仮想 通貨 時価 総額。 仮想通貨全体の時価総額や割合(ドミナンス)が見れるサイトCoinMarketCap

仮想通貨の流通量・時価総額ランキングを一挙紹介 ビットコインだけじゃない!

仮想 通貨 時価 総額

ブームは去ったかのようにも感じる「仮想通貨」ですが、その普及は世界中で着実に進んでおり、今後もさまざまなシーンでの活用が期待されています。 本稿では、「仮想通貨に興味はあるけれど、なにからどう手を付ければいいかわからない」というような方向けに、仮想通貨に関連するさまざまな話題をご紹介。 仮想通貨を2014年より保有してきた筆者の経験から、なかなか人には聞きにくい仮想通貨の基礎知識や歴史、未来像などもわかりやすくお伝えします。 今回のテーマは、「仮想通貨の時価総額でなにがわかる? 仮想通貨の時価総額で何がわかる? 仮想通貨の時価総額から読み取れること 仮想通貨の時価総額からは、そのコインの市場規模や過去の値動きを読み取ることができます。 大切なのは現時点のデータだけでなく、過去までさかのぼったデータを見ること。 あとは、データから未来を考えること 妄想すること です。 妄想力 想像力 があれば、仮想通貨の市場全体の動向や未来を読み取ることもできるかもしれません。 未来を予想するのは難しいことですが、自分が仮想通貨業界に入って価値を創造することで、業界全体の存在価値を高め、仮想通貨投資で利益を出すこともできるでしょう。 妄想力、想像力、創造力と言葉遊びみたいになってきましたが、でご紹介したように「ビットコインの価値を上げたのはホルダーたち」です。 仮想通貨はホルダー同士で価値を認め合い、価値を創造し、高めていく通貨ですので、仮想通貨投資で利益を出すことはまだまだ不可能ではありません。 仮想通貨の時価総額を見てみると、あるときのデータでは市場全体の暴騰が、あるときのデータでは市場全体の暴落が確認できるかもしれません。 市場全体の動きと反発するように、全体が下がっているときに時価総額を上げているコインもわかるようになるでしょう。 今の価格は底値なのか、それともさらに下がるのか、これから上がりそうかなども、過去の時価総額データの推移で予想することができるかもしれません。 将来有望なコインや、最近人気のコインも見つけられるかもしれませんね。 仮想通貨の時価総額ランキングはどこで見られるの? 仮想通貨の時価総額ランキングは、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」という情報サイトで確認できます。 このサイトを見ると、世界にはすでに5000種を超える仮想通貨があることがわかります。 なかには、発行量や価格がわからないコインもありますが、仮想通貨の種類を多く知ることで、投資先の選択肢も増えるでしょう。 種類がありすぎて、正直わけがわかりませんけどね。 値動きを見てみると、「ビットコインと同様の値動きを見せるもの」「全く異なる値動きをするもの」があることがわかります。 ビットコインと連動して値が動くコインは、投資判断がしやすいコインといえます。 しかし、ビットコインが値下がりすると、同じように価値が下がってしまう点には注意が必要です。 ちなみに、ビットコインと連動して値動きするコインが多く見えるのは、ビットコインが仮想通貨の世界の基軸通貨だからです。 仮想通貨の時価総額とファンダメンタルズ分析 「ファンダメンタルズ分析」とは、株式投資で使われる投資のための分析方法のひとつです。 ファンダメンタルズ分析では、株式の本質的価値と市場の株価に大きな隔たりがあったとしても、いずれは本質的な価値に近づくという考えのもとに相場を予想します。 本質的な価値よりも市場価値が高ければ売り、本質的な価値よりも市場価値が低ければ買う。 これを繰り返すことで、利益を得ることができます。 日々のチャートやレートを確認する必要がないため、取り組みやすい投資法といわれています。 ただ、この「本質的な価値」を測定する方法が、仮想通貨にはありませんけどね。 コイン1枚あたりの価値だけでなく、そのコインが市場でどれだけの影響力があるのかも確認できるのが時価総額です。 2020年2月5日時点の時価総額ランキングTOP3は、以下のとおりです。 第1位 ビットコイン BTC 時価総額は、18兆3,529億7,951万9,238円。 ビットコインは、サトシ・ナカモト論文から生まれた世界初の仮想通貨です。 誕生から10年以上が経った今でも不動の1位を誇っています。 第2位 イーサリアム ETH 時価総額は、2兆2,727億7,017万34円。 イーサリアムは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションのプラットフォーム機能を持つ仮想通貨です。 イーサリアムは、今後も世界経済にプラスの影響を与える可能性が高いため、多くの人が保有し取引を行っています。 第3位 XRP XRP 時価総額は、1兆3,173億8,477万4,600円。 XRPは、リップル社が発行する仮想通貨です。 XRPではなくリップルと呼ばれることもあります。 こちらの方が呼びやすいですからね。 1XRPあたりの価格は30円前後と安く見えますが、流通量が多いため、時価総額はランキング第3位です。 今後、あらゆる通貨をつなぐブリッジ通貨として、世界中で活躍する可能性を秘めた、将来性のあるコインです。 イーサリアムとリップルは、2位と3位をよく競っていますので、ビットコインとあわせて「3大仮想通貨」と呼ばれることもあります。 仮想通貨の時価総額ランキングを見ると、1位と2位には大きな差があることがわかります。 時価総額ランキングからも、世界初の仮想通貨であるビットコインの人気の高さがわかりますね。 ビットコインが不動の第1位をキープしているのは、圧倒的な知名度の高さと、仮想通貨の世界の基軸通貨であるからです。 これは、今後も揺るがないように感じます。 時価総額ランキングを確認することで、多くの人が保有し取引している人気のコインがどれなのかが一目でわかります。 ただ、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」は情報サイトに過ぎません。 お金を払えば掲載できるという面もありますので、「『CoinMarketCap コインマーケットキャップ 』に掲載されているから安心できるコインだ」と解釈するのは安直です。 「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」に載っていなくても安心して取引ができるコインはありますし、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」に載っていても詐欺が疑われるコインはあります。 サイトを妄信せず、目利き力を養うことが大切ですね。 次回は、「LINEが目指す手のひら金融 仮想通貨取引所BITMAXと独自仮想通貨LINK」についてご紹介します。 1986年、埼玉県生まれ。 2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。 プロジェクトが軌道に乗ったことから2014年に独立し、その後は主にフリーランスとして活動中。 2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から仮想通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。 現在は、SAKURA United Solutions Group ベンチャー企業や中小企業の支援家・士業集団 、しごとのプロ出版株式会社で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島ではアパート開発と運営を行っている。 監修を担当した書籍『THE NEW MONEY 暗号通貨が世界を変える』が発売中。 予めご了承ください。 連載一覧 第59回 第58回 第57回 第56回 第55回.

次の

ビットコインの時価総額は?仮想通貨の時価総額ランキング

仮想 通貨 時価 総額

ビットコインの時価総額を確認できるランキングサイト ビットコイン(BTC)の時価総額は2017年12月に約32兆円と過去最高を記録。 ですが、2 018年6月現在は14兆円です。 ビットコインが2009年に発行された当初は、1BTCが1円にも満たない約0. 2円だったので、価値が飛躍的に伸びていることがわかります。 ビットコインなどの仮想通貨が現在どのくらいの時価総額になっているか確認するには、仮想通貨の時価総額ランキングサイトをチェックしてください。 仮想通貨のランキングサイトは複数存在していますが、見やすくて参考になるデータをチェックできるサイトをいくつか紹介します。 CoinCheckup(コインチェックアップ) 出典: サイトは英語表記ですが、時価総額などは日本円で表示できるのでわかりやすいです。 1時間、30日、90日前と比較した価格の変動率や過去から現在のチャートが見やすく表示されるのが特徴です。 CoinGecko(コインゲッコー) 出典: 日本語表示にできるのでかなり使いやすいです。 仮想通貨取引所ごとの出来高(24時間)や、通貨ペア別の出来高などまで確認できるので、 時価総額だけでなく活発に取引されているコインを知りたい場合におすすめです。 Coin Market Cap コインマーケットキャップ 出典: 日本語で表示されており、シンプルで見やすいサイトです。 こちらも各取引所の出来高や相場価格が確認でき、気になるコインをウォッチリストに登録して推移を確認しやすくカスタマイズも可能です。 RealCoinCap(リアルコインキャップ) 出典: 「RealCoinCap」は、時価総額をより正確に評価する指標に基づくランキングサイトです。 時価総額の求め方が他のサイトとは異なるため、ランキング結果も異なる内容になります。 ビットコインの時価総額チェックポイント ビットコインや他のアルトコインの時価総額ランキングサイトには様々な項目が表示されています。 これらの項目でチェックしておきたいポイントは以下の通りです。 ポイント そのため、仮想通貨の時価総額を確認する際には、 従来の計算式で算出された時価総額サイトと、RealCoinCap指標で算出された時価総額サイトの両方を参考にすることをおすすめします。 発行枚数について 時価総額を算出する際に必要になるのが発行枚数ですが、仮想通貨の今後を見極める際にも重要な指標となります。 ビットコインの場合は2018年6月現在で約1700万枚発行済みとなっていますが、発行枚数の上限は約2100万枚と決められています。 まだ発行されていないビットコインは約400万枚しか残っていないことから、 希少価値が高まり価格が上昇する一因にもなっていると考えられます。 また、アルトコインのリップルは、一枚あたりの単価が約75円とかなり安いのにランキング上位に入っているのは、発行枚数が約390億枚と突出しているためです。 ポイント 発行枚数と一枚あたりの単価のバランスを見極めることも、今後の成長を占う判断材料になると考えられます。 ボリューム・変化(取引高)について 24時間以内(サイトによっては1時間以内、7日間以内なども表示されています)にどのくらいの取引が行われたのかを示す数値です。 大きく変動している場合は、何らかの影響で注目を集めて取引高にも反映されたのだと考えられます。 投資のタイミングを見極める際にも役立つ指標になるので、常にチェックしておくことが大切です。 ビットコインの時価総額の推移から読み取れること ビットコインをはじめとした仮想通貨の時価総額を確認することで、今後は著しく成長すると考えられるコインや、逆に下降していくと考えられるコインを見極めることができます。 ここではビットコインの過去の事例から、時価総額がどのように変動するかを見極めるポイントを解説します。 2013年11月のビットコイン時価総額の急上昇 出典: ビットコインが2009年に発行された当初は、1BTCが0. 002ドル(日本円で約0. 2円)でした。 ここまで急上昇した理由は、 アメリカの上院委員会公聴会で仮想通貨が金融サービスの一つとして公的に認められたことがきっかけでした。 限られた人たちにしか知られていなかったビットコインをはじめとした仮想通貨の存在を、多くの人が知る良い機会にもなったのです。 2014年2月のビットコイン時価総額の大暴落 出典: 時価総額を順調に伸ばしていたビットコインも、2104年2月には大暴落を引き起こしています。 欧州司法裁判所がビットコインを事実上の通貨として認めたことや、イギリスのEU離脱によるリスク回避でビットコインを購入する人が増えてきました。 過去のビットコイン時価総額変動から読み取れること ビットコインの時価総額は常に変動していますが、大きく変動するタイミングでは経済的なニュースが大きく関わっていることがわかります。 ポイント アルトコインの値動きはビットコインに合わせて変動するものが多いため、ビットコインに関連する情報にも影響される可能性が高いです。 毎日チャートをチェックする 時価総額の変動を毎日確認することで、ある程度の変動が予測できるようになるはずです。 仮想通貨のチャートは変動が激しく、ほんの少し目を離しただけでも大きく変動していることも珍しくありません。 常にチャートを確認するのは現実的でありませんが、 定期的にスマホアプリなどでチェックをするようにしておくことをおすすめします。 ビットコインなどの時価総額ランキングを投資に活かそう! ビットコインをはじめとした時価総額は日々変動しているため、数時間後の相場がどう変化するのかを判断するのは初心者の段階では難しいものです。 でも、時価総額ランキングサイトに表示されている項目や過去の推移を判断材料の一つにして、更に経済ニュースなどを確認することで、ある程度の価格変動を判断することは可能です。 まずは毎日チャートの動きをチェックして、どのような動きで推移しているのかを確認しながら少しずつ時価総額の動きを予測する練習し、正確に判断できるスキルを習得しましょう! 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。

次の

仮想通貨の「時価総額」ってなに?投資先を選ぶときのポイントとは?

仮想 通貨 時価 総額

6,000ドルは、暴落開始地点8,000ドルから起算してちょうど半値戻しにあたる。 fib23. 一方、6,000ドル上で推移することが出来れば、短期トレンド転換の目も生じる。 日銀は、金融政策決定会合の日程を18、19日から前倒し本日昼過ぎより金融政策の調整を行うことを発表しているが、4月下旬から5月中旬にかけて行われる「本決算発表シーズン」を控え、コロナショックによる企業業績への影響を見極めるべく、市場の反応は渋い。 本決算では、昨年度の業績のみならず、今年度の業績予想(期初予想)も発表され、適正株価水準の先行きを示唆する。 ビットコイン(BTC)市場では、VIX指数急上昇などセンチメントの悪化や、追証回避、および換金売り需要で、マクロ経済指数との連動を余儀なくされている現状がある。 13日の米国株式市場暴落では、ダウ平均株価が過去最大の下げ幅となる2,352ドル値下がり。 下落率-10%は、1987年の「ブラックマンデー」以降で最大となった。 BTC市場も同日、売りが売りを呼びパニック状態で暴落。 週足で長い下髭を付け、出来高を伴うセリングクライマックスの様相を呈してはいるものの、2018年11月の急落時も、底打つまでに2番底、3番底を試しにいくなど市場回復には時間を要している。 世界情勢が好転しない限り、軟調な展開が続くものと思われる。 coinmarketcap. com 最高値は、2017年末からのバブル相場でピークを付けた2018年1月8日で、市場時価総額は8150億ドル(87. 4兆円)に及んでいた。 マイニング状況 blockchain. comによると、BTCのマイニング計算力を表すハッシュレート(採掘速度)は、大幅減少。 ピーク時には1. ハッシュレート(採掘速度)は、ビットコイン(BTC)などPoW通貨をマイニングをする際の「秒間計算力」を示すものであるが、今回新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国拠点の一部マイナーの活動が一時停滞してたことも、市場不安のトリガーとなったことが指摘される。 マイニングにおけるハッシュレート推移は、ビットコインネットワークの採掘状況や、関連企業の動向を知る貴重なデータとして、ビットコイン価格と比例した推移を見せてきた。 2018年9月には、市場急落とともに中小マイナーの撤退が影響し大きく下落、相場と相互作用する形で、BTC相場の下落要因に挙がっていた。 今回のBTC価格の急落が業績に直結するマイナー収益を逼迫するなか、5月にはマイニング報酬のBTCが半減する「半減期」が迫っており、コロナショックによる中国拠点の稼働リソースの観点を踏まえ、ダブルパンチを危惧する声も上がる。 関連: 新型ASICマシンの投入などでハッシュレートは2018年のバブル崩壊以降も上昇傾向にあったが、半減期需要を見越して強気目線を堅持していた大手マイナーが、暴落による「採算割れ」で弱気に転じれば、採算ラインを抑えられる大手マイナーにBTCネットワークが寡占化され、セキュリティリスクが高まるなど負のスパイラルに陥るおそれもある。 ビットコインのような「Proof of Work(PoW)」アルゴリズムを採用する仮想通貨に対して、特定の悪意を持った集団が膨大なマイニングパワーを持つと、「51%攻撃」のリスクなど懸念が高まるからだ。 国内最大手のマイニング事業を行うSBIホールディングスの北尾社長は、大手マイナーの内紛に端を発したハッシュ戦争で仮想通貨市場が激震した2018年12月、以下のような見解を示していた。 仮想通貨市場における最大の問題の一つは、中国で産業向け電気料金が政府の援助で安価だったため、ビットコインマイニングが一気に促進され、中国マイナーの寡占状態にあることだ。 (中略) 市場健全化のためには「安定株主」のような存在が必要。 このような保有構造を改善するため、今後SBI社が採掘シェアを獲得することで、市場の健全化を目指す。 SBIホールディングスは今年2月、仮想通貨マイニング子会社「SBI Crypto」が、IT企業Northern Data AGとデータセンター運営企業Whinstone USと、パートナシップを締結、米テキサス州で大規模なマイニング事業を開始することを発表した。 独マイニング企業Northern Bitcoinの子会社米Whinstoneプロジェクトマネージャーは、世界最大級のマイニングファーム建設について、「テキサス州の安定した効率的なエネルギー資源は、仮想通貨マイニングの成長に不可欠な基盤となる。 ロックデールは石炭が豊富で、風力エネルギーも発展しているため、電気代が安価で高性能のコンピューターを駆使するマイニングに適した場所だ。 」と主張。 ブルームバーグの報道によれば、GMOインターネットも同州でのマイニング事業に参画している。 SBIグループは2018年12月当時、「特定の地域に偏在するマイニング状況の是正を図るとともに、デジタルアセットエコシステムにおける機能補強(流動性確保、クリアリングなど)を遂行。 アクティブマイナー(取引承認者)として市場発展に寄与する」としていた。 しかし、既存の有力マイナーが淘汰されれば、このような逆境は中・長期的に見れば「好機」にもなり得る。 ビットコイン(BTC)暴落を逆手に取り、SBIやGMOなどの信頼性の高い国内上場企業による採掘シェア拡大を含め、市場健全化の促進が期待される。

次の