ほう けん 史実 - 合従軍キングダムネタバレ!史実総大将は李牧ではなくほうけん?

けん 史実 ほう キングダム 信vsほうけん

【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

けん 史実 ほう キングダム龐煖(ほうけん)は趙の将軍として史実では実在する!嫌いうざいと言われているが最後はどうなる? |ワンピース呪術廻戦ネタバレ漫画考察

けん 史実 ほう 合従軍キングダムネタバレ!史実総大将は李牧ではなくほうけん?

けん 史実 ほう 合従軍キングダムネタバレ!史実総大将は李牧ではなくほうけん?

けん 史実 ほう 李牧

【キングダム】龐煖(ほうけん)の史実における強さと最期

けん 史実 ほう キングダム 信vsほうけん

『キングダム』龐煖(ほうけん)は作中最強!?史実から見える「武神」の結末とは

けん 史実 ほう 【ネタバレ注意】キングダムの龐煖(ほうけん)は実在した武将なのか?強さなども考察してみる

けん 史実 ほう 【キングダム】龐煖(ほうけん)は史実でも趙の将軍!声優や名言も紹介!最後は死亡する?

けん 史実 ほう 李牧

けん 史実 ほう 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

, キングダムは概ね史実通りに進んで行く漫画ですが、史実と照らし合わせて漫画キングダムの龐煖(ほうけん)の最後を予想してみます。

  • それともどこかの戦場を最後に戦死しまったのか。

  • 常人には聞こえない声が聞こえる 1. 斜陽の趙を守る [ ] で秦を破った名将を亡くし、政治外交で秦に対抗し得た藺相如が病で伏せていた趙は、にで秦に大敗し、そののち藺相如も世を去り衰亡の一途をたどっていた。

  • しかし劇辛の知る龐煖はあくまでも文官タイプの龐煖であり、将軍としては全くの無名でした。

キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

三大天の李牧を筆頭に様々な武将・将軍が登場する趙国はその他の国と比較してもキングダム作中、戦国七雄の中でも優遇された国であると言われています。

  • これが、キングダムでの合従軍編と一致しますね! 趙の総大将は龐煖だったと言っても良いのではないでしょうか? まとめ キングダム30~33巻ぐらいの六国合従軍最後のサイの戦いが漫画史に残る激熱ぶりで燃え尽きた… — らま raaaa11maaa22 今回は キングダム合従軍編について、ネタバレを交えながらご紹介しました! 史実では合従軍に参加していなかった!?李牧、実は合従軍の総大将だった!?龐煖。

  • それは何巻だったのか? それは 単行本58巻・第627話「道の行方」でのことでした。

  • 実際に存在していた人物なんですね、龐煖は。

『キングダム』龐煖(ほうけん)は作中最強!?史実から見える「武神」の結末とは

そして、史実ではあの王翦も龐煖(ほうけん)との戦いは避けたそうな。

  • , 側にいるカイネにも早く退避するよう何度も叫びますが、信と龐煖の戦いから目が離せないカイネも無言です。

  • 」と言ったとされています。

  • 摎(きょう)は王騎の婚約者であり、奇襲ような形で摎(きょう)が龐煖に討たれた事に王騎は激昂、龐煖に一太刀を浴びせる程の強さを発揮しました。

キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

ある日山から武神が下りてきてこの村の人々と龐夫妻を皆殺しにし、まだ赤ん坊の龐煖を 拐 さらっていきました。

  • 自分のことを武神だと言ってしまうこの言葉。

  • 龐煖の史実での活躍が李牧の活躍として描かれる事になりました。

  • この辺りは、明確な記録があるわけではなく、何とも言えない部分でもあります。

『キングダム』龐煖(ほうけん)は作中最強!?史実から見える「武神」の結末とは

龐煖は蕞から撤退した後に、意地を見せ軍を斉から秦に移動させ、斉の饒安を抜く活躍を見せています。

  • 信の前に何度も現れ、戦う度に見せつけた圧倒的武力! 信だけでなく、多くの武将がその強さを認めています。

  • もはやこれまでかというところで龐煖に出会います。

  • 尚、趙の悼襄王の曽祖父が武霊王であり、龐煖が悼襄王の時代に将軍になったとすれば、少なくとも50年は経過している事になり、かなりの老体で将軍になったと言えるでしょう。

『キングダム』龐煖(ほうけん)は作中最強!?史実から見える「武神」の結末とは

そして、死んだ「信」を生き返らせるために「きょうかい」があの世に行き「信」を連れ戻すというトンデモ展開に・・・ 「信」と「きょうかい」は絶対に死なないことは知ってます。

  • 秦は趙攻略の為の出陣式を首都で行っています。

  • 趙の恵文王と孝成王の時代に全く名前が出ない龐煖が、悼襄王の時代にいきなり名前が出るのは、違和感を感じます。

  • 史実ではこの戦い以降の龐煖(ほうけん)に関する記述が一切なくなります。




2021 cdn.snowboardermag.com