ビートルズ let it be。 ザ・ビートルズの名曲「Let It Be」 こんな意味の曲だった

ザ・ビートルズの名曲「Let It Be」 こんな意味の曲だった

ビートルズ let it be

「 レット・イット・ビー」• 「」 B面• 「」 『 』 収録曲• 「 レット・イット・ビー」• 「」 「 レット・イット・ビー」( Let It Be)は、が3月に発売した22枚目の曲、かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。 また映画『』のテーマ曲かつ『』のタイトル曲。 概要 [ ] 名義はだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。 ポールは当初からこの曲を風に仕上げることを考えていたようでは「『ゴスペルっぽくするにはどうしたらいい?』とポールに質問された」と述べている。 そしてビリーのアイデアを基にゴスペル風のオルガンとコーラスを取り入れたという。 において第20位を記録した。 映画『レット・イット・ビー』のサウンド・トラック盤『レット・イット・ビー』(ビートルズのラスト・アルバム) に収録されている曲。 ビートルズが分裂しつつあるのをポールが悲観している頃に亡き母メアリー・マッカートニー が降りて来た際に述べた「 あるがままを あるがままに(全てを)受け容れるのです」との囁きを元に書いたと言われている。 ポールの母であるメアリー・パトリシア・モーヒン(1909年9月29日-1956年10月31日)は「子供達が大きくなるのを見たかったわ」と言い残し満47歳で死去している。 ポールはこの楽曲においてピアノを演奏しているので、がでベース・パートを演奏している。 ポールは以降、やソロコンサートでこの曲を演奏し続けており、現在ではポール・マッカートニーのレパートリーのひとつになっている。 また、参加時にはをした。 録音 [ ] この楽曲はの以前から存在しており、『』セッション中のには、リハーサル演奏が行なわれていた。 その数ヶ月後のにトゥイッケナム・スタジオでリハーサルが行なわれた。 なお、このリハーサルの時点ではマルチトラック録音は行なわれず、アップル・スタジオでのセッション時より開始された。 に第1テイク 、に9テイク録音されたのち、とにのがオーバー・ダビングされた。 これにより、ギターソロが2パターン存在することとなった(を参照)。 ミキシング [ ] 「レット・イット・ビー」はシングル・ヴァージョンが、アルバム収録ヴァージョンがのプロデュースによるミックスダウンだが、元々は同じテイクから作られたものである。 両者の大きな違いは、下記の通りである。 ラストのサビの("Let it be, let it be... "と繰り返す部分)がシングル・ヴァージョンよりアルバム・ヴァージョンの方が1回多い。 シングルでは1969年4月30日にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを、アルバムでは1970年1月4日にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを採ってミックスダウンされている。 またアルバムでは、間奏後、ポールのヴォーカルに戻って以降エンディングに至るまで、1970年1月4日録音のリードギターが前面にフィーチャーされている。 オーケストレイションとコーラス また、ヴォーカルのエコー、ドラムのハイハットのエコー、ステレオの定位、個々の楽器のバランスなど、細部における違いも多い。 また、映画および『ネイキッド』で使用したのは別テイクで、映画版のソロとほぼ同じ。 映画版の3ヴァースにはシングル盤・アルバム盤、ネイキッドのテイクにはない歌詞"There will be no sorrow"という一節を含んでいる。 の『』(Billbaord)誌では初登場6位で、これは当時のビルボードHOT100初登場最高位で、これはが1996年に発売した『スクリーム』(初登場5位)まで破られなかった。 1970年4月11日にチャート第1位を獲得。 ビルボード誌1970年年間ランキングは第9位。 アメリカだけで200万枚以上のセールスを記録している。 イギリスでは、「ミュージック・ウィーク」誌で最高位第2位を獲得し、30万枚以上のセールスに留まっている。 日本では138万枚以上 [ ]の売り上げを記録し、国内で発売されたビートルズのシングルの中では最大のヒット作となった。 B面は「」。 また、マスター・テープ到着前に発売したので日本盤のみ、ジャケットにステレオ表記があるにもかかわらず、モノラル・ヴァージョンで発売された(後にジャケットのステレオ表記は削除された)。 但し、モノラル・ヴァージョンは公式には作られておらず、このシングルに収録されている物は、ステレオ・ヴァージョンをそのままモノラル化したものである。 演奏 [ ] ビートルズ• - 、、• - コーラス、• - コーラス、• - 外部ミュージシャン• - 、• 演奏者不明 - 、 収録アルバム [ ]• 『』 カバー・バージョン [ ]• - 1970年のアルバム『』に収録。 - 1970年のアルバム『Fireworks』に収録。 オリジナルズ - 1970年のアルバム『Naturally Together』に収録。 - 1970年のアルバム『Patches』に収録。 - 1971年のシングル。 ビルボード誌最高位第47位を記録。 - 1971年のアルバム『』に収録。 - 1972年のアルバム『GARO2』に収録。 - 1973年のアルバム『Presenting... Nana Mouskouri... Songs From Her TV Series』に収録。 - 2012年のアルバム『Beautiful World』に収録。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• の『レット・イット・ビー』は写真集付のボックス・セットとして発売された後に廉価版が発売された。 をと解釈する人が多いがポール本人は「僕の母・メアリー=マッカートニー」とインタビューに回答。 一方で「この曲を聴いた人が聖母マリアと解釈するのは当然だ。 この曲で信仰心を高めてくれれば光栄。 」とも語っている。 なぜ当然かというと、 のマリアの言葉 成りますようにの箇所は、英語で let it be というためである。 そこでマリアが言った、「わたしは主のはしためです。 お言葉どおりこの身に成りますように」。 そして御使は彼女から離れて行った。 どうしようもない状況を暴力的に変えようというのではない。 さりとて、それに従えとか満足せよというのでもない。 そういう状況の中でも自棄(やけ)を起こさず希望を捨てないというのである」と書いている。 この時の音源はに発売された『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム 50周年記念エディション』に収録されている。 この時の音源はに発売された『』に収録されている。 出典 [ ] []• 2009年. 2009年4月10日閲覧。 1988. The Beatles Recording Sessions. New York:. 156. The Beatles Bible 2007年. 2018年12月8日閲覧。 Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. 254. (2006年2月22日時点の) [ ]• 関連項目 [ ]• 先代: 「」 ナンバーワンシングル - (2週) 次代: 「」.

次の

ザ・ビートルズの名曲「Let It Be」 こんな意味の曲だった

ビートルズ let it be

スポンサードリンク ビートルズ映画「Let It Be」の内容は? 世界を代表するロックバンド「ビートルズ」の未公開の映像を使ったドキュメンタリー映画が製作されるとの発表がありました。 その映画は、 ビートルズの最後のアルバム「Let It Be 」に視点を当て、当時の製作模様に視点を当てた作品。 1969年 1月 2日~ 1月 31日の間に、レコーディングスタジオで製作模様が撮影されており、その時間約 55時間におよぶ公開されていない映像を基に制作されているとのことのようです。 監督は「ロード・オブ・ザ・リング」などの知られる 名将ピーター・ジャクソンが監督製作。 最新の映像修復する技術を使って映像が新品同様にレストアされ、まるで 新作作映画を見ているような感じ がしそうです。 確かに、クイーンの「ボエミアンラプソディ」もリストアされており、まるで新作映像であったかのようだったので、相当に期待値できそうです。 映画を見ると、1969年にタイムトリップできそうでワクワクします。 製作には、あのポール・マッカートニーやリンゴ・スターのビートルズのメンバー、亡くなったジョン・レノンの妻、ヨーコ オノらも協力するそうです。 そして、映画製作が発表されたのは、1月30日。 そういえば、1月30日といえば 1969年にビートルズがロンドンの事務所の屋上で行なった有名なゲリラライブ「 ルーフトップ・コンサート Rooftop Concert、 Rooftop Performance 」から50年目にあたる日です。 また、同名映画のサウンドトラックである。 アナログA面 全作詞・作曲: 特記を除く。 タイトル リード・ボーカル 時間 1. 「 Two of Us」 3:36 2. 「 Dig a Pony」 ポール・マッカートニー 3:54 3. 「 Across the Universe」 ジョン・レノン 3:48 4. 「 I Me Mine」 ジョージ・ハリスン 2:26 5. 「 Dig It」 レノン=マッカートニー=ハリスン= ジョン・レノン 0:50 6. 「 Let It Be」 ポール・マッカートニー 4:03 7. 「 Maggie Mae」 (編曲:レノン=マッカートニー=ハリスン=スターキー) ジョン・レノン ポール・マッカートニー 0:40 合計時間: 19:17 アナログB面 全作詞・作曲: 特記を除く。 タイトル リード・ボーカル 時間 1. 「 One After 909」 ジョン・レノン ポール・マッカートニー 2:54 3. 「 The Long and Winding Road」 ポール・マッカートニー 3:38 4. 「 For You Blue」 ジョージ・ハリスン ジョージ・ハリスン 2:32 5. 「 Get Back」 ポール・マッカートニー 3:09 (引用:ウィキペディア) ルーフトップコンサートとは ルーフトップ・コンサート Rooftop Concert、 Rooftop Performance とは、にが・のにあったので映画撮影のために突如行ったゲリラライヴである。 事実上ビートルズの最後の歴史的なライヴ・パフォーマンスとなる (引用:ウィキペディア).

次の

ピーター・ジャクソン監督によるビートルズの新ドキュメンタリー映画『The Beatles: Get Back』が今年9月に北米で公開へ

ビートルズ let it be

でもHey Judeのように裏の意味はないので日本語訳は言葉を絞りやすいです。 さて、 今回もまた、この曲の作詞作曲ポールマッカートニー(ビートルズ)がどんな思いで詩を書いたのか、いや、この詩の中にポールのどんな心の叫びが込められているのかを探ってみたいと思います。 そのあとで、各自が自分なりの解釈をして受けとめればよいと思います。 この詩の主題は大まかに言うと、悩みを抱えている人たちへの癒し(いやし)の歌です。 ジョンの言葉を借りると、ビートルズはアルバムを重ねるたびに常に今までにない音楽、手法を生み出しどんどん進化していきました。 このころになると次はどんな新しいことをやるのか行き詰っていました。 またメンバー同士での音楽の意見の食い違いが大きくなり、けんかになることもあったようです。 さらに彼らが作ったレコード会社アップルレコードの経営状態も悪くなり、今まで発表してきた曲の著作権の問題(利益分配)、個性の強い4人をバラバラにならないようにうまくまとめてきたマネージャーの死去。 たくさんのことが重なり、メンバーたちはギクシャクし、ビートルズを解散するか悩んでいた時期です。 最初はジョージが抜けるといって飛び出し、次はジョンが抜けてヨーコと新しいバンドを始めたいと言いだし、ポールも独立したいと思い悩んでいました。 ・・・・・(略) さあ、ここで難しい言葉 Let it be が出てきました。 この曲のタイトルですね。 「なすがままに」とよく訳されていますが、先生が中学生のときには何でやねん?キュウリじゃいかんのかい!て感じで、さっぱり意味がわかりませんでした。 今でこそビートルズは教科書にものるようになりましたが、当時は年配の人たちからは不良グループのように思われていましたから詳しく説明してくれるものがありませんでした。 Let はHey Judeでできてましたね。 使役動詞で 〜させる。 it それ。 beは be動詞の原形で、ある、いる、存在する、その状態のままでいる。 という意味です。 Hey Judeでは使役動詞 make も出てきましたね。 makeとletの違いは、 makeは相手の意志に関係なく、無理やり何かをさせる、という感じ、 letは相手が望むならさせる、行動を許可する、という感じを持っています。 例文 My father made me go to Juku. お父さんは私を無理やり塾に行かせた My father let me go to the concert. お父さんは私をコンサートに行かせてくれた 私が行きたいというので行くのを許可してくれた) では、Let it beの直訳は、それをそのままの状態にしておきなさい。 さっぱり意味がわかりませんね。 主語がありませんから命令文です。 itて何? ここで知っておかないといけない背景があります。 西洋人はキリスト教に熱心なので聖書の内容をよく知っていると前にも書きましたね。 聖書を知っていないとシェークスピアもゲーテのファウストも100分の1も理解できません。 それほど聖書は西洋の文化に根付いているのです。 Let it beという言いまわしは実は聖書の中にも出てきます。 天使がマリアのもとにやってきて、神の子キリストをマリアに受胎させる(妊娠させる)ことを告げる、受胎告知をする場面で出てきます。 これはキリスト教ではとても有名な場面なので西洋人が知らないわけがありません。 なので、Mother Maryはポールの母ではなくて聖母マリアのことだと言われなくてもわかっているのです。 天使:For w i th G o d n o thing will be imp o ssible. 神にとって不可能なことは何もないのですから (このFor 前置詞で始まる文はLet it beの曲の中でも出てきます) マリア:L e t it be to me acc o rding to your w o rd. あなた(天使)の言葉どおりにそれをなさせてください。 そして天使は去っていきます。 itそれ、とはキリストの受胎を指しています。 あなたがおっしゃるように、私でよければ私の体にキリストを宿させてください。 命令文ですが、主語にはGod(神)があります。 神がこの世の世界に神の息子キリストを派遣するため、人間の体を借りる必要があったためにマリアの体を借りてキリストを受胎させる。 というシーンです。 マリアの言ったこの言葉は Mother Mary comes to me speak ing words of wisdom と似た言いまわしですよね。 ポールがこの詩を書いたとき聖書の一節が頭にあったことが推測できます。 さて、もとにもどります。 こいうことから考えるとこの詩のLet it beの意味は、 なすがままにしなさい。 なのですが、努力したり悩んだりするをやめて何もしないでおきなさい、という意味ではありません。 自分の信じる道を悩まず突き進み、その結果どうなるかは神の意志にまかせなさい。 という意味を持っていると思います。 Let it beを口にするとき頭上に神がいることを忘れてはいけません。 したがって日本語訳は 「神の御心(みこころ)のままに事のなりゆきをゆだねなさい。 」 とします。 もっと言葉を短くすると、 「主の思召す(おぼしめす)ままに。 」 it は前に述べたようにポールがかかえていたすべての悩みを指すのでしょう。 では改めて日本語に置き換えてみましょう。 *アルバムのリリース順では、アビーロード、レットイットビーの順ですが、実際の製作日時の順はレットイットビー、アビーロードの順です。 制作時とリリースが逆になったことから、この時期いかにごたごたしていたかがわかります。 Let it beの言葉どおりポールは主の思召すまま身をまかし、最後のアルバムアビーロードの完成後、ビートルズを離れてソロアルバムを出します。 これでビートルズ解散が決定づけられました。 この後も裁判が続きごたごたが続きます。 ジョージハリスンは生臭いこの世のごたごたに嫌気がさしたのかインドに渡りインド音楽と宗教に没頭していきます。 ポールは新しい奥さんといっしょにウイングスというバンドを作り活動を始めます。 ビートルズの曲の大半はジョンとポールが書いています。 詩はジョンが曲はポールが、が多いですが逆もあり、後の2人の話では曲は2人で共同作業で作ったものも多いそうです。 今でもそうですが、解散後しばらくしてもビートルズ再結成の希望ともいえる噂が絶えませんでした。 今ビートルズが解散していなかったらどんな曲を作っていたかという問いに対して、ポールの今の曲がビートルズに最も近いだろう。 とポールかジョンかどっちか忘れましたが言っていました。 でも、ファンは知っています。 4人そろわないとビートルズのサウンドにならないんだと。 ビートルではだめなんだと。 とんかつは、とんかつと和からしとキャベツとご飯がそろっておいしいとんかつなのであり、とんかつだけでは似て非なるもの、がごとしです。 世界中のファンはずっと、たぶん今でもビートルズ再結成を待ち望んでいます。 ですが、ジョンが不幸な事件で殺され、ジョージは病気で亡くなり、ポールはろれつの回らないじいちゃんになり、再結成の夢は日を追うことに絶望的になっています。 唯一、ポール、リンゴ、そして、ジョンの息子、ジョージの息子で新ビートルズ結成 という苦肉の策のようなはかない夢をファンは抱いています。 ロンドンオリンピックの開会式でこの新ビートルズが結成されるのでは?といううわさが流れ、世界中の多くの人たちは熱い期待をもって開会式を心待ちにしていました。 ご存知のように結局その夢は実りませんでしたが。 絶対おすすめします。 こんな長いの覚えられない!て? すぐ覚えられますよ。 動画と歌詞を見ながら10回ぐらい声を出して歌いましょう。 3日ぐらい歌えば自然に頭に入りますよ。 日本語で考えなくても外人のように英語からそのまま意味が分かるようになります。 ぜひ!トライ。 ピアノが弾ける人はポールのように弾き語りすればかっこいい! 最初は動画を見て、ポールの口もとを注意深く見てください。 口の開き方を見て、発音を確認してまねしましょう。 英語にはアの音でも大きく口を開いたア、口をあまり開かないア、口を横に引いてアとエの中間のようなア があります。 ポールの口元を見ていたらわかります。 リスニングの力を上げるには英語をたくさん聞けばいいと思っていると思いますが、それではなかなか上達しません。 これはけっこう知らない人が多いので教えてあげます。 リスニング力をつけるには自分で声をだして発音するのがすごく効果的です。 カタカナ英語でなく、レリビーと外人の発音そっくりにまねて何度も言ってみる。 すると団子になって聞こえていた英語の音がひとつひとつ明瞭に聞こえるようになってきます。 ついでに発音についてもう少し書きます。 速く言うとき、英語の母音(アイウエオの音)と子音(母音以外の音)をくっつけて言います。 音の連結といいますが、例えば、 an apple アン アップルは、a napple ア ナップル How are you? ハウ アー ユーは Ho ware youハワユー make it メイク イッツはメイキッツとなります。 またandのアのように口をあまり開けずに発音するアは省略されることもあります。 子音は言わなくてもいい。 アンドをエン といったり、ン だけだったり。 Love and peaceラブ アンド ピースは ラブん ピース bread and butterブレッド アンド バターはブレッドゥん バラー となります。 Tの発音は早く言うとラリルレロの音に似た跳ねた音になります。 get herはゲッラー get upはゲラップ that isはザ リズ What are you doing? レリッ で一瞬間をおいてから ビー と言うとうまく言えます。 好きな映画の中で気に入った表現を1フレーズでいいから俳優の物まねをして何度も言ってみるのです。 すると他の英語も1つ1つの音が不思議とよく聞こえてきます。 以上 See you! Let it be 意味 解説.

次の