ケーズデンキ コロナ。 ケーズデンキが厚南に 県内初出店、11月17日オープン予定【宇部】|宇部日報 このまちメディアWeb

【宇都宮市ケーズデンキ,コロナ,感染騒動,桑原健次容疑者逮捕どんな男だ顔写真は動機は何か?|太郎の速報

ケーズデンキ コロナ

各社は合理的な算定が困難として3月期の業績予想を未定としていたが、同じく未定だったケーズHDは、早々に「解除」して業績予想を公表。 売上高が7400億円(前期比. 5%)、営業利益が億円(. 5%)、当期純利益が億円(117. 5%)という増収増益の強気予想を打ち出した。 なぜ、だけが好調なのか。 に5月度の月次速報値が発表されると、競合の家電量販本部の担当者は、その内容の良さに敵ながら健闘を讃えた。 の4月の全体売上高は98. 5%と前年割れだったが、それでも他社よりも落ち込みは小さかった。 例えば、は、単体で約4割減の62. 1%、と合算した全体でも76. 9%だった。 も、4月は88. 3%だった。 のや10日のの休業要請、26日の全国でのなどが立て続けに実施され、休業要請の対象外だったものの、にも休業や営業時間を短縮する動きが一斉に広がった。 も時短営業を余儀なくされたが、時点で休業店舗がわずか1店舗だけで大きな影響を受けなかった。 それどころか、にが解除されるまでの間、の5月速報値の売上高は前年同月比121. 9%と大幅に上回っていたのだ。 前年5月のウイークが改元に伴う10連休のだったのに対し、今年はの外出自粛が呼びかけられていたにもかかわらず、売上高が昨年より2割も上振れしたのだ。 競合のも、5月に. 9%と前年を上回ったが、ケーズの伸びが際立つ。 ケーズの商品内訳をみると(154. 8%)、PC・情報機器(. 0%)、(. 0%)、(121. 2%)、クリーナー(. 0%)、調理家電(. 7%)、理美容・健康器具(. 9%)、エアコン(. 2%)と全てので前年を大きく上回った。 通常は、白物家電が良ければ機器がへこんだり、その逆というが多い。 全ての商品で押しなべて好調というのは、増税前の駆け込みのときぐらいしかないだろう。 まさに異例といえる。 お子様の授業もあり、今では家族1台から、1人1台になるぐらいの勢いで売れている」と語り、特需によるの好調ぶりを示した。 しかし、や周辺機器の特需は各社が共通して享受しているところ。 全商品の好調さの説明にはならない。 本部担当者は続けて「郊外の昼間人口が増えて、昼の売り上げが増えている」と語る。 その上、もともと郊外型のが、による「新しい生活様式」と親和性が高いという要因もある。 地方なら一人1台のマイカーも珍しくないし、広いに車を止めて、商品を購入して、そのまま車に積んで帰ることもできる。 人との接触を極力避けた買い物ができるというわけだ。 「は店内も広いし、通路も広い」と語るように、もともと店内で3密になりにくい構造だったのも追い風になっている。 もちろん、も他の同様に、店内の感染予防対策は徹底している。 さらに、「家の中を快適な空間にしたいという目的で家電製品を購入する方が増えている」と、郊外の巣ごもり需要もしっかりと取り込んでいることが、白物家電の好調さにつながっている。 このようにケーズHDは、のの影響は限定的だとする。 増収増益予想の内訳は、上期の全店売上高を. 0%と予測。 エアコンが昨年7月に長梅雨の影響で苦戦したため、今夏は気温が平年並みか高くなると見て売れると予想。 ただ、昨年上期は消費増税の駆け込みがあり、それをするためのが高い。 下期の全店売上高は. 4%と予想。 前期が台風や暖冬の天候不順があったため、今期下期の季節商品のが低いとみる。 前年下期は消費増税の反動減があったため、今年下期のは低いと予想する。 売上総利益率(粗利率)は、28. 1%(前期28. 2%)と前年並みの予想。 競合店舗の買い回りが控えられることから競争環境が穏やかになったり、チラシを自粛したりすることが利益面の要因となる。 一方でやPCの構成比が上がると、粗利率の押し下げ要因になるという。 販売管理費は、前年比. 4%と予想。 チラシの自粛で広告宣伝費は減るが、固定費は営業時間が短縮されても大幅な減少が見込めず、また人件費はベアで増加になると予想する。 地方では、新規数ゼロが続いている県も多い。 新しい生活様式が定着して、郊外の昼間人口が以前よりも増すとのような郊外型量販店のが増える。 以前は都市部への出店ラッシュが目立っていたが、の経済環境の変化で再び郊外への出店戦略の可能性が膨らむかもしれない。 (BCN・細田 立圭志) 新型コロナの影響は限定的として増収増益予想を公表したケーズホールディングス 関連ニュース•

次の

【台風19号】ケーズデンキ栃木大平店が21日再開 以前の活気、復活期待|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|台風19号|下野新聞 SOON(スーン)

ケーズデンキ コロナ

各社は合理的な算定が困難として3月期の業績予想を未定としていたが、同じく未定だったケーズHDは、早々に「解除」して業績予想を公表。 売上高が7400億円(前期比. 5%)、営業利益が億円(. 5%)、当期純利益が億円(117. 5%)という増収増益の強気予想を打ち出した。 なぜ、だけが好調なのか。 に5月度の月次速報値が発表されると、競合の家電量販本部の担当者は、その内容の良さに敵ながら健闘を讃えた。 の4月の全体売上高は98. 5%と前年割れだったが、それでも他社よりも落ち込みは小さかった。 例えば、は、単体で約4割減の62. 1%、と合算した全体でも76. 9%だった。 も、4月は88. 3%だった。 のや10日のの休業要請、26日の全国でのなどが立て続けに実施され、休業要請の対象外だったものの、にも休業や営業時間を短縮する動きが一斉に広がった。 も時短営業を余儀なくされたが、時点で休業店舗がわずか1店舗だけで大きな影響を受けなかった。 それどころか、にが解除されるまでの間、の5月速報値の売上高は前年同月比121. 9%と大幅に上回っていたのだ。 前年5月のウイークが改元に伴う10連休のだったのに対し、今年はの外出自粛が呼びかけられていたにもかかわらず、売上高が昨年より2割も上振れしたのだ。 競合のも、5月に. 9%と前年を上回ったが、ケーズの伸びが際立つ。 ケーズの商品内訳をみると(154. 8%)、PC・情報機器(. 0%)、(. 0%)、(121. 2%)、クリーナー(. 0%)、調理家電(. 7%)、理美容・健康器具(. 9%)、エアコン(. 2%)と全てので前年を大きく上回った。 通常は、白物家電が良ければ機器がへこんだり、その逆というが多い。 全ての商品で押しなべて好調というのは、増税前の駆け込みのときぐらいしかないだろう。 まさに異例といえる。 お子様の授業もあり、今では家族1台から、1人1台になるぐらいの勢いで売れている」と語り、特需によるの好調ぶりを示した。 しかし、や周辺機器の特需は各社が共通して享受しているところ。 全商品の好調さの説明にはならない。 本部担当者は続けて「郊外の昼間人口が増えて、昼の売り上げが増えている」と語る。 その上、もともと郊外型のが、による「新しい生活様式」と親和性が高いという要因もある。 地方なら一人1台のマイカーも珍しくないし、広いに車を止めて、商品を購入して、そのまま車に積んで帰ることもできる。 人との接触を極力避けた買い物ができるというわけだ。 「は店内も広いし、通路も広い」と語るように、もともと店内で3密になりにくい構造だったのも追い風になっている。 もちろん、も他の同様に、店内の感染予防対策は徹底している。 さらに、「家の中を快適な空間にしたいという目的で家電製品を購入する方が増えている」と、郊外の巣ごもり需要もしっかりと取り込んでいることが、白物家電の好調さにつながっている。 このようにケーズHDは、のの影響は限定的だとする。 増収増益予想の内訳は、上期の全店売上高を. 0%と予測。 エアコンが昨年7月に長梅雨の影響で苦戦したため、今夏は気温が平年並みか高くなると見て売れると予想。 ただ、昨年上期は消費増税の駆け込みがあり、それをするためのが高い。 下期の全店売上高は. 4%と予想。 前期が台風や暖冬の天候不順があったため、今期下期の季節商品のが低いとみる。 前年下期は消費増税の反動減があったため、今年下期のは低いと予想する。 売上総利益率(粗利率)は、28. 1%(前期28. 2%)と前年並みの予想。 競合店舗の買い回りが控えられることから競争環境が穏やかになったり、チラシを自粛したりすることが利益面の要因となる。 一方でやPCの構成比が上がると、粗利率の押し下げ要因になるという。 販売管理費は、前年比. 4%と予想。 チラシの自粛で広告宣伝費は減るが、固定費は営業時間が短縮されても大幅な減少が見込めず、また人件費はベアで増加になると予想する。 地方では、新規数ゼロが続いている県も多い。 新しい生活様式が定着して、郊外の昼間人口が以前よりも増すとのような郊外型量販店のが増える。 以前は都市部への出店ラッシュが目立っていたが、の経済環境の変化で再び郊外への出店戦略の可能性が膨らむかもしれない。 (BCN・細田 立圭志) 新型コロナの影響は限定的として増収増益予想を公表したケーズホールディングス 関連ニュース•

次の

【楽天市場】家電量販店「ケーズデンキ」が運営するインターネット通販ショップ:ケーズデンキ 楽天市場店[トップページ]

ケーズデンキ コロナ

家電量販店大手のケーズホールディングス(水戸市)の子会社で県内にケーズデンキ7店を展開する北越ケーズ(新潟市)が、今後5、6年で長野県内に5店以上の新規出店を計画していることが分かった。 一定地域に集中的に出店して商圏で優位に立つ「ドミナント戦略」を進め、経営効率を高める。 県内では、同業のヤマダ電機(群馬県高崎市)やエディオン(大阪市)が全県に店舗網を張り巡らせており、競争はさらに激化しそうだ。 北越ケーズの野村弘社長が信濃毎日新聞の取材に明らかにした。 県内では2007年にケーズデンキ長野本店(長野市)を初出店。 今年5月には松本市に松本宮田店を開店し、中信地方に進出した。 同市内には配送拠点も構築。 野村社長は「松本宮田店は点から面に店を展開する1歩目。 県内はまだまだ家電量販店の出店余地がある」と述べた。 新規出店は中信地方、未出店地域の諏訪地方、既に2店がある北信地方で計画。 一部は既に用地選定の最終段階に入っている。 出店形式はスーパー、ドラッグストアなどの専門店を敷地内に誘致して集客力を増す「ショッピングセンター方式」を狙う。 総投資額は50億円以上を見込む。 従業員はパート・アルバイトを含めて各店30人程度を想定し、優先的に地元採用する考え。 用地の確保状況などを踏まえ、出店をさらに拡大していく方針だ。 県内でヤマダ電機は最多の20店、エディオンは11店(フランチャイズ店除く)を出店。 量販店関係者には「これ以上、出店が進めばオーバーストア(店舗過剰)になる」との声もある。 ただ、一定規模以上の事業者の家電大型専門店数をまとめた経済産業省の商業動態統計によると、新潟県内の19年の店舗は69店で、人口規模に大差ない長野県は40店。 北越ケーズは事業拡大の余地があると見込む。 同社はこの10年、新潟県だけで10店以上を出店。 富山、石川を含む4県で計46店を運営する。 松本宮田店は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開店の広告を出せなかったが、売上高は想定を大きく上回っていると説明。 野村社長は「自店同士の競合もいとわず、長野県のシェアトップを目指す」としている。 (6月24日)•

次の