ラウンドワン ボウリング。 ラウンドワン、5月15日から一部地域で営業再開 休業要請の解除で

ラウンドワンのバイト評判!出会いが多い!?

ラウンドワン ボウリング

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 関東地方の人気カテゴリ• 空港周辺• 関東地方の人気カテゴリ• 関東地方で検索数の多いキーワード• 入場チケット• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺•

次の

ボウリングが激安♪ラウンドワン投げ放題利用手順・価格・システムを解説

ラウンドワン ボウリング

国内で100店舗以上を展開するラウンドワン。 そのシンボルでもある「」の市場縮小が止まらない(撮影:尾形文繁) 「パコーンッ!」 神奈川県の幹線道路沿いにあるボウリング場。 長い板張りのレーンの先で、整然と並んだ白いピンが快音を響かせてはじけ飛ぶ。 すべてのピンを倒した男性は友人と言葉を交わし、大喜びをしていた。 もっともその友人はレーンに設置されたモニターの向こう側にいる。 男性は画面越しの友人とハイタッチで喜びを分かち合っていた。 屋内複合レジャー施設大手のラウンドワンは今年1月から、異なる店舗でボウリングをする客同士を映像と音声でつなぎ、あたかも一緒にプレーしているように遊べる新システム「ROUND1 LIVE(ラウンドワン ライブ)」の導入を始めた。 新システムで新たなボウリング需要を創出 メインターゲットは大学生だ。 初対面の男女グループが遊んだり、共通の趣味を持ったネットユーザーの「オフ会」の利用などを見込んでいる。 たとえば、進学で地方から上京してきた学生が地元の友人と時間を合わせ、互いに最寄りのラウンドワンに赴く。 そして片方が店舗名とレーンの番号を指定する「LIVE de 指定マッチング」を用いれば、スコアまで共有して一緒にボウリングを楽しむことができる。 ほかにも年齢や性別、人数をもとに見ず知らずの人と対戦できる「LIVE de フリーマッチング」など、これまでにないシステムが用意されている。 これらの新システムを6月末までに国内のほとんどのボウリング場に投入する。 ラウンドワンの杉野公彦社長は「(狙いは)新たな需要の創出にある」と話す。 ラウンドワンはクレーンゲームやメダルゲーム、カラオケ、スポーツ系の「スポッチャ」などを手がけている。 ボウリングは同社の売り上げの約25%を担う看板アミューズメントで、ほかのボウリング場チェーンが10〜20店舗程度にとどまるのに対し、100店舗以上を唯一展開する国内最大手だ。 日本におけるボウリングは幕末に長崎へ持ち込まれたようだが、その後は戦後に米軍基地内で楽しまれる程度。 100年近く一部の人の間のスポーツだったが、1960年代半ばから急速に普及し、巨大なブームを迎える。 スポーツや余暇社会学の専門家で、『ボウリングの社会学』という著書がある東京女子体育大学の笹生心太(ささお しんた)講師によると、「(1960年代)当時は『アメリカ文化への憧れ』から、サラリーマンを中心とする若い男女が仕事帰りに都市部のボウリング場へ向かった」という。 技術進歩による余暇時間の増加やテレビ・洗濯機・冷蔵庫という「三種の神器」の普及、プロボウラーたちがテレビでスター扱いされた影響も重なり、1967年当時、500店弱だった全国のボウリング場は1972年までに約3700店まで膨れ上がった。 過当競争と不景気でブームは急激に縮小 ボウリング場の経営は、至ってシンプルな「装置産業」だ。 最初にボウリング機器を取りそろえ、あとは集客で初期投資を回収していく。 客層は1人で訪れてマイボールやマイシューズをそろえるようなスポーツ型と、グループで遊びに来るレジャー型に二分できる。 着替えが要らないスポーツ兼娯楽であるボウリングの裾野は急速に広がっていった。 ただ、「100レーン規模の施設も登場し、とにかく儲かるとボウリング場が過剰に増えた」 笹生氏。 その結果、ボウリング場の間で過当競争が起き、採算が悪化。 1973年に発生したオイルショックによる不景気も重なり、ボウリング場の数は1976年に900店以下までに減少し、ブームは急速にしぼんでいった。 その後、現在ではなじみの深い自動スコアラーが登場し、増加した郊外型ショッピングセンターの集客装置となることで1200店舗近くまで回復したが、1998年をピークに再び減少。 2018年12月時点で758店まで縮小している。 ラウンドワンの杉野社長は「このまま放置すればボウリング(市場)はまだまだ縮小する」と危機感を募らせる(撮影:ヒラオカスタジオ) 2000年代に快進撃を見せたラウンドワンの国内ボウリング事業も、リーマンショック以降は下降トレンドから抜け出せずにいる。 その理由について、ラウンドワンの杉野社長は「ボウリング業界に目新しい変化がなかったからだ」と指摘する。 「1980年代の自動スコア以来、ボウリング設備メーカーは話題を呼ぶ新機能をリリースしてくれなかった」(同)。 ボウリングを支えるのはシニア層 チェーン展開するボウリング場を除くと、ボウリング業界を支えているのは、ボウリングをスポーツとしてとらえて、人が少ない午前中に本気でプレーするシニア層が中心だとされる。 彼らからすれば、最低限の機能さえ担保されていれば、プレーに大きな問題はない。 だが、ラウンドワンの客層はアミューズメント感覚の一般人が中心。 「減ったのはレジャー層の方が大きいと思う。 余暇が多様化すれば(ほかの娯楽やスポーツに)吸収されてしまう浮動層にあたる」 笹生氏。 その点、現代のレジャー業界は、家庭用ゲーム機から動画配信サービスまで、多様な娯楽・サービスと消費者の時間を取り合っている。 ゲームセンターは景品を、カラオケは新曲を追加・更新する中、レジャー感覚の層を狙ったラウンドワンのボウリングのみ変化しなくていい理屈はなかった。 「新規機種が出たら導入したかった。 それを信じて待ったが、10年経っても、15年経っても出てこなかった」(杉野社長)。 液晶モニターの価格低下やインターネット回線の速度が向上したこともあり、ラウンドワンは3年ほど前から自社で新システムの開発に取りかかった。 その結果生まれた「ラウンドワン ライブ」は、悲願の国内テコ入れ策なのだ。 ロシアや中国、東南アジアへの出店準備も ラウンドワンは2010年代に国内店舗数が頭打ちとなり、成長の軸足をボウリングの本場・アメリカへの新規出店に移していた。 アメリカの店舗は飲食サービスを安価に提供してアミューズメントに客を誘導するモデルで攻勢をかけ、すでに約30店舗を展開する。 また、ロシアや中国、東南アジアなどへの出店準備を開始する。 ただ、「決して国内ボウリング事業の成長を諦めてはいない」(杉野社長)ようで、既存店の底上げを目指す。 実際、遠隔プレイのシステムだけでなく、各レーンのモニターやベンチもリニューアルする気合いの入れようだ。 達成時期こそ明言しなかったが、杉野社長は国内ボウリング事業を「現状の売り上げ(約227億円)から20%は伸ばしたい」という。 そのためにはラウンドワン ライブの有望なユースケースを探り、ニーズに合わせた頻繁なシステム更新が必要になるだろう。 テコ入れを怠った過去の反省を生かし、同社の新たな設備は若者のハートにハイスコアを叩き出せるか。 外部サイト.

次の

ラウンドワン(4680)の株主優待紹介

ラウンドワン ボウリング

レーンでのトラブル対応• 各種大会やチャレンジの運営 など、覚えていけばどんどんと任されます。 仕事はきつい?大変? 他のサービス業と同様、金曜日の夕方から土日にかけて基本的に店舗は込み合うので、その分作業は増えます。 ボウリングにいた私はレーンがすべてお客さんで埋まってしまうと、 「ボールが止まってしまった」 「ピンが外に出た」 「器械が止まってしまった」 等のトラブルで端から端まで走ることが多かったです。 忙しい時はフロアに2人~3人のスタッフはいますが、フードコート対応、返却されるレンタルシューズの殺菌消毒等を分担やカバーしあって仕事をします。 一番大変だと思ったのは、お客さんが帰ったあとのレーンの清掃です。 席やモニター周りはもちろんですが、レーンのアプローチ(投げるときに助走をするところ)をダスターできれいにアルコールで拭きあげます。 しゃがんで、力を入れて拭くためしんどかったです。 最初のうちは膝にマメができました。 仕事の良いところ、おいしいところは? 1分単位で給与が計算されるので、働いた分はしっかりと支給されるのでよかったです。 アルバイトには月に1回、ボウリング3ゲーム無料券が配られていました。 それを使い職場でできた仲間と一緒にボウリングをするのは楽しかったです。 他にも、部門それぞれで知識が身に付きます。 私はボウリングでしたので、ボウリングのことはマニアックになりました。 知識や経験が増えると、今までとは見え方が違ってとてもおもしろいです。 そしてなにより、ラウンドワンは大きい店舗だとスタッフが少なくとも50人は在籍しています。 学生、フリーター、主婦等、仲間がかなり増えますし、スタッフ同士のカップルができることが多いです。 私は2回、彼女ができました。 職場の雰囲気はどう? 現場に出る社員さんは基本的に年齢が若い(20代前半とか多い)人が多く、事務所に長くいる管理職でも30代が多いです。 平均年齢が若いので、和気あいあいとエネルギッシュに包まれています。 朝からお昼過ぎまでは主婦の奥様方が多く、夕方から学生が増えます。 深夜は学生とフリーターが多いです。 基本的に社員、アルバイトとも年齢層は若い傾向にあると思います。 ワイワイとみんなで仲良く、仕事の時は、元気よくテキパキといった雰囲気が特徴です。 仕事のあるあるを紹介! カップル誕生あるあるはどこの店舗でもあるようです。 社員とアルバイト間のカップルも多いです。 常連さんと仲良くなり、ボウリングを一緒にするお友達になっちゃうこともあります。 他にもあるあるは多くあり、• 誕生の日に事務所に入るとケーキ&ハッピーバースデーソング!• 一日何回も何回も釣り堀(スポッチャの)でお客さんから呼ばれ、釣った魚の釣り針を外させられる。 幽霊の出没情報。 暇な時、トイレで寝る など、友達との会話のネタが満載です。 バイトを初めてココに驚いた! 「ボウリングレーンの裏側は、こんなにハイテクな機械が作動し動いてるんだなー」ってことです。 ボーリングのピンやボールが運ばれる様子は、見ていて楽しいですよ。 社会勉強になったり、就活に役立つ? 社員の方々はけっこう社会人としての一般常識やマナーも教えてくれます。 社会の先輩方からの指導はその後の社会人生活には役立つでしょう。 あとは、サービス業ですので常にお客さんと接します。 ラウンドワンは飲食店と違いサービスが商品ですので、お客さんとのコミュニケーションが密です。 それに加え、とにかく部門も多く、広いのでスタッフとの連携や集団での環境と経験は、社会に出たあと必ず生きてきます。 仕事内容が直接将来の仕事に役立つことは少ないですが、長く働けば就職活動でアピールできますし、社会人としての最低限の耐性はできあがります。 履歴書に書いた志望動機を教えてください! 志望動機には• ボウリングやスポーツに強く興味がある• たくさん出勤できる といったことを書いた記憶があります。 サービス業が苦ではないことのアピールと、出勤率が高いことを伝えれば良いですね。 面接はどんな感じ?(服装は?どんな質問をされた?) 当時、高校生でしたので学校帰りにそのまま制服で行きました。 一緒に面接にきていた女性は灰色系のジャケットと白いスカート、低めのヒールといった服装できていました。 面接では、 「家はどこなのか」 「高校は楽しいか」 「通勤手段」 「ラウンドワンを最初に見たときの印象」 等聞かれました。 特に印象的だったのは 「お客さんに喜んでもうには、何をしたらいいと思いますか?」 という質問でした。 当時、面接をしたのは支配人でしたが、終始にこやかで、細かくツッこんでくることはありませんでした。 時給はいくら?交通費は出る? 自給は900円スタートでした。 交通費は規定支給で、自宅から店舗までの距離を測り、規定の燃費と1リットルあたりのガソリン価格で計算しました。 電車通勤の方は電車賃が支給されていました。 一日あたり、1,000円が上限だったと記憶しています。 昇給は3か月毎に改定し、社員の評価によって上がったり下がったりします。 22:00~は1,200円です。 髪色・髪型に制限はある?ピアスはOK? 髪色は明るいのもだめですが、決められた明るさ以下でないとペナルティをもらいます。 当時は髪色レベルスケールの6番までの明るさと決められていました。 ピアスはNGです。 シフトはどんなシステム? シフトは2週間前に、2週間後のシフトを決めていました。 面接時の条件を下回る出勤数は基本的に嫌がられました。 そしてほとんどの方は週に3日以上は入っていました。 急なお休みはそれなりの理由がないと、基本的に出てくるようにいわれます。 時間の融通は1時間早めの退勤程度は効きます。 フリーターや大学生が多い?主婦や高校生でも働ける? 全体としてはフリーターと学生で5割、主婦が5割です。 時間帯でその割合は大きく傾きます。 主婦も同世代の方がたくさん働いていますし、夕方からは高校生も増えますので、どちらも問題なく働けます。 掛け持ちは可能ですか?ダブルワーカーはいる? 採用時の条件に支障がなければ、掛け持ちは可能です。 本職を持ちながら、ラウンドワンで副業している方もちらほらいました。 面接時に掛け持ちのことを伝えれば特にトラブルにはならないです。 同じバイトを考えている、あなたへ 部門によって仕事が大きく異なりますが、ほったらかしにすることはまずありません。 社員さんもなるべくいい環境を作ろうと努力してくれます。 仕事のことやプライベートのこと、なんでも相談できますよ。 私はラウンドワンでバイトをしてほんとにたくさんの友達ができました。 やっぱり、同じ仲間がたくさんできて、みんなと楽しく仕事ができるのがラウンドワンでバイトした一番のメリットだと今は思います。 仕事はもちろんがんばっていただいて、是非たくさんの友達を作ってください。

次の