はなちゃん 発達 障害。 フワちゃんの発達障害はデマ?本当は天才で英語&中国語が話せる?あのキャラは演技か?

発達障害の生徒への対応がわからない人必見!タイプ別対応を公開!

はなちゃん 発達 障害

この記事の目次• フワちゃんは発達障害? 不注意や多動 待てない、じっとしていられない 、衝動的などの特徴があり、「障害という障害ではない」が、「普通とはちょっと変わって見える」のが発達障害です。 フワちゃんの異常なテンションと行動は「普通ではありえない」ため、発達障害に当てはまるかもしれませんね。 芸人のフワちゃんって発達障害っぽい? adhdの不注意欠陥型と衝動性の特性がめちゃくちゃ強く出てると思う。 だからこその面白さ。 海外で暮らしてた時間が適応できたかな。 日本だと異質に取られてしまいそう。 一般社会には馴染めないと思う。 でもあれも1つの個性で、その個性がはまる場所は芸人なんだろうな。 生き方として正解な気がする。 — おさむらい XVrOeWPeJHS8hoK 「発達障害」にもいろいろと種類がありますが、フワちゃんはADHDに該当する可能性がありそうです。 フワちゃんのぶっ飛んだエピソード ここからは、フワちゃんの「ここが発達障害かも?」と思われる部分について、ぶっ飛んだエピソードを交えて紹介していきます! お金の使い方が下手 フワちゃんはテレビでも雑誌などのインタビューでも、お金のことは包み隠さずに明かしています。 2019年上半期現在、YouTubeの月収が20万円ほどでテレビの月収は10万円ほどだそうですが、月収だけではなく 借金があることも明かしています。 忘れ物が酷すぎる フワちゃんのトンデモエピソードとしてよく言われるのが 「忘れ物」です。 荷物を持っているのが面倒だからと言って道端に置き、そのまま忘れて帰ってしまうだとか。 忘れ物を取りに新潟県まで行ったのに、また忘れて帰ってきてしまうだとか。 舞台上でネタを忘れる 実はYouTubeを始める前までは お笑い芸人だったフワちゃん。 コンビも2度組んでおり、一度目は女性の相方がいたけど辞めてしまい、2度目は男性の相方と組んでいたそう。 ただ、フワちゃんが「決められたネタをする」「決められたセリフを言う」ということが苦手で上手くいかず解散。 その後1年ほどフワちゃんはピンで活動することとなりました。 しかし、コンビで活動していた時はセリフを、ピンで活動していた時はネタを舞台上で忘れてしまうことが多々あったそうです! 緊張で一瞬飛んでしまうのは分かりますが、そんな何度もあることではないと思いますし、フワちゃんの場合は「緊張」が原因でもない気がします。。 暑中寝坊する そしてフワちゃん、お寝坊さんなんだそうです。 セブ島への語学留学で英語を学ぶと本当に「英語力」は上がるのか?という企画でスポンサーと共にセブ島へ飛び立ったフワちゃん。 肝心の 撮影当日は 3日連続で寝坊し、トレードマークであるお団子ヘアを作ることが出来ず…。 「時間にルーズである」のも実は発達障害者の特徴の一つであったりします。 決められたセリフやネタが出来ない 忘れるor突発的にアドリブを挟みたがる 決められたルールや時間にルーズ マニュアル通りできず、自分ルールを設けてその中でやりたがる 人に指示や禁止などコントロールされたくない などなど。 そしてこれらが原因で、フワちゃんは バイトを15回クビになっているそうです。 さらに、芸人時代に所属していた ワタナベエンターテインメントもクビになっています。 ワタナベをクビになった理由は、お偉いさんに中指を立てたからだそうです。。 笑 まあつまり、発達障害の人はこのように「型」にハマることが本当に苦手なのです。 だからお笑い芸人の世界より、のびのびと出来るYouTubeの方がフワちゃんに向いているのかもしれませんね! 検査結果…発達障害ではなかった!? なんとフワちゃん、本気で心配しているのかどうかは分かりませんが ご自身で 病院に行ったそうです。 YouTube動画の視聴者から一度病院に行くことをすすめられ、素直に従ったのですね。 そして検査の結果なんと。。 異常はなかったそうです! 病気かと思って病院行ったら病気じゃなかった!よかった!まじ価値観変わった! — フワちゃん FUWA fuwa876 どのような検査をしたかまでは分かりませんが、発達障害やその他の症状にも該当しなかったということなのでしょうか。 実は「常識的でクレバー」? フワちゃんとスポンサー契約をした企業の担当者によると、フワちゃんはとても常識的でクレバーだそうですよ! フワちゃんは一見おバカっぽく奇想天外な行動に出ることがあるが、実は非常に常識的な価値観を持ったクレバーな女性である。 ( 【アバンティーズとのコラボ動画】 でもその片鱗は感じられる。 有象無象のおバカタレント枠では測れない存在なのだ。 言われてみれば、フワちゃんは 英語ぺらぺらで海外にも気軽に行ける行動力を持っており、YouTube動画も 自分で編集しています。 フワちゃんイズムが出すぎてサイケデリックなデザインになっていますが、 全て独学でここまで編集できるようになるってかなり凄いことです。

次の

フワちゃんは発達障害者と特徴が同じ?嫌いと言われる異常行動エピソード!

はなちゃん 発達 障害

フワちゃんの学歴や経歴など 実はフワちゃんは小学校2年生の頃から4年生までの2年間アメリカに住んでいた 帰国子女です。 そして、フワちゃんの出身大学は 東洋大学。 大学在学時に芸人 後述 を志し、ワタナベエンターテインメントの養成所に入ったのだという。 因みに、ご存知の方も多いかとは思うが、東洋大学は私立大学。 学費は卒業までに最低でも 約400万円と、フワちゃんの 実家がなかなかのお金持ちであることも予想される。 2018年には セブ島に 案件で 短期留学をしており、更ぶ英語力・・・よりも破壊力に磨きがかかったのです。 過去に大量にバイトをクビになっている フワちゃんは自身でもテレビでも多く語っていますが、多くのバイトを経験してそのほとんどをクビになっています。 ・プールの監視員のバイト中、暇だったのでストレッチしてたらクレームが入りクビ。 ・歯医者の受付では、じっと座っていることができなくてウロウロしてクビに。 ・試食販売では自分で食べてしまいクビに。 などなど。 しかもワタナベエンターテインメント事務所をクビになったときの動画もあります。 当時を振り返り 「バカだった」と語るフワちゃん。 しかし、事務所をクビにならなければフワちゃんはYouTubeでの活動は始めていなかったことが考えられるため、ある意味事務所をクビになったのは正解だったのかもしれない・・・? フワちゃんは発達障害??? まあフワちゃんを見た方はまず「普通ではない」と思うことも多いと思います。 実はフワちゃんは発達障害(ADHD)ではないか?という疑いもあるようです。 特徴 ・うっかりしたケアレスミスが多い ・おとなしく座ったり、静かにしていることが難しい ・いつも体が継続的に動いてしまう ・何でもしゃべりすぎる ・他人の会話にすぐに割り込む ・忘れ物をすることが頻繁にある ・段取りや整理整頓が苦手 などです。 大人の発達障害であげられるのがADHD(注意欠陥・多動性障害)で、これは大人の20人に1人が持っていると言われています。 分かりますか?特徴だけでいうとかなり当てはまってしまいますよね… 実際はどうなのか?というと。 病気かと思って病院行ったら病気じゃなかった!よかった!まじ価値観変わった!— フワちゃん FUWA fuwa876 ご自身も気にしていたのか検査をし、結果は 発達障害ではなかったようです。 実はかなり天才肌? となると、フワちゃんは実はかなりの天才なのでないのか?という疑惑が浮上します。 あえておバカキャラをしていますが、あのキャラは特殊で大物芸能人に結構失礼な絡みをしても「キャラ」として許されております。 しかも動画の編集がすごく引き付けるカリスマ性が強く根強いファンが居ます。 (まあ苦手な方もいますが。 com編集部 narinari1999 これを見る限り実はプライベートではしっかりと礼儀を守っている方なのかもしれません。 (芸能界でほんとうに生意気な人はおそらくほんとんど生き残れていないですから…) 彼女のマイナスなイメージが払拭される日はまだ少し遠いかもしれないが、いつかフワちゃんの魅力が今よりももっと多くの人々に伝わってくれることに期待したいです。

次の

フワちゃん発達障害の噂の真相!じつは超天才で全て演技だった!?

はなちゃん 発達 障害

これって発達障害? 発達障害にも種類がありますし、生徒一人一人に対しても対応法は変わります。 私がいままで見てきた発達障害のお子さんのケースを何個か紹介していきます。 ケース1. 中学2年生 A君 彼は、クラスではひょうきん者で目立つタイプ。 性格自体に問題はないように見えるけど、 すぐキレる。 すぐカッとなってしまう。 それに加えて 遅刻、欠席、行事不参加は当たり前な状況。 さらに、学習面でも勉強は全くできず、すぐ諦めてしまう。 一見ただの反抗期に怠けをプラスしたように見えますが、彼は発達障害の診断が出ました。 理解度が低くて問題を解くのに時間がかかってしまう子で、でも高校進学を希望していました。 ケース1への対応は? この子には個別に発達障害の支援センターの先生をつけて、 個別で学習面をサポートしてもらったり、親御さんへの理解を得てもらうように何回も面談を繰り返したり、本人にも進学したいなら遅刻、欠席を少しずつ減らしていくよう指導をしたり、とにかく 根気よく彼を支えるようにしました。 途中でサポートをやめてしまってはそれまでになってしまいます。 先生は最後までその子をサポートしましょう。 先生自身も支援センターの先生との連携を図ることで、他の生徒へも目を向けられるようになると思います。 なにが言いたいかというと、 他の人の力に頼ることも大切だということです! 自分のためにも生徒のためにも第三者を上手に使いましょう。 今は高校でも発達障害の生徒へ対応している高校も増えてきています。 ケース2. 小学4年生 B子ちゃん 彼女は、 黒板に書かれた文字を書くのが苦手。 算数も足し算、引き算までがやっとで4年生になり算数が難しく、ますますできなくなってきてしまった。 対人関係も苦手で、嫌なことがあるとすぐにキレて泣いてしまう。 謝ることができない。 自分自身への劣等感がすごくプライドも高いため、友達と仲良くなれずにいる。 ご両親も、そのような傾向にあったようで性格かなと思っていたそうですが、発達障害の診断がでました。 ケース2への対応は? 彼女へは、黒板はゆっくり書いてもらって、全部書けなくても、 褒めることを行っていました。 今日はここまでできたから明日も今日よりかけるように頑張ろうという感じで指導しました。 また、クラスメイトとの交流を図ってもらうことを目的に クラス行事を増やして、クラスの一員として意識づけました。 問題が起きた時は落ちつかせ、ほっとくことでなにがいけなかったかを本人に考えさせる。 といったことを行いました。 クラスの、他の生徒たちの理解と協力を得て少しずつ自分の悪かったところも認めるようになり、仲の良い優しい友達もできて前より少し明るい性格になることができました。 今であれば、黒板を写真にとってお家で勉強しても良いなんていう学校もあるようですが・・・学校によるので気を付けましょう。 勉強自体は難しくてついていけなかったけど、 できる部分を褒め、あえて前に出させて発表させることで彼女の自信へとつなげていきました。 ケース3. 小学3年生 C君 彼はものすごく頭がよく、勉強は他の子よりできていた。 しかし、 協調性が全くなく、自分がやりたいことを最初にできないとキレてしまう。 また、勉強ができない子を見下してしまう傾向にあり、友達は1人もいなく、 クラスの中では浮いていた。 グループ発表も積極的にやらずに、1人で好きなことをやるといった感じ、加減がわからずケンカ相手を蹴ってしまうことがあり、問題になってしまうこともある。 相手との距離感を掴めずにベタベタしすぎてしまう。 ケース3への対応は? 何より協調性を少しでも理解してもらうように指導しました。 ケンカになったとき相手の立場になってものを考えるよう、 「いまやったこと自分がやられたら嫌な気持ちにならないの?」と聞いたり、 「それでもいいっていうなら同じことあなたに同じようにやるね」って伝えたり、頭で理解できるように伝えました。 彼の良くないところで 「あなたならわかるはず」というのを根気よく伝えていきました。 人懐っこく、授業は真面目に受けることができる彼は理解しようと頑張りましたが、やはりなかなか難しく、大人で優しい友達が1人だけできました。 しかしクラスには馴染めませんでした。 最終的には問題が起きたとき声をかけると我慢できるようになり彼なりに努力はしていました。 実際、 全部の対応がいい方向へ向くわけではないです。 ただ、声をかけて見てあげてるということが伝われば少しずつでも変化することはあります。 ただ、先生も、なんかしらアクションをすることは大切です。 そうしないと自分も苦しくなります。 早めに誰かに相談しましょう! クラスの発達障害の子に特別な対応って必要? 例えば、発達障害の子に対して怒らないとか発達障害の子にばかり構うというのは他の生徒にとっては不平等に感じてしまいます。 他の生徒と同じように扱うべきだと思います。 しかし、そればかりでは ダメなのです。 自分1人の力ではどうしようもないときがきます。 そんなときは学校側へ相談し、支援センターを利用して、個別にその子へ対応してもらったりするのも良いでしょう。 先生も生徒も少しでも円滑に学校生活を送れるような工夫が必要です。 発達障害の児童へのが普通学級にいる場合 大体の場合、発達障害いわゆるグレーゾーンの子たちは普通学級にいることが多いです。 正直普通の子とは違うな?と感じる時はグレーゾーンだったってこともあります。 基本的にはここでは普通学級の発達障害児について書いています。 先生的にはあまりにも手に負えない時があると思うんです。 周りの生徒もかわいそうで、1人に時間をかけるとどうしても物事が進まないことは多いと思います。 絶対に1人で抱え込まないでください怪しいと思ったら前任への確認、周りの先生がたにも相談しましょう。 親御さんへの対応は?伝えるべきか? このようなシビアな問題は ストレートに伝えるべきではありません。 もしかしたら親御さんも考えているかもしれません。 普段の行動など話す機会があれば、生徒の良いところも伝えた上で「実は、、、」という感じて伝えるのが無難でしょう。 そして、支援学級をすぐにすすめることはやめるべきです。 一緒に考えていき最終的な答えは親御さんがだすからです。 保護者の立場にたって、物事を考えることが大切です。 最後に 1番発達障害に苦しんでるのは生徒本人かもしれません。 先生はそんな本人の気持ちをくみながら、自分のクラスのこと自分のことも考え、まずは誰かに相談してみましょう。 安藤花のラインIDはこちら! なんでも相談お待ちしております! 安藤はなのプロフィール はじめまして!安藤はなと申します。 私は小学生の時の担任の先生に憧れて「教師になって子供達と関わりたい」と憧れを抱き、教師になりました。 子供達のために先生になりましたが、そこで待っていたのは、膨大な事務仕事、雑用、パワハラ、いじめ、モンスターペアレント、上からの圧力など、、、思い描いていた教員生活とは全く異なっていました。 そして鬱を発症。 悩みに悩み、続けるかやめるか考え抜いた末に退職を決心。 退職後は時間も心もゆとりを持つことができ、給付金を受けながら今では自由な生活を送っています。 鬱と戦いながら頑張っている方と繋がりたいです。

次の