ライフ アフター 動物 の 内臓。 不思議なワニの習性 石を食べる『胃石』の驚きの理由

【ライフアフター】料理レシピ一覧|GAMY

ライフ アフター 動物 の 内臓

子犬の頃のチーズ 宮城県仙台市の自営業・宮井信吉さんの愛犬・パピヨンのチーズは、2016年10月に丸20歳の誕生日を迎えました。 「まさかこんなに長生きしてくれるとは思いませんでした」と喜ぶ宮井さん。 チーズは今年に入ってから少し弱って排泄にも介助が必要になりましたが、食欲はあり、宮井さんと奥さん、そして娘さんと一緒に穏やかな生活を続けています。 宮井さんとチーズとの出会いは今から約20年前。 当時まだ小学生だった2人の子どもたちが、近所の人の犬を怖がる様子を見て「動物に慣れさせなくては」と思った宮井さんが、知人から生後間もないチーズを貰い受けたのです。 チーズという名前を付けたのは、子どもたち。 チーズを飼い始めたことによって、子どもたちは犬を怖がることもなくなり、すっかり犬好きに。 特にお兄ちゃんとの相性は抜群で、チーズはまるで弟のような存在になったそうです。 「子どもたちが犬をはじめ生き物を好きになってくれたのはチーズのおかげ。 今も子どもたちとチーズは特別な絆で結ばれていると思います」と宮井さん。 もともと犬好きだったという宮井さんも、チーズにメロメロに。 「まだチーズが子犬のころ、仕事に向かおうとしてふと振り返ると、一人家に残されたチーズがカーテンの隙間からこちらをじーっとみているんですよ。 その淋しそうな顔をみたら可哀そうになってしまって、仕事場に連れていくことにしました。 以来、チーズは毎日、私と一緒に出勤し、昼間は仕事場で一緒に過ごしています」とのこと! 「最近は寝てばかりですが、若いころは来客がある度に吠えて知らせてくれて、とてもよい番犬でしたね」。 毎日の散歩も宮井さんの担当でした。 チーズが若い頃は、毎日たっぷり1時間ほどかけて散歩をさせていたそうです。 「当時は丘の上に住んでいたので、散歩は坂の上り下りを含む起伏に富んだコースでした。 あのコースを毎日歩いたおかげで、チーズの足腰は随分強くなりましたね。 今、チーズがこんなに長生きができているのは、あのころにしっかり体を鍛え、足腰が丈夫になったからではないかと思っています」。 いつも事務所から家に戻る際、宮井さんが車の運転席側のドアを開けてやるとチーズが飛び乗って、助手席の定位置に座るのがお決まりのパターンでした。 しかし、その日に限ってチーズはなぜか助手席に行かず、運転席で停止。 そうとは知らない宮井さんはてっきりチーズがいつも通り助手席に座っていると思い込んだまま、運転席に乗り込んでしまいました。 その途端「キャン!」という泣き声!そう、かわいそうなチーズは宮井さんの下敷きになってしまったのです!慌てて獣医師の診断を受けると、チーズは足の骨を脱臼してしまっていました。 「骨折はしていなかったので安心しましたが、あのときは肝を冷やしましたね。 おそらく、チーズもあのころから少しずつ老化現象が始まっていて、前ほど機敏に動けなくなっていたんでしょうね。 飼い主はいつも一緒にいるので犬の変化には気づきにくいもの。 でも犬は言葉が話せないわけですから、飼い主が犬をしっかり観察して、ちょっとした変化にも気づいてあげなくてはいけないんだということを痛感した出来事でした」。 自力で立ち上がれなくなったチーズの排泄を介助するためです。 「尿意を催すと、必死で立ち上がろうとしてもがくんです。 枕元で眠らせていれば、その気配にすぐ気づいて、外に排泄につれていけますから安心なんですよ」と宮井さん。 多い日は一晩に何度も起こされることがあるといいます。 長寿の秘訣は強い足腰! 「もちろん、眠いですよ。 でも、チーズはうちの家族ですから、助けるのは当たり前。 夜中に何度起こされても苦にはなりません。 犬を飼う以上最後まで責任を持つのが我々飼い主の務めだと思っています。 ただ、正直言ってこんなに長生きしてくれるとは思っていませんでしたから、本当に嬉しいです。 20年もずっと我が家を見守ってくれているんですから、チーズには『ありがとう』の言葉しかありませんね」。 今日も安心しきった表情で、のんびり1日を過ごすチーズ。 宮井家で過ごした20年の日々をゆっくりと思い出しているかのようです。 「普通に考えると、チーズが天国に旅立つのも、そう遠い日ではないと思います。 その日が来るまでチーズと一緒の時間を大切に楽しみたい。 今、望むのはそれだけです」と宮井さん。 宮井さんの愛情に包まれて今日ものんびりと過ごす、チーズ。 宮井さんとチーズのこの穏やかな毎日が、1日も長く続くよう、願わずにはいられません。 わん!ダフルストーリー Vol.

次の

【ライフアフター】料理レシピ(ダメージ)【LifeAfter】

ライフ アフター 動物 の 内臓

子犬の頃のチーズ 宮城県仙台市の自営業・宮井信吉さんの愛犬・パピヨンのチーズは、2016年10月に丸20歳の誕生日を迎えました。 「まさかこんなに長生きしてくれるとは思いませんでした」と喜ぶ宮井さん。 チーズは今年に入ってから少し弱って排泄にも介助が必要になりましたが、食欲はあり、宮井さんと奥さん、そして娘さんと一緒に穏やかな生活を続けています。 宮井さんとチーズとの出会いは今から約20年前。 当時まだ小学生だった2人の子どもたちが、近所の人の犬を怖がる様子を見て「動物に慣れさせなくては」と思った宮井さんが、知人から生後間もないチーズを貰い受けたのです。 チーズという名前を付けたのは、子どもたち。 チーズを飼い始めたことによって、子どもたちは犬を怖がることもなくなり、すっかり犬好きに。 特にお兄ちゃんとの相性は抜群で、チーズはまるで弟のような存在になったそうです。 「子どもたちが犬をはじめ生き物を好きになってくれたのはチーズのおかげ。 今も子どもたちとチーズは特別な絆で結ばれていると思います」と宮井さん。 もともと犬好きだったという宮井さんも、チーズにメロメロに。 「まだチーズが子犬のころ、仕事に向かおうとしてふと振り返ると、一人家に残されたチーズがカーテンの隙間からこちらをじーっとみているんですよ。 その淋しそうな顔をみたら可哀そうになってしまって、仕事場に連れていくことにしました。 以来、チーズは毎日、私と一緒に出勤し、昼間は仕事場で一緒に過ごしています」とのこと! 「最近は寝てばかりですが、若いころは来客がある度に吠えて知らせてくれて、とてもよい番犬でしたね」。 毎日の散歩も宮井さんの担当でした。 チーズが若い頃は、毎日たっぷり1時間ほどかけて散歩をさせていたそうです。 「当時は丘の上に住んでいたので、散歩は坂の上り下りを含む起伏に富んだコースでした。 あのコースを毎日歩いたおかげで、チーズの足腰は随分強くなりましたね。 今、チーズがこんなに長生きができているのは、あのころにしっかり体を鍛え、足腰が丈夫になったからではないかと思っています」。 いつも事務所から家に戻る際、宮井さんが車の運転席側のドアを開けてやるとチーズが飛び乗って、助手席の定位置に座るのがお決まりのパターンでした。 しかし、その日に限ってチーズはなぜか助手席に行かず、運転席で停止。 そうとは知らない宮井さんはてっきりチーズがいつも通り助手席に座っていると思い込んだまま、運転席に乗り込んでしまいました。 その途端「キャン!」という泣き声!そう、かわいそうなチーズは宮井さんの下敷きになってしまったのです!慌てて獣医師の診断を受けると、チーズは足の骨を脱臼してしまっていました。 「骨折はしていなかったので安心しましたが、あのときは肝を冷やしましたね。 おそらく、チーズもあのころから少しずつ老化現象が始まっていて、前ほど機敏に動けなくなっていたんでしょうね。 飼い主はいつも一緒にいるので犬の変化には気づきにくいもの。 でも犬は言葉が話せないわけですから、飼い主が犬をしっかり観察して、ちょっとした変化にも気づいてあげなくてはいけないんだということを痛感した出来事でした」。 自力で立ち上がれなくなったチーズの排泄を介助するためです。 「尿意を催すと、必死で立ち上がろうとしてもがくんです。 枕元で眠らせていれば、その気配にすぐ気づいて、外に排泄につれていけますから安心なんですよ」と宮井さん。 多い日は一晩に何度も起こされることがあるといいます。 長寿の秘訣は強い足腰! 「もちろん、眠いですよ。 でも、チーズはうちの家族ですから、助けるのは当たり前。 夜中に何度起こされても苦にはなりません。 犬を飼う以上最後まで責任を持つのが我々飼い主の務めだと思っています。 ただ、正直言ってこんなに長生きしてくれるとは思っていませんでしたから、本当に嬉しいです。 20年もずっと我が家を見守ってくれているんですから、チーズには『ありがとう』の言葉しかありませんね」。 今日も安心しきった表情で、のんびり1日を過ごすチーズ。 宮井家で過ごした20年の日々をゆっくりと思い出しているかのようです。 「普通に考えると、チーズが天国に旅立つのも、そう遠い日ではないと思います。 その日が来るまでチーズと一緒の時間を大切に楽しみたい。 今、望むのはそれだけです」と宮井さん。 宮井さんの愛情に包まれて今日ものんびりと過ごす、チーズ。 宮井さんとチーズのこの穏やかな毎日が、1日も長く続くよう、願わずにはいられません。 わん!ダフルストーリー Vol.

次の

コジマの安心

ライフ アフター 動物 の 内臓

後ろ足を引きずっていた14歳のミニチュアダックス 大阪のお客さんが飼っているのはMダックスのGちゃん。 14才です。 コロナで自粛する二ヵ月ほど前まで後ろ足が全く立たず前足でおうちの中を移動していました。 なかなかの速さで移動していましたね 笑 やはり前足や背中の負担が半端なく、初めて伺った時はビックリするほどからだが堅かったのです。 まるで鎧を着てるみたいな。 そんな体でも玄関を入ったら元気にワンワン吠えて後ろ足を引きずりながら出迎え(?誰だお前コール?)してくれました。 自粛中にマッサージ頑張っていたんです! その後コロナ自粛があり、施術もご無沙汰になってしまいました。 「Gちゃんどうしてるかな」と気になっていたところ久しぶりにメールが来たのです。 「よちよちながら後ろ足で歩いています」 「ご飯も立って食べてます」 うそん?! コロナ自粛でおうちにいる間マッサージを頑張ってされていた、とのこと。 その後動画が送られてきましたが、ほんとに歩いてる!! マッサージをバカにするな! 後ろ足を引きずって移動するコはまずは「立つ」ことを思い出してもらう、フラフラでも自力で立てる事をまず目標にしています。 立てれば筋力も増すし、立つ事を思い出せば犬は「足を前に出す」ということを自然にするんじゃないかと。 (後ろ足が立たなくても前足で移動できちゃうから使わなくなるのです。 ) でも14歳という年齢と筋力低下があるので難しいかなぁと思っていたのですが・・・ よちよちとは言えなかなかしっかり歩いています! 歩ければ筋肉はますます鍛えられるし、血流も良くなるし、何より本人のモチベーションが上がるでしょう(これが一番大事!)。 飼い主さん、すごく頑張ったんだな・・・と感動しました。 マッサージってケアとしてはちょっと地味? 「何かしてあげたい!」と思っている愛情深い飼い主さんにとっては、効いてるのか効いてないのかよくわからないマッサージより 何かを飲ませたり、どこかの有名な先生に通ったりする方が「何かしてあげてる」感が強いのかもしれません。 でも今回Gちゃんが証明してくれましたね! 毎日のちょっとしたケアがとても有効なんだと、教えてくれました。 「老犬」といってバカにするな! 「老犬だから仕方ないと思います」 昨日より今日は一日老化するので、そういう事ももちろんあるんだけど でもそれって愛犬をバカにしている言葉ともいえます。 老犬とはいえ犬は犬。 犬って何万年も歴史のある強い動物なのです。 (そんな動物に1から10まで人の助けが本当に必要なのでしょうか?) ちょっと手助けしてあげればあとは自分で治る方向に「持っていけるなら」持っていきます。 それがだんだん持っていけなくなって死となります。 それは自然なことですよね。 なんでもかんでも老犬だからとリミットを決めるのは失礼だと思います。 私もまさか、こんな短期間で歩けるまで回復すると思ってなかったので反省しました。 無茶しなければいい効果はあっても悪い効果はありません。 体のつくり、歪みのメカニズム等の座学と実技でしっかり学べます。 お問い合わせ・お申し込み メールはこちらからの返信が迷惑メールに入ることが多いのでラインがオススメです。

次の