 次でもご紹介するのですが、飲み薬けっこう高いんですよ… ヘルペスの飲み薬は高い場合がある バルトレックスのような内服薬は保険適用でも平均 1錠500円もするようなので、高価なお薬ともなります。 バルトレックスの場合ヘルペスや帯状疱疹の薬で、最高でも5日しか出せないとされています。 帯状疱疹は7日しか処方できないそうです。 病院でジェネリック薬をお願いすると、似たようなバラシクロビル錠という薬が出され、これは半額の値段なのだそうです。 薬名はあくまでもご参考にしてください。 私が処方されたのは、多分ジェネリック薬の処方でした。 薬は3日分しか出なかったのですが、2日分ぐらい飲んだらすぐに良くなりました。 値段が高いらしいので、あまり多くの日数を処方されないという印象です。 結構悪化してたんですが、 即効性は塗り薬より半端ないです。 また、内服薬としては、 ・ファムビル という錠剤薬もあるそうです。 こららも、バルトレックスと同様に1錠500円あたりの値段のようです。 上記で書いたゾビラックス軟膏の他にゾビラックスの内服薬もあるそうですが、これは1日5回も飲むので処方としてはあまり見かけないそうです。 ヘルペスの内服薬や軟膏は薬局やドラックストアで買える? 冒頭で少しご紹介しましたが、ヘルペスはドラックストアなどで軟膏クリームは買えても、 内服薬 飲み薬 買えません。 厳密にバルトレックスのような内服薬自体がドラックストアや薬局では売っていません。 これは医師の処方が必要になるからです。 また 軟膏やクリームも初めて口唇ヘルペスになった人は買えないです。 再発の場合で一度病院に行ったことがある人はドラックストアで買えるのですが、買う際は薬剤師の処方が必要となります。 (通販も同様です。 ) ヘルペスの内服薬が欲しい場合は皮膚科で治療するのが無難 少し書きましたが、内科などは内服薬を処方してくれない場合があります。 全ての病院ではないと思うのですが、口唇ヘルペスが酷い時に内科に行ったら、軟膏しかもらえなかったからです(初めてだったので、軟膏しか治せないと思っていた) 皮膚科にいくと内服薬を貰えて、ジェネリックで頼めば多少は安く買うことができると思います。 内服薬を使うと、悪化していても口唇ヘルペスは1週間もしないうちに効果があるので、いますぐ悪化して治したい人は、できれば病院に行って内服薬を貰うのが良いと思います。 病院の先生曰く、薬が余ったら次に口唇ヘルペスができたときに飲んでいいよなんていわれました。 1日でも早く治したい人は、病院に行ってみて下さいね! 関連記事はこちら ・ ・ ・ ・ ・.

次の

バルトレックスの処方について

バルトレックス 処方箋なし

花粉症でアレルギーの薬を服用しています。 職場が変わったため、通っていた病院に通いづらくなりまして、 別の耳鼻科にかかることにしました。 今まで処方してもらっていた薬が非常にあっていた (眠気がなく、症状が緩和される)ため、 新しい病院での初診の際、調剤明細を持参して行き、 同じ薬を処方して欲しいとお願いしました。 同様の成分の薬ということで、今までの薬とは 異なる薬を処方してもらいました。 (成分が同じならまあいいかと思いました。 ) しかし、服用してみると、強い眠気を感じて 日中は仕事になりません。 今さらながら、希望通りの薬が欲しかったなと思っています。 わざわざ調剤明細を持参したのに、 希望の薬を処方してくれないのは何か理由があるのでしょうか? A ベストアンサー 調剤薬局勤務の薬剤師です。 皮膚科の先生の主義によって違います。 最小限の薬で治したい先生は、沢山欲しいと言われることを嫌います。 薬局で、量を増やせないかと相談された時に、電話で問い合わせることもあるのですが、薬によっては断られることもあります。 保湿剤の場合、一回に20gが最高量という先生もいました。 でも、逆に、一回に250gとか、500gだしてくれる先生もいるので、ほんとに先生の考え方次第です。 少ない量しか出さない先生は、一週間ごとに受診しなさいなんて言いますから、受診間隔をうるさくいわない先生だったら、頼んでみるのもありかと思います。 口内炎の薬は、予備として出してくれる先生と、そうでない先生、これもまた先生次第です。 基本的には、診察時に症状がなければ、そのための薬は出せません。 症状をまめにチェックして、その時に必要な薬だけを使いたいという先生もいますから、たくさん出してくれないかたといってもうけ主義とは限りませんので念のため。 A ベストアンサー 原則的には不可能です。 皆さんがご指摘の通り診断をしなければ処方箋を書けないことが医師法に定められているからです。 ただしあくまで原則的に無理ということです。 診察しなくても処方箋を書く医者はかなりたくさんいると思われます。 現に私のかかりつけの医師は私が薬の名前を列挙して挙げれば診断もせずにその通りの処方箋を書いてくれます。 法改正前の話ですが、電話一本入れれば処方箋を郵送してくれるありがたい先生もいるのです。 原則はありますが、医師の対応は十人十色です。 まづは電話して先生にそれが可能か問い合わせてみるといいと思います。 ちなみに医療用医薬品でも処方箋医薬品でなければ薬価で売ってくれる薬局も少ないですがあります。 もし皮膚科でだしてもらった薬が処方箋医薬品に入らないのであれば、いくつか薬局をまわり売ってくれるところを探すのもいいと思います。 診察の手間を省けますし、何より安上がりになる可能性が高いです。 薬価にもよりますが… A ベストアンサー 医療に携わるものではなく、リスク科学を専門としている大学教員です。 薬剤師免許を持っており、薬害を研究しています。 ある漢方薬が処方されるために満たすべき一定の条件とは? ずばり「証があう」ことです。 証とは、漢方独特の考え方で、陽と陰、実と虚を組み合わせて、陽実の証、陰虚の症などと言います。 西洋医学では同じ病名がついても違う証となることもあり、そうなると全く違う薬が処方されます。 ここで間違うと、病気を悪化させたりひどいときは副作用で死に至るような薬が処方されてしまうこともあります。 質問者さんの体質、症状の出方、来歴などなど、問診、舌診、腹診、脈診など漢方医学による診断で決まります。 最後の脈診にしても、脈拍数だとか不整脈があるかないかといった西洋医学よりずっと複雑だそうです。 お医者さんに自分から何の薬が欲しいと言ってもらうなら、それは民間薬を入手しているのと同じです。 民間薬の効果を否定するものではありません。 どくだみやせんぶりなど優れたものも多いです。 長年の庶民の知恵の集積の成果であり、これらはたいてい1種類かの薬用植物が含まれています。 しかし、漢方薬はもっと多くの薬用植物が含まれています。 その組み合わせ方こそが大切といわれています。 漢方に詳しい医師、漢方薬に詳しい薬剤師は非常に少ないです。 医学部や薬学部でほとんど教わりませんし、国家試験にも出ませんし、骨の髄まで近代科学で育った医師、薬剤師(私も)にはなかなか理解が困難なのです。 そのため、製薬会社によるマニュアルが出回り、漢方もどきが行われています。 また、患者からの申し出通りに薬を出してしまうお医者さんもいます。 こういう状況から身を守るには、患者が賢くなる以外にありません。 ダイエットのために漢方などという選択はおやめになったほうが安全です。 予め飲んでおくと二日酔いにならないといった説明が出回った小柴胡湯(しょうさいことう)により、間質性肺炎をひきおこし死亡した症例は、今もなお記憶に新しいところです。 間質性肺炎は、薬の副作用の中でも恐ろしいものの代表で、防風通聖散でも起こることがありえます。 漢方の専門家ではありませんので、「自信はなし」にしておきます。 医療に携わるものではなく、リスク科学を専門としている大学教員です。 薬剤師免許を持っており、薬害を研究しています。 ある漢方薬が処方されるために満たすべき一定の条件とは? ずばり「証があう」ことです。 証とは、漢方独特の考え方で、陽と陰、実と虚を組み合わせて、陽実の証、陰虚の症などと言います。 西洋医学では同じ病名がついても違う証となることもあり、そうなると全く違う薬が処方されます。 ここで間違うと、病気を悪化させたりひどいときは副作用で死に至るような薬が処方されて... A ベストアンサー 正確には、 「投薬は本来直接本人を診察した上で適切な薬剤を投与すべき であるが、やむを得ない事情で看護に当たっている者から 症状を聞いて薬剤を投与した場合~」 という文章で規則の本に載っています(原文のまま)。 この部分は、この「やむを得ない事情」を認めるための記載ではなく、 「~」のあとに続く部分が本文なのであって、再診に伴う加算料金が 3月までは「加算できる」だったのが4月以降「加算できない」に変わりました。 だから、全く同じ条件で窓口で投薬だけ受けた場合は4月以降は 料金が安くなっているはずです。 「やむを得ない事情」がどこまで拡大解釈されているかは、個々の病院で 違っていると思います。 本来は診察を受けて処方してもらうのが原則です。 A ベストアンサー 現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか? 数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。 実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。 この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。 現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。 そのため診察を受けない処方は実際には必要がなくなっています。 (2~3ヶ月以上診察をしないのはその方が不自然で、その間隔分は診察時に処方できます。 ) 一部、精神薬や新薬は長期処方に向かないため日数制限があります。 こうした制限薬でないのに薬のみの通院を行うことに患者さんの利益はありません。 (医療機関側は診察料、処方料の收入とはなります。 ) 薬のみを希望されるよりも、30日分以上の長期処方を希望されることがよろしいと思います。 yakuzai. med. saga-u. html yaku-list 現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか? 数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。 実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。 この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。 現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。 そのため診察を受けない処方は... Q 去年の12月頃から花粉症用の薬を飲んでるのですが、少し疑問があって投稿させていただきました。 )で処方箋を見せて薬をもらうわけですが、 この際、必ず医者の診療は必要なのでしょうか? 薬は2週間分しか出してくれないので、現在2週間置きに病院に行っている状況なのですが、私としては症状は毎年同じだし(毎年、その病院に12月頃から行き始めます。 )、医者の診察もあってないようなもの(「調子どう?」とか「最近寒いね~」というような30秒で終わる会話です。 )なので、正直、処方箋だけもらえればいい状況です。 この前、「診察は結構ですから、処方箋だけ下さい」といったら、診察はしなかったのですが、ちゃっかり処方箋の料金に加えて、診察代も請求されました。。 ・処方箋をもらうのには必ず医者の診療行為は必要なのでしょうか? ・また、前回の処方箋をそのまま薬剤師さんのところに持っていって、薬を処方してもらうということは可能なのでしょうか? 読みにくい文章ですいません。 どなたかご存知の方がいらっしゃったら、アドバイスお願いしますm(_)m 去年の12月頃から花粉症用の薬を飲んでるのですが、少し疑問があって投稿させていただきました。 )で処方箋を見せて薬をもらうわけですが、 この際、必ず医者の診療は必要なのでしょうか? 薬は2週間分しか出してくれないので、現在2週間置きに病院に行っている状況なのですが、私としては症状は毎年同じだし(毎年、その病院に12月頃から行... e-gov. html 医師法 *************************** 第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。 但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。 *************************** また,一部の薬を別の薬局で買うという事で返して貰えたとしても,処方した分には下記の記入がありますので,再度処方しては貰えません。 *************************** 第二十六条 薬剤師は、調剤したときは、その処方せんに、調剤済みの旨(その調剤によつて、当該処方せんが調剤済みとならなかつたときは、調剤量)、調剤年月日その他厚生労働省令で定める事項を記入し、かつ、記名押印し、又は署名しなければならない。 ) お医者さんの診察は患者さんが診察室のドアを開けたところから始っているそうです。 ドアから椅子までの歩き方や雰囲気,簡単な会話,・・・をカルテの記載と考え合わせて,以前と同じ処方で良いと判断されていると思います。 e-gov. e-gov. html 医師法 *************************** 第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしない... A ベストアンサー 一番の原因は、薬の「飲み合わせ」です。 薬の名前や外観がちがっていても、中身が同じものもたくさんありますし、飲みあわせで副作用が出ることもあるのでこれを質問するのは医療者なら当たり前のことです。 次に保険の問題です。 病院からみると保険を使っていると3割窓口負担で患者さんから直接もらいますが、7割は保険からもらいます。 その際審査しています。 その場合、聞き取りをしっかりしていないとその医療機関のチェック漏れということで、「あなたの病院どうなってるの!」と言われ病院への給付金がもらえなかったりすることがあります。 今、病院は多くが財政が厳しい状況ですから必死です。 自分が飲んでいる薬の名前や病名などはきちんと病院に伝えてください。

次の

バルトレックス通販ガイド/ヘルペス治療のためのバルトレックス

バルトレックス 処方箋なし

再発時は5日分の薬しか処方できない決まりがある ・・・ということで、残念ながら多めに処方してもらうことはできませんでした。 そこでいろいろ調べた末にたどりついたのがネット購入。 処方箋なしで購入できるので常備薬として持ちたい私にとってはとても助かりました。 ただ、あくまでも性器ヘルペスは病院での治療を基本とする病気なので、疑わしい場合は病院を受診することをおすすめします。 性器ヘルペスのお薬の種類2つ 性器ヘルペス内服薬「バルトレックス」 有効成分:塩酸バラシクロビル 治療:内服薬 用法:錠剤(塩酸バラシクロビル500mg)を1日2回服用 現在、単純ヘルペスの治療に主流で使われている内服薬(飲み薬)が抗ウイルス薬のバルトレックスです。 病院を受診するとこのバルトレックスなどの内服薬が処方され、軽い症状の場合は外用薬(塗り薬)が処方されます。 バルトレックスは1日2回の服用で、処方薬としては5日分までしか処方されません。 再発を頻繁に繰り返す場合に行われる「再発抑制療法」でもこちらのお薬が使われます。 現在、国内では市販されていませんが、海外から輸入された同成分の薬を購入することができます。 バルトレックス Valtrex 500mg バルトレックスは、バラシクロビルを有効成分とする、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水ぼうそうなどの原因となるヘルペスウイルスの増殖を抑制する薬です。 吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いると、より効果的です。 [バルトレックスジェネリック]バルシビル Valcivir 500mg 有効成分のバラシクロビル塩酸塩を含有する抗ウイルス剤です。 単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスのDNAの複製を阻害して、ウイルスが増えるのを抑えます。 単純疱疹、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制に使う飲み薬です。 薬が手元にないと不安なのでこちらで購入できて本当に助かりました。 バルトレックスジェネリックのほうが安価なので私はジェネリックのほうを使っていましたが、ジェネリックに抵抗のある方はバルトレックス500mgのほうをおすすめします。 輸入代行なので注文してから届くまで1週間前後かかりましたが、私のように事情があってお医者さんに行けない方には便利だと思います。 性器ヘルペス外用薬「ゾビラックスクリーム」 有効成分:アシクロビル 治療:外用薬 用法:1日数回、患部に塗布する ウィルスの増殖を抑制するアシクロビルという成分が配合されている、病院でも処方される外用薬(塗り薬)です。 安全性が高く比較的副作用も少ないため、症状が軽い場合に処方されることが多いようです。 気を付けてほしいのが、ヘルペス市販薬はすべて口唇ヘルペスの再発時に使用が制限されているということ。 市販の口唇ヘルペス用の外用薬(塗り薬)は性器の粘膜部分には絶対使用しないでください。 有効成分のアシクロビルを含有する抗ウイルス薬です。 単純ヘルペスウイルスのDNAの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制し、単純疱疹を改善します。 番外編 ヘルペクリーム こちらはお薬ではないので番外編としてご紹介します。 私が性器ヘルペス予防として以前飲んでいたリシンプラスというサプリメントがあるのですが、リシンプラスには「 性器ヘルペス万全セット」というセット商品もあり、サプリメントの他に「 ヘルペクリーム」というクリームがセットになっています。 このヘルペクリームは私はまだ使用したことがないのですが、 性器ヘルペス・口唇ヘルペス・帯状疱疹の治癒スピードをアップさせる リシンをはじめ16種類の天然成分が配合。 「 ヘルペスによるうずき、水疱、かゆみ、痛みを解消!ムズムズを感じたらすぐに塗って発症STOP!」と謳っており、天然成分だから副作用の心配がなく性器ヘルペスにも安心して使用できるそうです。 私も性器ヘルペスの再発が激減したとはいえ、たまに再発の前兆があってサプリメントの量を増やしたりすることもあるので、そういうときに塗るとダブルで安心かなと気になっている商品です。 ヘルペクリームについて詳しくはコチラ 薬に抵抗がある方はヘルペスケアサプリがおすすめ.

次の