初盆 提灯 誰が 買う。 喪主の新盆提灯購入って・・・?

盆提灯は誰が買う?自分で買うなら選び方は?レンタルはできるの?

初盆 提灯 誰が 買う

初盆ではなぜ提灯が必要となるのか? 初盆で提灯を灯す意味や、仏教の各宗派などでの提灯の違いについて見ていきます。 初盆での提灯はどのように飾れば良い? 初盆で用意する提灯や飾る場所と数、いつから飾るの家などについて詳しく解説いたします。 初盆の提灯は誰が買うものなのか? 初盆の提灯は誰が買うのかや入手する方法、贈り方などについてご紹介します。 提灯を買う際の金額の相場はいくら? 提灯の金額の相場やレンタルできるかどうかなどについて見ていきます。 提灯を処分する方法とは? 使い終わった提灯をどのように処分するかについて説明いたします。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 お盆の時期となると、初盆であっても普通のお盆であっても提灯が飾られますが、その意味について気になる方も多いでしょう。 先ほども触れたように、初盆とは故人が四十九日法要の後に初めて あの世から帰ってくる里帰りのことです。 なお、初盆は関西(京都や大阪など)・中四国・九州(長崎や熊本、宮崎、鹿児島)で主に使われる言葉で、関東の場合は「新盆」と呼ばれます。 初盆を含めお盆の期間(7月もしくは8月13日から16日の間)は故人の霊が仏壇で過ごすことから、仏壇に祭壇を設けてさまざまな飾りやお供えをするのが慣習です。 また、この間に故人にゆかりのある方たちで初盆の法要をとり行います。 提灯を灯す意味 初盆の際の提灯は、戻ってくる 故人の霊が途中で迷わないための目印として設置するものです。 特に、お盆の時期が始まる7月もしくは8月13日は迎え盆の際に、迎え火を玄関先で燃やす風習が変化して提灯を飾るようになりました。 なお、迎え火の火種は故人のお墓に参った際にお供えしたろうそくからもらい、提灯に移して持ち帰ります。 宗派による違い 初盆の際に飾る提灯ですが、仏教の各宗派によって扱いや意味が異なってきます。 ここでは、 各宗派における提灯の扱いや意味についてそれぞれ見ていきましょう。 浄土真宗 浄土真宗の場合、 そもそもお盆は行いません。 理由として、浄土真宗では亡くなった方は阿弥陀如来のお力によって極楽浄土で生まれ変わるとされているためです。 このため、迎え火や送り火は行いませんが、お盆の間は飾りとして提灯(切子灯篭)を飾っておきます。 なお、提灯自体は浄土真宗本願寺派も浄土真宗大谷派でもほぼ変わりはありません。 曹洞宗 曹洞宗の場合、古くからの風習通りにお墓で もらった火で迎え火を燃やし、その後火をそのまま提灯に移す形となります。 なお、一般的には2つ1対で灯すものとされていますが、1つだけであっても特に問題はありません。 お盆の最終日には、送り火の意味で灯篭流しなどを行います。 日蓮宗 日蓮宗についても、13日に送り火を行った後で、その火を提灯に移して灯します。 16日に送り火を行い、故人の霊を送り出すという点も同じです。 また、提灯も絵柄の入ったもののほか、白提灯も用意します。 なお日蓮宗系の創価学会の場合も、提灯は 普通の仏式の場合と同じものを使います。 真言宗 真言宗でも13日の迎え火の後に、火をそのまま提灯に移してお盆の期間中灯すことになります。 ただし、真言宗の場合は故人の三回忌まで提灯を使い続ける風習があることから、白提灯ではなく 絵柄(家紋など)が入ったものを使うことが一般的です。 浄土宗 浄土真宗と同じく極楽往生の考え方を持つ浄土宗ですが、ほとんどの宗派と同じように迎え火も送り火も行います。 提灯も精霊棚の左右に一対設けるのが一般的で、こちらも 他の宗派と同じく絵柄の入ったもののほか、白提灯を用います。 神道も同じ? 仏教と同じように古くから日本文化の中に息づいている神道では、お盆の際に提灯を設置するのでしょうか? 神式の場合も 祖先供養の考え方があるため、仏教と同じく迎え火や送り火も行い、提灯も祖霊舎(仏式でいう仏壇)のところに飾ります。 初盆の提灯の飾り方 具体的に初盆の際にはどのように提灯を飾るのでしょうか? ここでは、 初盆の際の提灯の飾り方や飾る場所・数、飾る期間について見ていきましょう。 初盆は白提灯を用意 普通のお盆では提灯の種類として家紋や色つきの絵柄の入ったものを用意しますが、初盆の場合はほかにも白提灯を用意します。 これは、初めてあの世から戻ってくる 故人が迷わないようにという目印のためです。 ただ、迎え火で燃やした火を移す際にやけどの恐れもありますので、電気式のものも普及しています。 ちなみに、葬儀用の提灯を使うべきかという疑問もありますが、意味合いが異なることから区別される場合が多いです。 提灯の他に飾るもの 初盆では 提灯のほかにも飾るものがいろいろとあります。 以下のリストで挙げていきますので、準備の際に活用していただければ幸いです。 盆棚(精霊棚:「しょうりょうだな」という読み方)、もしくは祭壇• ほおずき• そうめん• こんぶ• なすの牛ときゅうりの馬• 水の子• みそはぎの花• 夏野菜(きゅうりやなす)や果物(なしなど)• 戒名の書かれた位牌 提灯を飾る場所と数 初盆の際に用意した提灯は飾る場所にはある程度の決まりがあります。 まず、普通の提灯を飾る場所は 基本的に盆棚もしくは仏壇の前などです。 白提灯については自宅の玄関先や軒先、部屋の窓際、仏壇の前などに吊るしましょう。 また、置き方や個数には厳密な決まりはありませんが、盆提灯の場合は2個一対で飾るのが一般的です。 白提灯を吊るす場合は1個だけですが、吊るす場合は雨に濡れないように気を付けましょう。 都市部の場合 都市部ではスペースなどの問題から盆棚を置かない場合も少なくありません。 この場合は仏壇がそのまま盆棚の役割を持つことから、仏壇の前に2個一対置くことが多いです。 ただし、仏壇のある部屋があまりにも狭い場合は1個でも問題はありませんが、 最低でも白提灯と普通の盆提灯を1個ずつ用意するのが良いでしょう。 洋間の場合 ご自宅がマンションなどの場合でも、そこに仏壇や盆棚があればじゅうたんやフローリングの上に飾っても問題はありません。 並べ方や部屋に合わせてモダンのものを用意するなど工夫しても良いでしょう。 提灯を飾る期間 提灯を飾るうえで気になるのが、飾る時間帯や飾る時期という方も多いでしょう。 ここでは、 提灯を飾るタイミングについても見ていきます。 飾る時間帯 盆提灯や白提灯はお盆の間はずっと飾っておいて問題はありません。 また、点灯時間は夜が中心ですが、昼間でも大丈夫です。 電気式の場合は長時間つけておいても大丈夫ですが、適宜消すように心がけましょう。 火を灯すものの場合は、 火事に注意する意味でも一度灯したらなるべくその場を離れないように注意しましょう。 いつからいつまで飾るの? 提灯を飾る時期は7月もしくは8月の初めごろから飾っておいて大丈夫です。 この場合は 地域のお盆の時期に合わせると良いでしょう。 なお片づけるのは、お盆明けの17日以降で問題はありません。 初盆の提灯は誰が買う? 初盆の提灯で重要な問題となるのが、「誰が買うのか」という点です。 ここでは 初盆の提灯の用意の仕方について見ていきましょう。 親戚が贈る場合がほとんど 古くからの慣習では盆提灯は親戚の方が贈ることがほとんどです。 より正確には、盆提灯の方は兄弟や親戚などが、白提灯は飾る家の方(喪主など)が購入するのが通例とされています。 ただし、最近では飾る家ですべて用意する代わりに、 親戚の方などがお金を出すというやり方が取られる場合も多いです。 なお、香典代わりに贈る場合は、故人との関係の近さにより金額が変わってきます。 手に入れる方法 初盆の提灯を入手する方法として、仏具店や通販で購入する方法や手作りする方法があります。 仏具のお店 一般的なのは、浜屋やはせがわなどの仏具店やホームセンターなどで購入するやり方です。 仏具店で販売されているお盆の提灯の価格は 小さいもので1万円前後しますが、お盆の時期が近付くとお盆用祭壇などとセット販売で購入できる場合もあります。 通販 アマゾンや楽天、イオンなどの通販などでも購入が可能です。 この際に「はせがわ(ハセガワ)」といった仏具店のワードも合わせて入力すると、画像とともに仏具店で扱っている提灯の情報が出てきます。 加えて、 普通に購入する場合に比べて安い価格、もしくは激安で売られていることも少なくありません。 手作り 購入する以外にも手作りという方法もあります。 主に画用紙などで作る方法で、 意外と簡単にできるため、主に仏壇などが小さい場合に活用できるでしょう。 送り方 提灯の用意ができたら、どのような体裁でいつ送るかも大切です。 ここでは、 提灯の送り方について見ていきましょう。 表書きと熨斗(のし) 提灯の現物を送る際は 「御仏前」や「ご仏前」の表書きを用います。 また、提灯の代金を送る場合は「御提灯料」や「初盆(新盆)献灯料」といった表書きが一般的です。 熨斗については弔事用で、黒白や双銀の水引のデザインが入ったものを使いましょう。 箱の名前札について 地域によっては、初盆用の提灯の箱には、名前を記す名札(名前札)があります。 名前を記す際には、 上側に横文字で「敬供」、その下に名前を記すというやり方です。 ただし、全国的な慣習ではないので、その風習がある場合にのみ参考にすると良いでしょう。 送るタイミング 送るタイミングはやはり初盆に間に合うのが理想的といえます。 このため、7月もしくは8月初めにはご遺族のもとに届くように、 時間に余裕をもって送ると良いでしょう。 お返しはどうする? お返しが必要か悩む方もいますが、初盆の提灯は送る側が故人の供養のために送るものであるため、基本的に お返しする必要はありません。 むしろ、送る側も受け取る側があまり戸惑わないように、金額には注意した方が良いです。 なお、お返しをするということであれば、お礼状や手紙を添えてお礼をすると良いでしょう。 提灯の金額相場 提灯を購入するからには、その金額の相場は気になるところです。 ここでは、 提灯購入の際の相場について見ていきましょう。 提灯代の値段相場 普通のお盆の提灯は、おおよそ 1万円から2万円が平均的な相場とされています。 なお、この金額で購入できるもののサイズは基本的に小さめですので、より大きなサイズのものを購入するということであれば、さらに値段は高くなる場合が少なくありません。 特に盆提灯の生産地として知られる福岡県の八女市や岐阜県のものは高級品であるため、10万円以上する場合もあります。 家紋入りの場合 お盆の提灯の中には堂々とした家紋の入ったものも多く見受けられます。 その家専用に使えるため、ぜひとも欲しいという方も多いでしょう。 家紋入りの提灯の場合は、普通の絵柄の入った提灯に比べて割高になる傾向があります。 その相場は、 安くて1万5千円、高いものの場合は3万円ほどすることが多いです。 子供も払う? 故人が父、あるいは祖父・祖母という場合は、子や孫にあたる子供も提灯代を払うべきか悩む方も多いでしょう。 盆提灯を子供たちで送ると決めている場合は彼らで払っても良いです。 もし、子供が小さければ 親が代わりに出して問題ありません。 レンタルはできる? 提灯を持っていない場合でも、提灯レンタルサービスを利用することで借りることもできます。 特にマンション住まいなどで普段から提灯飾りをする習慣のない方にとっては、レンタル業者はありがたい存在といえるでしょう。 1度のレンタルで 安くて2千円、セットで1万円台から2万円台で借りることもできます。 ただ、長い目で見て購入した方が安い場合もありますので、検討が必要でしょう。 提灯の処分方法• 初盆で提灯を灯すのは、あの世から戻ってくる故人のための道しるべとして置くという意味がある。 基本的に迎え火の火を提灯に移して灯すが、浄土真宗の場合は飾りとしてちょうちんを並べる。 初盆の提灯では、普通の提灯のほか白提灯も用意する。 また、ほかにも盆棚なども飾り、提灯は仏壇や盆棚の前に配置し、白提灯は吊るす形で飾る。 なお、提灯は主に夜の時間帯に点灯し、時期も初盆の前からお盆明けまで飾る。 初盆の提灯は基本的に親戚の方が贈るのが慣習だが、最近では親戚の方にお金を出してもらい、故人のご家族が購入する場合も多い。 提灯を入手する方法として仏具店や通販などで購入する方法や手作りで用意する方法がある。 送る際には「御仏前」などの表書きを記したうえで、不祝儀用の熨斗を用意し、初盆に間に合うように送る。 提灯の金額の相場は小さいサイズで1万円から2万円が普通だが、大きいものや家紋入りのもの、生産地のものは高額になる。 また、レンタルも可能だが、購入した方がお得という場合も多い。 提灯を処分する場合は、お焚きあげやご自身で燃えるごみとして捨てるやり方が多く見られる。 また、提灯を使い回す場合もあり、その際にはきれいに掃除して防虫対策をしておく。 初盆の際に飾る提灯には、普通のお盆の提灯のほか白提灯を用意して、故人が迷わないようにします。 飾る際には、基本的に仏壇や盆棚の前に置くようにしましょう。 加えて、初盆の提灯は欲張らなければ安い値段で買うこともできます。 初盆では準備でとまどうこともたくさんありますが、提灯についてはこの記事も含め関連する情報源を参考にしていただければ良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

初盆の提灯の飾り方はどうする?処分方法や金額相場についてもご紹介|終活ねっとのお坊さん

初盆 提灯 誰が 買う

大切な人を亡くして初めて迎えるお盆。 忌明けが済み、少し落ち着いたと思ったら新盆や1周忌の事が気になってきますね。 法要の準備や段取りもしなきゃだし、用意するものもアレコレあって気持ちも焦るものです。 節目節目で亡くなった人を偲ぶ為の行事が煩わしいものにならないように... 今回は新盆に用意する提灯についてお話させていただきますね。 新盆の提灯はいつごろまでに用意をするのかベストなのか? 用意する提灯は2種類? それぞれ時期も違いますよー!って事。 自分で用意するものなのか? 誰かからいただくべきものなのか? 誰かからいただくにしても、貰えるのか貰えないのか早めに知りたい!!という ちょっとモヤっとするお悩みへのテクニックとアドバイス。 頂いた場合、お返しはどうしたらいいの? なんて辺りを詳しくお伝えしていきます。 新盆の提灯はいつまでに用意するのがいいの? 新盆の提灯は地域にもよりますが、玄関先に下げる白提灯と仏間に飾る絵柄や家紋の入った提灯を用意するのが一般的です。 【番外編】ちょびっとダークに語ってみた 白提灯は新盆の時だけ飾るものです 白提灯は、 初めてのお盆で故人が返ってくるのに家を間違えないように主に玄関などにに下げるタイプ。 こんな感じのものですね。 こちらは、お盆の入りまでに用意すれば大丈夫なので、こちらはあまり慌てなくても良いですね! そして、この 白提灯は新盆の時だけ飾るものです。 柄の入ったお仏壇や盆棚のそばに置くものは毎年飾ります 絵柄や家紋の入った提灯は、祭壇または、盆だな、仏壇(地域によって変わります)の脇に置きます。 こんなタイプ こちらは、目印の意味合いも含めながらですが帰ってきたご先祖様をおもてなしする意味合いもありますので少々華やかな柄が入っていて 流行りもありますが、自分の家の家紋を入れたりもします。 この、柄入りの提灯は 新盆法要を行う時までに用意するのが一般的。 2章で詳しく触れますが、もし自宅で用意したものではない場合 頂いた場合ですね いただいた提灯を、お披露目する機会が新盆法要になるので少々忙しいですが、白提灯よりも手配を少し早めにしてください。 白提灯よりも、納期に時間がかかりますので少なくとも、新盆法要の2~3週間前までに。 特に、家紋を入れたい場合は受注してから家紋入れの作業をしますのでご注意くださいね。 この家の中に飾る絵柄入りの盆提灯は、毎年お盆が来るたびにご先祖様のおもてなしの為に毎年飾ります。 盆提灯は誰が買うの? 盆提灯を贈る側として多い悩み事はこちらから 盆提灯は親戚が用意して、新盆の家に贈るもの...なんて話をよく耳にします。 一昔前までは親戚それぞれが提灯を用意してくれるもんだから新盆の家には何対もの提灯が届くなんて光景が一般的でした。 ただ、今は住宅事情や、言い方は悪いですが合理的に考えてもそんな何対もの提灯をいただいても... という所が本音。 それは、皆思っていることなので 親戚で相談して少々お値段の張る提灯を一式合同で贈る。 または、 『御提灯代』としてお 金でいただいて新盆のお家で金額に見合う気に行った提灯を一 式購入するというパターンがほとんどです。 ここで、なかなか難しい点が... 親戚の方々から早めに 『お提灯はどうする?』とか 『お提灯を贈りたいんだけど』 と言ってきてくれればいいんですけど、なかなか言ってきてくれない場合。 気ごころの知れた間柄で何でも気遣いなく言ったり聞いたりできる相手なら 『提灯用意したいんだけど、くれる気ある?』 なんてザックバランに聞いたりもできますが笑 なかなか出来ない場合... スポンサーリンク 新盆法要の案内状を使って、盆提灯のお伺いをたてる方法をご紹介 だいたい、新盆法要を行う時期はお盆月の前の月の半ば過ぎ~お盆の入り前までに行う事が多いです。 新盆の段取り何からすればいいのかは を参考にしてくださいね。 その案内状の中に、『尚、』という追伸のような形で 『尚、新盆提灯は施主で準備をさせていただきます。 多方面の方々のお心遣いに感謝と共に御礼申し上げます。 』 と先手を打ってしまう方法。 その時に、施主側の希望を失礼のないようにお伝えするとスマートにかつ合理的に事が進みます。 行事ごとは何でもそうですが、決してこうでなければならないという決まりがあるわけではなく昔からの風習で何となくそうなっているというだけで、それが絶対というわけでもありません。 大切にしたい風習や残していきたい決まり事は多々ありますが、時代やライフスタイルと共に変わっていくもの変わらざる負えないものもあります。 ですので盆提灯も、例え御提灯代をどなたからも貰えなかったとしても、自分が気に入った我が家に合ったものを用意して帰ってくるご先祖様をお迎えする事を大切に思ってくださいね。 親戚ってアバウトすぎちゃってどこまでが親戚で?提灯を用意する親戚ってどの範囲まで? 一族によっての関係性やお付き合い度合いでも変わってくるところですが 施主 喪主 の兄弟や、その嫁ぎ先・配偶者のご実家、ご存命だとしたら故人の兄弟もしくは、その子供達...が範囲といえば範囲になるでしょう。 あくまでも一般的なお話になりますので、その家その家での親戚付き合い加減や、それまでの関わり方で当てはめてみてください。 地域性や、親族ルールなどで『それは違うでしょ!!』なんてトラブルになったりもしがちな冠婚葬祭事。 親戚の年長者などに上手に探りを入れたりする事も視野に入れてみてくださいね。 新盆提灯をいただいたらお返しはどうしたらいい? 新盆提灯、または提灯代として現金をいただいた場合のお返しは基本的に不要と言われています。 提灯に関しては、お互い様という形で済ませている事がほとんどです。 新盆法要を行う場合、提灯をいただくであろう親戚の人たちは法要にお呼びして会食でおもてなしをして法要に対してのお香典の返礼品をお付けします。 そして、法要当日にいただいた提灯を祭壇等の脇に飾ってお披露目をして御礼を申し上げれば、それで良しとされています。 もし、何らかの事情で法要にお呼びできなかった、都合で出席できなかった方には、法要当日の提灯も一緒に写った集合写真などを添えてお礼状を送るとお互い気持ちが良いですね! また、お会いしたいと思っておりますので是非お寄りください。 場合によっては心を入れた 3章参照 お礼状を。 盆提灯を贈る側の悩み事は もし、まだ今年は新盆じゃなかった!!ってときは お盆にふと感傷的になって思った事。 おひとりさまだけじゃない人の死後の大変な事は.

次の

初盆の提灯は誰が買うの?いつから飾る?白提灯の処分は?

初盆 提灯 誰が 買う

盆提灯を飾る意味は? 毎年お盆になると、お仏壇の前に飾る盆提灯。 この盆提灯は、なぜ飾るのでしょうか? 霊は、灯りを頼りに家に帰ってくるとされています。 盆提灯は、 お盆にご先祖さまや故人の霊が帰ってくるとき、迷わないための目印とされていて、 迎え火や送り火の役割のひとつとして、盆提灯を飾るようになったと言われています。 また、盆提灯は、 故人の冥福を祈る供養の心や、感謝の気持ちを込めたもの。 盆提灯は、故人への感謝の気持ちを伝える最高のお供えものとされています。 初めて故人が家に帰ってくる初盆(新盆)には白提灯を飾りますが、絵柄の入った盆提灯は、亡くなった方を含めご先祖のためのものなので、初盆でなくても、ご先祖を供養し感謝するために、毎年お盆の時期に飾るのがよいとされています。 盆提灯は誰が買う? 盆提灯には、白提灯と絵柄入りの盆提灯があります。 初盆用の白提灯は、故人の身内が用意します。 絵柄入りの盆提灯は、基本的には、兄弟や親戚など故人と関係が近い人が贈ります。 ただ、特に決まりはないようで、自分で用意したり、親戚でなくても贈ることができます。 私の住んでいる地域では、故人の子ども全員で、初盆に絵柄入りの対の盆提灯をひとつ用意することになっています。 最近は、飾る場所の問題などから、盆提灯を贈らないことも増えているようです。 また、地域によっても風習が違うので、贈る場合は念のため確認したほうがよさそうです。 盆提灯はいつからいつまで飾る? 迎え火と送り火の大切な役割がある盆提灯。 毎年お盆に飾りますが、いつからいつまでの期間飾るのでしょうか。 盆提灯は、迎え火として使う 13日までに飾ります。 故人やご先祖さまを迎える目印になるように、迎え盆までには準備しておきましょう。 点灯する期間は 8月13日(7月13日)から16日まで。 片づけは、お盆が開ける17日以降にします。 盆提灯を飾る時期は、 お盆の月に入ったら早めに飾ってもよいとされていて、実際に、上旬の月始めから飾る方も多いようです。 また、お盆は8月におこなう旧盆が主流ですが、7月の新盆の地域もあるので注意しましょう。 盆提灯の点灯時間は? 盆提灯は、一般的には夕方に明かりを灯します。 ですので、迎え火として13日の夕方に明かりを灯し、16日の夕方に消します。 点灯する時間帯は、お盆の期間中、 13日から16日の間、夕方から夜にかけて灯しますが、必要に応じて 昼間も点灯します。 基本的には夜中は消しますが、地域によっては一日中灯す場合もあるかもしれません。 最近の電気の盆提灯は、長時間点灯しても安全性が高くなっていますが、万一のこともありますので、適宜スイッチを切るのがよさそうです。 お盆が終わったら盆提灯はどうする? 絵柄の入った盆提灯は、毎年お盆に飾るものです。 お盆が終わったら、きれいに拭いたり汚れがあれば落とし、箱に収納して保管します。 盆提灯は、絹や天然木などの素材で作られているので、湿気や虫くいに注意が必要です。 収納の際、乾燥剤や防虫剤を入れておくと安心ですね。 新盆用の白提灯は、昔はお盆が終わったら送り火で燃やしたり、お寺で供養してもらっていたようです。 最近では、火袋に火を入れてすこし燃やして、形だけお焚き上げをし、消火してから処分するケースが多くなっています。 おわりに 盆提灯には、故人やご先祖さまが帰ってくるときの目印になる迎え火や送り火の役割と、供養や感謝の気持ちも込められているのですね。 また、盆提灯は、故人への感謝の気持ちを表す最高のお供えものとされています。 私の住んでいる地域では、初盆に故人の子どもが絵柄の盆提灯を準備します。 今年迎える父の初盆の前に、私も盆提灯の意味を知ることができてよかったです。

次の