グルーヴ ノーツ。 株式会社グルーヴノーツ 福岡本社(他、東京オフィス)

クラウドソリューション事業の統合、及び社名変更のお知らせ ~クリップエンターテイメントは、グルーヴノーツとして生まれ変わります~ 株式会社グルーヴノーツ|IT企業インフォメーション|ダイヤモンド・オンライン

グルーヴ ノーツ

株式会社クリップエンターテイメント(英語表記: CLIP Entertainment, Inc. 、本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:佐々木 久美子)は、世界市場を視野に入れた包括的なゲームビジネス展開を目指すため、4月1日付で、株式会社ノーチラス・テクノロジーズから、クラウドソリューション事業を譲受いたしましたことをお知らせいたします。 この事業統合にともない、社名を株式会社グルーヴノーツ(英語表記:Groovenauts, Inc. 本社:福岡県福岡市)に変更いたしましたことも、併せてお知らせいたします。 新生グルーヴノーツは、クリップエンターテイメントが創り出す新しい驚きを提供する「ソフト制作事業」と、ノーチラス・テクノロジーズが得意とする、状況に応じてクラウド環境を変化させる「プログラマブル・データセンター技術」をベースとした、「ゲームクラウドサービス事業」を二つの柱として、社会に貢献する企業を目指して参ります。 新体制では、代表取締役社長に最首英裕が就任し、代表取締役会長となる佐々木久美子とともに、経営体制の強化を図ります。 また、チーフアーキテクトに、「Ruby」の開発者として知られるまつもとゆきひろ氏を迎え、技術開発現場の底上げを目指します。 グルーヴノーツはまつもと氏をはじめとするRubyコミッタらとともに、Rubyビジネス・コモンズなどのRubyコミュニティと密接に協力しながら、今後もソーシャルゲームの分野において優良なコンテンツを配信し続け、次世代の技術を活用したゲームクラウドサービスを提供して参ります。 どうぞ、新生グルーヴノーツのこれからにご期待ください。 1965年大阪府生まれ。 1990年筑波大学第三学群情報学類卒業。 1997年に株式会社ネットワーク応用通信研究所の主任研究員に就任(現在はフェロー)。 2007年6月楽天株式会社入社。 2007年7月現職。 2011年7月Herokuのチーフアーキテクト就任。 <まつもと氏のコメント> 「ソーシャルゲームの開発と、それを支えるWebとクラウドの領域で、新たなスタンダードになりつつあるRubyが、さらなる高みに到達できるように積極的な技術開発を行い、グルーヴノーツによるクラウド技術革新を実現したい」。 システムエンジニア、プロジェクトマネージャー等を経て、2000年株式会社アイキューブドシステムズに入社、04年常務取締役。 2011年7月株式会社クリップエンターテイメント設立、代表取締役社長。 85年早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、同年株式会社エイ・エス・ティ(現ITフロンティア)入社。 98年株式会社イーシー・ワン設立、代表取締役社長。 2010年株式会社ノーチラス・テクノロジーズ設立、代表取締役社長。 現Rubyビジネス・コモンズ会長。

次の

グルーヴノーツの「AI教育支援サービス」を採用 AIの本質理解などを学ぶ基礎講座(オンライン授業)を開設|京都芸術大学|KKS Web:教育家庭新聞ニュース|教育家庭新聞社

グルーヴ ノーツ

子どもでも遊ぶように学べるAIプログラミングをはじめ、最新テクノロジーを駆使した教育事業「TECH PARK(テックパーク)」を展開する株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡市中央区、代表取締役会長:佐々木久美子、以下 グルーヴノーツ)は、学校法人瓜生山学園 京都芸術大学(旧名称:京都造形芸術大学、学長:尾池和夫、所在地:京都市左京区、以下、京都芸術大学)より「AI教育支援サービス」を採用いただき、2020年春学期から情報デザイン学科クロステックデザインコースにて必修科目「コンピュテーション基礎」(オンライン形式)を提供いたしますのでお知らせします。 グルーヴノーツは、世界に先駆けてAIと量子コンピュータを活用したクラウドサービスの開発を手掛け、3,800社を超える国内有数の実績を誇るテクノロジーカンパニーです。 日々進化を続けながら社会の現場で活用されるAIなど最新テクノロジーを、子どものうちから正しく理解し好奇心をもって学べる教育プログラムの開発に取り組み、自社運営のアフタースクール「テックパーク」をはじめ様々な教育機関において「AI教育支援サービス」として提供することで、テクノロジー教育の普及に努めています。 京都芸術大学は、通学部に13学科23コースを擁し、通信教育課程と合わせて1. 1万人の学生が在籍する日本最大規模の芸術大学です。 テクノロジー分野における新しい芸術教育の創造に取り組んでおり、2018年度に設置した情報デザイン学科クロステックデザインコースでは、分野を横断したテクノロジーにデザインをクロスさせることで、日常の社会でイノベーティブな製品化・サービスを生み出し、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。 京都芸術大学では、先進技術の特徴や利活用の知識を学修できる教育科目の新設を検討する中で、自らが創作の過程で思考を巡らすことで理解、経験をつみあげる能動的な授業を展開するため、主に以下の3点を評価して「AI教育支援サービス」の導入を決定しました。 実際にAIモデルを学習させながら、リテラシー習得からデータ表現や活用、技術実装まで実現可能な点。 現役エンジニア監修のもと、ビジネス課題解決への応用の視点と考え方に基づき、学びの効果が見込めるカリキュラムである点。 京都芸術大学とグルーヴノーツは、本講座の提供や今後のさらなる連携を通じて、テクノロジーの力を味方に社会課題を解決できる人材育成に貢献してまいります。 また、グルーヴノーツは今後、大学向け「AI教育支援サービス」の強化・普及につとめることで、多様化・複雑化する教育課題に果敢に取り組む教育現場を支援してまいります。 テックパーク教育事業では、伝統技術から先端技術まで様々なテクノロジーを活用してモノを「作り上げていく」経験を重ねることで、豊かな個性や人間性を育んでほしいとの想いで、デジタルファブ、アート、AIや数理等を組み合わせた幅広いオリジナルアクティビティを開発しています。

次の

~経産省「未来の教室」実証事業~角川ドワンゴ学園、グルーヴノーツ、ミミクリデザイン機械学習による課題解決を体験的に学ぶプログラムを開発N中等部で実証開始し、「STEAMライブラリー」で公開を予定

グルーヴ ノーツ

背景 今、政府により全国的な緊急事態宣言が解除されたものの、地域ごとに異なる感染状況や新しい生活様式等にみる行動・価値変容を捉え、急速な社会構造の変化に対応していかなければなりません。 グルーヴノーツは、社会課題解決の一助として機械学習の民主化を掲げ、多大な開発コストを強いることなく高度な技術をシンプルに使えるクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」の開発に努めています。 本プロジェクトを通じた「MAGELLAN BLOCKS」の利用によって、社会経済活動に役立つ分析データの公開や、細部における変化の観測・予測ができるようになることで、地域が抱える漠然とした不安の解消、人々の活動継続を支援し、社会課題の解決に貢献してまいります。 「MAGELLAN BLOCKS」の特徴 多額の開発費を投下し、AIをつくる時代はもう終わり。 「MAGELLAN BLOCKS」は、企業が抱える複雑で高度な業務課題に対応する様々なモデルタイプを独自に開発。 常に最新機能としてアップデートをしつづけるSaaS型プラットフォームです。 AIの活用に欠かせない5つのステップも、専門的な技術や知識を必要とせず手軽に実現可能に。 【データ統合・分析】 「データバケット」で、サーバーやクラウド構築の専門知識がなくても、画像・音声・CSV・各種センターデータなど、様々なデバイスから送信されるデータを収集・保存することができます。 「フローデザイナー」で、どこにデータを蓄積するか、データをどのように処理するかなど、機能ブロックを組み合わせるだけで処理フローを自由に設計することができます。 「DataEditor」では、データを視覚的に確認でき、欠損値の補完や異常値の排除などAIで扱えるように簡単に加工することが可能です。 さらに、それらのデータを使ってAIモデルの作成と予測までワンストップで実現します。 【予測・分類】 「モデルジェネレーター」では、モデルの定義・作成やパラメータのチューニングなど、AI技術を扱う上で難度の高い要素を自動化。 独自に開発した500以上のトレーニング済みディープラーニングモデルを提供し、ユーザーはノンプログラミングで意識することなく、手軽に予測モデルを作成できます。 また、クラウドAIサービスとして唯一、数値や画像、文字、音声といった様々なデータを使って予測モデルを構築することが可能です。 いま、社会が抱える課題は、個々の企業が抱える課題の集積値として反映されたものでもあります。 だからこそ社会課題に向き合い、人間の真の豊かさを支えるテクノロジーと着想の力で複雑な問題構造を紐解き、本質的な課題解決に取り組んでいきます。

次の