ニキビ 福島。 【2019年版】大阪で安くニキビ治療できる皮膚科5選|費用と治療法|ニキビット

【2019年版】大阪で安くニキビ治療できる皮膚科5選|費用と治療法|ニキビット

ニキビ 福島

大阪市福島区周辺のニキビ治療が得意な皮膚科 経験者が語る ニキビ治療が得意な皮膚科【大阪市福島区周辺】 大阪市福島区周辺のニキビ治療が得意な皮膚科 大阪市福島区の皮膚科でニキビ治療ができるところを かたっぱしから探して評判とか 色々調べてみた。 ここが皮膚科としてもニキビ治療でも 有名で実力もある病院みたいです。 早速予約。 正直言うとほとんどあきらめてたんですが、 この皮膚科はニキビ専門?的なところも あってかやはり他とは違いました。 来院してからの流れは、 【カウンセリング】 肌の状態を診断し使用する薬剤、 器械を決めます。 【施術の準備 クレンジング・洗顔を行います。 麻 酔 表面麻酔、 麻酔クリームを塗布し30から40分浸透させます。 【施 術】 オートダーマスタンプで肌に穴をあけながら グロースファクターを浸透させていきます。 【クールダウン】 パックをしてさらに浸透させながら クールダウンを行います。 こんな感じで紹介してもらっていた通りでした。

次の

【福島】ニキビ治療でおすすめのクリニック3選!安くて名医のいる美容外科は?

ニキビ 福島

エステサロン「Ala」は、いわき市で唯一の 「ニキビ・ニキビ跡専門」エステサロンです。 どこに行っても、何をしてもニキビ・ニキビ跡が根本改善せずにお悩みでしたら、 ぜひ当サロンの専門プログラムをお試しください。 たくさんのお客様が笑顔になられています! あなたのニキビ・ニキビ跡のお悩みを、 これで最後にするために。 長年ニキビに悩み続けている。 クレーター肌にも悩んでいる。 ニキビ跡がシミになっている。 病院に行く、化粧品やクリームを使うなど、あらゆる方法を試しても改善しない。 一度改善しても、また同じ場所や他の場所にニキビができてしまう。 ニキビケアしているのに、なんだか今まで以上にニキビができやすくなった気がする。 ピーリングで肌荒れしてしまった。 ダウンタイムがある治療法や施術は、化粧ができなくて困る。 このようなニキビ・ニキビ跡のお悩みを抱えてしまっていると、• いつも他人に自分の肌をみられているようで嫌。 ニキビ肌を見られたくないので、厚化粧をしている。 写真に写りたくなくて、友達と遊びに行く機会も減った。 といったように、日常生活もつらいものになりますよね。 ご安心ください。 エステサロン「Ala(アーラ)」は、ニキビ・ニキビ跡専門のエステサロンとして、 あなたのニキビ・ニキビ跡のお悩みを「これで最後にする!」 という想いで、他にはない「Ala」独自のニキビ・ニキビ跡根本改善メソッドを提供いたしております。 おかげさまで、どこに行っても何をしてもニキビ・ニキビ跡のお悩みが消えなかった方々が根本改善し、心からの笑顔を取り戻されて楽しい毎日を過ごされています。 お客様の喜びの声 「Ala」のニキビ・ニキビ跡改善メソッドは何が違うのか? ニキビやニキビ跡に直接働きかけるような局所的・表面的な方法では、それ自体は改善しても、同じ場所や他の場所にニキビができてしまう可能性があります。 その理由は、「ニキビ・ニキビ跡ができる根本原因を取り除いていない」からです。 また、当サロンにお越しいただいたお客様の声では、「皮膚科などの病院では薬を処方されるだけで、何が原因で、どんなことに気をつけるべきかを教えてもらえなかった」というものもあります。 根本原因とその取り除き方がわからない状態で「薬でも良くならない」となれば、「どうしたらいいの…?」と悩んでしまいますよね? 「Ala」は、ニキビ・ニキビ跡専門のエステサロンとして、 「体質・肌質」という根本から改善するアプローチで、 ニキビ・ニキビ跡の原因である「毛穴のつまり」「皮脂の過剰分泌」 などを改善し、ニキビ・ニキビ跡に悩まなくなる このような結果に導く独自のメソッドを提供しております。 そのステップは以下の通りです。 2お肌が柔らかくなり、化粧品の浸透が良い状態で、日常的なホームケア。 ニキビケアは、サロンでのトリートメントの他、毎日のホームケアがとても重要になります。 「Ala」では、基本的にナリス化粧品を使用したホームケアをおすすめしています。 ナリス化粧品は、「余分なものは『取り除き』、そして、必要なものを『与える』」という点に着目し、自らの肌を美しく保つ力「ホメオスタシス(=恒常性)」を最大限に導き出すという考えを元につくられた高機能化粧品です。 もちろん、ニキビの原因となる古い角質や皮脂のケア、またお肌の保湿や消炎・殺菌に最適です。 また、ホームケアについてはあなたの肌質に合わせて最も効果が高くなるアドバイスを行なっております。 4並行して、日常生活、食生活など、身体の中からキレイになるアドバイスも。 ニキビケアは、身体の外からだけでなく、食べ物など、身体の中からのアプローチもとても重要です。 また、生活習慣を整え、お肌にできる限りストレスをかけないことも必要です。 「Ala」では、あなたのライフスタイルや趣味、一日のライフサイクルや食生活などをカウンセリングでお伺いし、ニキビ・ニキビ跡専門のプロとして、無理なく「ニキビを改善し、ニキビを再発させない日常生活・食生活」ができるようにアドバイスさせていただきます。 このような4つのステップによって、あなたのニキビ・ニキビ跡を根本から改善へと導いていきます。 お肌に刺激を与える方法、 精神的なストレスのかかる方法は逆効果。 お肌が本来持つ「美の力」を アップさせるアプローチをおすすめします。 レーザーやダーマペン、ピーリングなど、ニキビができている局所への対処は、痛みがあったり、赤く腫れ上がることがあります。 また、ダウンタイム(施術後、肌を落ち着かせるため化粧ができない時間)があり、化粧ができないために会社を休まなければならない場合もあります。 そもそも、お肌に直接刺激を与える方法は、自分の肌を守ろうとする自然の働きを促すことになってしまい、毛穴のつまりの原因である角質肥厚を促進してしまいます。 また、痛みなどにより、精神的にもストレスが生まれます。 ストレスは男性ホルモンを過剰にし、これも角質肥厚、さらには皮脂分泌を促してしまい、ニキビをできやすくする原因となります。 なにより、局所への対処のみでは体質や肌質という根本が改善されていないため、ニキビの再発に悩まされる結果になりかねません。 「Ala」のニキビ・ニキビ跡改善メソッドは、「身体やお肌が本来持っている『美しくなろうとする』」をアップさせるという根本からのアプローチであなたのお肌が喜ぶことだけを行ないます。 その結果、 「身体もお肌も良好な状態になり、ニキビやニキビ跡も根本から改善されていく」 という理想の状態が実現していきます。 「これでニキビ・ニキビ跡の悩みを最後にしたい」 そんな想いに精いっぱいおこたえしてまいりますので、ぜひ、「Ala」の独自のニキビケアメソッドをお試しください。 はじめまして。 福島県いわき市鹿島町船戸のエステサロン「Ala(アーラ)」の土屋真梨江です。 私自身、かつてニキビ・ニキビ跡に悩まされ、何をしても改善せず、人と会いたくないと思ってしまうほどつらい日々を過ごしてきました。 それがエステで改善され、その感動がエステティシャンの道に興味を持つきっかけとなり、サロン勤務等を経て独立し、現在に至ります。 何をしてもニキビ・ニキビ跡の改善が一進一退、さらに後退するという状態だった自らの経験から、一時しのぎや表面的な改善ではなく、「ニキビを再発させない」という根本的な改善にこだわっております。 おかげさまで、「やっとニキビの悩みから解放された!」といった喜びの声を多数いただけており、ありがたいことに、ご友人や知人を次々とご紹介いただけております。

次の

福島市の美容皮膚科クリニック|シミ・しわ・ニキビなど治療内容から検索

ニキビ 福島

予防・治療・跡のケアなど、状態に応じて美肌作りをサポートします ニキビは、思春期を終えるまでに90%以上の人が罹患するそうです。 ニキビができた場合、ほとんどの方が、医療機関を受診する前に、薬局などで外用薬やニキビ用基礎化粧品を購入したり、健康食品を摂取したり、自己判断で対処していたり、エステサロンに通ったりしている、と言われています。 TVやネット、雑誌など、多種多様な情報がある中、適切な対処方法を選択するのは、容易ではございません。 また、「ニキビへの特効策」と宣伝されている対処方法が、人によっては、ニキビ跡を作ってしまうような、不適切な対処方法であることもあります。 私自身も、自分のニキビ治療に苦慮してきました。 美容医療への道を選択した、一つのきっかけになったほど、ニキビに悩んできました。 ニキビの原因の除去治療(予防)から、炎症ニキビの治療、ニキビ跡の治療、と、その時々の肌の状態に応じて、治療方法を考え、美肌作りをサポートしていきたいです。 白ニキビとは、毛穴に角質や皮脂が詰まっている状態です。 毛穴に詰まったものによって、皮脂が外に出ることができずに、皮膚が盛り上がった状態で、ニキビの初期段階です。 閉鎖面皰とも呼ばれます。 白ニキビの原因としては、大きく2つあります。 1つは、ターンオーバーの乱れによるものです。 メイクをしたまま眠ってしまったり、日ごろのお肌のケアを怠ることにより、毛穴に汚れや古い角質が溜まっていき毛穴を塞いでしまうのです。 毛穴が塞がれてしまっても、皮脂は分泌されますので、皮脂の排出ができずに、コメドを形成します。 この状態が白ニキビです。 もうひとつは、皮脂の過剰な分泌です。 皮脂が外に出にくくなっている白ニキビの状態で、過剰に皮脂が分泌されると、当然毛穴の中に溜まりやすくなります。 ストレスなどでホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの関与から皮脂の分泌が過剰になります。 また、生理前は黄体ホルモンの分泌が増えるため、皮脂の分泌が過剰になります。 生理前になるとニキビが増えるのは、黄体ホルモンが男性ホルモン様の働きをするためです。 皮脂の過剰な分泌は、食生活で脂っこいものを多く摂取したり、お肌が乾燥していても起こります。 お肌が乾燥していると、皮脂分泌を促して乾燥状態を改善しようと働くのです。 毎日の食生活に気をつけたり、しっかり汚れを落とした洗顔後は、しっかりと保湿するといったことで、皮脂が過剰に分泌されるのを予防することができます。 白ニキビのケア 白ニキビの日常ケアとしては、ターンオーバーの乱れが起きないようにメイクをしたまま寝たりしないこと、しっかり汚れを落とした後は保湿をしっかり行うことです。 また、良質な睡眠とバランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作ることなど、普段からのちょっとした心がけで予防できることもあります。 それでも治らない白ニキビは、クリニックでの治療をおすすめします。 自分で毛穴の詰まりを押し出したりすると、かえって毛穴が開いてしまったり、跡が残ったりします。 白ニキビは、ニキビの初期段階ですので、適切な治療を行うことによりキレイに治すことができます。 是非一度ご相談ください。 白ニキビの治療方法 当院でおすすめの治療としては、古い角質を溶かして、お肌のターンオーバーを整えるピーリング治療、ニキビに有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、毛穴の開きに効果のあるCO2フラクショナルレーザーなどがございます。 黒ニキビとは、白ニキビが進行したニキビです。 毛穴が詰まった状態で皮脂の滞留が増加すると、毛穴の入り口が開き、その表面が酸化して黒く見えます。 この状態が黒ニキビです。 まだ初期段階とはいえますが、白ニキビよりも進行しています。 放置してしまうと、いずれは炎症を起こして赤ニキビとなるので注意が必要です。 黒ニキビの原因は白ニキビと同様で、お肌のターンオーバーの乱れや、日ごろのお肌のケアを怠ることによって、毛穴に汚れや古い角質が溜まっていき毛穴を塞いでしまうことです。 また、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、脂っこい食事、睡眠不足などによって、皮脂の分泌が過剰になることによっても、毛穴は詰まりやすくなります。 黒ニキビのケア 黒ニキビの日常ケアとしては、ターンオーバーの乱れが起きないようにメイクをしたまま寝たりしないこと、しっかり汚れを落とした後は保湿をしっかり行うことです。 また、良質な睡眠とバランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作ることなど、普段からのちょっとした心がけで予防できることもあります。 それでも治らない場合は、クリニックでの治療をおすすめします。 自分で毛穴の詰まりを押し出したりすると、かえって毛穴が開いてしまったり、跡が残ったりします。 黒ニキビは、ニキビの初期段階ですが、白ニキビよりは進行したニキビです。 赤ニキビや、ニキビ跡を残さないためにも適切な治療を行うことによりキレイに治すことができます。 是非一度ご相談ください。 黒ニキビの治療方法 当院でおすすめの治療としては、古い角質を溶かして、お肌のターンオーバーを整えるピーリング治療、ニキビに有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、毛穴の開きに効果のあるCO2フラクショナルレーザーなどがございます。 赤(炎症性)ニキビとは、白ニキビや黒ニキビを放置したことにより赤く腫れあがった状態のことを言います。 白ニキビや黒ニキビを放置してしまうと、そこへアクネ桿菌が繁殖し、炎症を起こして、毛穴やその周りが赤く腫れあがってしまいます。 この状態が赤(炎症性)ニキビです。 赤ニキビは、初期段階(白ニキビや黒ニキビ)で溜まった多量の皮脂に、アクネ菌が繁殖することで生じます。 アクネ桿菌は、もともと皮膚にある常在菌ですが、皮脂を好んで繁殖するという性質をもっています。 繁殖したアクネ桿菌は、多量の代謝物質を出します。 これによって、毛穴の周辺の皮膚組織が刺激 されて炎症が生じ、赤く腫れた状態となります。 場合によっては、痛みやかゆみといった症状が出る場合もあります。 また、炎症を起こすとは、周辺の皮膚組織を破壊しているということですので、ニキビ跡が残ってしまいます。 赤ニキビを放置してしまうと、炎症がどんどん広がっていき、最終段階の黄( 膿疱性)ニキビへと移行してしまう恐れがあります。 実は、一度赤ニキビ になってしまうと、その毛穴に繰り返し再発することが多く、その繰り返しによって起こる炎症で毛穴の周辺の皮膚組織はどんどん侵食され、クレーターや色素沈着となってしまうのです。 赤(炎症性)ニキビのケア 赤ニキビは、炎症を伴っているため、日常のお肌のケアだけで治すことは難しい状態です。 ですので、赤ニキビになる前に、白ニキビ・黒ニキビの段階でしっかりとしたケアや治療をして予防することが大切です。 赤ニキビのケアは、メイクをしたまま寝たりしないこと、しっかり汚れを落とした後は保湿をしっかり行う、といった基本的なお肌のケアはもちろん、良質な睡眠とバランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作るなど、ホルモンバランスを正常にすることも大切です。 赤ニキビは、同じ毛穴に再発しやすく、ニキビ跡を残してしまうので、再発しないような専門治療を受けることがきれいな肌を取り戻す近道です。 赤(炎症性)ニキビの治療方法 当院でおすすめの治療としては、古い角質を溶かして、お肌のターンオーバーを整えるピーリング治療、ニキビに有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、炎症の原因となるタンパク質分解酵素を破壊し、ニキビの炎症を抑えるアクネソニックといった治療がございます。 また、炎症を早く抑えるために、抗生物質の内服薬・外用薬の処方も行っております。 黄(膿疱性)ニキビとは、膿をもって化膿したニキビの最終段階です。 化膿した状態が黄色にみえるので、黄ニキビとよばれます。 アクネ桿菌やブドウ球菌が繁殖して重度の炎症を起こすと、毛穴にクリーム色の膿が溜まって腫れあがります。 毛穴の周囲の皮膚組織では、大きな炎症を起こすため、毛穴の周囲の皮膚組織が破壊されてしまいます。 黄ニキビの状態ですと、毛穴の周囲の皮膚組織は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、ニキビの炎症が治まった後も、クレーターや赤み、シミのように見える色素沈着といった跡が残ってしまいます。 真皮の細胞は、一度壊れると再生するのに時間がかかったり、真皮を作ることが難しい場合もありますので、ニキビ跡の凹凸(クレーター)ができてしまうと、完全に元の肌に戻すことが難しいのです。 ニキビ跡の凹凸(クレーター)を完全に元の肌に戻すことは難しいですが、目立たなくさせる治療はございます。 ニキビ跡を残さないためにも、黄ニキビまで悪化させないように、早めにクリニックを受診しましょう。 黄(膿疱性)ニキビのケア 黄ニキビは、重度の炎症を伴っているため、日常のお肌のケアだけで治すことは難しい状態です。 ですので、赤ニキビと同様に黄色ニキビになる前に、しっかりとしたケアや治療をして予防することが大切です。 黄ニキビのケアは、まずお肌の清潔を保ちます。 洗顔の際には、まず手をよく洗い、お肌に優しい固形石けんなどをよく泡立てます。 決してゴシゴシ擦らずに、やさしく洗います。 すすぎの際も、温度が低めのぬるま湯で、洗顔料が残らないようにすすぎます。 タオルで優しく押さえて水分をきります。 しっかりと良質な睡眠をとり、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めない環境を作るなど、睡眠不足やストレスによって、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。 黄ニキビは、重症化したニキビですので、ニキビの炎症が治まった後も、クレーターや赤み、シミのように見える色素沈着といった跡が残ってしまいます。 できるだけ早くクリニックの治療を受けることが大切です。 黄(膿疱性)ニキビの治療方法 当院でおすすめの治療としては、炎症を早く抑えるために、抗生物質の内服薬・外用薬の処方や、アキュタン・ロアキュタンといった皮脂の分泌を抑える内服薬の処方も行っております。 黄ニキビは、もっとも重症化したニキビですので、レーザー等の治療が適さない場合もございます。 お早めに医師の診察を受けましょう。 ニキビ跡の赤みとは、ニキビの炎症が落ち着いた後でも赤みが残っている状態をいいます。 この赤みは、お肌の内部では、また炎症が残っているために生じています。 ニキビ跡の赤みは、時間の経過とともに消えていくものですが、消えていく時間には個人差があります。 2~3ヶ月で徐々に薄くなっていきますが、なかなか消えない方は、1年位かかる場合もあります。 ニキビ跡の赤みは、皮膚のターンオーバーがうまくいっていないことが大きな原因です。 ターンオーバーを促進させることによって、ニキビ跡の赤みの改善が期待できます。 ニキビ跡の赤みのケア ニキビ跡の赤みは、お肌の内部で起こっている炎症を沈静化させ、ターンオーバーを促進させるケアが必要です。 また、色素沈着とならないように、紫外線ケア(日焼け止め)の使用も大切です。 ニキビ跡の赤みの治療方法 当院でおすすめの治療としては、お肌のターンオーバーを整え美白効果のあるピーリング治療、お肌に有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、赤みに反応するギャラクシーフォトRFアドバンスといった治療がございます。 また、炎症の沈静化を早くするために、内服薬の処方も行っております。 ニキビの炎症や化膿が重度な場合はニキビ跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。 ニキビの炎症や化膿が重度な場合は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、ニキビ跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。 赤ニキビや黄ニキビが重度の炎症を起こすと、毛穴の周囲の皮膚組織が破壊されてしまいます。 ニキビの重症度にもよりますが、表皮の一番下の基底層まで炎症が及んでいる場合と、基底層を越えて真皮層まで炎症が及んでいる場合で、ニキビ跡の凹凸(クレーター)の改善に差があります。 つまり、ニキビの炎症が浅い場合と、深い場合です。 ニキビの炎症が深い場合は、お肌の真皮の細胞が傷ついてしまっています。 真皮は、一度壊れると再生するのに時間がかかったり、真皮を作ることが難しい場合もありますので、ニキビ跡の凹凸(クレーター)ができてしまうと、完全に元の肌に戻すことが難しいのです。 ニキビ跡の凹凸(クレーター)を完全に元の肌に戻すことは難しいですが、目立たなくさせる治療はございます。 ニキビの炎症が浅い場合は、お肌の基底層という、表皮の一番下の層までのダメージです。 こちらのダメージは、炎症が深い場合に比べると時間がかからずに改善することができます。 以上のことより、ニキビ跡の凹凸(クレーター)を改善するのは大変ですので、まずは、ニキビ跡を残さないようにするために、ニキビを放置しない、悪化させないことが大切です。 ニキビ跡の凹凸のケア ニキビの炎症や化膿が重度な場合は、多くの場合が真皮まで傷ついてしまうため、ニキビ跡の凹凸(クレーター)が残ってしまいます。 ニキビ跡の凹凸は、日常のお肌のケアでは治すことは難しいので、クリニックでの治療をおすすめします。 ニキビ跡の凹凸の治療方法 当院でおすすめの治療としては、お肌の再生を促すCO2フラクショナルレーザーなどがございます。 ニキビ跡の色素沈着とは、ニキビの炎症の後にメラニン色素が沈着して、シミのように見える状態です。 ニキビの跡の色素沈着は、メラニン色素がお肌の表皮に沈着して、シミのように見えるものです。 ニキビの炎症によるダメージを回復するために、表皮の細胞が活性化すると、表皮の一番下(基底層)にあるメラノサイトも一緒に活性化してしまいます。 メラノサイトが活性化すると、メラニン色素の産生が促進されてしまうため、その結果色素沈着が起こります。 この色素沈着は、お肌のターンオーバーによって時間をかけて少しずつ薄くなりますが、メラニン色素が真皮まで達していると、自然に消えることが難しいため、クリニックでの治療をおすすめします。 また、色素沈着を早く治したい場合も、クリニックでの治療をおすすめします。 ニキビ跡の色素沈着のケア ニキビ跡の色素沈着のケアは、色素沈着を改善するためにターンオーバーを促進させるケアが必要です。 また、色素沈着が起こっているお肌に刺激を与えると、色素沈着が長引く原因になりますので、毎日のお肌のケアも優しく洗顔し、ゴシゴシこすったりしないようにしましょう。 色素沈着をキレイに治すためには、紫外線ケア(日焼け止め)の使用も大切です。 ニキビ跡の色素沈着の治療方法 当院でおすすめの治療としては、お肌のターンオーバーを整え美白効果のあるピーリング治療、お肌に有効な成分をお肌に浸透させるイオン導入、ギャラクシーフォトRFアドバンスといった治療がございます。 また、内服薬の処方やハイドロキノンの処方も行っております。 女性のニキビの注意点 生理の影響をうけやすい肌、メイクとムダ毛処理にも注意を 排卵から生理までの期間はホルモンの関係で皮脂分泌が活発になるため、肌荒れが起きやすい期間です。 この時期はビタミンA、C、Eをしっかり摂取し肌の正常なターンオーバーを促すようにしましょう。 また、ニキビができている時のお化粧は控えめに。 皮膚呼吸のためにも厚塗りで毛穴をふさぐことのないよう注意し、またクレンジングは優しく丁寧に行い、肌を清潔に保つことが肝心です。 そして紫外線対策も重要です。 紫外線が当たった肌は乾燥し、肌のターンオーバー に悪影響を与えてしまいます。 ムダ毛処理後の肌は角質層が剥がれた無防備な状態なのでUV対策をしっかり行いましょう。 男性のニキビの注意点 まだ成長過程の肌、生活習慣だけでなく内面のサポートも 思春期のにきびは皮脂の過剰な分泌が主な原因なので、皮脂の量が特に多いTゾーン(額から鼻にかけて)ににきびができやすいです。 また、皮脂の分泌量に対し毛穴は成長過程にある為、小さな毛穴に汚れや皮脂がつまりやすくなっています。 汗をかく季節は特に注意してください。 余分な皮脂は取って、洗顔・潤い補給に気をつけましょう。 思春期のにきびはそれ自体が悩みの種でストレスの原因となってしまい、さらににきびができてしまうという悪循環に陥りがちです。 食事・運動・睡眠に気を配り保護者の方がアドバイスするなど、正しい知識をもって対処できるように働きかけてあげることが大切です。 お尻のニキビの注意点 美容皮膚科をご覧の皆様へ 当院の美容皮膚科は、皮膚に疾患がある場合の治療だけではなく、しわやたるみの改善などの美肌を目的とした皮膚科の診療分野です。 メスを使わずに治療することが大きな特徴で、シミやそばかす、肌のくすみ、にきび跡、しわなどを先進の技術で治療します。 また、レーザーによるアザや刺青の除去、ボトックス注入による若返り(エイジングケア)など、様々な肌の悩みを解決できるのも美容皮膚科の特徴です。 また、美容皮膚科の診療科目の中には、肌の再生を促しハリやツヤを与える外用薬や、体の中から栄養を与える美容点滴・美容注射など、手軽に試せることも特徴的です。 湘南美容クリニックでは、最先端の医療機器を取り揃え、高水準の技術を会得した専門スタッフがあなたの肌の悩みにお応えしていきます。 湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

次の