うえ んで 会津 若松。 うえんで

会津侍・若松っつん

うえ んで 会津 若松

会津若松市は福島県の西部にあり、四方を山で囲まれた会津盆地にあります。 すでに、昔から会津地域は東北地方の重要なところで日本で一番古い歴史の本『古事記(こじき)』にも会津のことが書かれています。 会津地方は早い時期に仏教がつたわり 、仏教の僧として有名な「空海 くうかい 」、 や「最澄 さいちょう 」という人と、関係をもった「徳一 とくいつ 」という人が会津で活躍し仏教文化が大変盛んになりました。 仏教の時代を経て、武家社会になると、会津は 葦名 あしな という人が会津を支配しました。 しかし、この葦名氏も天正17年(1589)に 伊達政宗 だてまさむね という人に戦いで負け会津をさることになりました。 しかし伊達政宗の会津の支配は短く、その後、 豊臣秀吉 とよとみひでよし の命令で、キリシタン大名の 蒲生氏郷 がもううじさと という人が会津を治めることになりました。 氏郷 うじさと は その当時、黒川 くろかわ といわれた地名を『若松(わかまつ)』と改め、七階建てといわれる「鶴ヶ城」をつくり、会津若松の城下町を整備しました。 また、「漆器」や「清酒」といった地元の産業の育成(いくせい)にも力を入れました。 その後、蒲生の時代は終わり、越後から上杉景勝(うえすぎかげかつ)が会津へ入り会津を治めました。 そして鶴ヶ城とは別に、もっと大きな『神指城 こうざしじょう 』を造り、徳川家康(とくがわいえやす)と戦おうとしましたが 、「関ヶ原 せきがはら の戦い」のあと、上杉景勝のは山形県の米沢に移ることになりました。 江戸時代、会津地方は直下型の地震におそわれ7階(層)建ての鶴ヶ城は傾きました。 この鶴ヶ城を五階(層)に建て替えするなど鶴ヶ城の大改修を行った のは、加藤氏という大名です。 この加藤氏も長く会津を治めることがなく、1643 年に江戸幕府、三代将軍 徳川家光 とくがわいえみつ の 弟で、 保科正之 ほしな まさゆき が会津藩の藩主となりました。 正之は四代将軍 家綱 いえつな の 補佐 ほさ 役として江戸(東京)にいても 幕府を補佐し、徳川幕府の基礎をつくりました。 保科正之の孫 である3代目 正容 まさかた から 松平 まつだいら の姓を許され、江戸幕府が終わる時まで、会津松平の時代は続きました。 この江戸時代の終わり、1862 年に会津藩は京都を守るため、京都守護職 きょうとしゅごしょく という役職につき、京都へ行きます。 この時の会津藩主 松平容保 まつだいら かたもり は 、当時、天皇だった「孝明 こうめい 天皇」から信用され、京都の治安を守りました。 しかし1868年に 幕府を倒そうとする人たちと、守ろうとする人たちの間で戦争がおこります。 これが戊辰戦争 ぼしんせんそう です。 このときの まだ、16~17歳の少年たちも会津を守るため戦いました【白虎隊 びゃっこたい 】 明治32年(1899)に福島県内で最初に市制が施行され、現在は人口約12万8千人の会津地方の中核都市に発展しています。 会津の人々は、厳しい紀行風土での生活、幕末期の敗戦による 過酷 かこく な経験によって、耐え忍ぶ 我慢 がまん 強さと「ならぬことはならぬ」という 矜持 きょうじ と気質を持っています。 また、食文化をはじめ独自の生活文化が今なお根強く残っています。 会津の歴史詳細.

次の

おらほの教会の歴史: 日本キリスト教団 若松栄町教会

うえ んで 会津 若松

喜多方市の水上というところにあります。 本業は床屋さんです。 行き方は、喜多方高校を西へ、信号機を北(右へ)曲がり、Y字路がありますので直進して、左側3軒目です。 古い家で、玄関に神社にあるようなわらで出来たしめ縄が見えますのでわかりやすいと思います。 昔、私のいとこが、学校が好きだったにもかかわらず、急に行きたくないといい始めました。 学校に行くまで森を通るのですが、そこを通るのが怖いと言い出して、本間さんに見ていただきました。 そのころ、私の祖父がなくなり、そのお墓の上に木が覆いかぶさっているから、枝を切るなり、木を切るなりして、お墓に日をあたるようにしなさいと言われ、実際にお墓に言ってみると、木の枝でお墓が日陰になっていました。 早速木をきりたをして見ると、そのいとこは何事もなかったように学校へ行き始めました。 その森にはお稲荷さんがあってそれも関係していたみたいです。 毎日油揚げをあげなさいとも言われました 怖いくらい実際に現場へ言ってみるとこんなものあったっけ?って思うほど一致していたので、当たるのだと私は確信しています。

次の

うえんで 山鹿店

うえ んで 会津 若松

黒川城、鶴ヶ城、若松城、会津若松城とは、鎌倉時代、会津の領主だった葦名氏に始まります。 4代泰盛(やすもり)の頃に葦名氏は領地支配を強化し、会津入りします。 小田山山ろく(宝積寺が最初の館の可能性あり)か小田垣(小高木)に館を構え、いざという時に立て籠もる詰めの城・山城として「 」を築きます。 南北朝時代、会津周辺は南朝方に取り囲まれていたものの一貫して北朝方の拠点として貫きます。 文和3年(1354)には、『旧事雑考』『富田家年譜』によると、7代直盛(なおもり)が小田垣に館を構え小田山城を築き、現在の若松城付近にも黒川城を築きます。 (全国的にも弘安の役以降、在地支配が強くなり、南北朝時代、会津周辺は南朝方であり、北朝の拠点として、館や城がそれまで無かったとは考えられない。 南北朝時代の山城が青木山山頂にあります) 直盛は、康暦元年(1379)会津に入り、飯寺の館から黒川城と町の整備のため永徳2年(1382)に小館(市内本町)に移り、城下整備の指揮をとります。 至徳(しとく)元年(1384)黒川城の大改修が終了しし、「鶴城」(鶴ヶ城の名の始まり)と呼び、鎌倉持ってきた稲荷神社(御神体が市内馬場町の鶴ヶ城稲荷神社にあり)を祀ります。 蒲生忠郷時代まで、三の丸に稲荷神社を祀る稲荷丸がありました。 『塔寺長帳』によると天文(てんぶん)7年(1538)、黒川城下で大火があり、城も焼失します。 天文13年(1544)には、5年の歳月をかけ、黒川城の大改修が完成し、ほぼ現在の若松城の大きさとなります。 当時は、東が大手口で、西が搦手(からめて、裏口)でした。 豊臣秀吉は、天正18年(1590)8月、政宗に代わり蒲生氏郷を会津に据えます。 氏郷は、ます、最後の砦となる山城の向羽黒山城を2年間かけて大改修し、終了後、文禄元年(1592)から黒川の城下と城の大改修に着手します。 文禄2年(1593)には天守閣が完成します。 『新編風土記』によると、氏郷は当初広島城のようにしようとしましたが、徳川家康の「塀を長く回す城よりは、城を堅固にし、速やかに戦いに備えるべし」という意見を取り入れ、葦名氏・伊達政宗の黒川城を改修することにとどめました。 しかし、高石垣と天守閣というそれまでに無い東北の城となりました。 が亡くなると蒲生秀行が跡を継ぎます。 しかし、力不足のため、秀吉から国替えを命じられ宇都宮へ移ります。 慶長3年(1598)には越後の春日山城から上杉景勝が120万石で入ります。 景勝は、はじめに領内の道路や橋、支城の整備、 最後の砦となる を2年間かけて大改修し、朝鮮半島の熊川倭城に似た城に改修します。 そして、蒲生氏郷も現在の若松城の地では不利で経済発展がしにくい事を、景勝も同じであり、氏郷が希望した広島城に似た新城の「 」築城を慶長5年(1600)に着手します。 『塔寺長帳』には13村を移転して事が書かれています。 しかし、景勝は石田三成方であったことから家康の標的になり、4万5千の大軍で栃木県の小山まで進んできますが、三成が兵を上げたので、家康は西に戻り関ヶ原の戦いなったのです。 この時、景勝は国境に大規模な防塁を多数築いています。 神指城は、石垣や門まで造られますが、完成することなく、慶長6年に破城されます。 そして、宇都宮から再び蒲生秀行が会津に入り、若松城を居城とするようになります。 秀行や3代忠郷は、石垣や堀を含め城の改修を進めていますが、慶長16年(1611)には、会津盆地西部を震源とする大地震が発生し、城の石垣や天守閣が傾いています。 秀行は、地震の翌年、死去しています。 若松城の本丸図 建物は明治6年と明治11年の図を参考にしています。 若松城の見所・ふしぎ 太鼓門にある大きな石は「遊女石」と呼ばれているもので、遊女を石の上に乗せて運んだと『新編風土記』にあります。 この石は全国的に「鏡石」といい、慶長年間になる長さ3mを越す大きなものと なり、魔よけの意味があります。 北出丸の石垣に彫られた「文化十四年」 左 に修理した際の銘文。 若松城には、西出丸に「天保三年」(右)に彫られた石もあります。 また、太鼓門の稲荷神社西側では、「町野長門守」と彫られた石が解体修理の際に見つかりましたが今は見ることができません。 加藤氏 以降の時代の石にあり、キリシタン禁制が確立してい時代であることからも、キリシタンとは関係はありません。 測量に使用されたものです。 「野面積」天守台の石垣 西暦 年号 領主 出来事 文献 1190年 建久元年 葦名氏 宝積寺にあった小田の館が造られる 会津古塁記 1332年 正慶元年 葦名氏 城内より出火。 殿中までの飛び火を防ぐ。 富田家年譜 1354年 文和3年 葦名氏 小田山城が修築され、小高木の館(小田垣館)が設けられ、廓外にも黒川城が設けられる。 旧事雑考・富田家年譜 1384年 永徳4年 葦名直盛 城を修築し、鶴城(鶴ヶ城の名の始め)あるいは小田山城と称す。 また郭に稲荷神社(神像は市指定文化財)を祀る。 富田家年譜 1466年 文正元年 葦名盛高 黒川城を改修する。 葦名家由緒考証 1504年 永正元年 葦名盛高 黒川城を修復する。 葦名家由緒考証 1538年 天文7年 葦名盛瞬 黒川大火。 黒川城がことごとく焼ける。 新編会津風土記 1544年 天文13年 葦名盛氏 黒川城が大改修される。 会津鑑 1589年 天正17年 伊達政宗 伊達政宗、葦名義広を摺上原で破り黒川城へ入る。 葦名氏、会津の領主として400年間の幕を閉じる。 伊達家天正日記 1590年 天正18年 伊達政宗 城の門構えを直し、石垣を積み改修する。 政宗の統治は1年2ヶ月。 伊達家天正日記 1590年 天正18年 蒲生氏郷 豊臣秀吉、黒川に入り、蒲生氏郷を城主とする。 旧事雑考 1592年 文禄元年 蒲生氏郷 黒川城を改修し、土塁を高く、堀を深くし、翌年天守閣が建てられる。 町並を直し、町を若松とする。 蒲生氏の統治は1年5ヶ月。 旧事雑考 1598年 慶長3年 上杉景勝 豊臣秀吉の命により会津の領主となる。 統治は3年8ヶ月。 会津旧事雑考 1608年 慶長13年 蒲生秀行 外郭の堀を改修する。 会津鑑 1611年 慶長16年 蒲生秀行 若松城を改修する。 その後、同年に会津大地震で天守閣が傾き、石垣が崩れる。 新編会津風土記 1621年 元和7年 蒲生忠郷 三の丸にあった稲荷丸が取り壊される。 新編会津風土記 1628年 寛永5年 加藤嘉明 若松城の改修に着手し、天守閣を建て直す。 新編会津風土記 1641年 寛永16年 加藤明成 若松城を改修し、3mの大石を運ぶ。 加藤氏の統治は16年2ヶ月。 会津鑑 1643年 寛永20年 保科正之 松平の祖、保科正之が会津に入る。 統治は225年2ヶ月。 家世実紀 1868年 明治元年 松平容保 戊辰戦争で破れ、城を開城する。 若松紀 古塁は「会津古塁記」、富田は「富田家年譜」、葦名は「葦名氏由緒考証」、天正は「伊達天正日記」、旧事は「旧事雑考」、鑑は「会津鑑」、新編は「新編風土記」、家世は「家世実紀」、若松は「若松市史」さらに詳しい年表は.

次の