世宗大王級。 世宗大王級驅逐艦真的是亞洲第一軍艦嗎?

世宗大王級驅逐艦真的是亞洲第一軍艦嗎?

世宗大王級

韓国版イージス艦 「世宗大王級」 お待ちかね、笑いのデパート、世宗大王級駆逐艦「世宗大王」である。 ちなみに、韓国にはこのほかに「栗谷李珥」と「西厓柳成龍」が同型艦として配備されているぜ。 重武装型の「盾」 で、世宗大王級駆逐艦は、上に紹介したミサイル類の殆どを搭載した重武装の攻撃型イージスと呼ばれるシロモノ。 しかし、イージスはギリシャ神話のゼウスが娘アテナに与えた盾(胸当)の意味で、あらゆる邪悪なモノを払うとされている。 つまり、攻撃する盾、って所に既に矛盾が(笑 まあ、呼び名はともかく、この「世宗大王」には大きな欠陥がある。 1つは、イージス艦というのはイージスシステムを中核とした防衛機能があってこそ、なのだが、何故かがこの「世宗大王」は、アメリカ海軍の制式品ではなく、部分的に代替システムを導入している。 それも、独自開発(自称)である。 なお、イージスシステムのキモである僚艦や僚機との識別をするために必要なデータリンク機能は備えられていないっぽい。 だめじゃん。 韓国版イージス 世宗大王級駆逐艦 それだけでも問題なのだが、この世宗大王級駆逐艦が問題なのは、重武装過ぎるってことだ。 例えば、似たような大きさの日本のイージス艦「あたご」と比較すると、どれほど重武装かがよく分かる。 「あたご型護衛艦」 「世宗大王級駆逐艦」 搭載VSL Mk. だが、Mk. 41VLSと互換性の無い国産VSLを積んでおり、うち16発は紅鮫なんだとか。 何故そのチョイスなのかは理解に苦しむぜ。 ついでに韓国産VLSは実はSM-2やSM-3を発射できないビックリ仕様である。 対艦ミサイルランチャーは4基も積んである。 上で紹介した海星の事なのだが……、718kgの海星が4連装4基ということは16本は積んである計算に……。 対空機関砲のファランクスは後期型で6,200kgだが、ゴールキーパーは、9,902kgなので、ファランクス2基12,400kgよりちょっと軽い程度。 ゴールキーパーの方が後発で高性能ではあるが、ファランクス2基に代替できるほどの性能があるかは疑問だ。 ただ、これに追加して短距離対空ミサイルは1基備えているが、ファランクスと合わせて運用するつもりのようだな。 トップヘビーの伝統 そして、これ程までに重武装であるが故に、船の取り回しに支障が出るなどの問題が生じているようで。 そもそもの船体の設計が重心が高くなるトップヘビーの設計となっており、これと相まって舵取りに不安が出るとか。 直線番長か、固定砲台に徹するなら、アリだね。 鈍足な固定砲台 世宗大王級駆逐艦の最大速力は、公式報道の値を見る限り、海上自衛隊の保有するあたご型護衛艦と殆ど変わらない。 「あたご型護衛艦」 「世宗大王級駆逐艦」 排水量(満載) 10,000t 10,290t 速力 30ノット以上 最大:30ノット以上 巡航:16ノット カタログスペックは十分にあるって事だね。 ただ、どちらかというと「巡航16ノット」と言うところが問題で、世宗大王級駆逐艦の最大速力は、武装を全て外した場合だとかいう噂も(苦笑 多分、韓国理論では、イージス艦の機動性を犠牲にして、海に浮かぶ固定砲台として使うのだろう。 多用途なイージス艦を求めたツケ イージス艦はそもそも空母などの護衛を目的として設計されたもので、データリンクを駆使して、「盾」や「矛」の役割分担をするシステムだ。 だが、複数用意出来ないがために、単体としての「矛」の性能を求め、コノザマである。 機動力を犠牲にしてまで単体戦力を高めてしまった、韓国型イージス艦がどんな風に役に立つのやら。 満載している兵器はネタ兵器ばっかだしね。 更に、この世宗大王級駆逐艦には船体に木材を多用していることが確認されており、火器満載で燃えやすいとか、どんな設計思想だ、と言わざるを得ない。 次々と起こる問題 当然、他にも問題はある。 お決まりのパクリ疑惑発覚!ちょっとは自重しろと。 リンク切れ そう言えば、停泊できる港が少ない問題は解決したんだっけ?韓国周辺海域は、地形的にも複雑な場所が多い様だが、港の水深が浅く大型艦は色々と苦戦するようだ。 ちなみに、韓国は海洋投棄を未だに行う希有な国でもある。 ゴミは大量に海に漂っているね。 この記事のイージス艦は「世宗大王」ではなく、「西厓」・「柳成竜」なのだが、ソナーの保護装置が壊れるって、どんなけちゃちな装備なのかと。 まあ、保護した結果破損したと考えれば、装置は機能していると、言えるかも知れないが。 停泊できる港は無いわ、海に浮かぶゴミでソナー保護装置は破損するわ、なかなか苦難続きですな。 更に襲う様々な問題 なお、この3隻の誇るべきイージス艦は、これ以外にも色々問題があるようで。 迎撃用のミサイルが搭載されていない• 搭載しているSM-2の発射失敗• 魚雷防御システムも錆びて動かず• 騒音問題 よくもまあここまで問題が出てくるな。 SM-2が足りないとか、撃っても目標にあたらないとか、重武装をメインに考えられているにもかかわらずこの有り様なのが何とも……。 魚雷防衛用のチャフが射出できなかったり、スクリューから出る騒音が大きかったり、潜水艦に狙ってくださいと言わんばかりの仕様なのも、笑うべきか、哀れに思うべきか。 特にプロペラの騒音はどうかと思うぞ。 去る2008年12月に実戦配備された海軍の最初のイージス艦世宗大王艦です。 配備費用だけで1兆ウォン台の最新鋭艦艇が実戦に配置される三ヶ月前の問題が発見されました。 プロペラの水中騒音が基準値を超過したのです。 トラップの水中放射雑音は通常URNとCIS、二つに測定するために、CISすべて基準値を超えている「不満」の結果が出ました。 技術が無いから仕方がないね。 それでもイージス艦は増やす 計画では、未だ作る気みたいだけど、大丈夫なのか? 海軍、2020年半ばイージス3隻の追加建造推進 入力 2013. 16 14:46 私たち海軍の最新鋭イージス駆逐艦3隻を追加で導入する案を推進しています。 ますます先鋭化すると予想される領土紛争に備えて対北抑止力を確保するためです。 夢を語るだけならタダだし、計画するだけなら誰でも出来るよね。 しかし、実はこの韓国型イージス艦「盾」の性能すら微妙なのだという話も。 ま、簡易のC4Iを積んでいるツケですな。 イージス艦を増やす前に、ミサイルを装備しような! 噂では資金不足で予定の半分しか積まれていないらしいぜ? まあ、2019年に入っても次のイージス艦の噂を聞かないんだけど、お金が無いのか、別の理由なのか。 こちらは以前ウィキでも間違って書かれていたのですが、韓国製のSLQ-261Kは射出型の魚雷防御システムでスクリュー音を欺瞞するデコイを射出するもので、日本のFAJに相当する物のようです。 SLQ-261Kの開発開始は1993年で1999年完成とかなり早いです。 日本は魚雷防御システムとして射出型のFAJ、自走型のMOD、潜水艦用もまとめて開発したようで、1998年開始で2011年完成です。 フランスにもSLATという同じようなシステムがあります。 MK36 SRBOCはチャフ、フレアの発射装置で対艦ミサイルの妨害用です。 韓国イージス艦では同等の欧州製のDAGAIE MK2をライセンス生産したKDAGAIE MK2を搭載しています。

次の

如何比較055級、世宗大王級和愛宕級?

世宗大王級

顯然不是,目前是055,之前是052D。 世宗大王號驅逐艦從我國的052D型驅逐艦服役的那一刻開始,就不是亞洲第一了,當然,在此之前還是當過一陣子第一的,畢竟噸位和火力在那裡擺著。 世宗大王級驅逐艦就是一艘伯克2驅逐艦的放大版。 世宗大王級驅逐艦是以美國的阿利伯克2型驅逐艦為基礎研發的驅逐艦,採用了宙斯盾基線7作戰系統,和所有的伯克級驅逐艦一樣,他也是4台LM2500燃氣輪機,也裝備有MK41垂直發射系統,不過世宗大王級裝備的垂直發射系統更多一些,達到了128單元,和美國的提康德羅加級巡洋艦是一樣的,但是美國的巡洋艦有多一套的防空作戰指揮系統,世宗大王級卻沒有,所以其實他的數量龐大的垂髮系統是浪費掉的。 韓國在建造世宗大王后也覺得不需要建造如此大的「伯克級」。 世宗大王級驅逐艦的缺點和所有的伯克級也是一樣,首先在於艦體基本性能的老化,沒有綜合射頻系統,電子設備布置雜亂,軍艦的電能供應不足,巡航時只有1部對空雷達可以開機,作戰的時候受制於照射雷達數量的限制,導致火力通道不足等等,比起超越他的052D驅逐艦來說,052D裝備了有源相控陣雷達,不需要照射雷達,火力通道更多,防空導彈採用主動雷達制導體制,性能更好,而且抗飽和攻擊能力更強。 圖為我國055驅逐艦上的綜合射頻系統,可見其綜合桅杆集成度非常高。 如今,055型驅逐艦都已經開始海試了,世宗大王更稱不上是最強的亞洲驅逐艦了,畢竟噸位上看,原來驅逐艦里亞洲最大的世宗大王級,噸位為11000噸,而現在最大的055是12000噸級,從技術上看,055採用了全有源相控陣列的綜合射頻桅杆技術,整合了S、X、C等多種波段的雷達天線,在末端整合進作戰系統,整個對空、對海探測搜索能力055要強大的多。 055驅逐艦目前已經開始試航,這才是真正的亞洲第一,也是世界第一。 從導彈武器上看,055採用了冷熱通用的850毫米大口徑垂髮系統,可以垂髮YJ18亞超結合反艦導彈和其對地攻擊型巡航導彈,可以發射HHQ-9B對空區域防空導彈,以及反潛導彈和中距離防空導彈,而世宗大王級到現在都沒有裝備戰斧式巡航導彈,其標準2導彈也沒有裝滿所有的發射器,所以作戰能力還是弱於055的。 可以說,052D只是在部分主要性能上超過了世宗大王級,綜合堪稱當時第一,而055則是全面壓制了世宗大王級,開啟了新的盾艦時代,所以已經完全不同了。 世宗大王級雖然號稱「亞洲第一大導彈驅逐艦」,但是整體性能外強中乾,雖然擁有128單元的垂直發射系統。 但是韓國在採用了美製MK-41垂直發射系統的同時,還安裝了一套國產的KVLS垂直發射系統,雖然犧牲了宙斯盾系統的兼容性,但是在日後的導彈驅逐艦發展上也可以更少的受制於他人。 而且,世宗大王級的動系統也是美製的LM-2500燃氣輪機,該燃氣輪機在國際市場上一直擁有非常良好的口碑,並且韓國的三星公司在購買LM-2500燃氣輪機時還獲得了相應的技術轉讓,也為日後的國產燃氣輪機的研製打下了基礎。 雖然使用的是美製宙斯盾防空系統,但是韓國能最大程度的發揮了宙斯盾防空系統作戰能力,這其實也是一種本領。 畢竟中國的鄰國印度就是什麼都給他,他也很難生產建造出性能優越的導彈驅逐艦。 然而,世宗大王級和韓國目前的戰略定位嚴重不符,韓國目前的對手朝鮮海軍整體水平還停留在上個世紀60年代,就是韓國目前最小的廣開土大王級驅逐艦的戰力都些過剩。 世宗大王級更多的是為了凸顯韓國造船工業的形象工程。 這不禁讓人想起了上個世紀初,巴爾幹半島的各國在列強都發展了相應大型戰列艦建造計劃時自己也心裡羨慕向列強購買了大量的前無畏艦和無畏艦,然而最後的結果只是勞民傷財,幾艘大型驅逐艦並不能代表著韓國走向遠洋,那麼相應大驅的建造真正意義到底何在,這個也許只有韓國自己知道了。 韓國的世宗大王驅逐艦標準排水量8500噸,滿載排水量11000噸左右,採用美國通用公司的4台LM-2500燃氣輪機,馬力達到10匹,最大航速32節,並獲得美國通用公司的授權生產片。 艦載雷達引進美國的和阿里伯克級驅逐艦相同的無源相控陣雷達,配備128單元的垂直發射單元、MK-41海麻雀導彈和韓國國產的玄武岩巡航導彈,以及兩架山貓反潛直升機等等。 就其造船工藝和垂直發射單元而言,在亞洲不可謂不先進,但是韓國的世宗大王驅逐艦更多依賴別人的的指揮系統以及搭載更多國產武器后,兼容性差,同時韓國的需求方面也不是硬性的,就朝鮮而言,李舜臣級驅逐艦就已經過剩了,建這麼大的驅逐艦以韓國棒子心高氣傲的、宇宙第一的想法,更多是壓小日本鬼子一籌罷了,真實的戰力和金剛級驅逐艦差不多,愛宕級驅逐艦韓國棒子的世宗大王是比不上的。 世宗大王驅逐艦而且很少遠海訓練,經常藏匿於港口,韓國的遠洋需求不大,故中國網友又稱世宗大王驅逐艦為失蹤大王。 說了半天拍個名次吧,亞洲小日本鬼子的愛宕級驅逐艦第一,金剛級驅逐艦、052D驅逐艦第二,韓國棒子的世宗大王驅逐艦和阿三的加爾各答級驅逐艦為小三小四。 未來中國服役的055驅逐艦有望成為世界海軍驅逐艦綜合性能第一的驅逐艦。 4艘世宗大王號驅逐艦,055才是亞洲第一艦。 世宗大王號驅逐艦.

次の

世宗大王級驅逐艦

世宗大王級

(圖/達志影像/美聯社) 國際中心/綜合報導 軍事網站「防務百科」(Defencyclopedia)近日選出世界十大最強驅逐艦,與外界印象不同的是,奪下第1名的不是來自軍事強國美國,而是南韓海軍的世宗大王級驅逐艦。 過去公認最強的美軍阿利伯克級驅逐艦則排在第2名。 防務百科網站上月30日刊登「十大最強驅逐艦」榜單, 其中第1名的南韓世宗大王級驅逐艦意外擊敗歐美各國,獲得冠軍。 其獲選理由為南韓有大規模的造船工業,加上該艦滿載排水量達1. 1萬噸,並搭載先進武器,可打擊1500公里外的目標。 而排名第2的美國阿利伯克級驅逐艦(Arleigh Burke class)排水量僅9800噸,但裝備有強而有力的雷達系統和大型飛彈裝備,雖然早在1991年就下水成軍,但仍持續升級其裝備,能在全球各海域應付威脅,因此過去多被評選為全球最強。 另外,評選中把美軍最新的朱瓦特級驅逐艦(Zumwalt class)歸類為巡洋艦,因此未入榜。 (圖/達志影像/美聯社) 緊追在後的則是日本海上自衛隊的愛宕級驅逐艦,雖然愛宕級排水量達1萬噸,但在設計上與武裝皆略遜於美軍的阿利伯克級,因此名列第3。 值得一提的是,無論是世宗大王級或是愛宕級,都是以阿利伯克級作為藍本建造而成,因此前3名皆被以伯克級為基礎的設計奪下。 (圖/翻攝自維基百科) 另外,第4至6名分別是中國的052D型驅逐艦、澳洲的霍巴特級驅逐艦(Hobart class),以及印度的加爾各答級驅逐艦(Kolkata class)。 第7名則是法國與義大利共同打造的地平線級驅逐艦(Horizon);第8名則由英國45型驅逐艦(Type-45 Daring class)拿下。 榜單上的第9名則是中國052C型驅逐艦,其7000噸級的船舶建造,加上電子掃描雷達、遠程SAM 系統的新科技,這些特徵使052成為強大的驅逐艦。 第10名則是日本的秋月級驅逐艦,秋月級是日本海上自衛隊最新型的驅逐艦,排水量6800噸,搭載先進科技裝備,設計用來護衛日本的直升機航母,為愛宕和金剛神盾艦進行輔助。 (圖/翻攝自中國軍網).

次の