中国 式 産み 分け カレンダー。 中国式産み分けカレンダー自動計算~ブラジル式旧暦満年齢も一括で | 子育て19(子育て塾)

産み分け

中国 式 産み 分け カレンダー

2020. 13 グッズ pregnancylab 成功率7割以上を目指すなら、中国式産み分けカレンダーより科学的な根拠がある産み分けを! 産み分けを考えている方の中には、中国式産み分けカレンダーを利用しようと思っている人もいることでしょう。 中国式産み分けカレンダーは手軽ですしコストもかからない産み分け方法です。 しかし、せっかく産み分けを考えているならもっと確率の高い産み分け方法を試してみてはいかがでしょうか。 ここでは中国式産み分けカレンダーよりも高確率で成功できる産み分け方法をまとめてご紹介していきます! 中国式産み分けカレンダーとは 中国式産み分けカレンダーって? 中国式産み分けカレンダーは、 中国の統計を基に作られたといわれる産み分けのための暦です。 縦が母親になる女性の数え年、横がセックスをした日 受胎月 になり、交差したところがピンクなら女の子、ブルーなら男の子が産まれることになります。 使用する時には、どちらも旧暦に直すことを忘れないようにしてくださいね。 中国式産み分けカレンダーについて、見方の例や注意点についてはをご覧ください。 中国式産み分けカレンダーは無料&手軽な産み分け方法! 中国式産み分けカレンダーの良いところは、何と言っても 無料で手軽に利用できる方法だということです。 中国式産み分けカレンダーは、図の読み方さえ分かれば 「中国引き産み分けカレンダーを使って産み分けをしたい!」 と思った方も多いと思います。 中国式産み分けカレンダーを使うこと自体には何のデメリットもありませんが、これだけに頼って産み分けをするのはおすすめできません。 それは、中国式産み分けカレンダーが 科学的には何も根拠がない産み分け方法だからです。 中国式産み分けカレンダーが作られた時代は古く、少なくとも 700年以上前になります。 700年以上前と言いますと、まだ科学革命も起こっておらず、どんなメカニズムで赤ちゃんが産まれるのかということすら分かっていない時代です。 科学的な根拠を求めること自体が間違いですよね。 中国式産み分けカレンダーの的中率は6割強 しかし、中国式産み分けカレンダーは占いと侮ることなかれ、実は 的中率は意外と高く、 28363人の出産した日本人のうち67. この結果は占いにしてはよく当たるといっていいのではないでしょうか。 7割以上の確率を求めるなら、科学的な根拠に基づいた産み分けを! とはいえ、せっかく産み分けをするならなるべく 確実性の高い方法をとりたいという方は多いでしょう。 中国式産み分けカレンダーに限らず、占いや迷信を利用した産み分け方法の成功率は6割強が限界。 7割を超えるためには、科学的な根拠が必要になるのです。 そこで、中国式産み分けカレンダーよりも 7割以上の確率で産み分けができる方法をご紹介します。 科学的な根拠に基づいた産み分け法 病院でも指導される2つの産み分け法 科学的な根拠に基づいた産み分け方法は、 ・酸アルカリ法 ・タイミング法 の2つがあります。 簡単に言うと、タイミング法では女の子の産み分けを行いたい場合は排卵日の2日前に、男の子の産み分けでは排卵日の当日にセックスをするという方法になります。 酸アルカリ法では、セックスを濃厚にするか淡白にするかで女の子と男の子を産み分けていきます。 セックスを淡白にすれば女の子が、濃くすれば男の子が産まれやすくなります。 これらの方法は併用もできますので、産み分けを行っている病院に行くとどちらも指導されることになります。 酸アルカリ法とタイミング法を併せて行った場合の成功率は、 7~8割程度と高く、産み分けに挑戦しているという方の大半はこの産み分け方法を利用しています。 酸アルカリ法とタイミング法は、方法こそ違いますが実は同じメカニズムを利用した産み分け方法になります。 そのメカニズムを詳しく見ていくことにしましょう。 産み分けで利用されるメカニズム 科学的にどのようなメカニズムを利用して産み分けをしているのかをお話していきたいと思います。 赤ちゃんの性別は受精の瞬間に決まります。 男の子の遺伝子情報を持つ精子 Y精子 が卵子と受精すれば男の子、女の子の遺伝子情報を持つ精子 X精子 が受精すれば女の子が産まれることになります。 産みたい性別の精子だけが受精できるように環境を整えてあげるのが科学的な根拠に基づく産み分け方法です。 膣で精子を選別するために 産みたい性別の精子だけを受精させるために、酸アルカリ法もタイミング法も同じように女性の膣で精子の選別をしていきます。 女性の膣で精子を分別するには、膣内の酸性濃度 pH に注目する必要があります。 膣内は常に粘液に満たされていますが、この満たされる粘液が時と場合によって酸性濃度を大きく変えていくのです。 それをまとめたのが下図になります。 この膣の酸性濃度はとても重要で、X精子とY精子にはそれぞれ得意・不得意な環境が違い、酸性濃度の違いによってどちらの精子が膣から子宮まで泳ぎきることができるかが変わってくるのです。 それぞれの精子の特徴につきましては、下図をご覧ください。 つまり、 女の子を産みたい時には弱酸性の環境に、 男の子を産みたい時には弱アルカリ性の膣を環境にすればよいということになります。 酸アルカリ法では、それをセックスの濃淡だけで行い、タイミング法では精子の寿命や運動量を加味することで ターゲットの精子が受精できるようにしていくのです。 膣内が弱アルカリ性になる時には何が起こっている? 普段膣内が弱酸性に保たれている理由は雑菌の侵入を防ぐためなのですが、排卵日や女性が性的な興奮を感じたときには膣内は弱アルカリ性に傾いていきます。 そこで気になるのが、弱アルカリ性になっているときには膣で何が起こっているのかということです。 それぞれ次のような理由から、弱酸性の濃度を中和する形で膣内を弱アルカリ性へと傾けていくことになります。 ・排卵日:卵子が弱アルカリ性の粘液と一緒に排出されるため ・性的な興奮を感じたとき:膣内分泌液が分泌されるため 性的な興奮を感じているときに分泌される膣内分泌液は結構な曲者で、体質や体調によって量が多かったり少なかったりするため、男の子を産み分ける場合でも女の子を産み分ける場合でも 「産み分けできないかも」と心配になっている方もいるでしょう。 そんな不安を解消するための 産み分けをサポートするグッズもあります。 それが 産み分けゼリー です。 産み分けゼリーは 3組に1組は使用している話題の商品で、弱酸性や弱アルカリ性などの産み分けたい性別の精子が得意とする膣内環境に整えてくれる産み分けの補助アイテムになります。 ジェル状の液体を膣内に直接注入する形で使いますので、体質や体調にもよらず、また例え排卵日の予測がずれてしまっていても狙い通り環境にして保ってくれます。 産み分けゼリーは中国式産み分けカレンダーに比べれば、ちょっと手間に感じてしまうかもしれませんが、その効果は高く、 8割以上の確率で産み分けに成功できる自然妊娠で最も高確率な産み分け方法になります。 産み分けゼリーにつきましては、で詳しく説明されていますので参考にしてみてください。

次の

中国式産み分けカレンダーは当たる!表の見方を分かりやすく!確率、信憑性は?

中国 式 産み 分け カレンダー

月1回しかない排卵日。 妊娠したい人にとって絶対に逃したくないですよね。。。 ここでは、「生理周期」と「前回の生理開始日」から「次の排卵日」と「排卵検査薬の使用開始日」等を計算して予測します。 また、働いている方は妊娠後も非常に気になると思います。 次の排卵日に妊娠した場合の妊婦生活も合わせて自動計算して表示されます。 家族計画にお役立てください! 排卵日の自動計算の仕方 誰もが排卵日が2~3日ズレることについてはよくあることです。 私の1人目、2人目、3人目を挑戦した時の排卵日のズレについてもまとめてあります。 産み分けを希望している方は排卵日と生年月日を元に中国式カレンダーの自動計算を表示します。 4ヵ月分の排卵日予測と産み分けカレンダーの結果が以下のように表示されます。 産み分けを希望されない方は、生年月日は未選択のままで計算してくださいね。 ・ ・ ・ 排卵日の自動計算結果に基づいた妊娠周期 妊娠1ヶ月 0週・1週 生理開始日を0週0日と考えます。 体調をしっかり整え、月1回の排卵日付近は万全な体調で!! 排卵日 妊娠するためには排卵日の特定が非常に重要です。 排卵検査薬で陽性反応が出た日と次の日は確実にTRYです。 これでタイミングはバッチリです!! 妊娠1ヶ月 2週・3週 ドキドキの高温期です。 特に高温期後半戦はちょっとした体の変化や基礎体温に一喜一憂します。 妊娠2ヶ月 4週~7週 6週頃から悪阻が出てきます。 悪阻も人それぞれです。 私もそうでしたが、悪阻が酷いと生活そのものに支障が出てきます。 赤ちゃんの発育にとても大切な時期です。 切迫流産にも注意が必要です。 無理のない生活を。 妊娠3ヶ月 8週~11週 悪阻がピークです。 お腹も目立っておらず、また、妊娠報告も大っぴらに出来ないため、周囲の理解も得にくいです。 10週の壁を超えると、流産の危険性は一安心ですが、引き続き切迫流産には注意が必要です。 妊娠4ヶ月 12週~15週 ほとんどの人がやっと悪阻から解放されます。 虫歯があれば歯の治療を開始します。 妊娠5ヶ月 16週~19週 お腹も出始め、胎動を感じる時期です。 安産祈願もこの頃です。 妊娠6ヶ月 20週~23週 歯の治療もこの頃までには終了します。 妊婦生活の中で私はこの時期が一番過ごしやすかったです。 多くの病院で、この頃に性別判定を行います。 早産に注意が必要です。 無理のない生活を。 妊娠8ヶ月 28週~31週 病院の母親学級などに参加して、出産の準備を進めていきます。 妊娠後期になると、妊娠高血圧症候群 妊娠中毒症 に十分注意が必要です。 早産には引き続き注意が必要です。 妊娠9ヶ月 32週~35週 妊娠10ヶ月 36週~39週• 妊娠したい管理人 投稿作成者 「梅子」さん、こんばんは。 妊娠したい管理人です。 私が2人目の産み分け 産み分けは挫折しましたが 時に参考にしていた本で確認したところ、満年齢45歳までしかデータがなく、当時はとりあえずそのまま作成したことを思い出しました。 梅子さんの「励み」に私も凄くわかります。 他の方でも同じような思いをしている方が沢山いると思いましたので、 他にも色々と探したのですが、どのデータも満45歳までしかなく。 昔の中国のデータだから?なのか。 私も残念です。 産み分け結果の表示はそのままになってしまいますが、授かる年齢ですから!! 「諦めていない」という強い言葉、そのまま叶うって思っています!!• 森聖貴 初めまして 森聖貴と申します。 妻の名は清子です。 産み分けを考えておりまして、妻の生まれ年が1974年なのです。 もしも今年ダメなようだったら計算の範囲外になってしまいます。 どうかもう少し高齢まで計算できるようにしていただけないものでしょうか? じつは去年の12月にこのサイトのおかげで息子を授かることができましたが、珍しい症例で生まれ 数時間しか生きることができませんでした。 手術の甲斐もなく、上顎部の巨大腫瘍(奇形腫)による呼吸不全で亡くなりました。 そんな事もあり、妻ともども諦めたくないのです。 どうかプログラムの更新をお願いできませんでしょうか。 よろしくご検討お願いいたします。 妊娠したい管理人 投稿作成者 「森聖貴」さん、こんばんは。 妊娠したい管理人です。 コメント拝見いたしました。 言葉が見つからないのですが、もう一度授かってほしい気持ちしかありません。 授かるって思います。 参考にした本も数え年で45歳までしか掲載されておらず、もう一度ネット上でも調べてみましたが同じでした。 「諦めたくない」というお気持ちに何か他に出来ることはないのかなと思い、海外も気になりましたので、本当は中国サイトが良かったのですが言葉が分からず…英語 Chinese Gender でも調べてみました。 やはり、同じように45歳まででした。 中国語のサイトで何か情報があればいいのですが、上手く見つけることが出来ずすみません。 以前、他の方からも励みになるので表示してほしいというコメントを頂きました。 年齢的にはまだ妊娠は可能なので、データがあれば、私も更新したい気持ちです。 今年中に授かります! 清子さんにもそうお伝えください。

次の

「中国式産み分けカレンダー」で産み分けはできるのか??

中国 式 産み 分け カレンダー

中国式産み分けカレンダーは、今から約700年前(元の時代)の王家の墓から発見されたもので、これから紹介するものは発見された当時にコピーされたものということです。 原本は今でも北京の科学研究所で大切に保管されていると言われていますが詳細は不明です。 しかしこの中国式産み分けカレンダーは、産み分け占いとして世界中で利用されており、産み分けを希望する夫婦にはとてもメジャーなものとなっています。 気になるのは当たる確率ですが、日本のサイトでは「中国人99%・アジア人90%・アメリカ人85%」と掲載されていることが多いのですが、海外サイトでは異なる数字が掲載されているケースもあるので、真相は分かりません。 過去にこのサイトで行った、あたりはずれの「アンケート」や、独自に行った有名人(芸能人)での確率調査では面白い結果が出ましたので、このページ後半で紹介します。 中国式産み分けカレンダー このカレンダーは、数え年(黄)と受胎月(緑)の2つから出来ており、その2つが重なるところで赤ちゃんの性別を占うことが出来ます。 例えば、数え年31歳の人が6月に受胎すれば女児で、12月の受胎なら男児という具合です。 ここで注意して頂きたいのが、これが約700年前のカレンダーだという事です。 今から約700年前の中国では、現在の太陽暦(グレゴリオ暦)ではなく、太陰太陽暦(旧暦)が使われていましたし、年齢の数え方は生れた年を1歳とする数え年が使われていました。 ですから、このカレンダーを正確に使う場合、「数え年」と「旧暦での受胎月」を利用する必要があります。 受胎月と数え年の計算方法と旧暦への変換 中国式産み分けカレンダーの利用は、数え年と旧暦に変換した受胎月の利用が一般的となっております。 また、ここでは提供しておりませんが、自動計算タイプの産み分けカレンダーの多くが、この計算式を採用しているようです。 この計算方法は当サイトが2008年春頃に提案したカレンダーの利用方法で、それまでは満年齢(実際の年齢)でそのまま占うのが一般的でした。 ですから、数え年と満年齢、旧暦と新暦のどちらの利用方法が正しいというものではありません。 旧暦で中国式カレンダーを利用する手順• まずは出産日や予定日から受胎日を特定する• 自分の誕生日と受胎日を旧暦に変換• 自分の旧暦誕生日を数え年に変換• 受胎月と数え年をカレンダーに当てはめる 受胎日の計算方法 受胎月を考えるとき、行為があった日にするか、排卵日にするかで微妙な誤差が出ます。 最近の利用傾向は、正確に産み分けカレンダー利用するなら排卵日を利用したほうが良いという流れのようです。 そして、既にいる子供の結果をみる場合は、出産日(子供の誕生日)から266日を引いた日を受胎日と考えれば良いです。 現在は、平均的な妊娠期間は280日となっていますが、これは月経周期28日の人の前回の月経開始日が基準になっています。 つまりそれから平均的は排卵日である14日を引いた266日となるわけです。 266日前の計算は、計算サイトを利用したほうが簡単です。 それと、出産が予定日より早かった場合は、その日数を266日からマイナスして下さい。 その逆に予定日より遅れた出産の場合は、その日数を266日にプラスとなります。 産み分けカレンダーを利用する時は、計算サイトで表示された日付をさらに旧暦に変換した日付となります。 太陰太陽暦(旧暦)の計算方法 太陰太陽暦(旧暦)は1年を354日としており、現在のグレゴリオ暦(太陽暦)と比べると1年で11日のずれがあります。 このずれは3年に1度、1ヶ月(閏月)を挿入して解消するのです。 現在4年に1度ある閏年のようなものとお考え下さい。 このことから、この中国式産み分けカレンダーを太陽暦(現在の西暦)で利用するのと比べ最大で約11ヶ月の誤差が生じる場合があるという事になります。 しかし、西暦から旧暦の変換はとても複雑ですので、現在の旧暦を調べる場合はを、過去の旧暦を調べる場合はをご利用下さい。 数え年の計算方法 数え年は、生れた年を1歳とする計算方法で、以降は1月1日に1歳年を取る計算です。 例えば6月1日生れの人なら、1月1日から5月31日までは実年齢に2歳プラスし、6月1日から12月31日までは実年齢に1歳プラスする計算になります。 ですから、誕生日前の25歳の人なら、数え年では27歳で、誕生日を過ぎた25歳の人なら、数え年は26歳です。 分かりにくい場合は、カシオ計算機が提供するサービスが便利です。 ちなみに「今日」の部分を、子供の受胎月にすれば、当時の数え年もすぐに分かります。 中国式産み分けカレンダーの確率を調査しました このサイトで産み分けカレンダーを公開した当初、編集部では「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という占いのイメージが強かったため、利用者も同じ程度の認識で利用して頂けると考えておりました。 ですから当たり外れの影響についてはあまり考えておりませんでした。 しかし最近になり一般の方のブログを拝見してみると、産み分けカレンダーの結果を産み分けスケジュールに組み込む人も、中にはいらっしゃることが分かりました。 この事実は、正しい産み分け情報を伝えたいと思う我々編集部にとって、あまり好ましい状況とは言えません。 中国式産み分けカレンダーは、産み分けを希望する人の息抜き程度の娯楽という位置づけが良いと考えているからです。 そこで、このサイトで独自調査した「匿名アンケート結果」「有名人(芸能人)にあてはめた結果」「数学的にみるカレンダーが当たる確率」について紹介したいと思います。 このサイトで行った的中率アンケートの調査結果 2008年4月から2015年6月頃まで、中国式産み分けカレンダーの結果をアンケートしておりました。 まずは下記グラフをご覧ください。 産み分けカレンダー利用者の的中率をグラフ化したものです。 データーをアナログに保管していたため、投票数1000人までは均等ですが、それ以降は適当な間隔になっております。 ですから少し分かりにくいですが、時間軸や人数よりグラフの雰囲気を読んでいただければ幸いです。 まず開始から500人まで少し高い数値が続きますが、600人以降の約5000人程度まで61%~62%の範囲で推移しています。 5000人に達したのが2009年9月頃なので、期間で言えば約1年半程度となります。 それ以降は、徐々に的中率が上がっていき、最終的に67%を超えてしまいました。 これは匿名アンケートでしたので、グラフの信憑性については編集部でも判断できませんが、旧暦変換や数え年変換などの分かりにくい作業がありますので、利用者の解釈次第で的中率が誤変動した可能性もあります。 また、もしかすると産み分け希望者の当たって欲しいという強い気持ちが、結果的に数値を上げたのかもしれません。 しかし当時の編集部では、的中率50%前後になるだろうと予想していたので、開始からずっと60%を超えていただけでも驚きでした。 有名人(芸能人)の出産データを元に確率計算 子供の生年月日と性別を公表している有名人(芸能人)100人を中国式産み分けカレンダーに当てはめてみました。 また、旧暦と数え年の組み合わせも4種類全て調べました。 それでは、まずは結果から。 旧暦(数え年):52%• 旧暦(満年齢):50%• 西暦(数え年):53%• 西暦(満年齢):51% 数%の誤差はありますが、全てのパターンで約50%という結果が出ました。 ちなみに、有名人(芸能人)という職業の為か、35歳以上の高齢出産の割合が4割強でした。 今回は、調査した有名人の氏名の公表はしませんが、また機会がありましたら具体的なデータを公表したいと思います。 中国式産み分けカレンダーを数学的に分析してみた よく産み分けでは、男の子と女の子が生まれる確率は50%だからと言われますが、正確には男児105に対し女児100となっており、少しだけ男児が生まれる確率が高くなっています。 これをパーセントに変換すると、男児「約51. 2%」女児「約48. 8%」となります。 この割合は日本に限った事ではなく、世界中の人種や民族関係なく当てはまると言われております。 それでは、この中国式産み分けカレンダーは男女比を見てみましょう。 全てのマスの数は336個となっており、男児マス164個、女児マス172個となっています。 こちらもパーセントに直すと、男児「約48. 8%」女児「約51. 2%」となっています。 現在の出生率と比べると男児のマスが少し少なくなっています。 また偶然なのかは分かりませんが、導かれた男女比が実際の出生性比率のほぼ真逆となっています。 さらに、これらの数値を元に中国式産み分けカレンダーの的中率を計算してみたところ・・・ なんとその的中率は49. 99999999%という結果が出ました。 とても面白い数字が並んでいると思いませんか?.

次の