アラン モルト 10 年。 アラン島唯一の蒸留所が手がけるウイスキー「アラン・モルト」その魅力に迫る

アランモルト10年と21年の旧ボトル比較

アラン モルト 10 年

「アランモルト10年 The Arran Malt 10 years old 」はスコットランド・アラン島北部のロックランザ ロホランザ にあるアイル・オブ・アラン蒸留所が造っているシングルモルトウイスキーです。 スコッチウイスキーを地域別に分けたとき、「アイランズモルト」と呼ばれる種類がありますが、アラン島もその中に含まれます。 アイランズとはスコットランドの北西側半分にある島々をさしていて、アラン島のほかはオークニー島、ルイス島、スカイ島、マル島、ジュラ島。 海に囲まれた地域なので、アイランズモルトには潮の香りを感じるものもありますが、そればかりではなく、島ごとに味わいが異なるのがおもしろいところなんですね。 「やや重めの味わい、樽由来と思われる苦味、深みを感じることはできなかった」 苦味をあげる人は少ないので、このあたりは感じ方の個人差かもしれませんね。 支持するレビューは以下の通りです。 「開栓した瞬間に甘酸っぱい香り。 口に含むと、李 すもも か梅のような味。 マックミラのウイスキーを飲んだのを思い起こす」 「ほどよい甘さでとても美味しかった」 「フルーティーな香りで非常にまろやかな口当たり。 果実のような甘さ」 「香りがエレガントで好き 女性 」 「アイランドモルトとは思えない、やさしさが好き」 「ちょっと別格なのに値段も手ごろ。 言うことなし」 飲み方はストレートかロックがおすすめで、少し加水をすると飲みやすくなります。 アラン島は、グレートブリテン島本土とキャンベルタウンのあるキンタイア半島に囲まれたクライド湾の中にある、南北に細長い島です。 新石器時代のストーンサークルや立石遺跡が多く残されていて、マクリー・ムーアとよばれる立石遺跡やホワイティング・ベイの巨人の墓などが観光名所として知られています。 もともとアラン島は密造酒の産地として有名な場所で、かつては50近い蒸溜所があったとされますが、1836年を最後にすべての蒸溜所が閉鎖されました。 その後、シーグラム社やペルノー社といった世界有数の酒造メーカーで辣腕を振るっていたマネージング・ディレクター、ハロルド・カリー氏がプライベートな醸造所を持つためにこの島に注目。 アラン島北部のロックランザにアイル・オブ・アラン蒸留所が建設されたのは1995年のことでした。 同蒸溜所は独立資本のため、ほかの蒸溜所のように他社への原酒の供給は行わず、自社でのシングルモルトやブレンデッドのボトルを製造、販売しています。

次の

アラン10年

アラン モルト 10 年

ノンピートの大麦麦芽を使用し、小さな2基の蒸溜器で、じっくりと品質にこだわり、麦芽本来の自然な甘さと香ばしさにアイランズモルトならではの潮風のスパイスが効いたシングルモルトは、IWSCなど多くの賞を受賞しています。 アラン蒸溜所は1995年にアラン島に160年ぶりに復活した島唯一の蒸溜所です。 同蒸溜所は独立資本のため、ブレンド用の原酒づくりがメインではなく、シングルモルトとして飲むためのウイスキーをつくっている数少ない蒸溜所です。 今年、蒸溜器が2基(1対)から4基(2対)へと増設されました。 アランモルト10年new ファーストフィルのバーボンバレルで熟成させた原酒をメインに、シェリーホグスヘッドで熟成させた原酒をバランス良くヴァッティングした10年熟成。 色は暖かみのあるゴールド。 香りは蜂蜜、砂糖漬けのシトラス、リコリス、バタースコッチ。 味わいはシトラス、リンゴ、オーク、ヘーゼルナッツ、シナモン。 アランの特徴である清らかさとフルーティさ、モルトの味わいを感じられる、フラグシップアイテムです。 ストレートやオンザロックはもちろん、ハイボールもおすすめです。 ---Tasting note---- 色:暖かみのあるゴールド 香り:蜂蜜、砂糖漬けのシトラス、リコリス、バタースコッチ 味:シトラス、リンゴ、オーク、ヘーゼルナッツ、シナモン 46% 700ml アランモルト10年new 税込 4,250円 aln30 アラン10年new 46% 750ml 4250 円.

次の

【楽天市場】モルト・スコッチウイスキー > アイランズモルト(ISLANDS MALT) > アランモルト(ARRAN MALT)各種:洋酒ワインお酒大型専門店 河内屋

アラン モルト 10 年

「アランモルト10年 The Arran Malt 10 years old 」はスコットランド・アラン島北部のロックランザ ロホランザ にあるアイル・オブ・アラン蒸留所が造っているシングルモルトウイスキーです。 スコッチウイスキーを地域別に分けたとき、「アイランズモルト」と呼ばれる種類がありますが、アラン島もその中に含まれます。 アイランズとはスコットランドの北西側半分にある島々をさしていて、アラン島のほかはオークニー島、ルイス島、スカイ島、マル島、ジュラ島。 海に囲まれた地域なので、アイランズモルトには潮の香りを感じるものもありますが、そればかりではなく、島ごとに味わいが異なるのがおもしろいところなんですね。 「やや重めの味わい、樽由来と思われる苦味、深みを感じることはできなかった」 苦味をあげる人は少ないので、このあたりは感じ方の個人差かもしれませんね。 支持するレビューは以下の通りです。 「開栓した瞬間に甘酸っぱい香り。 口に含むと、李 すもも か梅のような味。 マックミラのウイスキーを飲んだのを思い起こす」 「ほどよい甘さでとても美味しかった」 「フルーティーな香りで非常にまろやかな口当たり。 果実のような甘さ」 「香りがエレガントで好き 女性 」 「アイランドモルトとは思えない、やさしさが好き」 「ちょっと別格なのに値段も手ごろ。 言うことなし」 飲み方はストレートかロックがおすすめで、少し加水をすると飲みやすくなります。 アラン島は、グレートブリテン島本土とキャンベルタウンのあるキンタイア半島に囲まれたクライド湾の中にある、南北に細長い島です。 新石器時代のストーンサークルや立石遺跡が多く残されていて、マクリー・ムーアとよばれる立石遺跡やホワイティング・ベイの巨人の墓などが観光名所として知られています。 もともとアラン島は密造酒の産地として有名な場所で、かつては50近い蒸溜所があったとされますが、1836年を最後にすべての蒸溜所が閉鎖されました。 その後、シーグラム社やペルノー社といった世界有数の酒造メーカーで辣腕を振るっていたマネージング・ディレクター、ハロルド・カリー氏がプライベートな醸造所を持つためにこの島に注目。 アラン島北部のロックランザにアイル・オブ・アラン蒸留所が建設されたのは1995年のことでした。 同蒸溜所は独立資本のため、ほかの蒸溜所のように他社への原酒の供給は行わず、自社でのシングルモルトやブレンデッドのボトルを製造、販売しています。

次の