教授 メール 例文。 教授の先生に大学でレポート提出…メールの送り方やマナー, 例文を元大学教員が解説します!

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

教授 メール 例文

基本メールマナー2:件名は必ず書く ゼミの教授や助教授たちが、メールを受け取って「この学生は、マナーができてないな」と一番最初に感じるポイントは、 メールに件名が書かれていない場合です。 教授や先生の元には学生はもちろん、多くの人から毎日あらゆる内容のメールが届きます。 その中で見落とさずに確認してもらうため、また相手に手間をとらせないためにするには、きちんと件名を書いて、本文を読まなくてもある程度 メール本文の趣旨が、件名だけで伝わるようにすることが大切です。 基本メールマナー3:余計なことは書かずにシンプルに、そして結論から。 欠席の連絡をする場合、メール本文の冒頭で、長々と言い訳を書いてしまう学生さんがいらっしゃいます。 「本当にすみません。 じつは〜」「こんなつもりはなかったのですが、昨日の夜に〜」といった形で、時系列でダラダラと説明したり言い訳したりする気持ちは分かりますが、逆効果なので絶対にやめましょう。 ただでさえ忙しく・時間がない教授からすると「で、何が言いたいの?」とメールを読んでいて、フラストレーションを溜まってしまいます。 」と先に結論を述べて、 まずは冒頭で一番伝えたいことを意識して書きましょう。 結論を伝えた後に、続けて背景を説明すれば大丈夫です。 どうにか許してもらおうと、ダラダラと言い訳や背景説明を書けば書くほど、望む結果とは逆の結果になりますので、まずは結論から書くことを意識して文章を作りましょう。 具体的にどう書けばいい?メール本文の基本的な流れを覚えよう メールの基本の流れ1:「お世話になっております」からスタート 先ほど結論から書くことが大事だと伝えましたが、その前に必ず一言添えるのがビジネスマナーの基本です。 例えば、宛名を書いた後にいきなり授業を休みます、と書いては、ビジネスメール的にはマナー違反です。 「いつもお世話になっております。 」「お世話になっております。 」、と相手のお名前、 自分の名前を名乗ったあと、必ずこのどちらか一言を入れてから本部に入るようにしましょう。 メールの基本の流れ2:簡単な自己紹介も添えておく ゼミや研究室の場合は、小規模の場合が多いため教授と顔見知りのことが多いと思いますが、大学の授業の1クラス規模は、中学校・高校と比にならないほど大きいことが多いです。 抱えている生徒数が多い教授や助教授の場合、 突然「お休みします」と連絡してもすぐに顔と名前が一致しない可能性もあります。 ですから、名前だけ名乗ってもおそらく自分のことを覚えてもらえてないなと感じたら、 学部・学科・専攻・学年・その教授のどの時間のコマで授業に参加しているかを記載しておくと、相手も確認しやすくなるでしょう。 おすすめ: メールの基本の流れ3:欠席します、だけではなく提出物も確認する 欠席した授業や講義で提出する予定だった課題があれば、それは事前に提出しましょう。 そして、欠席予定の授業で新しい提出物や課題があるのかどうかの確認を必ずしましょう。 「次回の授業に向けて提出物や課題などがございましたらご指示いただけると幸いです」と、簡潔にお伝えしておけば、おそらく教えてくれるはずです。 ただし、教授も毎日多くの学生からメールがくるため、一人一人に次回の課題を個別で連絡することができない場合や、その時点では課題を出すかどうかを決めていない場合もおあります。 自分自身が欠席する予定のコマ授業に参加した友人に、課題や提出物があったかないかを確認することも併せて行いましょう。 メールの基本の流れ5:「単位をお願いします」アピールをメールでやるのは逆効果! 就職活動でどうしても授業を休まなければいけなくない。 しかし、その授業を今回休むと、単位を落としかねないというギリギリの状況がたまにあったりもします。 たとえば英語の必修で、3回以上休んだら単位を落とす可能性が高くなると言われていた中で、今回休むのと4回目となってしまう場合、これで落単か?と不安になってしまいますよね。 基本的には内定をもらえても、単位を落として卒業ができなかったら元も子もないので、大学の授業を優先するべきです。 授業の欠席を判断する前に、企業側に日程変更できないかをまずは確認しましょう。 その上でどうしても企業の専攻日程の変更が難しく、授業・講義・ゼミの欠席するしかない場合、単位についての相談と、欠席の報告メールは絶対に分けましょう。 あくまでも欠席をお知らせするだけであって 「単位をください」と伝えるためのメールではありません。 もし単位の相談があるのであれば、別途日程を取り、直接相談に伺いましょう。 それを勘違いしたまま、先生や教授に欠席報告とともに単位の相談のメール送ると、あなたの印象は一気に悪くなってしまいます。 おすすめ: 【例文】大学のゼミ・授業の欠席メールの書き方 ゼミを欠席する場合 件名:体調不良のため、本日3限のゼミを欠席させて下さい。 本日3限のゼミについてですが、 昨晩より具合が悪くなり、熱が38度を超えているため、欠席をさせて頂きたくご連絡いたしました。 私の体調管理不足により、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 本日提出分のレポートについては、取り急ぎメールにて添付させて頂きます。 次回ゼミ出席時に、原本はお渡しさせた頂きます。 お手数をおかけしてしまい申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。 もし次回のゼミまでに別途課題やレポートなどなにか必要なものがある場合は、お教え頂けますと幸いです。 今回は体調不良による欠席のメールを参考文章として用意しましたが、就職活動によって授業を休む場合は、当日連絡は厳禁です。 説明会や面接の日程が確定次第、前もって教授に休みの連絡をするようにしましょう。 いかがでしたか? おそらく、これからの大学生活で何度か出くわすシーンです。 目上の人に対して失礼のないようにビジネスメールの基本をおさらいしておきましょう! おすすめ:.

次の

教授へのメールの返信の書き方・例文・必要なのか|お礼

教授 メール 例文

スマホから個人のメールアドレスでメールを送るのはやめましょう。 教授がメールチェックを行い、返信メールを送信するのはほとんどPCからです。 ところが携帯のキャリアメールでは、スパムメール対策のためPCからのメールをオミットするフィルターを導入していることも多いです。 教授からの返信があっても、携帯側ではじく設定になっていると、受信しても気付かなかったり、受信自体ができなかったりします。 スパムメールと自動判定してごみ箱に送られていた、そもそも受信されていなかった、なんて話が非常に多く、「送った・送ってない」でトラブルになる可能性すらあります。 教授へのメールは、基本的に大学から支給されたメールアドレス、せめてGmail、Yahoo! メールを使用してメール送信しましょう。 メールアプリを使えばスマホでも簡単にメールのやり取りができるので、ぜひ登録しておきましょう。 メールの形式では以下の項目は必ず記載しましょう。 以下ではそれぞれ作成のコツをご紹介しますのでぜひチェックしてみましょう。 「先生」「教授」がそれだけで一種の尊称なので、さらに「様」を付ける必要はありません。 といった一文を入れておくのがいいでしょう。 次に「自分 送信者 が誰なのかを明示」します。 などと記載しましょう。

次の

大学教授への宛名書き・敬称|手紙やメールを送るときの注意点

教授 メール 例文

添付の際は、送付内容をメール文に明記する• 添付ファイルについての問い合わせ先は、メールの本文に記載する• ビジネスメールのファイル転送は、相手のネット環境に配慮したファイル形式・サイズにする 添付ファイルのあるビジネスメールの書き方 ビジネスシーンでは、メールにて資料やファイルを添付しなければいけないシーンが多々あります。 「添付ファイルがあるときのマナーはあるの?」「添付していることをどうやって伝えたらいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。 まずは添付ファイルをつけるときの基本ポイント2つを確認しましょう。 ポイント1.送付内容を件名・本文に書く メールにファイルを添付するときには、「ファイルを添付すること」を伝える必要があります。 もしも、添付したことを伝えていない場合、相手が見落としてしまう可能性もあるので、必ず ファイルを送付することを件名・本文ともに明記しておきましょう。 また、添付ファイルは、受け取った相手にしてみれば「何のデータなのか」がわかりません。 メールの本文には「添付したデータが何であるか」が受け取った相手にわかるように記載することを忘れないように気をつけてください。 資料の送付漏れ・送付忘れをチェックするという意味でも、送付内容を本文に記載するという癖をつけておくといいでしょう。 ポイント2.添付資料の問い合わせ先を明記する メールにファイルを添付するときには、メールの件名や本文だけじゃなくて、ファイル自体にも気を配る必要があります。 メールの送信者が添付したファイルに関する問い合わせの窓口であるとは限りません。 そのため、添付ファイルを送る際は、メールの本文に「 添付資料に関する問い合わせ先」を記載することを心がけましょう。 もし、送信元・担当者が自分である場合は「添付したファイルに関する質問は本メールに返信いただけますと幸いです」など、自分が問い合わせ先であることを明記するのもおすすめです。 添付しているファイルについて「誰に質問すればいいのか」という点をはっきりさせておくと、添付ファイルのメールを受け取った相手も気兼ねなく問い合わせすることができます。 スムーズにやりとりするためにも、問い合わせ先を添付ファイルに明記することを忘れないようにしてください。 ファイルを添付していることを明記する• 送付内容を件名・本文に書く• 添付ファイルに関する問い合わせ先を明記する 添付ファイルのあるビジネスメールを送るときの5つの注意点 添付ファイルのあるビジネスメールは、相手に配慮しないまま送ると余計な手間になってしまう恐れがあります。 先ほど紹介した2つの基本ポイントを押さえたうえで、添付ファイル付きのビジネスメールを送るときの、5つの注意点を確認しておきましょう。 注意点1.ファイルフォーマットに注意 添付ファイルを送信する際は、ファイルフォーマットに気を付けましょう。 文書データの場合、最も一般的な「 PDF」に変換すれば基本的に支障はありません。 しかし、複数のファイルフォーマットが混在する、表計算ソフト・プレゼンテーションソフト・音声・画像・動画などのデータの場合は、相手のPC環境によって、レイアウトが崩れたりファイル自体を開けなかったりといった意図せぬトラブルにつながることがあります。 そのようなデータを添付する場合は、事前に「どのような形式でお送りするとよろしいでしょうか?」と一言確認しておくと、お互いに送信後の手間を減らせます。 注意点2.ファイルサイズ3MB超はZIPに圧縮 ビジネスメールのマナーとして知っておきたいのが、メールに添付可能なファイルサイズです。 基本的に、 3MB以上になる場合は、ZIPファイルに圧縮するようにしましょう。 また、一つひとつのファイルのサイズは小さくても、ファイルが3つ以上になる場合は、ZIPファイルにまとめられると、ダウンロードする手間が減らせます。 ファイルサイズ3MB超はZIPに圧縮• サイズが小さくても、3つ以上のファイルを添付する場合はZIPファイルにまとめる• 10MB以上なら「大容量ファイル転送サービス」を利用する また、大容量ファイル転送サービスを利用する場合、送り先によってはセキュリティの問題で受け付けない可能性もあります。 ファイルサイズが10MBを超える場合、事前に送り先の担当者にファイルの送信方法を確認できるのがベストです。 注意点3.容量が大きいものはストレージサービスを利用する 容量が大きいもの添付ファイルを送付するときに、ファイル転送サービスを使えないこともあるでしょう。 そんなときには、オンラインストレージサービスを活用することもおすすめです。 ビジネスシーンでよく活用されるオンラインストレージサービスは、「」「」などがあります。 決められた容量までは無料で活用できるので、導入しやすいこともポイントです。 会社のセキュリティ的に問題がない場合には、ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。 注意点4.セキュリティに留意する 添付ファイルを送付するときには、ファイルにウイルスが潜んでいないかどうかも念の為確認しておきましょう。 近年では、多くのメールソフトが自動でウイルスチェックを行ってくれていますが、セキュリティとハッキングはいたちごっこの世界です。 第三者から受け取ったファイルを他者に送付する際には、 セキュリティに問題がないのか確認しておきましょう。 添付ファイルを受け取った際に、セキュリティソフトの警告が出ている場合や送信者不明な場合などは、絶対に開かずに、完全削除することをおすすめします。 特に会社で利用しているパソコンは、企業秘密の情報がたくさん含まれています。 取引先や会社に迷惑をかけてしまわないように、セキュリティには留意しておきましょう。 注意点5.ファイル名にも気を配る ファイルを添付する際には、添付ファイル自体のファイル名にもこだわりましょう。 ファイルを開く前に安心して開けることはもちろん、 ファイルをダウンロードした後、管理しやすいように添付ファイルの内容を端的に表した内容にすることがポイントです。 ファイルの内容がわかるよう、端的に名前をつける• 同じタイトルになる可能性がある場合は「送信者」「日付」などを含めて差別化する• バージョンや日付がわかるようにする 【例文】添付ファイル・資料を送付するビジネスメール では、これまでに紹介した、ビジネスメールで添付ファイルを送るときに気をつけたいポイントを踏まえて、添付ファイルを送るときのメール例文を確認してみましょう。 pdf形式)にてお送りします。 ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 先日お問い合わせいただきました資料を 添付ファイル(. jpeg形式)にてお送りします。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 先日ご依頼いただきました見積もり書類を 添付ファイルにてお送りします。 ご査収のほど、よろしくお願いします。 今後ともよろしくお願いします。 ファイルや資料を添付するときのビジネスマナーを理解しよう• 添付の際は、送付内容をメール文に明記する• 添付ファイルについての問い合わせ先は、メールの本文に記載する• ビジネスメールのファイル転送は、相手のネット環境に配慮したファイル形式・サイズにする 本記事では、ビジネスメールで添付ファイルを送る際の例文、また添付ファイルを送る際に押さえておきたいポイントについて解説しました。 添付ファイルを送るときには、本記事で紹介した内容を満たしているのか、一度確認してみてください。 また、添付ファイルの有無に限らず、ビジネスメールでは「 受け取った相手にメールの意図が明確に伝わるかどうか」という点が重要です。 ビジネスシーンでメールを送る際は、一度メールの受け取り手の立場になって文章を再読し、丁寧な説明ができているか確認しましょう。

次の