いおs13。 iOS13アップデート不具合情報・ダウングレードの方法

特長|VAIO S13(2016年1月発売モデル)

いおs13

たまに普通に通知が来ることもあった• たまに「ネットワークに接続できません」みたいなことが表示される• ラインの設定をいじった覚えはない• ライン電話も着信を受けられなかった• 普通の電話の着信は鳴る• Gmailなどの着信も鳴る ラインだけならまだしも、 ライン電話まで着信が鳴らなかったんです。 普通の電話やメールは画面を閉じている状態でもちゃんと通知されたので、これはLINEの問題なんだなとやっと理解する。 試したこと• 設定変更で無事に解決! 先に対処法を書いておきます。 調べた結果、 節電系のアプリが悪さをしているかも?ということで確認してみたら・・・ こいつがいた。。 たぶんこのアプリは ASUSについてくる節電系アプリと思われる。 それで、この モバイルマネージャーをタップすると設定画面に行くので、「省電力設定」をタップ。 設定画面になったら、「 スマート」か「 パフォーマンス」にチェックをつけます。 これで、ラインも電話も問題なく通知されるようになりました! 私の場合、最初に確認した時は 「省電力(待機92時間)」の所にチェックが付いていた。 よくよく見ると「 デバイスがスリープ状態になると、ネットワークが一時的に無効になります」と書いてある。 通知が来ない原因がわからない時は、節電系アプリの確認をすると解決するかもしれないですよ! 追記:ラインの通知音が鳴らない新たな原因 先日、友人のスマホでも「ラインの通知が来ない」問題が発生し、節電系も確認したのですが解決できませんでした。 そこで色々見ていたところ、別の原因を発見したのでこちらも書いておきます。 こちらはラインの設定で通知音を増らすことができました。 この方法でスマホを起動していない状態でも、ラインからの通知音が鳴るようになりました。 節電系でもダメだった場合、こちらも試してみてくださいね。

次の

VAIO S13 (2017年9月発売モデル)

いおs13

2019年05月09日 12時30分 iPhone・iPad向け次期OS「iOS 13」にはダークモードやiPad用新機能などが搭載される予定 by Appleは6月に開催予定の開発者向け会議 の中で、iPhone・iPad向けの最新OSとなる「 iOS 13」やApple Watch向けの「watchOS 6」など、各種最新OSを発表すると期待されています。 多くの人にとって注目の的であるiOS 13にどのような機能が搭載されると予想されているのか、Apple関連メディアの9to5Macがまとめています。 多くのユーザーが搭載を待ち望んでいたダークモードがついにiOS 13へ搭載されると9to5Macは予想しています。 実際、これまでにiOS 13でダークモードが追加されるのではと複数のメディアが報じており、既にmacOSの「macOS Mojave」にはダークモードが搭載されています。 Appleは2つのサービスを1つのアプリケーションに統合するとしており、個々の機能はそのままに、統一されたインターフェースになると9to5Macは述べています。 個々のウィンドウはスクリーン上に貼り付けられたシートのように管理可能であり、この機能によってiPadがよりノートPCに近い感覚で操作できるようになるとのこと。 また、iOS 13ではiPadがマウス操作をサポートするとも予想されており、ユーザーはBluetoothマウスなどを使ってiPadを操作可能になる可能性があります。 さらにiPadのホームデザインに調整が入ることや、WWDC 2019で発表予定のMac用最新OS「macOS 10. 15」と組み合わせることで、iPadをMacの外部ディスプレイとして使用することができるようになる可能性も挙げられています。 Apple Watchには2020年から睡眠トラッキング機能が となっており、iOS 13のスリープモードと組み合わせて質の高い睡眠を確保することが可能になるとのこと。 また、ヘルスケアアプリには健康状態を把握する新たな機能が追加されるほか、「どれだけ大きな音量で音楽を聞いているのか」「月経周期の追跡サポート」といった機能も搭載される見込みです。 Homeアプリでは防犯カメラと連携して過去の録画を見られるようになり、Safariでは新たなダウンロードマネージャがテストされています。 また、メールアプリではメールをカテゴリごとに分類し、検索することも可能になるとのこと。 のサポートも拡張され、ステッカーバージョンのキャラクターをより簡単に送信可能となる予定です。 iOS 13のスクリーンタイムでは、親が子どものデバイスで「特定の時間範囲でしかやり取りできない相手」を設定できるそうです。 また、「設定」画面にフォント管理パネルが追加され、ユーザーは好きなフォントを選んでデバイス上で使えるようになるとのこと。 9to5MacはiOS 13について、「iOS 12は安定性やパフォーマンスの向上に焦点を当てていましたが、iOS 13では一連の新機能が追加されることが明らかです」と述べ、WWDC 2019への期待が高まるとしています。 iOS 13の開発者向けベータ版はWWDCの初日に行われる基調講演後に入手可能となり、一般向けのベータ版は2019年夏頃にリリースされる予定だとのこと。 なお、WWDC 2019は日本時間の2019年6月4日~8日 現地時間の6月3日~7日 にかけて開催される予定となっており、会場はカリフォルニア州サンノゼにあるMcEnery Convention Centerです。

次の

【荒野行動】iOS13で3本指操作が出来ない原因!解決策徹底解説! 【KNIVES OUT】

いおs13

9916• 529• 297• 148• 117• 225• 279• 142• 150• 106• 503• 100• 127• 179• 315• 864• 804• 149• 226• 184• 116• 135• 189• 121• 223• 203• 285• 1363• 121• 130•

次の