扶養 内 パート 年末 調整。 収入103万以上の扶養内パート主婦が書く年末調整。記入例と書き方

扶養内パート主婦の副業の確定申告は必要か?「年末調整の書き方教えて!」

扶養 内 パート 年末 調整

給与所得者であるパート。 正社員と勤務時間が違うだけで、会社が年末調整をすることになります。 ところが、会社によっては正社員分しか年末調整をしない場合もあるようです。 会社がしてくれないのであれば、 自分で確定申告をしなければ損をする可能性があります。 パート勤めをして初めての年末で様子がわからなければ、12月になったら年末調整をしてくれるのかどうか、経理などに聞いてみましょう。 年末調整は時期が重要ですから、年内に確認をしたいものです。 会社が年末調整してくれると手続きはスムーズ 1年間に毎月支払われる給与は、所得税などが引かれての手取り額。 本来、納める税金というのは、12月31日までの収入が確定してからでないとわからないものですが、会社が事前に多めに見積もった金額を、月々立て替えて税務署に納めています(源泉徴収と言います)。 12月になれば、「1年間の収入(税金が引かれる前の金額)-給与所得控除額(必要経費)=納める税金」が確定しますので、これまで払った税金の誤差が出てくることになります。 そこで、多くの会社では、12月になると年末調整をして正しい税額を出した上で、損をさせない手続きをしているのです。 ほとんどのケースで、いくらかの金額が戻ってくるようになっています。 ですから、パートに限らずですが、会社が年末調整をしてくれることで、今まで納め過ぎになっていた分の税金が12月の給与に上乗せされて戻ることになります。 従業員にとっては、会社から渡される年末調整の用紙に必要事項を記入するだけで済みますから、手間なしでありがたい手続きではないでしょうか。 年末調整をしてくれない場合は源泉徴収票をもらう 税金を納めることは義務ですが、納め過ぎの税金を戻すことは義務ではありませんから、納税者が手続きをしないとそのままになってしまいます。 「会社がしてくれない」というのも厳密には2パターンあります。 一つは、会社から案内は来たものの従業員が会社に年末調整の用紙「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していない場合。 これは会社はやってくれるはずなのに、締め切りに間に合わなかったりするとやってくれない(やろうと思ってもできない)状態になります。 最低限、用紙を渡されたかどうか、用紙をきちんと記入したかどうかの確認は自分で必要になります。 もう一つは、 会社からの案内もなく、年末調整や確定申告自体を従業員に全て任せている場合です。 こういったケースは少ないですが、何もしなければ納めたままの税金はそのままです。 その場合はどうすればよいのでしょうか。 まず 年末調整をしていない場合は会社に「源泉徴収票」を出してもらうように依頼します。 「源泉徴収票」の作成は義務ですので、絶対にもらえるものです。 中身を見ると「源泉徴収税額」という項目が記載されている欄があります。 この金額が1年間の年収や所得控除を計算し、最終的に支払った所得税になります。 これさえあれば、 税金をいくら支払っているかの証明になります。 源泉徴収票をもとに自分で確定申告の手続きを行う 年末調整を会社がしてくれなければ、自分で翌年に確定申告をしなければなりません。 「源泉徴収税額」が出ても、年末調整をしていないと、配偶者控除や社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険控除などの申請もしていないでしょう。 夫の扶養になっていれば、これらの控除は夫の会社での年末調整で対応できますが、あなたが世帯主で扶養者がいる場合、扶養控除などの控除は自分の確定申告でしなければならないのです。 控除額が多ければ、課税される所得が少なくなりますので、結果、納税額が減るということになります。 もし、 103万円以下の収入ならば、「給与所得控除額=65万円」と「基礎控除額=38万円」を合わせた103万円までには、所得税がかからずゼロになりますので、支払った税金を取り戻すことができます。 とにかく、 会社に年末調整をしてもらうか、自分で確定申告をするかのどちらかをしないと、税金の払い過ぎてしまった分は返ってこないので、まずは会社が年末調整してくれるのかどうかを早めに確認しておきましょう。 併せてこちらの記事もCheck!

次の

確定申告必須の場合 年末調整は不要?

扶養 内 パート 年末 調整

もくじ 読みたいところへ飛べます• 源泉徴収票の支払金額 源泉徴収票のうち 年収に該当するのが、 支払金額です。 令和元年中に給料・賞与として「勤め先があなたに支払った金額」を書くので 支払金額と呼びます。 注意が必要なのは、原則として 通勤手当が含まれない点です。 たとえば通勤手当を年間6万円もらっていたとしても支払金額には含めません。 思ったよりも支払金額が少ないなと感じた方は「通勤手当分」の可能性が高いのです。 通勤手当は通勤に必要な経費のため、税金の計算上 非課税にしていて、源泉徴収票に出てきません。 この支払金額が 103万円以下の場合には、夫(または妻)がで節税ができます。 もし103万円を超えた場合でも201万5,999円以下まではの対象です。 関連 特に産休・育休中は漏れやすいのでご注意ください。 関連 所得控除の額の合計額 3番目は 所得控除の額の合計額です。 誰でも必ず使える所得控除が 38万円の基礎控除です。 それに加えて年末調整でできる 所得控除は次のとおりです。 または• 社会保険料控除• 小規模企業共済等掛金控除 所得から控除(マイナス)されるため、その部分には税金がかかりません。 例では基礎控除に加え自分が支払った生命保険料に対する「生命保険料控除」も利用する場合を想定しています。 基礎控除38万円と生命保険料控除24,000円の合計404,000円が「所得控除の額の合計額」です。 ここでよくあるのが 「年収103万円以下でも生命保険料控除ができるの?」という質問です。 例では、給与所得控除後の金額363,440円から基礎控除38万円を引くとマイナスです。 そのため源泉徴収票に「生命保険料の控除額24,000円」とあっても、 何も控除できないのです。 ただし、年収93万円~100万円以下の場合には 住民税が課税されます。 年収100万円前後の方は、住民税で節税になる可能性があるので生命保険料控除や地震保険料控除なども年末調整でしておきたいところです。 関連 源泉徴収税額が0円以外の理由 もし 源泉徴収税額が0円以外の場合には、次のいずれかの理由が考えられます。 1 年の途中で退職した場合(年調未済) 扶養控除申告書を提出している場合、1か月の給料が月88,000円以上のときに所得税が天引きされます。 年末調整をしていれば、103万円以下なら所得税を本当は天引きする必要がなかったので還付されます。 しかし、途中で退職すると年末調整できないため、天引きされたまま=源泉徴収税額に金額が残ります。 摘要欄には 年調未済(=年末調整がまだ済んでいない)と書かれるのが一般的です。 自分で 確定申告をすれば数百円でも還付を受けることができます。 ただし、あまりに少ない場合は手間と税務署へ行く交通費や郵送代を考えて確定申告するかどうか考えましょう。 関連 2 「乙欄」で計算されている場合 源泉徴収税額が数千円ある方は、天引きされる税金が 乙欄で計算されている可能性があります。 源泉徴収票の下の「乙欄」と書かれた場所に「〇」がついています。 天引きする税金の種類には2種類あります。 扶養控除申告書を提出する場合:甲欄で計算• 扶養控除申告書を提出しない場合(2か所目以降の給料など):乙欄で計算 乙欄で計算する場合には、給料が月88,000円未満だとしても 給料に対して3. 063%相当の所得税が天引きされます。 関連 この場合は年末調整では還付を受けられないので、自分で確定申告をすることになります。 他の収入がある場合には合算して計算するため還付にならない場合もあるので、詳細は次の記事をお読みください。 関連 まとめ 源泉徴収票の見方は学校でも職場でも教えてくれませんが、大事な情報がつまっています。 この記事が参考になれば幸いです。

次の

パートの所得税は会社が年末調整してくれれば損しない。されない場合は?

扶養 内 パート 年末 調整

ただし、年収2,000万円を超える人(パートでは関係ないですが・・・)や、災害で税金の減免を受けている人は年末調整の対象になりません。 また、海外へ転勤して生活の中心が外国にある人や、パートで働いていた人が退職して退職後ほかの勤務先から給与の支払いを受ける見込みのない人は、12月ではなく年の途中で年末調整をします。 (ただ、途中でやめた場合その勤め先で年末調整をしないケースが多いと思うのでその場合は確定申告を自分でします) 年末調整に必要な書類と書き方 年末調整の対象となっている場合、会社から下記の書類を渡されます。 A 翌年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• B 今年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• C 今年の給与所得者の保険料控除申告書 これらに必要事項を記入して会社へ提出します。 A 翌年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方 画像の赤枠を記入します。 赤枠内の各項目は次の様に記入します。 何も記載されていなくて、不明の場合は空欄でも大丈夫です• 勤め先の法人番号または個人番号を記載します• 何も記載されていなくて、不明の場合は空欄でも大丈夫です• 例えば、この用紙が平成30年のものなら、平成30年1月1日での住所を記入します• 世帯主が自分であれば記入するのは自分の名前です• 子どもを夫の扶養にしている場合は夫の方で記入するためです。 B 今年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 すでに提出済みのものですが、変更する箇所が無いかどうか確認のために一旦、戻されます。 変更が無ければそのまま提出し、変わった場所があれば修正します。 何も記載されていなくて、不明の場合は空欄でも大丈夫です• 勤め先の法人番号を記入します• 何も記載されていなくて、不明の場合は空欄でも大丈夫です• 保険料控除証明書に書いてあります• 保険料控除証明書に書いてあります• 支払いが自分でも受取が夫ならば夫の名前を書きます• 保険金の受取が夫ならば「夫」、受取も自分なら「本人」です• どちらかは、保険料控除証明書に書いてあります• ただし、上限額は12万円までです。 年末調整の手続きはどうすればいいの? 勤め先から渡された、• A 翌年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• B 今年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• C 今年の給与所得者の保険料控除申告書 の書類に必要箇所を記入したら、勤め先へ提出します。 あとは勤め先で手続きしますので自分の手続きはこれで完了です。 年末調整をしていない場合は確定申告をしよう 勤め先で年末調整をしていない場合や、忘れてしまった場合は確定申告をしましょう。 例えば途中で仕事を辞めて、その時の勤め先で年末調整をしていない場合、自分で確定申告をします。 年末調整(または確定申告)でお金が戻ってくることも! 例えば、給料から源泉所得税を天引きされている場合、払い過ぎた分は戻ってきます。 また、生命保険料控除などがあれば、その分所得税や住民税が軽減されます。 そのため年末調整をすることで払い過ぎた分が還付金として戻ってきますので、ぜひ年末調整または確定申告をしましょう!.

次の