転職 doda。 転職サイト・doda(デューダ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

dodaのキャリアカウンセリングを断られた【3つの対処法】

転職 doda

dodaはブラックばかり? テレビCM効果もあってdoda(デューダ)の利用者は非常に多いデジ。 それでいて利用者からの評判も良く、各サイトの転職エージェントランキングでもよく上位にランクインするんデジが、一方で 「dodaにブラック企業ばかり紹介された」といった口コミも存在するデジ・・・。 それって本当なの!?ブラック企業ばかり紹介なんて酷すぎルービックキューブ! 嘘とは言い切れないデジ。 dodaは9万件以上もの求人を保有してるデジから、中にはブラックな求人も存在はすると思うデジ。 また、ブラック企業と一口に言っても、判断基準は人それぞれデジからね。 口コミした人からすればブラックでも、他の人からすればブラックじゃない可能性もあるデジ。 なるほどなぁ。 そのあたりの判断基準って難しいよね。 とはいえ、 「dodaの求人は良質」といった意見も多いデジ!「dodaのおかげで理想の職場に移れた」という人もたくさんいるデジ!もしブラック企業ばかり紹介されるなら、何かしら原因があるかもしれないデジね。 これについては下記で掘り下げていくデジ。 電話での連絡のみだったが 親身になってこちらの要望を聞き、希望に合う求人を探してくれた。 DODAは当たりはずれがあるという口コミを見たので不安だったが誠実に担当していただける方に当たったようでよかったと思う。 ただ、私の職種が研究開発の中で特殊な業務を行うので求人数の母数が少なくあまり吟味できなかった。 その辺はもう少しいろいろな求人を見て吟味したかった。 1点不満を感じたところは、面接の詳細の情報がメールで送信されるが、その記載がなくこちらから連絡するまで反応がなかった。 電話で聞いた際に「記載忘れ」ということだったので、この辺は漏れの無いように徹底してほしい。 人によって、紹介してもらった企業がブラックだと感じることがあるかもしれないし、実際にブラック企業も紛れ込んでいるかもしれないけど、良い口コミだってすごく多いんだから、やっぱり利用したほうがいいかもね。 ブラックばかり紹介される理由• 求職者側の経歴がいまいち• ノルマの達成が危うい しております詳しい内容については以下で紹介していくデジ。 求職者側の経歴がいまいち dodaだってもちろん優良企業の求人を保有してるデジが、優良企業はなかなか人が辞めないため、募集人数がそう多くないデジ。 しかも 転職エージェントは基本「成功報酬」で儲けているため、内定を貰いやすい、優秀な人に優良企業の求人が優先的に紹介される傾向にあるデジ。 言い方は悪くなっちゃうけど、経歴がいまいちで内定が貰えるか分からない人より、経歴が優秀で内定に確実性がある人を優先するんだね。 dodaだって商売デジからね。 どうしたって経歴が優秀な人を優先しちゃうデジよ。 もちろん絶対ではないデジが、経歴がいまいちだと優良企業の求人紹介は少ないかもしれないデジ。 ノルマの達成が危うい dodaのキャリアアドバイザーだってノルマは存在するはずデジ。 この ノルマの達成が危うい時、採用基準が低いブラック企業の求人を求職者に紹介する可能性も・・・ゼロではないデジ。 そういうパターンもあるのかぁ。 求職者側としてもいかんともしがたいけど、dodaの担当者も生活がかかってるしなぁ。 う~ん。 なかなか難しいところデジよね。 だからこそ、dodaに紹介された求人を全面的に信用するのではなく、自分でブラックじゃないか確認することも大切デジ!これについては下記で詳しく紹介していくデジよ。 20~30代以外の方は、dodaでの転職成功率が低い傾向にあります。 自分の条件にあった転職エージェントは【 】で見つけることができます。 dodaの紹介求人がブラックか確かめる方法 dodaから紹介された求人がブラックか否か確かめる方法を紹介していくデジよ! 口コミサイトをチェック 世の中には企業の口コミをまとめたサイトが存在するデジ。 には、 実際に勤めていた人々のリアルな声が並んでいるため、ブラックか否か見極めるひとつの基準になると思うデジよ。 口コミのチェックって大切だよね! ただ、口コミサイトを全面的に信頼するのはよくないデジよ。 というのも、 基本的に企業の口コミサイトは、仕返しなどによる悪い口コミが多くなりがちデジ。 特に日本人は良いところを褒めるより、悪いところを徹底的に洗い出すようなレビューをしがちデジからねぇ。 そういえば、通販サイトのレビューとかもあら探しみたいのが多いよね・・・。 もちろん参考になる口コミもあるデジから、チェックしておくに越したことはないデジけどね。 その口コミが参考になりそうか見極めることも大切デジ。 求人票を確認する 企業の求人票には年間の休日数や福利厚生の内容などが記載されてるデジ。 事前にこれをチェックしておくことでも、ある程度はブラックか見分けられるデジよ。 求人票かぁ。 何か見方とかあるの? そうデジね。 たとえば「週休2日制」だと休みが少ないブラック企業の可能性があるため、「完全週休2日制」の企業を選ぶとか。 手当で給与を増やしてる企業ではなく基本給が多めの企業を選ぶとか。 デジかねぇ。 確かに給料は大切だよね。 ブラック企業だと残業代を含む金額を記載してたりするし! なお、ブラック企業の求人票には本当に「アットホームな職場です」とか書かれてることがあるデジ。 これは他に書くことがない証拠デジから、気を付けるデジよ! キャリアアドバイザーに聞いてみる dodaのキャリアアドバイザー(担当者)に直接、ブラックなのか確認する方法もあるデジ。 え?直接?それって答えてくれるの? 「この企業ってブラックですか?」と聞いても「ブラックです」とは返ってこないデジね。 そうではなく、「残業時間はどれくらいですか?」「福利厚生は充実してますか?」「転職した人は活躍してますか?」とか、 企業のことを探る質問をしていくデジよ。 なるほど。 それで極端に残業時間が長かったりするなら、ブラック企業の可能性大ってことだね! 面接で確認する 気になる企業に応募して、面接を受けることでもブラックか確認できるかもしれないデジ。 面接で? 面接では企業の採用担当者から話を聞けるし、こちらから質問することも可能デジ。 また、 実際に企業へ出向いて職場の雰囲気をチェックできるし、場合によっては社内見学もできちゃうデジよ! 実際に行ってみて雰囲気が悪そうor自分に合わなそうなら他の企業に切り替えるってことだね! そうデジね。 もし自分に合わない企業だったとしても面接の経験値は上がるわけデジから、無駄にはならないデジよ! 面接ってとにかく経験を積むことで上手くなってくことが多いもんね!.

次の

dodaとリクナビNEXTを徹底比較!あなたにおすすめはどっち?

転職 doda

約40,000 件 サイト上で検索できる公開求人は、転職エージェントの特色がもっとも現れるポイント。 自分が希望する業種・職種の傾向をチェックするのにも役立ちます。 マイナビエージェントもdodaも、さすがは大手転職エージェント。 両者ともにバラエティに富んだ求人情報を公開していますが、 数万件もの差をつけてdodaに軍配が上がりました。 dodaは「応募締切間近の求人」や「新着求人」の項目も見やすく、自らどんどん求人情報を開拓したい方には使いやすさが抜群です。 とはいえ、マイナビエージェントには「約2万件の非公開求人」に関する記載もあり。 公開求人数だけを見て、「マイナビエージェントを使うメリットはない」と判断してしまうのは時期尚早だと言えます。 非公開求人が多いのはどっち!? 約8万件 転職エージェントに登録しないことには閲覧することもできない非公開求人。 企業の公式サイトにも掲載されていないプレミアム求人には好条件の案件が多数隠れています。 公開求人に続いて、非公開求人数でもdodaの情報量は圧倒的! 中には企業内でも極秘とされるポジションや、新規プロジェクトの求人情報も含まれています。 気になるポイントは、マイナビエージェントもdodaも「非公開求人に力を入れている」ということ。 転職エージェントとしても求人企業側としても、「より条件にマッチした人材をスピーディーに見つけたい」という思いがあるようです。 応募者が殺到してしまうのを避けるためにも、企業と求職者を直接結び付ける非公開求人は有効的だと言えるでしょう。 拠点数が多いのは? 全国対応 マイナビエージェントは全国に求人を持ちますが、特に力を入れているのが首都圏・関西圏となっています。 その他地域なら拠点数の多いdodaを利用するのがいいでしょう。 マイナビエージェントの取り扱い求人は、北海道から九州・沖縄エリアまで幅広くカバーしています。 さらには海外での勤務もあり、グローバルな活躍をしたい方も必見です。 しかし、求人情報の多くは首都圏エリアに集まっており、続いて東海・関西エリアとなっています。 北陸エリアや中国・四国エリアは求人が少ないので、地方在住の方はやや不満に感じるかもしれません。 dodaの対応地域も全国各地であり、国内のどこにお住まいでも利用することが可能です。 マイナビエージェントよりも拠点数が多い分、面談がしやすいというメリットがあります。 また、doda主催の転職フェアも全国の主要都市で開催されており、ネットだけでなく自分の足で転職市場を見てみたい方にもおすすめです。 Uターン・Iターンに強いのは? 20代が9割 マイナビエージェントの利用者は25~35歳の20代・30代が60%、35~45歳の40代が20%となっています。 企業のニーズも既卒・第二新卒からキャリアを積んだ30代半ばに集中。 利用者と採用ニーズがマッチしていると言えます。 dodaの利用者は25~29歳の20代が最も多く、30代は約40%、40代の割合は1桁台です。 転職活動が活発となる20代から30代前半に、dodaが強く支持されていることがわかります。 これらのことから 前職の経験やキャリアに自信がある方はマイナビエージェント、若さを武器に新しいことにチェレンジしていきたい方はdodaが向いていると考えられます。 休日に転職活動するなら? 平日または土曜日 マイナビエージェントは平日と土曜日に面談が可能。 仕事を続けながら転職活動を行う場合は、どうしても平日の面談が難しいこともあるでしょう。 しかし、土曜日の面談希望者はとても多いため、ずるずると先延ばしになってしまう恐れもあります。 可能ならば平日の夜に面談することをオススメします。 dodaは平日または土曜日のみ面談が可能。 平日は9:00~20:00、土曜日は10:00~18:00までキャリアカウンセリングを行っています。 どうしても面談の時間が取れない方は電話でのカウンセリングもOK。 年末年始・ゴールデンウィーク・夏期休暇などは営業時間が変更になることもあるので要注意です。 実績のあるエージェントは? 年間18000人 転職成功 マイナビエージェントを運営するマイナビグループは1973年設立の老舗企業。 人材紹介業界で確固たる地位を築いています。 また、「20代に信頼されている転職エージェントNo. 1」に輝いた実績もあり(楽天リサーチ2018調べ)。 利用者アンケートの満足度の高さが魅力の一つです。 dodaは年間18,000人以上の転職希望者を成功に導いています。 「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」「紹介される求人数」「経験を活かせる求人数」「求人紹介の頻度」といった項目において、満足度No. 1となっています。 各業界での信頼が厚いマイナビエージェントか、転職成功者の数を明確にしているdodaか、どちらも利用価値の高い転職エージェントだと言えるでしょう。 対応が早いのはどっち?• 日本最大級のdoda転職フェア• 採用担当者に直接会える合同転職面談会• キャリアアドバイザーとの個別相談会• 転職ノウハウを学べる各種セミナー マイナビエージェントは転職活動に役立つノウハウはもちろん、業種・職種・年代別の平均年収ランキングなど みんなが知りたいリアルな情報を発信しています。 業界を牽引する企業代表者のインタビューや転職市場レポートも見ごたえたっぷり。 dodaは楽しみながら自分の強みを導き出せる独自ツールが充実しています。 コラムや転職事例、インタビューなど読み物としてもコンテンツも満載。 求人情報以外の業界トレンドも押さえておきたい方にとって飽きの来ない仕様となっています。 マイナビ VS doda(デューダ) 【対決結果】 公開・非公開求人数や拠点数、独自コンテンツ&ツールの充実度など、数字の面ではdodaがすべてリードしています。 転職活動では情報収集力が成功の秘訣となるので、dodaを利用しない手はないでしょう。 その一方で、dodaはエンジニアや営業職の求人に強く、勤務エリアによっては偏りが見られます。 大手マイナビグループは長年の実績による企業からの信頼が厚く、「マイナビ系列にしか求人情報を出さない」といった企業も存在します。 つまり、自分の希望に合った好条件の求人を見つけるならば2つのサービスを併用するのがベスト。 充実したdodaの独自ツールで自分のセールスポイントを見つけつつ、プレミアムな非公開求人が多いマイナビエージェントでも求人を探すというのが効率的だと言えます。

次の

転職サービス「doda」 公式YouTubeチャンネル「doda転職応援チャンネル」開設|転職サービス「doda」のプレスリリース

転職 doda

dodaとリクルートエージェントとマイナビの評判と簡単な違い まずよく質問されるのがdodaとリクルートエージェントとマイナビエージェントのどれが評判がいい?って質問をされます。 自分は全部を使って転職したことがあります。 給料は上がります。 自分がどの順番で登録するかと言われたら、最初はリクルートエージェントを選びます。 次にdodaですね。 その理由はまずそれぞれのサイトを一度見てください。 今の時代なら 自分の年齢が20代ならマイナビエージェントを最初に選ぶかリクルートと同時に登録しますその理由はマイナビエージェントは20代30代に特化した天職エージェントだからです。 新卒で強いマイナビエージェントは、最新の人気企業から求人をもらっているのでその流れで第二新卒にも非常に強いのです 全て完全無料で利用できます。 dodaとリクルートエージェントを比較すると圧倒的にリクルートエージェントのほうが非公開求人が多いんです。 doda転職エージェト:非公開求人:80,000件以上• リクルートエージェント:非公開求人100,000件以上• マイナビエージェント:非公開求人21,000件以上 20代~30代中心なので少なめ 自分にあった仕事が見つかるかは紹介してくれる求人の数です。 ここは多いところが安心ですよね。 転職エージェントで紹介されるのは非公開求人です。 その求人数が2万件おおいリクルートエージェントのほうが自分にあった仕事が確率的は高いですよね。 それでも毎月dodaのほうも8万件はあるので実際に仕事は見つかります。 あくまでどっちが登録したほうがいいのか?って質問された時に応えるのはリクルートエージェントのほうが求人数が多いのでといいという話 それぞれ登録するのが1番ですが、転職初心者は認知度の高いリクルートエージェントを使って、なるほど!とわかったらdodaを並行して使うのがいいですね マイナビエージェントは2万件と少なく見えますが、リクルートとdodaは20代~50代までと幅が広いので求人が多くなるのは当たり前。 新卒で人気1位のマイナビが20代と30代の求人なら圧倒的な勝負になるので、20代30代なら絶対に登録しておきたいし話が早い。 天職早くない?とか面接で思われないですからね。 すでにリクルートを使ってる人はdodaの登録について紹介 dodaの転職サイトの登録方法はインテリジェンスが運営するサイトから dodaの転職エージェントはまずインテリジェンスが運営するdodaのウェブサイトからの登録から始まります。 登録項目は次の通りです。 生年月日• 弁住所• 電話番号• メールアドレス• パスワード• 最終学歴• 職務経歴:現職中か離職中か• 直近の職務経歴• 希望条件 上記を登録したら引き続きdodaに詳細情報登録の次のページ• 連絡先住所• 電話番号• 学校名• 卒業年度• 卒業区分• 保有資格• 英語力• 転職活動状況• 転職の回数• 勤務先の会社名公開非公開• 直近の職務経歴の雇用形態• 勤務期間• 職務内容• 希望勤務地 この項目を記入して、フォームを送信しましょう。 これで次のステップに進みます。 dodaに登録すると電話面談から 転職エージェントの場合登録後、まずはエージェントの会社や事務所に訪問して、そこでキャリアカウンセリングを受けます。 しかし、doda デューダ の場合はまずインテリジェンスの社員から電話で今の就職活動の現状や転職の意思や仕事のスキルや働いている会社などを話します。 要するに履歴書と職務経歴書と自己PRを電話で説明するって感じですね。 あとは転職の理由です。 給料をあげたいのか、残業が多すぎるからワークライフバランスをとりたいのか、休みがしっかり取れる会社を探しているのか。 ブラック企業からホワイト企業に転職したいなど、まぁ、本音の愚痴を言うわけですね。 これは仕事探しをしてくれるdodaの担当さんとの意識のすり合わせで大事になってくるので、嘘偽りなく愚痴ったほうがいいです。 一通りすすむと、その場で紹介できる案件があれば実際に会っての面談になりますので、スケジュール調整するって感じです。 実際に行く前に行うことは履歴書と職務経歴書を送付することですね。 dodaの面談では職務経歴書の書き方と修正 まずは転職エージェントのdodaのサービスについて説明してもらえます。 あとは個人情報の取り扱いの書類にサインをしたり、事務的なお話で5分くらいです。 職務経歴書の書き方と修正内容を提案してくれます。 これは本当にたすかります。 提出した職務経歴書と自己PRを印刷したものを渡してくれますのでその場で赤入れ修正ができます。 いろいろアピールしたい点はありますが、それ削ったら分からなくなるじゃん!って思うことも多いですが、長すぎると書類選考で落とされやすいんですよね。 これは自分が実際に人事にキャリアチェンジして思ったことですが、書きすぎると長くて読みにくいしポイントがわからない。 簡潔に書いたほうが、きになる点などでてくるし、まず会って話がしたいってなるんですよね。 話が終わると具体的な転職先の仕事紹介 希望に合った転職先を数十社紹介してくれる 会社のプロフィールや売上、企業規模や業務内容。 残業時間や福利厚生などリクナビNEXTなどの転職サイトではほんとうにさわりの部分しか記載されていません。 dodaの企業の情報はかなり詳細に書かれているので具合的な質問もしやすいですし、わからないところは質問すれば確認してくれます。 dodaは履歴書を書かずに数十社にまとめてエントリー 転職者専用の管理画面がももらえるので、そこに紹介される求人がどんどん追加されていきます。 企業情報の詳細もそこに掲載されるのであとは応募したい会社にチェックをしてエントリーするか辞退するかを選択するだけです。 一括で更新できるので数分で数十者にエントリーできます。 履歴書を書かなくていいので1ヶ月で100社とか余裕で申込できますよ。 面接の日程調整もwebの管理画面から選択するだけ 書類選考が通ったら管理画面から面接の日程が幾つか提案されます。 希望時間に合えばそこから選べばいいし、あわなければ備考欄に行ける日を記載すればOKです。 これを淡々と繰り返すだけでいいんですよね。 面接で聞かれる質問も全部転職エージェントのdodaが教えてくれます。 今まで面接した転職者からどんな質問を受けたかdodaの担当者がヒアリング済みなので、想定される質問は全て教えてくれます。 あと面接官がNGを出すポイントなども教えてくれるので面接も通りやすいです。 内定が出るタイミングで給与交渉や入社時期もdodaの担当者に 内定が出るタイミングで最後の詰めは給与交渉と入社時期です。 給与交渉は中途社員で絶対大事な部分。 入社後は給料が上がりにくい。 だからこそ、このタイミングで給料を上げる交渉をしっかりしなければいけません。 そこもdodaの担当者がしてくれます。 リクルートエージェントとdoda転職どっちがおすすめ? 転職エージェントのリクルートエージェントとdodaどっちがいいかと質問される場合があります。 実際使った自分の経験からいうとリクルートエージェントのほうがすばらしかったですね。 もし、初めての転職や急いで仕事を決めたいと思うなら自分は、リクルートエージェントを勧めます。 しかし、管理画面の使いやすさはdodaのほうが使いやすかったです。 リクルートと比べると求人数が若干少ないので、転職スピードを考えるとリクルートかな。 先にリクルートエージェントに登録するのがおすすめdoda転職はあと すでにリクルートエージェントを使ったことがある人だったらdodaを登録することいいですね。 転職サイトごとの特色やサービスの違いを知りながら転職活動をする。 初めてならリクルートエージェントのほうがいいですね。 転職活動する際にどちらもタイミングをずらして登録することになります。 急いでるととにかくたくさん紹介して欲しいってなりますからね。 遅くても3ヶ月以内には決まると思いますよ。 自分は12月~5月の間で転職が多いのですがすぐ決まりました。 dodaに登録したらすぐ面談を紹介できる企業を準備してくれてる dodaを登録したら面談まで時間を開けてないことが大事、やる気が無いと思われて案件を紹介これは別の同僚が連絡が遅かったりしたらそんなことがありました。。 なぜなら登録してからすぐに紹介してくれるため、案件を準備してくれてるからです。 行った瞬間にどれに応募します?ってなりますから。 やっぱりdodaの担当者も本気等言うことです。 興味のある人は公式サイトのリンクをはっておくのでこちらからどうぞ。 登録してから、出来れば1周間以内に面談を受けたほうがいいです。 転職回数が多いので、いろいろ使いましたが、1番給料が増えて、中小企業から大手企業に入れてくれたのはリクルートエージェントでした。 dodaのオフィスとリクルートエージェントのオフィスは東京の場合、どちらも東京駅のすぐ近くなので、できれば1日で両方登録することをおすすめします。 リクルートエージェントはFランクの自分を大手上場企業に転職させてくれました。 マジ感謝。 まずはリクルートエージェント登録して日程を組んでdodaを登録する方がいいと思います。 どうせ両方登録することになります。 その時にこの記事を思い出して、リクルートエージェント登録しておけばよかったなってなりませんように。 20代30代の転職ならマイナビエージェントがおすすめ• 1位:リクルートエージェント 転職支援実績や求人数も• 2位:doda インテリジェンスが運営 リクルートの下位互換• 3位:マイナビエージェント 20代30代なら実質1位 なぜリクルートエージェントやdoda以外でマイナビエージェントをおすすめするかというと、dodaとリクルートエージェントは若干求人がかぶってくるんです。 中小企業から大手まであるので登録する人もさまざまです。 マイナビエージェントは20代30代にターゲットを絞っていて、リクルートエージェントとdodaにない求人も多いんです。 今話題の会社に転職したい、必ず給料を増やしたい!これから上場しそうな企業に行きたい!外資系で働きたい、そんな人にマイナビエージェントとリクルートエージェントのセットをおすすめしたいです。 結局は全部登録することになると思いますが、順番で行ったらリクルートエージェント次にマイナビエージェントそしてdodaですね 絶対に給料を増やすぞ!っという気合がある20代30代の上昇志向の人は、マイナビエージェントに登録をおすすめ 転職エージェントの登録に行く時間がないが、サイトの登録だけでリクルートエージェントなどの転職エージェントからオファーが来るリクナビネクストに登録しておくと転職がはかどります。 1ヶ月で転職するなら2社の転職エージェントを併用がおすすめ! エージェントによって扱っている求人が違ったり、同じ求人でも紹介までにかかる時間が違ったりします。 転職エージェントは 担当してくれるカウンセラー次第で転職の給料アップと転職ができるかが明暗を分けます、2つ登録しておくと比較できて安心できます。 2社のカウンセラーを比較しておけば、片方でハズレを引いても、片方のカウンセラーで保険をかけることができます。 2社同時で進めないと、本当に時間を無駄にした!!別の転職エージェントに登録しておけばよかったと後悔しますよ。 転職エージェントごとに同じ求人をもらっても見込み給与が違ったりしますからね。

次の