匂い玉 取り方。 取り方!膿栓 うがい

臭い玉の取り方は簡単?オハうがいがオススメだけど病院も安過ぎて!

匂い玉 取り方

扁桃腺のあたりに潜む臭い玉って、気づいてしまうと嫌で嫌でしょうがないですよね。 何かの拍子で取れた時に、ものすごい臭さにげんなりしてしまいます。 しかし、口臭を防ぐために取り除こうと思っても、取り方を間違うと扁桃腺を傷つける可能性があるので危険です。 今回は、扁桃腺に出来てしまう臭い玉の安全な取り方、そもそも臭い玉はなぜ出来てしまうのか、そして、出来にくくなる方法をお伝えしたいと思います。 扁桃腺を傷つけない臭い玉の取り方 口臭の原因にもなる扁桃腺の臭い玉、取ってしまいたいですよね。 自己流で取る人は、このような方法で取り除いているそうです。 ・鏡を見ながら綿棒で取る ・シャワーを当てる ・耳かきで取る など しかし、これらの方法では扁桃腺を傷つけ、炎症の原因となるためおすすめできません。 しかし、普通のうがいではなかなか取れないので、臭い玉をとるためのうがいのコツを紹介します。 まず、上を向き、ガラガラうがいをし、のどの奥にいきわたるようにします。 臭い玉は、扁桃腺の部分にできるので、その部分に水が届くようにします。 うがいしたあと、水を吐くときにもコツがあります。 水をいったん吐き出したあとに、のどの粘膜についた汚れをこそげ取る感じで、のどの奥から粘液を出します。 このうがいを繰り返すことで、粘液に交じって臭い玉が出てきます。 臭い玉は、扁桃腺の両脇に付着しているので、この部分を刺激して粘液を出すようにすることで、取れやすくなるそうです。 扁桃腺を傷つけると炎症を起こす原因にもなってしまいます。 また、扁桃炎や副鼻腔炎(蓄膿症)が原因かもしれないので、特に気になる場合は素人判断はせず、専門医に相談しましょう。 誰にでもある臭い玉の正体 扁桃腺にある白い臭い玉は、正式には「膿栓」といいます。 食べ物のカスや、細菌の死骸の塊です。 それらの菌をやっつけるために、扁桃腺からネバネバした免疫物質(白血球)が分泌されます。 扁桃腺の表面には多数の穴が開いていて、細菌の死骸や免疫物質がその穴に溜まり、臭い玉ができます。 人によって扁桃腺の形も少しずつ違うので、溜まりやすい人とそうでない人がいるそうです。 しかし、臭い玉が全く無いという人はいないと言われています。 特に風邪をひいたあとなど、どんな人でも確実にできてしまうそうです。 臭い玉をできにくくする方法 臭い玉は、口臭の原因にもなるので、取り除きたいと思いますが、簡単には取れず、自然と無くなるものではありません。 もし取れたとしてもまたできてしまいますので、普段からできにくくする習慣を身につけることをおすすめします。 臭い玉は細菌をやっつけるためにできるものですから、口の中に細菌ができにくくすればいいのですね。 ・口の周りの筋肉、口輪筋を鍛えて鼻呼吸にする。 ・こまめに水を飲み、のどを潤す。 ・顎の辺りをマッサージして、唾液を作る。 また、どうしても鼻が詰まっている時は口呼吸になってしまいますので、マスクをするなどして口内の乾燥を防ぐとよいでしょう。 まとめ 扁桃腺の臭い玉は、普段意識しないだけに、たまに取れた時にはあまりの臭いに驚きますよね。 口臭の原因にもなりますので、どうしても気になってしまう人もいるようです。 でも、自分で取ると扁桃腺を傷つけ炎症を起こしてしまうため、綿棒や耳かきなどで無理やり取ろうとする取り方はおすすめできません。 今回ご紹介したうがいの方法は安全な取り方ですので、ぜひ試してみてくださいね!.

次の

取り方!膿栓 うがい

匂い玉 取り方

臭い玉が取れない…見えてるのに除去できない膿栓の対処法• 観覧数: 187337 Views• 更新日: 2016年02月05日 取れない臭い玉の対処法・無理に取ることのリスク 臭い玉(膿栓、臭玉)は、取っても繰り返しできます。 そのため、頻繁に喉をチェックしているという方も多いでしょう。 白い塊を見つけては、綿棒を片手に鏡に向かって格闘している方も少なくないと思います。 しかし、「喉にできている臭い玉がどうしても取れない!」という時、どうしたら良いのでしょう?臭い玉を一度見つけてしまったら、放置したくはありませんよね…!? ここでは、 臭い玉がとれないときの対処法、危険な取り方を詳しくご紹介します。 どうしても取れない臭い玉はどうしたら良い? 臭い玉を自分で取る方法には、次のような方法がインターネットなどで紹介されています。 耳かきを使って取る• 綿棒で取る• シャワーの水圧で取る など 臭い玉が鏡で見えているのに、どうしても取れないという場合もあると思います。 しかし、これらの取り方にはそれぞれデメリットがあるため、あまりおすすめできません。 しつこく取れるまで行ってしまうと、誤って 扁桃を損傷してしまう場合もあるため注意が必要なのです。 繰り返し扁桃に負担をかけるのは危険です 扁桃はやわらかくデリケートなので、負担がかかりやすいです。 負担がかかると、出血や腫れ、痛みなどを引き起こしてしまいます。 また、出血して慌てた経験のある人も少なくありません。 見つけたからには取らなければ気が済まないという人もいるかもしれませんが、無理やりにとり続けたことで、「膿栓ができやすくなった」と感じる人も少なくないようです。 後で詳しく紹介しますが、膿栓は一度取ったからといって、その後できなくなるわけではありません。 膿栓は繰り返しできる場合もありますから、根本の原因に対するアプローチが必要になるのです。 耳かきや綿棒を使って臭い玉を除去する取り方のリスク 耳かきや綿棒で簡単に臭い玉を除去できる場合もあるかもしれませんが、臭い玉が取れないから…と、耳かきや綿棒で無理に臭い玉を取ろうとすることは、扁桃に負担をかけて傷つけてしまう可能性が高いです。 また、そのことが原因で、何らかの病気を発症してしまう可能性も否定できません。 耳かきに比べ、綿棒は先が綿でできているので、やわらかくて負担をかけにくい印象があるかもしれません。 しかし、綿棒で扁桃をグリグリと無理に圧力をかけてしまっては、傷をつける原因になります。 少し触れただけで臭い玉が取れる場合もあるかもしれませんが、扁桃の形状によってはなかなか取れない場合もあるでしょう。 そもそも、臭い玉は 自分で取ること自体にリスクがあります。 なかなか取れないからと言って、無理やり取ろうとするのはとても危険です。 気になる場合は耳鼻科を受診して取ってもらうことが大切でしょう。 臭い玉をシャワーで取るなら安全!? 耳かきでグリグリするのは喉に負担がかかりそうだけど、「シャワーなら大丈夫でしょう?」と思う人も少なくないと思います。 しかし、シャワーの水圧も、扁桃に負担をかけます。 挑戦したことのある人はおわかりかもしれませんが、シャワーを喉の奥に当てると、たくさん水を飲んでしまう場合もありますし、水圧が強いと喉から出血することもあります。 これは、 ウォーターピックでも同様のことが言えます。 水だから安全だろう…と繰り返し行うことは良くありません。 シャワーを喉に当てて洗浄することで、臭い玉を予防できるなどと言われていますが、 扁桃はとてもデリケートなので水圧によって負担をかけるのは良くないでしょう。 自分で取れそうに見えても、難しい場合が多い 臭い玉ができるのは、扁桃にある陰窩というくぼみです。 くぼみの中にできるものですから、簡単に取れない場合もあります。 陰窩の形状や深さは個人差があり、膿栓が深く埋まっている場合や取れにくい角度で埋まっている場合などもあるでしょう。 すぐに取れそうに見えても、思っている以上に除去するのが困難な場合が多いようです。 臭い玉が見えないなら 自分で除去するのは特に危険! 喉に違和感(異物感)があるのに、見た目では臭い玉が確認できない場合もあります。 臭い玉ができている感覚があっても、見えない場所にできている場合もあります。 また、喉の違和感の原因は臭い玉だけではないので、「臭い玉が埋まっていて見えない」とは限りません。 耳かきや綿棒を陰窩のくぼみにつっこむなど、見えない臭い玉を探すようなことは危険です。 「臭い玉が見えない」と探したりするのではなく、喉の違和感の原因を明確にすることが大切でしょう。 自己判断ではなく耳鼻科を受診し、専門家に相談することが大切です。 取れない臭い玉は放置しても構わない!? 臭い玉は口臭の原因になる場合もありますが、必ずしも口臭の原因になっているとは限りません。 潰すととてもひどいニオイがしますが、 喉の奥に臭い玉ができているからと言って、それが口臭の原因になっているとは限らないのです。 臭い玉は自然に取れて、知らないうちに飲み込んでしまっている場合も多く、他に症状があったり、何らかの悪影響があったりする場合を除き、放置しても問題ないとされています。 一度取っても膿栓は繰り返しできる 臭い玉ができると取りたくなりますが、一度除去しただけで解決することにはなりません。 痛い思いをしたり、苦労したりして取ったとしても、 臭い玉は再びできてしまうのです。 臭い玉を自分で取るようになったら、「臭い玉ができやすくなった」と感じる人も多いようです。 臭い玉を一度取っても多くのリスクがありますから、無理して自分で取らず、どうしても気になるならば耳鼻科を受診して取ってもらいましょう。 耳鼻科ではどのような処置を行うの? 耳鼻科を受診した際には、 膿栓の吸引(除去)を行い、 膿栓ができる陰窩というくぼみを洗浄します。 これによって陰窩が一時的にキレイになりますが、これがずっと維持されるわけではありません。 また、 臭い玉ができる根本的な治療を行っているわけではありませんから、繰り返しできてしまう場合もあるでしょう。 膿栓ができやすくなる原因には次のようなものがあります。 口呼吸• ストレスが多い• 疲れを溜めやすい• 歯磨きが不十分 など 膿栓ができやすくなる原因は、いずれも自覚しにくいものばかりです。 しかし、口呼吸や歯磨きが不十分であることは、膿栓だけでなく虫歯や歯周病の原因となるため、早めの対策が必要です。 疲れ・ストレスも、さまざまな疾患の要因となりやすいため、自分に合った解消方法をみつけることが大切でしょう。 臭い玉ができたら、耳鼻科で取ってもらうことも可能ですが、できるたびに耳鼻科を受診するのは大変です。 臭い玉は、一度取れば解決するというわけではないので、臭い玉ができやすい根本の原因を取り除くように努めると良いでしょう。 病気が隠れている場合も!他に症状がある場合は早めに相談を 何らかの症状がなければ、臭い玉は放置して構わないとされていますが、中には慢性扁桃炎に伴って臭い玉が形成されている場合もあります。 軽度であれば自覚症状がない場合もありますが、慢性扁桃炎の症状には、のどの痛み・頭痛・耳の痛み・発熱などがあります。 「風邪を引きやすい」と思っている人の中には、扁桃炎が慢性化してしまっている人もいるかもしれません。 膿栓ができているということの他に、喉などの不調がある場合には、早めに耳鼻科を受診して相談すると良いでしょう。 臭い玉を防ぐ方法 そもそも、臭い玉ができる原因は、細菌やウイルスです。 扁桃はリンパ組織の一つであり、体内に細菌やウイルスが侵入するのを防ぎます。 臭い玉は、免疫機能により生じた細菌やウイルスの死骸です。 そのため、臭い玉を作らないためには細菌やウイルスが口に入らないようにする、口の中の細菌やウイルスを減らすことが必要になります。 うがいや歯磨きは、口腔内の細菌を減らす効果が得られるでしょう。 もちろん、歯磨きは細菌を口の中に残さないように、丁寧に行う必要があります。 また、口の中が乾燥していると唾液の働き(洗浄作用や抗菌作用)が悪くなるため、口の中の細菌が繁殖するのを抑制できなくなってしまいます。 口の中の細菌・ウイルスを減らし、繁殖を抑えることが大切でしょう。 臭い玉以外の口臭の原因も疑って! 臭い玉ができて、喉に違和感を覚える場合もありますが、臭い玉の主なデメリットは口臭だと言えるでしょう。 「臭い玉があると口が臭くなってしまう」「口臭がひどいのは臭い玉のせい」と思っている人も少なくありません。 しかし、 口臭の原因は臭い玉だけではないのです。 臭い玉も口臭の原因になりますが、 舌苔や歯周病が原因の口臭の方が割合は高いとされています。 口臭が気になる場合には、自分のニオイの原因を明確にすることが大切でしょう。 近年は、口臭治療を専門とした口臭外来も増えています。 自分の口臭についてより深く知ることで、効果的な改善方法が見つけられるでしょう。 また、口臭を気にしすぎてしまっている人も少なくありません。 気にする必要のない口の臭いについて深く悩んでしまうのです。 そういった点でも、自分の口臭の強さや治療の必要性を正しく把握することはとても大切なことと言えるでしょう。

次の

膿栓(のうせん)の取り方、治療、臭い玉、くさい玉、口臭対策

匂い玉 取り方

いじりすぎてしまったせいか、しばらく喉に違和感 毎日というほどではないのですが、週に何回か起床後に出てきていた時期があって、臭いもするので嫌だなと思っていました。 綿棒で取ろうと思ったのは、くっついてきてくれるかなとなんとなく思ったからです。 綿棒を使って耳かすも取るわけですから、臭い玉も取れると思ったのです。 ただ、場所に感じては全く把握しておらず、鏡で見てもイマイチ分かりませんでした。 とりあえず喉に入れて少し探ってみましたが、気持ち悪くなって取ることは出来ませんでした。 綿棒でいじりすぎてしまったせいか、しばらく喉に違和感がありました。 ただ、出血はしなかったようで、違和感だけ済んだのでまだよかったです。 それでもしばらくは続いたわけなので、不快感はありました。 辛いものを食べるのが特に辛かったです。 好きなだけに尚更でした。 ですが、臭い玉はいつの間にか出なくなったのが不幸中の幸いでした。 女性 24歳 会社員 宮城県 喉に突き刺さったわけではありませんでしたが、痛みが走った 少し前から、くしゃみをした時などに口から小さな白い塊が出てくることがありました。 何かと気になってはいたのですが、わかりませんでした。 インターネットで調べて、臭い玉かもしれないと思い、その後、時折、鏡で口の中をチェックしていたら、臭い玉があるのに気付きました。 喉の奥の方でしたので、何か道具を使って取ってみようと考えたのですが、ふさわしい物が見つかりませんでした。 ある程度、細くて長くて口に入れても安全な物、ということで、綿棒が思いつきました。 鏡の前で大きく口を開けて臭い玉の場所はわかったのですが、なかなか上手に取ることが出来ませんでした。 臭い玉に触りはするのですが、それだけでうんともすんとも動きませんでした。 綿棒が臭い玉に触った時には、なんとか取れないかと、臭い玉をグイグイと押すのですが、まったくビクともしませんでした。 そして、何度目かに綿棒が臭い玉に触った時に、力を加えた瞬間、勢い余って綿棒がずれて、喉を突いてしまいました。 喉に突き刺さったわけではありませんでしたが、痛みが走り、オエッとなりました。 それで、結局、諦めてしまいました。 男性 50歳 自営業 福岡県 臭い玉が取れるどころか喉の異物感からえずく 口の中に悪臭が漂っているのが自分でも分かるぐらいの臭いがしていて、また料理などの香りも臭い玉の臭いが混じり楽しめませんでした。 僕が自分の口臭の酷さに気が付いたのは、ちょうど今から三年ぐらい前のころでした。 当時は歯磨きもロクにしておらず、また臭い玉の存在も知らなかったので、歯磨きをしていない事が口臭の原因になっているのだと思い、それからは歯を磨く丁寧に磨くようにしたのですが口臭は全然治らず。 ある時臭い玉の存在を知り試しに取ろうと試みてみました。 インターネットで調べてみると自宅で臭い玉を取ろうと思うなら、綿棒を使用するのが一番口の中を傷つける心配も無く安心、といったような解説がされていたので綿棒を使いましたが 臭い玉が取れるどころか喉の異物感からえずくばかりで、しかも勢い余って喉を綿棒の棒の部分で抉ってしまいその日の夕飯は非常に辛い物になるという大失敗に終わりました。 この失敗から綿棒で臭い玉は諦め、今はもっと効果的で安心な方法が無いか探しています。 男性 20歳 学生 兵庫県 結局は耳鼻科に行ってやってもらった方が良かった とにかく口臭が酷くてキツくなったことが困りものでした。 対面で人に会う用事がある時は口臭ケア商品をたっぷりと使うのですが、それでもまだ臭いがするかもしれないと不安感が摂れませんでした。 綿棒で取る方法に関しては、口コミで臭い玉が口腔内で目視できる場合に出来ると口コミがあったので試してみることにしました。 実際に耳鼻科までいくほどのものかなと思っていましたし、仕事が忙しくて中々医者に通う時間も無かったからだと思いました。 臭い玉の場所はじっくりと見ないとわからない位置にありましたが、一回見つけると分かるようになったので綿棒でやってみました。 結果としては少し取れたものの吐き気が酷くてこの方法は合わないなと思いました。 綿棒で臭い玉を取る方法を試してみたのですが、実際に鏡で見つけたとしても綿棒の操作はかなり難しくて、力加減もできなかったので吐き気が酷くなってやめてしまいました。 その結果としては 喉が赤くなってしまってどうやら傷が付いてしまったみたいで、気のせいか臭い玉も少し酷くなったような感じがしました。 あとは綿棒でやや奥の方にいってしまって、結局は耳鼻科に行ってやってもらった方が良かったかなと後悔しました。 男性 32歳 会社員 埼玉県 日常・仕事中など喉に異物感を感じ臭い玉が口の中から出てくる 日常・仕事中など喉に異物感を感じ臭い玉が口の中から出てくることが一番困ります。 やはり周りの目も気になるので、ポケットティッシュなどが手元にない時は最悪です。 喉に異物感があるのを感じ何度か経験しているので臭い玉が口の中にあるなっと思い。 色々して取ろうとしたのですが取れそうで取れない、鏡で見ても白い異物は見当たらないので ちょっと奥の方かなと思い近くにあった綿棒を使い傷つけないようにして取ろうと試みました。 結果、綿棒では取れませんでした。 ですが「おえ~」となった際に出てきました。 臭い玉(膿栓)ができやすい方は経験したことがあると思うのですが、 喉に異物感があるのを感じ、うがいなどをするがまだ取れないので綿棒で試みる。 実際綿棒で取れることもあります、それは鏡で見える範囲での話で それ以外で無理して取ろうとすると後々悪化していくこともあります。 私自身そうでした、 無理して綿棒で取ろうとしていたせいで喉を傷つけ さらには臭い玉をできやすくして、毎日の日常に気を使いながら生活しなくなります。 無理して綿棒で取るのは絶対にやめて、取れない取りたいという方はお医者さんに頼んだ方が良いと思います。 男性 31歳 会社員 大阪府 綿棒は先端が丸いからなかなか取ることが難しく、より中へと押し込んでしまう 臭い玉で臭いが酷くて困っていました。 その臭いで耳に水が入ると酷く臭ってきました。 ツンとする独特な臭さが漂い困っていました。 綿棒で取ろうとしたのは、やっぱり綿棒も方が優しく耳の中に入れることができ、水分もしっかりと取り除くことができるからと思いました。 お風呂から上がり、それから水気を取り除くとなると、やっぱり綿棒の方がいいわけです。 その綿棒の先端には綿の綿が付いています。 臭い玉の場所はあまり分からず、中でちょっと綿棒を入れては探しました。 その臭い玉は取れませんでした。 綿棒で取ろうとしたのは、やっぱり綿棒も方が優しく耳の中に入れることができ、水分もしっかりと取り除くことができるからと思いました。 お風呂から上がり、それから水気を取り除くとなると、やっぱり綿棒の方がいいわけです。 その綿棒の先端には綿の綿が付いています。 臭い玉の場所はあまり分からず、中でちょっと綿棒を入れては探しました。 その臭い玉は取れませんでした。 綿棒で臭い玉を取ろうとして、失敗しました。 ほじればほじるほど、中の方に入っていってしまうのでした。 綿棒は先端が丸いからなかなか取ることが難しく、より中へと押し込んでしまうのでした。 もっと取ろうとしてグッグッと中に押し込んでしまったら、またまた奥へと入っていってしまい、とうとう取れませんでした。 結局は耳掻きで取るハメになりました。 女性 39歳 会社員 神奈川県 調子に乗って強く押しすぎてしまいました。 ひどい風邪をひいてから臭い玉ができやすくなってしまい、口を開けるとみえてしまいそうで恥ずかしいです。 口臭も気になります。 のど風邪をひいたあとに喉の違和感があって、魚の小骨が刺さったような感じだったので、鏡で見てみたら白い塊が喉の奥に見えました。 うがいや咳払いをしてみても取れないので、綿棒なら柔らかいので喉の粘膜を傷つけずに済むかな、と自分なりに考えて、綿棒で臭い玉の周りを押して、押し出してみようとかなり頑張りました。 鏡で臭い玉の場所をかくにんしながら、周りを少し押してみたら、白い塊がむにゅっと少し出てきたので、調子に乗って強く押しすぎてしまいました。 押した場所が悪かったのか、咳と吐き気が出てしまいました。 しばらくむせて、すごく苦しかったのに、肝心の臭い玉はとれず、苦しい思いをしただけでした。 むしろ押し込んでしまったようで、穴の奥に白いものが見えるのに、全然頭が出てこず、余計とりにくくなって、今でもまだ臭い玉があります。 女性 30歳 会社員 東京都 やりすぎるとつばを飲みこむのも痛くなったりしてかなり辛く 臭い玉があると、喋るときだけでなくあくびや咳をしても臭いが気になりますし、口を閉じていても口の中や鼻からの臭いが気になり気分が悪くなります。 家にピンセットもなにもないときに、家族が使う耳掃除用の綿棒で挑戦してみたことがあります。 長年口臭で悩み、臭い玉があることがわかってからはいろいろな方法で試行錯誤しましたが、 結論をいうと綿棒がいちばん扱いづらいというか、除去ができませんでした。 芯と先が太いので、取るために鏡で覗きながら動かしていると肝心の臭い玉が見えづらく、横をつついていたりして全く取れませんでした。 綿棒はコットンで表面がパサパサしているので、臭い玉のまわりをつつきすぎるとのどがイガイガしたり、ヒリッとした痛みを感じたりします。 やりすぎるとつばを飲みこむのも痛くなったりしてかなり辛くなります。 かといって綿棒を濡らすと、さらに取りづらくなってしまうので、臭い玉除去にはあまり向いていないと思います。 少なくともわたしの臭い玉はまったく取れず、逆にのどが傷みました。 女性 38歳 主婦 愛知県 ズボッと中に入ってしまい、取れなくなった 扁桃腺付近に開いている細かい穴の中に臭い玉が詰まってしまって、ゴロゴロした感触がずっと口の中で続くのが嫌で困りました。 長年の経験から臭い玉ができる箇所は大抵の方は覚えていると思います。 まず舌先を上に向け決して人前では出来ないような表情となり箇所を確認します。 身近にあるもので取ろうと考え綿棒を使用して取ろうと試みましたが、臭い玉は結構奥に挟まっておりピンポイントであてる事にも非常に困難を極めましたので数回のチェレンジ後断念となりました。 押し出したり、ほじくり出そうとしましたが全く取れなかったので、 もう少し強く穴の中に綿棒を入れてみましたが、穴が深いものだったのかズボッと中に入ってしまい、取れなくなってしまいました。 慌てて強く引っ張って取ったんですが、皮膚が赤く腫れてしまった、そこから血がにじんでしまって、扁桃腺が少し腫れてしまい、3日程喉が痛くなってしまった理由で綿棒を使用するのをやめました。 女性 37歳 主婦 岩手県 口臭の臭いとはまた別な因子となりますので取りたくても取れないという歯がゆさ 困った事はやはり対面相手に会話をする時です。 口臭の臭いとはまた別な因子となりますので取りたくても取れないという歯がゆさは常にありました。 長年の経験から臭い玉ができる箇所は大抵の方は覚えていると思います。 まず舌先を上に向け決して人前では出来ないような表情となり箇所を確認します。 身近にあるもので取ろうと考え綿棒を使用して取ろうと試みましたが、臭い玉は結構奥に挟まっておりピンポイントであてる事にも非常に困難を極めましたので数回のチェレンジ後断念となりました。 綿棒を使っての臭い玉取りはまず位置確認がとても難しく鏡を使っても目視できませんのであまりお勧めできる方法ではありません。 喉の奥に綿棒が触れる度に反射的に嚥下を催しますし涙目になりながらの作業ではどこか虚しさを感じてしまいます。 綿棒の種類も先端が少しかための物で試してもみましたが臭い玉の表面に触れている程度で完全除去には至りませんでした。 男性 41歳 自営業 鹿児島県 以上「臭い玉・膿栓の取り方 綿棒|見えない?取れない?綿棒で臭い玉を取る人たちの失敗を集めました」でした。 膿栓が取れないので耳鼻咽喉科に行った方の体験談も参考にしてください。

次の