シェア ビデオ。 Bizビデオシェア

LINEビデオ通話で「画面共有」のやり方!音やYouTubeのシェアはできないの?

シェア ビデオ

FPSで良い感じにキルできたシーンをつなぎあわせ、BGMつきで動画にする形などが一般的です オープニングやエンディングなどはテンプレがあるので、誰でも簡単にかっこいい動画が作れるようになっています。 シェアファクトリーの使い方 シェアファクトリーの公式ヘルプが搭載されており、編集中いつでもチェックできます。 分からないことがあったらその都度ヘルプを参考にしていきましょう。 一度にたくさんの情報を与えられても何だか頭が混乱しちゃいそうですよね。 「どこから手を付けたらいいかわからない」 「やっぱり難しそう」 と戸惑うことになってしまうかもしれません。 そこで今回の記事では、 初心者でも出来る基本的な操作と良く使う機能にはより具体的に紹介していきます。 まずはダウンロード方法から紹介します。 まずはシェアファクトリーのダウンロードとゲームの録画をしよう シェアファクトリーを使って動画投稿したい場合の大まかな手順は以下の通りです。 シェアファクトリーのダウンロード• ゲームの録画(シェアボタンから)• 動画の編集(シェアファクトリー)• シェア(YouTubeやTwitterに投稿) 写真の追加 ミュージック同様、写真もUSBメモリー経由でインポートすることができます。 インポート=USBメモリーからPS4のシェアファクトリー内に取り込むこと。 例えばパソコンでサムネイル用の画像を作って、それをサムネイルに持ってくることもできます。 動画のサムネイルをシェアファクトリーで作る方法 シェアファクトリーでは動画のサムネイルも一応作成することができます。 サムネイル=その動画をアピールする画像のこと。 【オーバーレイ】からテキストを入れて画像の上に文字を入れるとよりサムネイルっぽくなります。 【プロジェクトのセーブ】は動画の保存。 【ギャラリーへエクスポート】を押すと、エンコードが始まります。 この作業が終わると動画のアップロードが可能になります。 ここでシェアしても良いですし、後で【キャプチャギャラリー】からアップロードすることも出来ます。 ただ、ぶっちゃけるとシェアファクトリーでサムネイルを作るのは手間がかかる上に限界があります。 まとめと管理人一言 動画編集は難しいイメージがありますが、想像よりも簡単ですし結構楽しいものです。 特にシェアファクトリーは初心者でも直感的に扱えるような易しい設定になっています。 オプションボタンを押すことで公式のヘルプを見ることができるので、そちらも参考にしながら動画を編集していきましょう。 PS4だけで動画の録画、編集、投稿がまとめて出来る点は素晴らしいですね。 また、シェアファクトリーを通じて動画編集に興味を持ったという方は本格的動画編集ソフトへの移行が正直おすすめです。 シェアファクトリーよりもさらに細かい編集が可能なので、動画編集を本気でやりたい方は以下のソフトもぜひ検討してみて下さい。 Aviutl(無料の動画編集ソフト、vtuberやゆっくり実況の方が使っているイメージ)• Final Cut Pro(Appleの動画編集ソフト、有料、マックを使っているYouTuberが好むイメージ)• Adobe premier pro(Adobeの動画編集ソフト、有料、仕事としてプロが使うイメージ).

次の

cdn.snowboardermag.com:LINE、PC画面を共有しながらビデオ通話できる「画面シェア」

シェア ビデオ

ビジネスにおいて「レベニューシェアでお願いしたい」といわれたことがある経営者もいるかもしれません。 レベニューシェアは、近年注目を集めている契約形態です。 メリットがある一方で、レベニューシェアについて正しく理解していないと、トラブルになるリスクもあります。 今回は、レベニューシェアの仕組みやメリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。 レベニューシェアとは レベニューシェアは一言でいえば、「収益分配型の契約」を意味します。 「レベニュー(revenue)」は収益、「シェア(share)」は分け合うという意味です。 主に、ウェブサイト制作やシステム開発など、IT関係のビジネスにおいて採用される機会が増えています。 レベニューシェアの大きな特徴は、「開発者側が費用を負担して、まず成果品を作ってしまう」という点です。 そして、その成果品から発生した収益を、依頼者と開発者が事前に決めておいた割合で分配します。 これが、「収益分配型」と呼ばれる理由です。 レベニューシェアの仕組み ECサイト制作を例にとって、具体的にイメージしてみましょう。 依頼者は、商品を売るために自社のECサイトを作成しようと考えたとします。 開発者は、レベニューシェアで受託し、無料もしくは安価でECサイトを制作します。 また、その後の保守作業も請け負います。 依頼者のECサイトで売り上げが出た場合、その収益の一部を開発者に支払います。 これが、一般的なレベニューシェアの流れです。 中小企業がレベニューシェアを活用する理由 従来の契約では、依頼者の要望をもとに開発者がシステムを開発し、その対価として依頼者が費用を支払う、という「買い切り型」でした。 ただ、この方法は、依頼者にとって費用負担が大きいというデメリットがあります。 また、実際に完成したシステムを動かしてみるまで、期待した効果が得られるかどうかがわからないという問題点も抱えています。 一方、レベニューシェアの場合は開発者が費用を負担します。 そのため、初期投資を安く抑えることができます。 出費を抑えたい中小企業にとって、レベニューシェアはビジネスチャンスを広げるための選択肢の一つといえるでしょう。 レベニューシェアのメリット、注意しなければいけない点 実際にレベニューシェアの活用を検討する場合、メリットのほか、注意すべきポイントを押さえる必要があります。 それぞれについて見ていきましょう。 メリット 依頼者側にとっての主なメリットは、以下のとおりです。 ・初期投資にかかる資金が少なくて済む ・新しいビジネスにチャレンジしやすくなる ・開発者側のモチベーション維持が期待できる ・決まった分配率以上の支払いが発生しない 前述のとおり、レベニューシェアでは、開発者が安価もしくは無償で開発をしてくれます。 初期投資が少なければ、新しいビジネスアイデアへの心理的ハードルも低くなるでしょう。 さらに、売り上げが見込めるシステムであれば、それだけ継続的な収入につながるため、開発側のモチベーション維持も期待できます。 また、予想したほど売り上げが伸びなかったときでも、収益の分配率があらかじめ決められているため、開発者への支払いは少なくて済みます。 開発者側にとっての主なメリットは、以下のとおりです。 ・継続的な収入になる ・開発のモチベーションが保ちやすい ・高い成約率が期待できる 事業がうまくいけば、継続的に収入が得られます。 また、成果品の良し悪しは、開発者が得る収益額に直接つながるため、より良いものを作ろうというモチベーションが維持しやすくなるのもメリットといえます。 さらに、依頼者にとっては初期投資が低いことから発注しやすいと考えられるため、成約率が高まることも期待できます。 注意しなければいけない点 メリットが多いレベニューシェアですが、注意しなければいけない点もいくつかあります。 依頼者側は、「収益が増えれば、支払い費用も増える」ということを念頭に置く必要があります。 ウェブサイトやアプリといった成果品を受け取った後も、開発者との関係は続きます。 また、契約内容によっては、意思決定をする上で開発者と協議する必要が生じることもあります。 開発者側は、「開発費用を回収できない可能性がある」点を意識する必要があります。 実際に収益が出るまで、自分がいくら報酬を得られるのかはわかりません。 もし、期待したような成果が出なかった場合は、費用持ち出しになってしまうため、買い切り型の契約よりも利益が少なくなる可能性があります。 また、「成果を上げるために」という名目で、依頼者から過大なサービスを求められることも考えられます。 事業を成功させ、収益をあげるためには、依頼者と開発者が互いに信頼し、協力する姿勢が重要です。 できるだけデメリットを最小限に抑えるためには、事業内容をよく吟味した上で、契約内容を決める必要があります。 レベニューシェア契約書を作成するうえでの注意点 トラブルを回避するには、依頼者と開発者の間で、役割分担や責任の所在を明確化することが大切です。 そのためにも、契約書は可能なかぎり詳細に作成しましょう。 項目としては、たとえば ・分配の割合 ・分配の対象 ・分配金支払いの対象期間 ・消費税を含むか、含まないか ・著作権の取り扱い ・システムの運用者、保守管理者 ・ユーザーからの問い合わせ窓口 ・セキュリティー事故発生時の対応 ・想定外の事案発生時の対応 などが挙げられます。 曖昧な契約内容はトラブルの元です。 思いつくかぎり細かく項目を洗い出し、契約書の内容を一つ一つ決定していきましょう。 レベニューシェアの活用例 レベニューシェアの実例として有名なのが、大阪の超高層ビル「あべのハルカス」です。 ビル内にある美術館の入退場管理システムには、レベニューシェアが採用されています。 レベニューシェアに特有の「開発者への支払い(分配率)」について、あべのハルカスでは「チケットの発券枚数」が基準となっています。 収益の対象となる数値が明確なので、分配金額についても不信感が生まれにくいと考えられます。 また、一年ごとに契約を見直す契約となっており、状況に合わせて柔軟に対応しやすくなっています。 レベニューシェアを検討している経営者にとって、一つの参考となるでしょう。 参考: レベニューシェアは、発生した売り上げをあらかじめ決められた割合で分配する契約です。 依頼者は初期費用を抑えたり、開発者は継続的な収益が見込めたりなど、さまざまメリットがあります。 しかし、同時にリスクもあることを忘れずに、活用を検討してください。 執筆は2019年8月20日時点の情報を参照しています。

次の

cdn.snowboardermag.com:LINE、PC画面を共有しながらビデオ通話できる「画面シェア」

シェア ビデオ

グループでビデオチャットする際、画面共有が可能に 「LINE」は、ご存じの通り複数人が同時にテキストや動画、音声でやりとりできるグループチャット機能を備えている。 3月に追加された「画面シェア」も、このグループチャットで、動画でやりとりするときに使える機能の1つ。 3月時点ではWindows 10のLINEアプリ上で利用できるようになっている。 画面シェアで可能になるのは、PCでグループチャットに参加しているメンバーが、自分のデスクトップをビデオチャットのなかで共有すること。 グループチャットを作ってビデオチャットを開始した後、「画面をシェア」ボタンをクリックすると、今操作しているデスクトップを他のメンバーが動画の状態で見られるようになる。 もちろんスマートフォンで参加しているメンバーもPC画面を見ることが可能だ。 全員で画面共有可。 Webカメラの一時オフ代わりにも PCの画面を動画で見せられることのメリットは、静止画像やテキスト、言葉では伝えにくい資料の中身などを簡単に把握してもらえることだろう。 提案資料のようなスライドを説明しながら見せていくこともできるし、会議中に話題に上ったWebサイトや動画などを参考までにその場で表示して情報共有する、といった使い方も考えられる。 画質は若干劣化するものの、PCやスマートフォン上で全画面表示すればある程度小さな文字まで読み取れるだろう。 画面シェアの機能はチャットにPCで参加しているメンバーであれば誰でも利用でき、互いに画面を見せ合える。 あるいはWebカメラで自分の姿を映していて、一時的に離席したくなったとき、家族が映像に入り込んでしまったときなどに、あえて画面シェアを使ってカメラ映像を隠すといった応用もアリ。 ただし、デスクトップをそのまま見せてしまうことになるため、仕事とは無関係なものをうっかり見せてしまわないように注意しよう。

次の