カラメル 作り方。 カラメル

安全なプリンのカラメルの作り方

カラメル 作り方

鍋 にグラニュー糖と水を入れたら中火にかける• フツフツしてきても、そのまま 触らずに色付いてくるまで待つ。 コンロから下ろしてもさらに色付くので、好みのカラメル色になる少し手前で火から下ろす。 はねるのでシンクなどに置き、 一気に熱湯を加えたら全体を混ぜたら出来上がり。 ほうほう・・・ ちなみに、カラメルソースをかける前のプリンですが、こんな感じの巨大プリンです笑 おはようございます。 固まったので失敗したと思ってました。 どうやらこれが当たり前らしく、 加熱してカラメル色になってきたら水を入れないと固まるそうです。 なので、この場合は カラメルソースの作り方が失敗に終わったわけではないんですね。 ということで、 「見た目はカラメルソースになったものの、カチカチに固まる」という場合の原因は、 加熱してカラメル色になった時に水を入れなかったため なわけです。 やり方は簡単。 カラメルソースが固まる原因~その2 続いて、何度かカラメルソースを作っていてでた症状。 砂糖と水を混ぜて加熱し続けていたら、カチコチの砂糖になってしまった という場合。 これは失敗でした。 原因は 火力が弱過ぎた ことが原因と判明しました。 何度かカラメルソースを作っている間に、 少し火力を強めたところ、無事カラメル色に変化しました。 通常「中火で」と書かれているものの、家はIHコンロ。 失敗したら、その時よりも火力を上げてみるとうまくいくと思います。 この辺は、特にIHコンロの場合、使用しているコンロの出力にもよるので、色々試して加減を掴むしかありません。 ちなみに、 まぜないで鍋を傾けるように回転させながら煮詰めていく ということも、砂糖のまま固まることを防ぐ手段になるようです。 ですが、以下のようにしたところ、捨てずにカラメルソースにすることができました。 カチコチになった砂糖に再度、 水またはお湯を入れる• 加熱して固まった砂糖を すべて溶かす• 以降通常のカラメルソースの作り方どおり進める ダメかなーと思ったんですが、大丈夫でした! 捨てずに再チャレンジできます。 カラメルソースの作り方の疑問。 砂糖・鍋 ここで、いくつかカラメルソースの作り方の疑問があったので解消しておきます。 砂糖何を使う?グラニュー糖・上白糖・三温糖など カラメルソースの作り方で検索すると、ほとんどグラニュー糖。 知らずに作ったカラメルソースは上白糖で作りました笑 結論は どの砂糖でもカラメルソースは作れる そうです。 強いて言えば、 不純物が少ないので色々なものとの相性がいい、という理由からお菓子の本では基本的にグラニュー糖 とのこと。 とはいえ、カラメルソースを作る時にグラニュー糖が無いからとわざわざ買いに行かなくても、他の上白糖でも大丈夫なんです。 事実できてしまったので。 カラメルソースを作る時は鍋?フライパン? カラメルソースを作る場合何を使うか、という話。 こちらも、ネットで調べると 鍋 と記載されているものがほとんど。 またもや何も知らずに作った自分は、フライパンで作りました笑 なので、鍋でもフライパンでもカラメルソースを作ることができます。 メリットデメリットを簡単に挙げると• 鍋~カラメルになった時の色が見やすい。 焦げやすい。 フライパン~黒いため色が見づらい。 焦げない。 という違いがあります。 どちらでもできますが、個人的には カラメルソースを作った後の処理が楽なので、フライパンがおすすめだと思います。 まとめます だいぶごちゃごちゃしましたが、まとめると・・・ カラメルソースが固まる場合• レンジでチンして水またはお湯で溶かす• 固まったままプリン容器に入れる カチコチの砂糖になった場合• 原因は火力不足なので、再度水を入れて加熱する カラメルソースに使用する砂糖の種類• なんでもよい 使用する鍋• フライパンがおすすめ。 という感じになります。 カラメルソースが足りませんでした笑 プリンって簡単そうでやってみると勉強になることばかりでした。 参考になることがあれば幸いです。 ありがとうございました。

次の

カラメル色素の作り方

カラメル 作り方

いろんな作り方がありますが、めっちゃ簡単に作れるなら作りたいですよね! 手作りプリン食べたいなぁと思っている方、必見! 材料は3つ、卵と牛乳と砂糖だけ。 調理はレンジだけ。 プリンの作り方の中で今のところ一番簡単なんじゃないか?!と思っています。 材料 【カラメル】1個分• 砂糖 大さじ1• 水 小さじ1• お湯 小さじ1 【プリン】2個分• 卵 1個• 砂糖 大さじ2• 牛乳 150cc カラメルの作り方 耐熱容器1個分の作り方です。 混ぜません。 2分未満でも、焦げ茶色になったところでストップして取り出します。 カラメルを放置している間にプリン液を作ります。 プリン液ができました。 泡立てないようにそっと入れます。 加熱しすぎるとなめらかな食感ではなくなるので注意です! レンジから取りだして、容器を傾けると全体的にぷるぷると動きますが、、、大丈夫です! 明らかに液体の場合はレンジで10秒~30秒ずつ様子を見ながら再加熱してみてください。 表面にカラメルの茶色が見えますが、、、大丈夫です! 完成! 冷蔵庫から出して、お皿を被せてひっくり返します。 平べったいw 見た目は容器の形でいろいろ変わってきます。 やわらかすぎず少しもちっとしています。

次の

カラメル

カラメル 作り方

— 2018年11月月9日午前3時51分PST 手作りの甘いプリンには、ほろ苦のカラメルソースが欠かせませんよね。 ですが、プリン作りにおいてカラメルソースは一番の難関だったりもします。 火加減や煮詰め具合が難しく、カラメルソースがべっ甲飴のように固まってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 カチカチのカラメルソースが、鍋やお皿にこびりついてしまうと洗うのも大変ですよね。 そんな失敗をしないために、ここでは初心者でも固まらない美味しいカラメルソースレシピをご紹介します。 ほろ苦い味わいが好きで、大量に常備しておきたいという方も多いのではないでしょうか。 ここではそんな方のために、保存用のカラメルソースが大量に作れるレシピをご紹介します。 サラサラなら馴染ませる程度、トロみをつけたい場合は2~3分煮てください。 そんな方はレンジでカラメルソースを作るというのはいかがでしょうか? 失敗の可能性が低く火傷の心配もないので、初心者さんでも安心してお作り頂けますよ。 1分ごとに耐熱容器をゆすってください。 そんな方のために、ここではカラメルソースが固まる原因を詳しくご説明していきます。 では、カラメルソースはどの段階で固まるのでしょうか? お鍋に砂糖と水を投入し加熱してしばらくすると、沸々と泡だってきます。 これは水分の蒸発により起こる現象です。 水分が全て蒸発してしまうと固まってしまうので、ここで熱湯を足す作業が入ります。 以上のことを理解して、程よい水分を与えられればサラサラの美味しいカラメルソースが作れます! 作り方のコツと注意点 前述したように、カラメルソースが固まらないためには、沸々とした状態の時に熱湯を混ぜて水分量を調節する必要があります。 とは言え、この説明だけではまだまだ不十分なので、ここではカラメルソース作りのコツと注意点をお伝えしていきます。 また、水を入れてしまうとカラメルの温度が上がり固まる原因にもなりかねません。 熱湯を入れた後はお鍋に蓋をして、飛び散るカラメルや水分を防ぐのがいいでしょう。 (水だと飛び跳ねて火傷をする恐れがありますので、お湯をおすすめします。 しかし焦がしすぎてしまった場合は、水を足しても苦味はなくならないので、作り直すことをおすすめします。 そんな時は、冷めたカラメルソースをプリン容器に注いだ後、指で強く押してみてください。 一瞬で指の跡が消える場合は、水分が残っていて柔らかい状態なので、プリン液とカラメルが混ざってしまう可能性があります。 反対に指の跡がカラメルに残って消えない場合は、固くなりすぎてしまっています。 もう一度お鍋で加熱して丁度良い水分量に調節しましょう。 どちらも簡単にできるので、ぜひお好みのレシピに挑戦してみてくださいね。 カラメルを作ったお鍋で作ると、鍋に残ったカラメルが溶け出し味に深みがでます。 揺らしてみてプリン液がでてこなければ完成です! 冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。 手作りのカラメルソースを楽しもう! — 2018年10月月14日午後3時17分PDT ここでは初心者でも固まらない美味しいカラメルソースレシピをご紹介しました。 カラメルが固まる原因や作り方がわかったので、カラメルソース作りももう怖くありませんね。 手作りのカラメルソースは長持ちするので、大量に作っておけばプリン作りやスイーツを食べる際に何かと役立ちます。 お花が可愛いや、アイシングも無料でマスターできますよ。 「アイシングってどんなお菓子?」と思われた方は、無料で学べる「」をご覧ください。 インスタでも人気のがやさしくレクチャーしてくれるので、はじめての方でも安心してお試しいただけます。

次の