インカ 帝国 - インカ帝国とはどんな国?成立から滅亡理由、皇帝、ミイラとの関係も紹介

帝国 インカ インカ帝国

猛毒のドレスを身にまとい...死のドレスを着て埋葬された女性。インカの儀式の生贄か?

帝国 インカ インカ文明

帝国 インカ インカ帝国とはどんな国?成立から滅亡理由、皇帝、ミイラとの関係も紹介

帝国 インカ 猛毒のドレスを身にまとい死のドレスを着て埋葬された女性。インカの儀式の生贄か?

インカ帝国とは

帝国 インカ No.133 巨石を使った建築物・古代人たちの超技術

帝国 インカ インカ帝国・文明の謎と歴史に関する8つの驚くべきこと

インカ帝国

帝国 インカ クスコ市街:インカ帝国が築いたペルーの「黄金の都」 [世界遺産]

健康アラカルト(91)インカ帝国はなぜ滅びたか?

帝国 インカ インカ帝国

古代インカ、生贄の子らは薬物漬け

帝国 インカ 寺院で発掘された6体の遺骨! プレ・インカ文明、凄惨な生贄儀式が明らかに=ペルー

帝国 インカ No.133 巨石を使った建築物・古代人たちの超技術

『世界文明は日本から始まった。』(1)スカがつく地名 古代インカ帝国(ナスカ)

その数は約250種類。

  • インカ帝国の遺跡、マチュピチュは謎だらけ! インカ帝国の遺跡であり、現在は世界遺産に登録されているのが「マチュピチュ遺跡」です。

  • あるいは、もっと貧しい家庭に育ったのかもしれない。

  • この本のサブタイトルは「インカ帝国を作ったのは日本人だった」 本には、インカの人々は日本人の末裔だったと言う説が書かれていてる。

猛毒のドレスを身にまとい...死のドレスを着て埋葬された女性。インカの儀式の生贄か?

筆者撮影、マチュピチュ 広大なアンデス山脈にマチュピチュだけしか都市が無かったはずは絶対に無く、未だに誰も知らない遺跡が沢山眠っているはず、と考えるだけでゾクゾクしてくる。

  • インカの人たちはひっそりと秘密の都市「ビルカパンパ」を建設。

  • 」という話が伝わっています。

  • 遅くとも1万年前には南アメリカ大陸最南端のマゼラン海峡まで達していたようだ。

インカ帝国とは

その特徴はいずれもの伝統を受け継いでおり、次のような事柄である。

  • 首都のや世界遺産がその例。

  • ケチュア語で宇宙の「臍」を意味するクスコの中心には太陽神殿(コリカンチャ)がおかれていましたが、そこは神官と「太陽の処女」の拠点であり、後者は女祭司「太陽の処女」になるか、皇帝の第二夫人になるために、国費で教育を受けた、もっとも純潔な娘たちの中から選ばれました。

  • ペルーに行った旅の記録です。

No.133 巨石を使った建築物・古代人たちの超技術

インカ神話の初代クスコ国王『マンコ・カパック』 因みに万人の子と言う意味で万子 マヤ語=日本語 天皇の鉾と言う意味で朕鉾なのです。

  • 発見されたミイラの毛髪からコカやアルコールの成分が検出されたことから、選ばれた子供達は生贄となる約1年前からコカの葉やチチャ酒を与えられていたと考えられます。

  • 石で石を根気良く叩いて削ったようです。

  • インカの人々が見た火砲と騎兵 1532年、スペインの(コンキスタドール)の遠征軍に遭遇したインカ帝国の役人が、の皇帝に報告した以下のことばに、初めてヨーロッパ人を見た彼らの驚きがよく現れている。

クスコ市街:インカ帝国が築いたペルーの「黄金の都」 [世界遺産] All About

コカの葉とともにチチャ酒を飲みながら山を登り、死の恐怖を和らげるため、死の直前には意識を失うような配慮がされていたようです。

  • 、を中心とする高度な潅漑農業が行われていた。

  • またインカ帝国では、広くミイラが信仰されていました。

  • さらにそのうえ、彼らは銀の足をした、とてつもなく大きな羊の背に乗り、まるで天上に轟くようなイリャパを発するからでもあります。

「インカ帝国の征服」滅亡の理由は本当に神の奇跡だったのか

こんな辺境の地に世界中から美食家がこぞって集まるという。

  • 旧大陸との関係が無かったため、独自の文化を発展させたが、鉄器、車の利用など欠けるものもあった。

  • これを「ネオ=インカ国家」という場合もある。

  • 凛とした高地らしい空気に包まれるなか、第9代皇帝パチャクティの像がクスコの空に映えている。

マチュピチュへの玄関口、インカ帝国の首都として栄えた「クスコ」

今だ謎が多くその仮説の中にマチュピチュは通常の都市ではなくインカの人々も知らない秘密都市だったというのが有る。

  • 天の川から雨が降り大地を潤し川になり海に流れて又天の川になると考えても不思議ではない。

  • スペイン本国政府はピサロの独走を恐れ、正規軍を派遣してきたのでピサロはそれと妥協し、新たに首都を海岸地方のリマに建設してそこに移った。

  • 発見されたいずれのミイラも子どものミイラで、古代インカの生贄の儀式「カパコチャ」で生き埋めにされと考えられています。




2021 cdn.snowboardermag.com