ムスカ 死亡。 リヴァイ兵長は死亡した?115話で死んだとされたが生きてることが判明

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ【天空の城ラピュタ】

ムスカ 死亡

ムスカが「3分間待ってやる」と言った本当の理由 物語の終盤、主人公のパズーは、ムスカに囚われ銃口を向けられたシータを助けるため、大砲を持って現れ、「石(飛行石)は隠した。 シータを撃ってみろ。 石は戻らないぞ」とムスカに駆け引きを投げかける。 ムスカは石の在り処を言うか、それとも大砲で勝負をするかとパズーを挑発するが、パズーは「シータと2人っきりで話がしたい」と要求する。 これに対し、ムスカは「 3分間待ってやる」とパズーの要求を飲むことにした。 実はこの時、パズーの大砲には弾は入っていなかったが、ムスカはそのことを知らない。 しかし、ムスカはシータのお下げ髪だけを狙って正確に撃ち抜けるほどの銃の腕前を持っているため、大砲に弾が入っていようとも、パズーの大砲を撃ち落とすことは容易いし、シータを人質にとって石の在り処を吐かせることだってだきたはずだ。 なのにムスカは3分間待った。 一見、優位に立っている者の慈悲深い行動を見えるが、実はこの時、ムスカが「3分間待ってやる」と行ったのにはある理由があった。 それは、 ムスカが持っていた銃は弾が空になっていたから。 シータとパズーが抱き合っているシーンのすぐ後に、 ムスカが銃を装填するシーンが描かれている。 ムスカもパズーも両方弾がないわけだが、お互いそのことを知らない。 ムスカは パズーに悟られないように銃を装填するため、わざと要求を飲み、3分間待った。 「3分間待ってやる」は慈悲からくる発言だったわけではなく、パズーに気づかれずに銃の装填するためだったのだ。 しかし、その前にシータのお下げ髪を撃ち落とすために2発撃ったのは余計だったのでは?と思わずにはいられない。 ムスカが3分間待った流は絵コンテにも書かれている。 html ムスカが一枚上手のように思えるが、実はパズーは飛行石を隠し持っていた。 抱き合っている間にシータから滅びの呪文「バルス」を聞き、一緒に呪文を唱えた直後、ラピュタが崩壊を始める。 ムスカは「時間だ。 答えを聞こう」と余裕をかまして問うたが、3分間待ったことが仇になって崩壊するラピュタと運命を共にするはめに。 銃の装填以外にも3分間待った方が飛行石を奪うための交渉がしやすくなるといった算段もあったかもしれないが、パズーが飛行石を持っているわけがないと読み違え、巨大飛行石の光にやられて「目がー!目がー!」とみっともない姿をさらしながら破滅することになった。

次の

天空の城ラピュタ・ムスカはなぜ目をやられた?その後や死亡したのか考察

ムスカ 死亡

リヴァイ兵長とは? リヴァイ兵長は、人類最強の兵士と言われている人物。 その戦力は、一人で一個旅団(約4000人程度)並みと言われています。 一般的な兵士では十数人でようやく1体倒せるか倒せないか、という戦闘力です。 リヴァイが兵団入りする前の戦力レベルでは30人は死ぬ前提で倒さなければならなかった巨人でしたが、リヴァイは2体相手にして瞬殺するほどです。 女型の巨人が身体を硬化する再生速度を上回る速さで切り刻むシーンもありました。 ジークの脊髄液を飲まされたリヴァイの部下が、30人一斉に巨人になってしまったシーンでも、一瞬で皆殺しにしました。 そんな その過去の名残もあるのか、目つきは常に威圧感が。 そんなリヴァイ兵長は、アッカーマン一族の末裔。 アッカーマン一族の力は巨人科学の副産物です。 リヴァイの強さは、アッカーマン一族という、その血筋が大いに関係しているのです。 ちなみに、エレンの幼馴染であるミカサもアッカーマン一族です。 だからあれだけ強いんですね。 >> リヴァイ兵長の性格 リヴァイの性格は、無愛想で冷静。 そして、粗暴です。 地下街で育ったというゴロツキ時代の名残か、下品な言葉遣いも多い。 >> その一方で、兵士長として相応しいほどに、仲間想い。 部下の死に際には血に塗れるのも構わず相手の手を取り、巨人を絶滅させると誓う姿が見られました。 エレンもリヴァイに殴る・蹴るという暴行を加えられながらも、ちゃんと信頼していることが伺えます。 >> その性格を逆手に、巨人化した部下は殺せないだろうと勘違いしていたジーク。 しかし、今まで死んでいった仲間や国の未来を考えると、今更数十人の命を惜しんでいる選択肢もありません。 その辺の判断力は、さすがといったところです。 リヴァイに怒られないように、エレンたちが掃除をするシーンも多々あります。 >> >> リヴァイ兵長は死亡したのか!? そんな史上最強のリヴァイ兵長が、115話で死亡したのではないか!?という描写がありました。 リヴァイ死んだってマ……. なぜこのような姿になってしまったのかというと、ジークに刺していた雷槍の爆破によるものです。 進撃の巨人114話で、ジークが自ら雷槍の信管を起爆させジーク自身とリヴァイ兵長を吹き飛ばしました。 で自分が死なないということに賭けて、リヴァイを道ずれにしたと考えられます。 ハンジの狙いは? ジークの自爆による衝撃に気づいて、ハンジたちがリヴァイの元に駆け寄ります。 その姿が、かなりショッキングですね。。 ハンジはこの姿を見て、「 死んでるよ。 訓練時に同様の事故を見てきたが 外傷以上に内蔵がズタズタになって即死だ」と言います。 【微ネタバレ 閲覧注意】 リヴァイ兵長死亡(? ハンジ以外の人が、ちゃんと脈を測って死亡を確認したとか、止めを刺した、というのがないのです。 そして、フロックが兵長の脈を計ろうとしたときに巨人の様子が変わります。 巨人から発生していた蒸気が吸い込まれるようになっています。 この隙を見て、ハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込みます。 なぜハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込んだのでしょうか? その答えは一つだけだと思います。 それはもう、 リヴァイが生きているからですよね。 リヴァイが生きている、もしくは生きている可能性が高いとハンジが判断した結果の行動だと思います。 >> リヴァイの生死に関して管理人の予想 ハンジが敢えて「死亡している」と伝えたのは、フロックたちにとどめを刺されたくなかったから。 そして、ハンジがリヴァイを連れて川へ飛び込んだのは、リヴァイが生きている、もしくは生きている可能性が高いとハンジが判断した結果。 それを考えると、 リヴァイはまだ生きている、と私は考えます。 その理由をまとめます。 死んだと断定しているのがハンジのみ ハンジはリヴァイのことを「死んでいる」と言いました、でも、「脈を計らして・見せてください」と言われたハンジはリヴァイを見せませんでした。 そしてみんなの気がリヴァイから離れた時にリヴァイ、ハンジは川に飛び込みました!!! またセリフとしても誰一人として「死んだ」とは言っていないのが気になります。 そしてトドメをさそうとする調査兵団たちに対して、リヴァイに近づかせようとしないハンジのセリフ。 これは死んだと思い込ませるための言葉なのではないかと考えられます。 ハンジはリヴァイの脈を計っていない 実際にはフロックがリヴァイの脈を計ろうとしていました。 ですがそのとき、ジークを体内に取り込み、回復させていた巨人の様子が変わったため、みんなでそちらに注目したのです。 計ろうとしたのに、計れなかった。 このことは、実はリヴァイが生きているのではないかと思わせる、作者の含みの表現だと思います。 ハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込んだ これが一番決定的な判断ですね。 他の調査兵団が巨人に気を取られた際、ハンジは血だらけのリヴァイを抱え、川へと飛び込みました。 死んでいたら、自分もどのような目に合うかもわからない、このような行為をするでしょうか? これはリヴァイがまだ生きていて、少しでも回復させ、生き延びさせるための賭けに出た行為だと考えます。 そして思うのは、 エルヴィンが死んだあの戦いでも無心で血まみれになって戦っていた男、リヴァイがこんなにも簡単に物語から退場するのか?ということです。 >> ここからは考察ですが、リヴァイが巨人化しなかったのはジークの脊髄液入りのワインを飲んでいないのか、もしくはアッカーマン一族のため発動しなかったかのどちらかであると思います。 そしてかつて、ミカサは骨折をしていても戦い抜いていました。 痛みを我慢した、というよりは他の人よりも回復能力が高いのではないかと考えます。 つまり、これだけの重傷を負っているリヴァイでも、回復能力が高ければ怪我が良くなり、指を2本、爆発で失ったとしていても十分に戦えるようになるのではないかと思うのです。 ですが、問題はこの怪我を負ってから、最後の戦いまでその回復が間に合うかどうか。 そればかりはわかりません。 最後は願望ですが、リヴァイにはしっかりとこの世界の行き先を、エルヴィンの代わりにも見届けて欲しいです。 リヴァイ死亡の可能性に、ネットの反応は? リヴァイ兵長が死亡したかもしれない、という、このショッキングな出来事に、ネットの反応はどうだったのでしょうか。 え、え?リヴァイ兵長死んだの!? え、ほんとに?なんで?! 誰がやった! — www. りきん. しかし! まだ生きている可能性がありそうなので、希望を捨てずにいましょう! 続報:リヴァイ兵長が生きていることが確認された! 進撃の巨人115話以降、全く姿をあらわすことなくその生死が気にかかっていたリヴァイ。 つまり、 リヴァイ兵長は瀕死状態だけどまだ生きてはいる、ということが判明したのです。 これには、かなり安堵の反応が多くありました。 うん、生きてると思ってた。 それにあれはきっと寝たふりを しているんでは。

次の

ムスカ様の幼少時代は◯◯だった!? 成長過程を描いた「幼き頃の大佐」「幼き頃のウォーリーを探せ」が秀逸すぎる

ムスカ 死亡

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年8月) 洋画家の父・の長男として誕生。 、附属演劇研究所に第一期生として入所 (同期は、、、、、など )。 、監督の『恐山の女』(松竹)で映画デビュー。 同年には『』に橘公夫役として出演。 、監督の『』で主役、と共演(を受賞)。 、と結婚(に離婚)。 、監督の『』で主演男優賞を受賞。 、文学部特任教授に就任。 「現代映画論」「演劇入門」「戯曲・シナリオ論」の各科目を担当する。 、一般女性と再婚。 、再婚前に長く内縁関係にあった別の女性から婚約不履行を理由に慰謝料5000万円と弁護士費用500万円を求めてに提訴された(のちに和解)。 人物・エピソード [ ]• 弟子として面倒を見た元付き人にはらがいる。 また、自らもの付き人をしていたことがある。 芸能界を代表する読書家としても著名。 や、など数多くの映画監督と親交があり、彼らの作品の常連としても知られる。 にも数多く出演しており、 中でもが脚本を手掛けたすべての作品に出演している [ ]。 ナレーターとしても起用が多く 、声優としては作品である『』の大佐役で有名で、劇中のセリフは頻繁にモノマネされる。 しかし寺田自身は作品を見たことがなかった。 そのため大学で講義していた時に女子学生からモノマネを頼まれ、やってみるも学生の反応はいまひとつで、それではいけないと思い初めて作品を見たという。 現在は「流行りの服は嫌いですか?」、「人がゴミのようだ」、「3分間待ってやる」、「目が、目がぁー!」などの名台詞が再現できるという [ ]。 への造詣が深く 、自ら試合でプレーするのが大好きで、芸能人サッカーチーム「」にはから所属。 (元、現サッカー部監督)と懇意であり、・の熱狂的ファンである。 また、は早大の後輩である。 として活動していたことがある。 若手時代は遅刻魔だったが、ある作品の撮影に遅刻した際、共演者のに「芝居が下手でも迷惑はかからないけど、遅刻は迷惑がかかるから、遅刻だけはしちゃダメなの。 芝居は努力しても上手くなるとは限らないけど、努力したら遅刻はしなくなる」と注意されて以来遅刻をしなくなったという。 好きな音楽はで、前述の寺田が監督したAVのタイトルもカントリーソングからきている他、学生時代は新聞記者に加えてカントリー歌手になるのが夢だったという。 日本テレビ『』ではに扮してやと""、""を熱唱したがタモリから「歌と踊りがなければマイケルそっくり」と評された [ ]。 宮中「歌会始」の選者を務めていたこともある。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1964年、)• (TBS)• 第24話「ガードマン空へ」・第25話「続ガードマン空へ」(1965年)• 第75話「殺人者の館」(1966年)• 第99話「予告殺人」(1967年)• (1965年 - 1966年、) - 橘公夫 役• (1966年 - 1967年、日本テレビ) - 杉山章 役• 第14話「真珠貝防衛指令」(1966年、TBS) - トラック運転手の助手 役• (1997年、)• 第32話「ゼルダポイントの攻防」(1997年) - 根津正親 役• 第40話「夢」(1997年) - 宮川太郎 役• 第37話「ユメノカタマリ」(1998年、毎日放送) - センセー 役• 第24話「ヒトガタ」(2004年9月14日、テレビ東京) - 真柄太郎 役• 第24話「狙われない街」(2005年、) - 役• 第12・13話(2017年9月23日・30日、テレビ東京) - 朝倉錘 役• 第4シリーズ 第3話「弁天楼異聞」(1966年、) - 清次 役• (フジテレビ)• 第49話「恐怖の心中」(1967年) - 佐太郎 役• 第139話「無宿者狩り」(1968年) - 伊之吉 役• 第495話「身代り鴉」(1975年) - 伊太郎 役• 第533話「ぶっつけ仁義」(1976年) - 秀次郎 役• 第607話「岡っ引きの女房」(1978年) - 音吉 役• 第877話「風は知っていた」(1984年) - 秀次郎 役• 第256話「二人だけの銀座」(1967年、TBS)• 第24話「拾った道」(1967年、) - 八十島間太 役• (1967年 - 1968年、日本テレビ) - 藤本弘 役• 第17話「川の流れに」(1968年、NET) - 新吉 役• (1969年、日本テレビ) - 脇坂 役• 第2話「けだもの狩り」(1969年、NET) - 鈴木武 役• (1970年、)• (1970年、日本テレビ) - 門馬修 役• (1970年 - 1971年、NHK総合) - 山内伊賀之亮 役• (1971年、NET) - 役• 第7話「生きろ! 左平次」(1971年、フジテレビ) - 九鬼半平 役• (フジテレビ)• 第1シーズン 第14話「水神祭に死を呼んだ」(1972年) - 洲崎の佐吉 役• 第2シーズン 第6話「女郎蜘蛛が泥に這う」(1972年) - 煙の千代松 役• 第41話「花嫁は黒潮にのって! 」(1972年、日本テレビ)• 第60話「傷だらけの決闘」(1972年)• 第180話「過去の恐怖を追え! 」(1975年) - 政次 役• 第306話「懐剣返上! 涙の対決」(1977年) - 友吉 役• 第636話「宿命の絆 父と娘の別れ唄」(1984年) - 巳之吉 役• 第39話「貴様と俺とは同期の桜」(1973年、日本テレビ) - 沢田ノブオ 役• 第5話「妖怪小雨坊」(1973年、フジテレビ) - 小雨坊 役• 第7話「今晩わ! 悪魔のノック」(1973年、TBS)• 第35話「生きがい」(1971年、NHK総合) - 定次 役• 第4話「黒い野望を砂丘に埋めて…」(1973年、NET) - 羽生彦三郎 役• 第8話「女心大着服」(1973年) - 長次 役• 第21話「飛び入りで勝負」(1975年) - 銀次 役• 第9話「一筆啓上偽善が見えた」(1975年) - 蛙亭文蝶 役• 第25話「一筆啓上不倫が見えた」(1975年) - 清吉 役• 第11話「主水ふてくされる」(1981年) - 善松 役• (1987年10月) - 鉄眼 役• 第22話「最後の大仕事!! 」(2009年6月26日) - 桐ノ屋朝経 役• (1973年 - 1974年、日本テレビ) - 役• 第10話「爆」(1974年、朝日放送) - 喜作 役• (1974年 - 1975年、TBS)• 第3話「長い夜」(1974年、NHK総合)• (TBS)• 第15話「ともだち」(1975年1月13日) - 弥太郎 役• 第15話「天下御免の偽名医」(1978年5月15日) - 金次 役• 第1話「野獣、雪山に死す」(1975年、朝日放送)• 第2話「死んだ男が歩く街」(1975年、) - 平馬 役• 第12話「殺し屋ノーリターン」(1975年、NET) - 死神の竜 役• (TBS)• 第1話「エアポート捜査線」(1975年) - 北斗 役• 第34話「警視庁の中のスパイ」(1976年) - 浜島達三 役• 第84話「三本指の刑事」(1976年)• 第115話「午前0時・女のミステリー」(1977年) - 警視庁保安2課・三上刑事 役• 第151話「覗き魔は猫背の男」(1978年) - 土井警視 役• 第196話「東京発 ひかり157号のトリック」(1979年) - 警視庁麻薬特捜班・田代幸雄警部補 役• (1975年 - 1977年、日本テレビ) - 片島修 役• 第11話「真夜中の逃亡者」(1975年6月15日、日本テレビ) - 辰吉 役• 第22話「狐雨」(1975年、NET) - 青木助五郎 役• 第8話「妻の秘め事乱れ菊」(1975年、毎日放送) - 雲海(安房の竹松) 役• 第40話「やさしさだってあるのです」(1976年、日本テレビ) - 石井 役• (NHK総合)• (1976年) - 藤原正経 役• (1982年) - 役• (1983年) - 役• (1987年) - 役• (1992年) - 役• (1993年) - 清水半蔵 役• (1995年) - 役• (1999年) - 役• (2000年) - 役• (2003年) - 岩間角兵衛 役• (2011年) - 役• (1976年 - 1977年、日本テレビ) - 城西署・野々村刑事 役• (朝日放送)• 第16話「見殺し! 」(1976年)• 第24話「埋もれた青春」(1977年)• (1977年、日本テレビ)• 第14話「嫁も姑も意地っ張り」(1977年、TBS) - 宅次 役• 第2話「故郷へ愛をこめて」(1977年、) - 黒崎 役• 第10話「罪をかぶった罪」(1977年、テレビ朝日)• 第152話「哭いた川面の夫婦鳥」(1977年、日本テレビ) - 宇平 役• 第14話「怒りの十手に血が騒ぐ」(1978年、日本テレビ) - 喜太郎 役• (NHK総合)• (1978年)• (1985年) - 古川清次 役• (1989年)• (2016年) - 関元和四郎 役• 第16話「参上! 幻の用心棒」(1978年、テレビ朝日) - 伊三郎 役• 第7話「暗号名 ジャッカルを追え! 」(1978年、フジテレビ) - 二木三郎 役• (日本テレビ)• 第329話「タイムリミット」(1978年) - 市木武正 役• 第589話「共謀」(1984年) - 田島ノブオ 役• 第22話「地獄を見た女」(1979年、関西テレビ) - 神保小四郎 役• 第21話「女房の秘密」(1979年、フジテレビ) - 軽平 役• 第4話「裏街道を翔ぶ男達」(1979年、東京12チャンネル) - 三浦外記 役• 第6話「撃滅 爆破計画! 」(1979年、テレビ朝日) - 佐之吉 役• (1979年、毎日放送) - 塙四郎 役• 第22話「ブルー殺人事件」(1980年、日本テレビ) - 浜田刑事 役• 第5話「死体を喰うマンション」(1980年、朝日放送) - 遠藤刑事 役• (1980年、NHK総合) - 板倉勝重 役• (1980年、毎日放送)• 第8話「我は湖の子さすらいの」(1980年、フジテレビ)• (NHK総合)• (1995年) - 山田団長 役• (2007年、NHK) - 平弁護士 役• (2008年10月-11月) - 平弁護士 役• (2015年1月31日 - 2月28日) - 菅原源 役• 第2シリーズ 第19話「すすり泣く尼寺」(1981年、東京12チャンネル) - 長柄九十郎 役• 第2シリーズ 第5話「あきれた奴」(1981年、テレビ朝日) - 鹿留の又八 役• 第20話「宵節句」(1981年、NHK総合)• 第19話「恐怖のロープウェイ 死の脱出」(1981年、テレビ朝日)• (1981年 - 1982年、日本テレビ)• (1982年、フジテレビ) - 加瀬乙彦 役• (1982年 - 1983年、日本テレビ)• (1984年、TBS)• (1984年、TBS)• 第5回(1984年、朝日放送)• 第3話「疑惑!? 制服の女が通うレズクラブ」(1984年、朝日放送)• 第13話「チャボが怒ったら恐いぞ! 」(1984年、日本テレビ) - 須田記者• (1984年、フジテレビ)• 第9話「1万円札ミステリー案内」(1985年、TBS) - 仲本支店長 役• 「イジメられっ子 金八先生」(1985年、TBS) - 中井正敏の父親 役• (1986年、フジテレビ)• (1986年、TBS)• (テレビ朝日)• 4(1986年、朝日放送) - 検察官 役• (1986年)• (1991年) - 横川仙太郎 役• (1994年)• ・ビワの木の復讐(1995年)• 15(1996年)• 12・殺意の密室航路(2000年) - 石浜泰三 役• (2001年、朝日放送) - 篠田守 役• 10(2002年) - 桐野誠一 役• 26(2003年、朝日放送) - 葛西登 役• 湘南探偵物語(2008年2月16日) - 沢木刑事 役• (2010年6月26日) - 警視庁副総監 役• 〜隣人との悲しき争い〜(2011年3月26日、朝日放送) - 牧橋善作 役• 7(2011年6月4日) - 菅野隆博 役• 6(2013年6月29日) - 加東秀治 役• 14(2014年1月25日) - 野々村洋介 役• 14(2014年8月16日) - 篠田大作 役• 6(2015年6月27日、朝日放送) - 清水和正 役• 温泉若おかみの殺人推理29(2015年8月1日) - 薮下弘敏 役• 第4話「殺人者の顔」(1988年、日本テレビ) - 須藤 役• 第1シリーズ 第5話「闇のおんな仕事人」(1988年、テレビ朝日) - 一石屋万造 役• (テレビ朝日)• 第1シリーズ 最終話「みちのく仙台・父帰る!」(1988年) - 古山修三 役• 第9シリーズ 第2話「安浦刑事がリストラされる!? 」(1997年) - 坂口芳雄 役• 第15シリーズ 第14話「嫉妬殺人!? 40才違いの恋人の秘密」(2002年) - 松田邦夫 役• (1989年、NHK総合) - 田村記者 役• 第11話「湯煙り伊豆に消えた美人留学生」(1989年、テレビ朝日)• (1989年 - 1990年、フジテレビ) - 唐木隆三 役• (1990年、NHK)• 第2シリーズ 第5話「金に転ばぬ奴がいた」(1990年、) - 朽木源内 役• 心霊ドラマ 転生(1991年、毎日放送)• 大逆襲! 四匹の用心棒 (1991年、テレビ朝日) - 闇の黒兵衛 役• 第6話「隠し金の絵図」(1992年、フジテレビ)• 第4シリーズ 第3話「盗賊婚礼」(1992年12月16日、フジテレビ) - 鳴海の繁蔵 役• (1993年、NHK総合) - 納谷甚之丞 役• (日本テレビ)• (1993年) - 会社社長・岩下徹蔵 役• 1(1994年)• 21(1997年) - 藤島警部補 役• 密告電話(1998年12月) - 鈴木浩平 役• 23 (2005年) - 高野禄郎 役• (1993年、フジテレビ) - 郭泰陽 役• (1995年、テレビ朝日)• (1995年、TBS) - 梅原幹雄 役• (1996年、テレビ東京) - 白木 役• (1990年)• (1993年)• (1996年)• 浅見光彦シリーズ8「鳥取雛送り殺人事件」(1997年3月10日) - 芦野鷹次郎 役• 浅見光彦シリーズ28「高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜」(2009年10月5日) - 室口雄吾 役• 逆転の夏(2001年9月3日)• 6「特命」(2003年6月2日)• - 鳥越啓介 役• 税務調査官・窓際太郎の事件簿12(2005年1月10日)• 税務調査官・窓際太郎の事件簿13(2005年9月26日)• 十津川警部シリーズ28「陸中海岸殺意の旅」(2003年3月24日) - 中井実 役• 十津川警部シリーズ39「飛騨高山に消えた女」(2008年1月7日) - 白石圭一郎 役• 十津川警部シリーズ54「サンライズ出雲の女 消えた似顔絵の女」(2015年4月13日) - 塚本専太郎 役• おんな風来マジシャン マリコの殺人事件簿(2010年2月8日) - 岩野靖男 役• (2010年3月1日)• (2011年9月5日) - 武村雅之 役• 「狼は天使の匂い」(2012年1月30日) - 鹿沼徳吉 役• (2012年8月27日) - 榊喬太郎 役• 「命の値段」(2012年12月24日) - 城島剛三 役• 「人質」(2014年11月3日) - 楠木善男 役• 「京都ベリーダンス殺人事件」(2014年12月22日) - 寺嶋将吾 役• (2015年8月31日) - 田崎雄吾 役• (2016年4月25日) - 葉山智之 役• (1998年、テレビ朝日) - 役• 第10話「隠密同心殺人事件」(1998年、テレビ朝日) - 神崎采女 役• (1998年、フジテレビ) - 田所周平 役• (1998年、テレビ朝日)• 沖縄編(1998年、テレビ東京) - 文夫 役• (1999年、関西テレビ)• (1999年、) - 白川啓介 役• (2000年、テレビ朝日) - 刈田升三 役• (2000年、TBS) - 吉行医師 役• (2000年、日本テレビ) - 古賀検事 役• (2000年、関西テレビ) - 島崎道雄弁護士 役• 「僕は旅をする」(2001年) - 田代克也・ひとみの父 役• (2001年、東海テレビ) - 芹川竜也 役• (2001年、テレビ朝日)• 第7話「君に会えてよかった」(2001年、フジテレビ) - 綿貫耕一郎 役• (2001年、NHK総合) - 桜木専務 役• 「妖術使いの森」(2002年、テレビ朝日) - 柳田黒夫 役• (2002年、TBS) - 丸山登 役• (2003年、TBS) - 袋井次郎 役• (テレビ東京)• 「1」(2002年) - 宗方芳斎• 「」 (2003年 - 2004年) - 天童 役• 「2」(2004年) - 藤江修太郎• 「1」(2004年) - 三浦治朗 役• (TBS)• 第6話「忍びの里宿命の対決 -伊賀-」(2004年5月24日) - 柘植幻斉 役• 第16話「銘酒を守った頑固者 -広島-」(2006年11月20日) - 役• 第18話「駆け落ち妻の目に涙 -駿府-」(2008年5月19日) - 柿島屋儀兵衛 役• 第20話「裏切り者は誰だ!? -日光-」(2011年12月5日) - 峯田伊右衛門 役• 財政の天才 幕末を駆ける 〜山田方谷・奇跡の藩政改革〜(2004年、NHK) - 役• 第一死「星に願いを」(2004年、テレビ朝日) - 小山田茂 役• (2004年、フジテレビ) - 糸川英夫 役• (2004年、NHK総合) - 精神科医 役• 財政の天才 幕末を駆ける 〜・奇跡の藩政改革〜(2004年5月、)• (2005年、TBS) - 芥山龍三郎 役• 第2話「アモーレ! 〜イタリア語教室殺人事件〜」(2005年、)• (テレビ東京)• (2005年) - 小寺康司 役• 「埋もれ火」(2006年) - 河島孝之 役• 12(2012年)• 10「すみだ業平橋殺人事件」(2013年) - 権藤喜一 役• 「誤認」(2014年) - 小栗俊平 役• (テレビ朝日)• 新・科捜研の女3 第1話「京都の祭りに人が死ぬ!! マリコが刺された!山鉾町の連続殺人!! 」(2006年7月6日) - 三浦正太郎 役• 正月スペシャル(2017年1月3日) - 矢野正司 役• SEASON 19 第5話「50年前から来た客」(2019年5月16日) - 平松恭一郎 役• (テレビ東京) - 権藤徳男 役• 第11話「特権階級」(2006年9月22日)• 最終話「怨み屋の正体」(2006年9月29日)• (2007年、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• (2007年、TBS) - ウェイター 役• (NHK総合)• (2007年6月 - 7月) - 天野能登守 役• (2010年1月9日 - 3月13日) - 門田伯奢守稲葉 役• 第1話「その浪人凄腕につき 松葉刑部登場」(2007年、テレビ東京)• (2007年、TBS) - 腰木 役• (2007年12月、) - サブマリン博士 役• 第6話「温泉で復讐!? 混浴露天風呂の秘密…」(2008年2月22日、テレビ朝日) - 三宅光三郎 役• (2009年3月15日、テレビ朝日) -• 最終章SP(2009年3月24日、フジテレビ) - 岩田周五郎 役• (2010年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• 『富美子の足』(2010年2月22日、TBS) - 塚越 役• season2 最終話(2010年9月15日、テレビ朝日)• (2011年1月4日 - 2月8日、NHK総合) - 須藤安太郎 役• 年末スペシャルドラマ・(2011年12月23日、TBS) - 佐山滋 役• (2012年4月 - 6月、テレビ朝日) - 和辻与兵衛 役• (フジテレビ)• 浅見光彦シリーズ44「砂冥宮」(2012年4月27日) - 大脇忠暉 役• 告発〜ある女性警察官の死(2014年7月11日) - 氷室銀之助 役• (2013年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 田中土佐 役• 第2話「私なら切れます。 死なせません。 絶対に失敗しないので」(2013年10月24日、テレビ朝日) - 二宮欽也 役• (2014年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• (2014年1月4日、時代劇専門チャンネル) - 赤不動の嘉兵衛 役• (2014年3月9日、) - 滝良精 役• 第9話(2014年8月28日、読売テレビ) - 玉木一也 役• 第3話(2014年10月17日、) - 六兵ヱ 役• 第3話(2015年4月30日、テレビ朝日) - 野沢和也 役• 第2話(2015年5月7日、テレビ朝日) - 越坂鉄幹 役• (2015年) - 宮下康平 役• (フジテレビ)• 2「呪縛の家」(2015年7月10日) - 倉橋圭市郎 役• (2016年4月15日) - 栗原英彦 役• 第1話(2015年10月3日、テレビ東京) - 佐古田 役• 第2作(2015年12月5日、テレビ朝日) - 樋口巡査部長 役• ドラマスペシャル・(テレビ朝日) - 大河内定和 役• 検事の死命(2016年1月17日)• 検事の本懐(2016年12月3日)• (2016年3月30日、テレビ朝日) - 山科伊佐緒 役• 第5回(2016年6月10日、NHK BSプレミアム) - 捨蔵 役• スペシャルドラマ・」(2016年9月11日、テレビ東京) - 佐々木淳史 役• (2017年1月28日、テレビ朝日) - 安東喜一郎 役• (2017年) - 大道宗介 役• 第9話「野分」(2017年8月8日、) - 戸沢正陟 役• 読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ・(2018年2月23日、読売テレビ) - 岡寛治 役• (2018年) - 福島恒夫 役• (BS-TBS) - 清水勘解由 役• 第1話「じゃじゃ馬姫と九州路 -水戸〜中津-」(2019年5月19日)• 第2話「鶴がつむいだ兄妹愛 -朝倉-」(2019年5月26日)• 第7話「海を越えた異国の娘 -長崎-」(2019年7月7日)• 第9話「風雲急を告げる熊本城 -熊本-」(2019年7月28日)• (2019年) - 立木繁 役• 最終話(2019年9月19日、テレビ東京) - 大親分 役• (BSテレ東) - 新見清次郎 役• 第1貫「一生涯寿司修行の道! さらなる高みへ」(2019年10月19日)• 第2貫「親子二代の穴子のツメ」(2019年10月26日)• 第3貫「伝統寿司と変わり創作寿司」(2019年11月2日)• 第4貫「母さんのバラちらし」(2019年11月9日)• 第5貫「伝統の江戸前寿司とは」(2019年11月23日)• 第2話「10億超!? 病院買収 医療界のドン落とせ! 元夫は敵か味方か!? 」(2019年10月28日、テレビ東京) - 小笠原隆一 役• ミステリー特別企画・(2019年12月20日、テレビ東京) - 桑本浩輔 役• (テレビ朝日)• ドラマスペシャル・(2020年3月29日) - 役 映画 [ ]• (1964年10月4日) - 朝雄 役• (1969年、との共同) - 三次 役• (1969年) - 平一郎 役• (1970年)• (1970年) - 藤井記者 役• (1981年) - ヨットの船長 役• (1981年) - 力石 役• (1982年)• (1982年) - 宇野大尉 役• (1983年) - 木村 役• (1983年) - 鳴海友幸 役• (1985年) - 組員 役• (1985年)• (1987年) - 沖田敬 役• (1987年) - 南田刑事 役• (1988年) - 大河内正敏 役• (1988年) - 田村光二郎 役• (1992年) -精神科医 役• (1995年) - 岩本 役• (2003年) - 安藤 役• (2003年) - ナレーター• (2007年) - 警視総監 役• (1933年、松竹キネマ) - サイレント映画、再公開は弁士として倍賞千恵子と共に担当。 (1965年) - 戸田勘二郎 役• (1975年) - 立木 役• (1981年) - 伊集院主馬 役• (1983年、松竹富士)• (1990年) - 山根報道部長 役• 第三話「サギるなジャパン」(1991年) - ママ 役• (1996年) - 蘭のパトロン 役• (1997年) - 中年男 役• (1998年) - 斉藤先生 役• (1998年) - トラックの運転手 役• (2016年) - 橋本敬一郎 役• (1968年) - 薬師寺兵吾 役• (1970年、勝プロとの共同) - ちんぴら余吾 役• (1990年) - 中村 役• (1968年) - あいつ(主人公) 役• (1973年) - 豊 役• (1974年) - 霧の暁 役• (1981年) - 殺し屋・飯室 役• (1978年) - 宮原宏 役• (1978年、との共同) - ゲリラのリーダー 役• (1978年) - 大高源五 役• (1979年) - 役• (1980) - 監督・竜岡 役• (1980年) - 松平恭次郎 役• (1982年) - 大野木安司 役• (1981年、角川映画、との共同) - 萩原 役• (1983年) - 日野 役• (1983年、角川映画との共同) - 犬村大角 役• (1984年、) - サングラスの男 役• (1985年)• (1988年)- 原田(刑事) 役• (1989年) - 阿南勝成 役• (1991年) - ソフトを買う助教授 役• 第1話「イロイロ、ありまして」(1991年、東映アストロフィルム)• (1995年) - 司令官 役• (1997年) - 平沢丈吉 役• (1998年) - 役• (2007年) - 坂東真太次 役• (2009年) - 園咲琉兵衛 役• (2010年) - 園咲琉兵衛 役• (2013年) - 木耳良兼 役• (1977年、太陽社との共同) - 影師申吉 役• (1986年) - 川島英二 役• (1987年) - 堂上 役• (1983年) - 津野木(山野井) 役• (1988年) - 三国裕介 役• (1999年)• (2002年)• 「第一夜」(2007年)• (1985年) - 村木哲郎 役• (1985年) - 清水留造 役• (1988年) - 国下耕作 役• (1994年) - 谷口コーチ 役• (1992年) - 初老の男 役• (1994年) - 池島政信 役• (1995年、との共同) - 刑事 役• (2001年) - 廉司の父 役• (2003年) - 刑事 役• (2004年) ビターズ・エンド• (2007年) - 釣堀屋主人 役• (2008年) - 吉住栄一 役 その他• (1998年、) - 秋村修平 役• (2000年、) - 元締X 役• (2001年、BS-i=オフィス・シロウズ)• (2001年11月24日、シグロ)• (2002年、)• (2002年、株式会社ブルックス)• (2003年、)• (2003年、)• (2003年、) - ナレーション• (2004年、) - 小暮健一郎 役• (2005年、メディアボックス)• 「鏡地獄」(2005年、) - 浪越警部 役• (2006年、シー・メイクス)• (2006年、) - 田所博士 役• (2006年、Sazanami)• (2006年、) - 弁士 役• ・第一部「七人の死刑囚」(2008年、) - 役• (2008年、レッドライスメディウム) - 鹿島 役• (2008年、日本スカイウェイ、ブロードウェイ)• (2008年、) - 猿屋の勘助 役• (2018年、) - 絹田昭太郎 役• (2018年、) - 野崎満雄 役• (2018年、彩プロ) - 藤堂刑事 役• (2019年、ラピュタ阿佐ヶ谷) - 村井助 役• 信玄の父 信虎-国主の帰還(2020年) - 役 舞台 [ ]• (1961年)• 本当の私を捜して• わが町(2008年)• (2009年)• (2010年) Vシネマ [ ]• (1990年、) - 青竜会幹部 梶本組組長 梶本• (1991年、東映ビデオ) - 海津• (1991年、東映ビデオ)• の不思議館2(1992年、)• とられてたまるか(1992年、東映ビデオ)• ネオ極道伝 KIZA(1993年、)• OL博徒 緋牡丹のお龍(1994年、SHSプロジェクト)• 妖女伝説 セイレーン2(1994年、)• (1995年、SHSプロジェクト)• (1995年、) - 安岡 役• (1996年、)• 悪名伝(1996年、)• (1997年、)• (1997年、竹書房) - 安岡 役• 実相寺昭雄のミステリーファイル(1997年、エアフィールド)• 性霊伝説 時を彷徨う愛(1999年、h. 真夜中の女 〜オーバー ザ ナイト〜(1999年、h. (1999年 - 2000年、)• 七人のスロッター(2000年) - 露崎光蔵 元締• 美麗女学園 〜バトルレイプ 20人の餌食たち〜(2001年、h. ドサ健 麻雀地獄(2001年、ケイエスエス)• (2009年)• 孤独の仁義(2013年) - 磯谷組組長• (2015年、東映ビデオ) - 呉島天樹• 日本抗争烈島 三極志(2019年、)• 首領 ドン (2020年、オールインエンタテインメント) - 大平紳助〈大平家具創業者〉 Webドラマ [ ]• (1994年、) - 草波勝 劇場アニメ [ ]• (1986年、) - (ムスカ大佐)役• (2013年、インターフィルム) - 円汁 役 吹き替え [ ]• - ジョッシュ・ランダル:• - ジャック(ジェイク)・パスキネル :• - コリー:• (1972年、)• (1974年、NET)• (1981年、)• (1989年、テレビ東京)• (1991年、テレビ東京)• 映像記録史 太平洋戦争(1991年、NHK)• (1993年、)• (1994年、テレビ東京)• (1998年、テレビ東京)• (2004年 - 、)• 「危険なボランチへの挑戦〜サッカー 〜」(2009年、NHK総合)• (2009年、)• (2014年、NHK総合)• 「クロスロード 高校サッカー優勝イレブンの歩む道」(2019年1月6日、制作) バラエティ・紀行番組 [ ]• (1984年、日本テレビ)• テレビ文学館(1985年、NHK総合)『性に目覺める頃』の朗読を担当• サッカーVS野球 2大プロスポーツの魅力(1993年、NHK総合)• 〜サッカーから広がる見果てぬ夢の風景(2003年、テレビ東京)• サッカークラブ世界一決定戦! 超驚き感動(秘)映像SP2(2008年12月20日、日本テレビ)• (2009年1月17日ほか、日本テレビ)• (2010年8月、テレビ東京)- ドラマ編・役• (テレビ朝日)• (2019年9月20日、) CM [ ]• のんのこ• 「セサミンE」(2009年)• 「」 監督作品 [ ]• マイ・ブルー・ヘヴン わたし調教されました(1992年、)• の不思議館4(1992年、)• 実相寺昭雄のミステリーファイル3 奇の館(1997年、) 著書 [ ]• 寺田農のみのりのナイ話(、1996年1月15日)• 寺田農のノウ・ガキ(、1996年3月) 関連項目 [ ]• - 父親の関係者• - 所属しているサッカーチーム• - 同作の登場人物ムライのモデルとなった• - 『』で寺田が演じた大佐の吹き替えを勤めている 脚注 [ ] []• ドラマ部. 2017年2月4日閲覧。 2017年2月4日閲覧。 「連載 あの日あの時、そして今 10 父・寺田政明(前編)」『月刊美術』2002年7月号、、 78-80頁。 寺田農『寺田農のみのりのナイ話』、1996a、68頁。 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧。 2012年1月24日. 2018年7月19日閲覧。 2013年4月25日. 2017年2月26日閲覧。 2013年4月25日. 2018年7月19日閲覧。 2007年2月15日. 2017年2月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 2017年2月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 なんば経済新聞. 2019年6月10日閲覧。 , pp. 11-15• music. jpニュース. 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧。 31-35• 寺田農『寺田農のノウ・ガキ』、1996b、96-97頁。 , p. 125• 楽天ブログ. 2019年6月10日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 アメリカンライフ:カントリーミュージック&ダンス&ハーレー. 2019年6月10日閲覧。 net. amigo. 2019年6月10日閲覧。 公式サイト• マイナビニュース 2016年3月15日. 2016年3月15日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2019年. 2020年3月5日閲覧。 虫プロダクション. 2016年4月26日閲覧。 com. 2018年7月3日閲覧。 KINENOTE. 2018年7月3日閲覧。 産経ニュース. 2019年11月20日閲覧。 - メディア芸術データベース• 『ロマンアルバム 銀河英雄伝説』、1992年、116頁。 雑誌61578-11。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の