よしお 兄さん 歌っ た。 体操のよしお兄さん「おかあさんといっしょ」3月末日で卒業!おもいで語り。

【動画】「ぼよよん行進曲」よしお兄さんの企画がスゴイ!出演者まとめ!(歴代お兄さんお姉さん)|ゆみログ

よしお 兄さん 歌っ た

小林よしひささんは、この動画を撮ったきっかけをこのように言っています。 このプロジェクトは、 『とにかく今、子供たちや家族みんなに元気を笑顔を届けたい!』『そうだ!お兄さんお姉さんたちの力を借りて、元気になる!笑顔になる!動画を撮ってみんなに届けよう』。 そんな、強い想いからスタートしたものです。 現在の大変な状況を乗り越えて、みんなが元気に笑顔になれる曲『ぼよよん行進曲』を選び、お兄さんお姉さんに協力を相談しました。 さらに、作詞作曲の中西圭三さん、編曲の小西貴雄さん、MIX菊地創さんも参加してくれることになり、それぞれおうちからリモートでの参加! よしお兄さんの声をかけられる範囲で、そしていろんな環境で、今回は参加できなかったお兄さんお姉さんもいますが、心はみんな同じ! このみんなの気持ちとエネルギーを『ぼよよん行進曲』に乗せて!みんなに届けー!! 引用元: 「ぼよよん行進曲」は、 ゆうぞうお兄さんと しょうこお姉さんの時の曲です。 作曲は中西圭三さん、作詞は中西圭三さんと田角有里さんのお2人が手がけました。 ちなみに2006年4月の歌として歌われたのが、初めてでした。 その後も、だいすけお兄さんとたくみお姉さん、ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さんへと歌い継がれていて、今でも大人気の曲です。 「ぼよよん行進曲」と検索すると「泣ける」というワードが一緒に出てくるほど。 なんだかじんわりと心に響く歌ですよね。 自分はもうダメかも知れないと思った時はぼよよん行進曲を聴きましょう。 涙が力に変わります。 励まされるとか元気がでるというより、凝り固まった気持ちと全身の筋肉がフッとゆるむような感覚。 — とまと 20170504km 2020年4月29日に公開された「ぼよよん行進曲」の動画は、歴代のお兄さんお姉さんに加えて中西圭三さんまで集まるというかなり豪華なものです! 総勢17人!!かなり感動で泣けてきます。 新型コロナウイルスの自粛続きで親も子供も参っています…。 「ぼよよん行進曲」の動画に元気をもらえますよね。 「ぼよよん行進曲」歴代のお兄さんお姉さん・出演者まとめ! よしお兄さんが企画した「ぼよよん行進曲」に出演していた歴代のお兄さんお姉さんをまとめました! 左上から時計回りに紹介しますね。 いとうまゆ:第4代身体表現のお姉さん• 坂田おさむ:第7代うたのお兄さん• 林アキラ:第6代うたのお兄さん• 森みゆき:第15代うたのお姉さん• 上原りさ:第5代身体表現のお姉さん• 佐藤弘道:第10代体操のお兄さん• 今井ゆうぞう:第10代うたのお兄さん• きよこ:第3代身体表現のお姉さん• 小林よしひさ:第11代体操のお兄さん• 中西圭三:ぼよよん行進曲 作詞作曲• 天野勝弘:第9代体操のお兄さん• しゅうさえこ:第14代うたのお姉さん• 神崎ゆう子:第16代うたのお姉さん• 横山だいすけ:第11代うたのお兄さん• はいだしょうこ:第19代うたのお姉さん• つのだりょうこ:第18代うたのお姉さん• 茂森あゆみ:第17代うたのお姉さん 総勢17人という豪華なメンバーになりました! 歴代のお兄さんお姉さんと中西圭三さんは、 自宅からリモートで撮影したそうです! 今井ゆうぞうお兄さんの背景は、 生活感にあふれています(笑) 自宅での撮影だからか、テレビに出ていた時とはちょっと違ってリラックスしている印象もありますね。 この動画には出演していない速水けんたろうお兄さんは、4月7日に新型コロナウイルスに感染したことが分かっています。 出演自粛したのかな…なんて気になります。 ぼよよん行進曲は子どもも自分も大好きな曲です。 『ぼよよん行進曲』を聞いていると泣けるというママがたくさんいました。 17人という豪華メンバーがオンラインでつながって動画配信してくれたことがうれしいですね。

次の

NHK紅白歌合戦で「夢のキッズショー」が放送!(よしお兄さんのオカピが登場!!)

よしお 兄さん 歌っ た

キッズ向けYouTube「クマーバチャンネル」は、お子様がキャラクターと一緒に楽しく成長できるエンタメ知育チャンネルです。 2019年5月1日からスタートし、チャンネル登録者数12万人、総再生回数1億回とたくさんのお子様にみていただいています。 歌いながら手や指、体を動かす手遊び歌を、動画をみて親子で一緒に楽しんでいただけると幸いです。 」とは NHK「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんを、歴代最長の14年間務めた小林よしひさ(よしお兄さん)のYouTubeチャンネル。 お子様のみならず、お父さんお母さんや、教育関係者に向けて様々な情報や笑顔を提供しています。 「未就学児の想像力と表現力を豊かにし、可能性を広げる」ことをテーマにコンテンツを制作しています。 YouTubeで良質なコンテンツを配信することで、いつでもどこでも楽しみながら心身ともに成長できることを目指しています。 」をビジョンとしています。 「ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニー」として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。 私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。

次の

よしお兄さん&りさお姉さんインタビュー(3)”ロス”になったお母さん、お父さんへのメッセージ

よしお 兄さん 歌っ た

「すりかえかめん」と「すりかえおじょう」が絵の一部をすりかえてしまう人気コーナーだった「すりかえかめん」。 でも音楽学校に受からないと入れないので、2回受けたんですけど、2回とも落ちてしまって…。 じゃあどうしよう、となったときに、たまたま洗足(学園音楽大)のミュージカルコースを見つけて。 「ここなら私がやりたいことできるかもしれない」と思って入りました。 実際、本当にできていました。 上原 置いといて 笑 小林 小さい頃、体操に初めて出会ったのが、地域の運動遊び、体操遊びみたいな教室で、そこでマット運動とか、簡単に体を動かすことをやっていました。 大学は社会体育学科という学科で、地域に体育や運動がどのように根付くかとか、そういう勉強をしていました。 そのまま卒業して地方公務員になって、仕事のかたわら、子どもや高齢者とかにアフター5で体操を教えられたらな、って当時は考えていました。 「意外だな」「あ、そうだったの!? 」と驚かれたことは何かありますか? 小林 私の場合は、ついこの間の収録で言われたのが「本当そのまんまなんだね」「真面目だね」とか。 先ほども言ったように「お兄さんらしくなる」って思わずに「自分が体操のおにいさんですよ」っていう形で行ったので、ギャップがないのかな。 上原 私はそういうところには出入りはしていなくて、唯一ラジオだけ。 小林 大ちゃん(横山だいすけ)との。 上原 大ちゃんとのラジオしかやってなかったんですけど、反響すごいよーって言われて、ちょっと調べたら「ホンワカしてるんだね」って出てきて。 「ホンワカしてない!」って思いました。 これはちょっと、どっかのタイミングで言わないと、私しんどいなって思いました(笑) 沖縄で収録された「ブンバ・ボーン」 小林 外行きになっちゃってる(笑) 上原 外行きになっちゃってたみたいで、私も(録音を)聞いてみたら「あれ?なんか思ってたよりすごく声高いな」って。 小林 緊張するとそうなるのかな。 上原 そうなんでしょうね。 緊張するとちょっと声が高くなるから。 「あー自分の首絞めた!」って思いましたね。 小林 逆に言うと、普段テレビで見ていたあの印象と同じってことだね。 上原 どっちかっていうと、私は声が大きすぎて「声量おばけ」っていうあだ名をつけられていたんですけど。 小林 とあるお兄さんにね。 上原 とあるお兄さんに。 舞台だとパーンって声を出すんですけど、ラジオのこぢんまりした空間で、どのトーンでしゃべっていいのかがわからなくて。 いろいろ探りながら、しかも緊張してる状態でしゃべったので自分でもびっくりするぐらい高くなっていて。 ちょっとどこかで、「そうじゃないですよ」っていうのはちゃんと伝えないと…。 お二人が卒業し、寂しくて「ロスになった」という声も聞きます。 そういうお父さん、お母さんにメッセージをお願いします。 小林 「ワンオペ」という言葉を聞いて、何のことかと思って調べたんです。 なんか1回手術するの?とか(笑)。 そしたら、「自分一人で作業する」という。 ああ、そういう言葉が出てきたんだなあ、としみじみ感じています。 卒業したときにもらったメッセージにも、「私はワンオペなので、助かりました」っていう言葉がいっぱいありました。 そういう部分で貢献できたのは嬉しく思います。 その方々のルーティン(日課)からは外れてしまいましたが、自分の活動は同じようなことを続けていくので、ぜひ追いかけていただきたいです。 プラス「おかあさんといっしょ」という番組は、同じ時間に同じようにやっていて、新しいお兄さんお姉さんたちがいますので、そちらも楽しみにしていただければ、きっとロスにならずに頑張っていけるんじゃないかなと思います。 私ももちろん、新しい方法でそういったお父さんお母さんを手助けできるよう頑張ります! 上原 ワンオペって言うんですね、知らなかった。 そういうお話を聞くと、うちの母は大変だったんだなって思いますね。 父は会社に行っていて、子ども3人を母一人でみる子育てだったので。 子育てに助かる、と思っていただける番組に参加できたのは、すごく幸せですね。 番組に出ることがなくなり、私はまだ何にも(他の番組に)出ていないので、皆さんとお会いする機会はない状態ですが、自分のペースでやっていけたらいいなって思っています。 もし、また目につくことがあれば、親子で一緒に見ていただけたら嬉しいです。 私も、今のニュー「おかあさんといっしょ」を見ています。

次の