ボーナス使い道。 新社会人の初ボーナスの平均金額や使い道、貯金の目安を調べてみた!

ボーナスの使い道は貯蓄だけじゃない!「思い切った」使い道とは!?|転職ならtype

ボーナス使い道

もくじ• 「PayPayボーナス」とは? 「PayPayボーナス」とは、PayPayを支払いに使用して ポイント還元が付与された時、受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」と呼びます。 毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗などで購入決済を行うと、この「PayPayボーナス」が付与される形になります。 この「PayPayボーナスライト」はかつての「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもの。 こちらも「PayPayボーナス」と同様に特典やキャンペーンへの参加によって付与される形態のポイントです。 ただし 「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、 消滅してしまいます。 ただし、複数の種類の残高を所持していたとして支払い時に優先して使用される順番は、• PayPayボーナスライト• PayPayボーナス• PayPayマネーライト• PayPayマネー となりますので、PayPayボーナスライトの付与後、PayPayを定期的に使用していれば残存していたPayPayボーナスライトが消滅してしまう(勿体ないことになってしまう)リスクは低くなります。 とはいえ、そこまで長い期限のものではありませんので、消滅タイミングに気をつけながらできるだけ使い切ってしまうほうがお得ですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 旧仕様からの変更点 PayPayボーナス、新登場のPayPayボーナスライトが旧仕様からどのような変更点があったかまとめてみます。 【PayPayボーナス】有効期限が無期限に 今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、 7月29日の名称変更のタイミングで有効期限が撤廃されました。 ですので、ポイント還元が行われ蓄積していたPayPayボーナス残高はそのまま使用せず持ち続けることができます。 とはいえ、そもそもPayPayがサービス開始して1年も経たずして有効期限が撤廃されていますので、今思えば、 有効期限を気にする必要が全く無かった、、、という結論になります。 【PayPayボーナスライト】名称変更のみ 「PayPayボーナスライト」ですが、 機能や仕様としてなにか変わったことがあるのかと言うと、「特になし」という現状です。 ただし、7月29日から実装される「PayPayボーナスライト」が実質的にはこのタイミングでの初登場となり、 60日間という短い有効期間という特性を持っていますので、今後キャンペーンなどでPayPay側がどのような使い方を消費者に提案してくるのかが楽しみですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 変更のメリットは? 今回の名称変更でユーザー側にあるメリットを挙げてみます。 PayPayボーナスの有効期限が2年間から無期限に変更。 上記でも言及している通り、7月29日の名称変更のタイミングで「PayPayボーナス・ライト」双方で変わった仕様と言えば、 「PayPayボーナス」の使用期限が撤廃されたこと、のみとなります。 以前の仕様では「2年の有効期限」でそこまで急いで使用する必要がなかったものですが、やはり「期限が撤廃された」というのは心理的な安心感として大きいですね。 PayPayボーナスライト向けキャンペーンに期待 また、PayPayボーナスライトはそれ自体が登場した段階で「有効期限が60日」という猶予の短いポイント付与ははじめての試みになります。 「60日限定!」と言われると、「早めに使わなきゃ!」となるため 実店舗への来店誘導力では他のポイントよりも高くなることが予想されますので、積極的なキャンペーン利用が展開されると予想されています。 今の所「PayPayボーナスライト」を付与する企画は公開されていませんが、今後のプレスリリースに期待ですね! PayPayボーナス・ボーナスライトの貯め方・使い方 特典やキャンペーンなどから付与される 「PayPayボーナス」は従来と変わらず、購入時のポイント還元やキャンペーン企画で一定の条件をクリアした時に付与されます。 こちらをご覧いただくと、 いずれも付与は「PayPayボーナス」であることが明記されています。 今後もおそらく今までのようなキャンペーンでのポイント付与は「PayPayボーナス」である可能性が高いと思われます。 通常のチャージ金額(PayPayマネー・マネーライト)のように買い物に使用可 特典やキャンペーンなどで付与されたPayPayボーナス・ボーナスライトは通常のコンビニなどでの買い物でもポイント消費する形で使用できます。 また、や、ボーナスなどを混在して所持していた場合、消費する優先順位としては、 ボーナスライト>ボーナス>マネーライト>マネー の順番になることが予想されています。 「送る」「わりかん機能」は使用不可 他ユーザーに送金する「送る」機能や飲み会後などに使用できる「わりかん」機能については、PayPayボーナス・ボーナスライトいずれも使用できません。 自分が送金する側に回った時は、 にチャージを行なってから送金処理するようにしましょう。 【PayPayボーナスライト】注意事項 PayPayボーナスライトの注意事項として、2019年8月1日以降、「PayPayボーナスライト」を利用するには、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要とのこと。 連携されていない場合でもYahoo! JAPANで付与処理を行った日から有効期限は60日間となります。 連携が行われたタイミングで有効期限が設定されるわけではありませんので、お早めにYahoo! JAPAN IDと連携してください。 かなり名称変更・仕様変更が頻繁に行われているところを見ると、 運営陣はかなり慌ただしく、Yahoo! 内サービスの統廃合を議論していることが分かります。 とはいえ、いち消費者にとってみれば、ようやく覚えたサービス内の名称がコロコロ変わってしまうと、「決済」という繊細なサービスだけあって使用に腰が引けてしまうことも考えられます。 できれば、各部名称はシンプルに「還元率」だけ他社競争を頑張っていただきユーザーメリットを出していただけるとありがたいですね!!.

次の

【2020年夏】どうなる?夏のボーナスとその使い道

ボーナス使い道

財布がとてもあったか~くなる「ボーナス」の季節ですね。 これまで仕事に頑張った「ごほうび」を心待ちにする人は多いと思いますが、まわりの人がいくらもらっているのか、みんなはボーナスを何に使っているのか、ちょっと気になりませんか? ボーナスの支給額や使い道、上手な活用法について、ご紹介していきたいと思います。 2017年冬のボーナス支給額は約91万円!? 実際のところ、2017年冬のボーナスはいくら支給されるのでしょうか? 2017年11月に公表された経団連(日本経済団体連合会)の調査によると、冬のボーナスの支給平均額は91万6396円。 これは前年比で1. 19%減の金額なのだとか。 減ったと聞くとマイナスな印象を持ちますが、2016年の冬ボーナスは史上最高額の92万7420円。 この2017年の冬ボーナスも非常に高い水準にあります。 数年前から「景気回復とともにボーナスが上昇している」といった言葉がメディアなどで躍っていますが、ただこれはあくまで大企業の話。 中堅・中小企業としては、ボーナスが上昇している実感は乏しく、両者の違いは大きく広がっているといえそうです。 冬のボーナス使い道ランキング「1位は貯金・預金」 では、そんな大切なボーナス、みなさんはどのように使っているのでしょうか? 共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングの調査によると、2017年冬のボーナスの使い道として最も多かったのが「貯金・預金」の40. 下記の表を見てもわかるように、他の回答を圧倒しています。 冬のボーナスの使い道ランキング (1)ボーナスの1割は「自分へのごほうびに使おう」 ボーナスは可能なら貯蓄に回したいけれど、それでは一生懸命に働いた見返りがありません。 とはいえ、無計画に使うのも考えもの。 そこで、あらかじめ「ボーナスの1割を自分へのごほうびに使う」と決めるのは良い方法です。 FPがおすすめする使い道としては意外に思われるかもしれませんが、旅行やリッチな食事といった消費は、あなたにとって明日への大切な「活力」になるはずです。 この使い道への割合は、世代や生活環境によって異なりますが、最大で1割は超えないようにしたいところです。 やはり預貯金に余裕があってこそ安心して仕事に励むことができます。 (2)ボーナスの5割は「目的のある貯蓄」、3割は「目的のない貯蓄」に使おう 「今の消費を少しガマンして、将来のために貯蓄に回す」という考え方は、とても大事なことです。 私もその意見に賛同します。 ただ、貯蓄には2種類の意味があり、それを区別しながら貯蓄に励むことをおすすめしたいと考えています。 1つは教育費や住宅購入費、マイカー購入費といった「目的のある貯蓄」です。 もう1つは「目的のない貯蓄」。 これは特に目的を決めていないけれど、何かあった時に使うための貯蓄をいいます。 一般的には「家を買いたい」「子どもの入学資金を貯めたい」といった「目的のある貯蓄」を重視しがちですが、「目的のない貯蓄」にも意識を向けておきましょう。 なぜなら、現段階では想定していなくても、人生には臨時で必要になる出費も多いからです。 突然の病気や介護、退職や失業などに対し、「何にでも使えるような」預貯金を貯めておくことが大切です。 あくまで目安の金額ですが、「目的のある貯蓄」にボーナス支給額の5割を、「目的のない貯蓄」に3割を振り分けます。 「目的のない貯蓄」よりは「目的のある貯蓄」のほうを重視したいところです。 方法としては、銀行口座を別にする、普通預金ではなく定期預金に預け入れるなどして、簡単に引き出せないような工夫をすることが大事です。 (3)ボーナスの残り1割は「投資で増やしてみよう」 ただ、昨今の超低金利の状況では、貯蓄では大きく増えていきません。 そこで、ボーナスの残りの1割で「投資」をしてみることをおすすめします。 特に投資初心者は、投資信託で積立投資を行うとよいでしょう。 運用のプロであるファンドマネジャーに運用をお任せできるのが投資信託。 これに毎月定期的に少額で積立投資することで、値下がりリスクを抑えることができるのです。

次の

ボーナスの使い道!独身20代の超有意義な使い方3選

ボーナス使い道

旅行に行きたい人は、ブラウザバック推奨です 旅行に行ったり、買い物をしたい人は、ブラウザバックしてください。 以下、全米2000万部売り上げた大ヒット著書『金持ち父さん』シリーズから、ちょっと引用します。 貧乏な家庭に生まれた人がどのようにして金持ちになったか、そういった人は住んでいる国に関わりなく、次のような3つの特性を持っていたことがわかった。 1.長期的に見通しとプラン持っている 2.後になって報われることが肝心だと思っている 3.「複利の力」を自分に有利に利用する ボーナスの使い道、基本的方針は上記3つです。 【3つ】ボーナスの使い道 いきなり結論ですが、ボーナスの使い道は以下の3つ推奨です。 こういった方は迷いなくスキルアップに使うべきだと思います。 そんな中、サラリーマンを脱出する武器になったのは、副業と投資です。 そして副業と投資の大原則は「資産を作ること」です。 すいません、、、ハッキリ言うとサラリーマンとして働くことは全く資産になりません。 大事なことなのでもう一度言います。 ボーナスの使い道の大原則は「資産に作ること」です。 では、資産とは何か。 FXでも、コピートレードでトレードを自動化したり、アービトラージを利用した鞘取りによって、労働ゼロで収入を得ることができるわけです。 一度ブログ記事を書いてしまえば、そこに永続的に人が来るわけで、広告経由で働かずとも収入を得ることができます。 流行りのYouTubeで月1000万円だとかとてつもない額を稼いでいる秘密は、「資産を作っているから」です。 一時的に動画投稿をやめても、過去にアップロードした動画から勝手に収入が入ってくるわけです。 つまり資産さえ作ってしまえば、極端に言うと労働をする必要がなくなります。 なのでボーナスの使い道は「資産になる投資」あるいは「資産になる副業」であるべきです。 【残酷だけど】貧乏で居続ける人のボーナスの使い道 今までボーナスは何度ももらって来たけど、いまだに人生が好転してない人。 たぶん、こんなふうにボーナスを使ってきたんじゃないかと思います。 「ボーナスをもらったんだから、いいものを買いたい、良い体験をしたい」といった欲に負ける方は、短期的な利益に目が眩んで、一生ラットレースに苦しみます。 ほら、ネズミさんは、車輪の中を必死で走り続けますが、車輪がまわるだけで自分の位置は一生変わらないじゃないですか。 まるで穴が開けたバケツに、永久に水を入れ続けるように、いつまで経ってもバケツが満たされることはありません。 つまり、このような生き方では一生お金持ちになることはできません。 だから、このループをどこかで食い止めなくてはいけません。 多くの人が気づいてませんが、今こそがラットレースの人生から抜け出す最大のチャンスです。 これは、次のようなループです。 収入を資産に使い、資産から得た収入をまた資産に投じる、そしてまたその資産から収入を得る。 ちょっと極論ですが、100万円投資し2倍にする。 そこで得た200万円をさらに投資して2倍にする。 これをたったの5回繰り返せば、最初の100万円が3200万円にまでなるわけです。 これが、複利のカラクリです。 FXのコピートレードで50万円を半年で90万円に これも複利の一例ですね。 ぼくは新卒1年目冬のボーナスを全額FXのコピートレードに投資したのですが、 月利10%ほどで半年回して90万円ほどになりました。 コピートレードは100%自動なので、完全に放置してただけで、複利効果で2倍ほどになったわけです。 最初の仕組み作りはわりと大変ですが、利益が上がる仕組みとトレードのアルゴリズム理解さえできれば、あとは放置でOK。 飛行機の離陸と同じで、最初は馬力とスキルがいるけど、一度離陸すれば、あとはオートパイロットで楽ができます。 まとめ:今すぐ正しくボーナスを使えるノウハウ 投資を始めたいけど、まだ勉強不足かも。 という方。 下記記事にて、無料で投資を勉強できる方法をまとめてます。

次の