ガーゼマスク。 ナデルと作った夏用のオーガニックコットンガーゼマスク|中川政七商店 公式サイト

「ガーゼマスク」は役立たない――100年前に指摘されていた! 『流行性感冒』

ガーゼマスク

それぞれのマスクの特徴は? 同じマスクとはいえ、見た目も手触りも異なる2種類のマスク。 まずは、それぞれの特徴をうかがいました。 「簡単に言うと、フィルターがなく、一枚のガーゼを折り畳んで縫製してあるのがガーゼマスク、薄い不織布のなかにフィルターが入っているのが不織布マスクです」(原さん) では、このフィルターが入っているかどうかの違いは、マスクの性能にどんな影響を与えるのでしょう? 「ガーゼマスクは、大人用で16~18枚合わせ、子ども用で12枚合わせなど、何重にもなってはいるものの、結局目が粗いガーゼを重ね合わせただけなので、ガーゼの隙間を通れる大きさのものなら通してしまいます。 しかし、不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)を99%カットするものがほとんどで、ガーゼマスクよりも防塵効果が高く、性能は高いといえます」(濱本さん) ただこれは「あくまでもフィルターの性能の話」と、濱本さんは続けます。 「よく誤解があるのは、『99%カットするマスク』=『マスクを着けたら99%予防できる』わけではないという点。 あくまでも『ウイルスや細菌などを99%カットする機能を保有したフィルター入りのマスク』という意味です。 ノーズフィットが付いてはいますが人の顔は千差万別で、マスク着用時には多少の隙間ができるんです。 その隙間から花粉や飛沫の侵入を防ぐことはできないので、『99%カットマスクなら完全にシャットアウトする』というのは誤解です」(濱本さん) たしかに、マスクがあるとなんだか安心してしまう…。 マスクをしているから大丈夫という油断は禁物ですが、風邪や花粉の予防対策としてはとても効果的とのことなので、使う目的やシーンに合わせてマスクを使い分けると良さそう。 インフルエンザや風邪の予防という意味では、不織布マスクのほうがよいとのこと。 それなら、ガーゼマスクは何のためにあるの? 「ガーゼマスクは、単純に防寒の意味で使う人やお年寄りなどガーゼマスクのほうがなじみがあるので使うという人が多い印象です。 また、花粉などアレルギー体質の方は、化学製品で作られた不織布マスクだと影響が出ることもあるので、綿100%のガーゼマスクにするという人もいます。 お子さんの場合は、不織布マスクのノーズフィットが密着するのが嫌というケースもありますね。 しかし、天然素材である綿を使っているガーゼマスクは保湿性に優れており、喉を乾燥から守ってくれますので、防寒・乾燥対策という観点からはガーゼマスクがおすすめです」(濱本さん) また、ガーゼマスクは保湿に優れているという噂も聞くけど…。 「ガーゼマスクは綿なので、水分を含みます。 その点では、保湿に優れているといえます。 反対に不織布マスクの化学繊維は水分を含みづらく、保湿性能は高くありません」(原さん) 不織布マスクをつけたままくしゃみをしたり、暖かい部屋から急に寒い外に出たりした時、内側に水滴が残っているということ、ありますよね。 唾などがマスクに当たってもはじいてしまうので、口元が気持ち悪いなんてことも。 しかしガーゼマスクは吸収してくれるので、そういった不快感は感じにくいのだそう。 マスクの裏表 判断方法知ってる? ところで、マスクを正しく使えていますか? 反対に使っていたからといって大きな差はないようですが、どうせ使うなら正しく使いたいもの。 そこで最後に、マスクの裏表の判別方法を聞きました。 「これに関しては定義が難しくて、各社違うとしか言えません…。 一応、箱や袋に『使い方』と説明は記載されています」(濱本さん) 取材時、実際に商品を持ってきていただいたので説明を見てみたのですが、たしかにわかりづらい…。 でもご安心を。 そんな時は、マスクを広げてみるとすぐにわかるそうです。 「マスクを広げるとドーム型になるので、それに合わせて判断するとわかりやすいと思います。 つまり、マスクを広げることで自ずとフィットする形になるということです」(濱本さん) 本来、マスクは鼻から口にかけて全体を覆うことでウイルスなどの侵入を防ぐもの。 自分が誰かに移さない、相手から自分に移されないためには、正しい使い方で適したものを選ぶことが大切です。 内容につきましては、配信日時点の内容となります。 関連記事 お話を聞いた人.

次の

「ガーゼマスク」は役立たない――100年前に指摘されていた! 『流行性感冒』

ガーゼマスク

関連記事• イオングループのコックスは、肌に触れたときに冷たく感じる接触冷感をうたう大人用布マスク「ぴたマスク」の予約販売を開始した。 ひんやりと感じられる夏用のマスクを提供し、ニーズを取り込む。 ミニストップが7月に始めた「おにぎり100円」施策。 主力商品のおにぎりを最大30円値下げした。 開始から3カ月がたち、効果はどれほど出ているのか。 狙いや現状について聞くと、意外な変化も見えてきた。 香港アクション映画の象徴的存在、ジャッキー・チェンのイメージダウンが止まらない。 隠し子である「娘」の振る舞いや、自伝で語られた「ダメ人間」ぶりなどが欧米やアジアで話題になっている。 私たちのヒーローだったジャッキーに何が起きているのか。 「エアリズムマスク」の販売制限が「1人2点まで」になった。 これまでは「1人1点まで」だった。 品薄状態を解消するため継続的に増産しているという。 AOKIは事前抽選販売が好評だったため「ダブル抗菌・洗えるクールマスク(20枚入り)」(税別4000円)の追加販売を行うと発表した。

次の

ファミマ限定の夏向けマスクが登場 「ひんやり素材の冷涼感マスク」と「アナ スイ ガーゼマスク」

ガーゼマスク

必要な人に「行き渡りません」 使い捨て不織布マスクの供給不足が続き、注目が集まる手作りマスク。 作り方の1つは布とガーゼを縫い合わせる方法で、多くのウェブサイトなどでも紹介されている。 ガーゼにもいくつか種類があるが、ツイッター上では新型コロナウイルスの影響で「滅菌ガーゼ」が店頭からなくなったという報告があがるようになった。 特に拡散されたのは2020年3月1日の投稿で、「滅菌ガーゼでマスクを作るのはやめてください。 手術後の在宅ケアで本当に滅菌ガーゼでないとだめな人に行き渡りません」として、マスクを作る場合は滅菌ガーゼ以外を用いてほしいと訴えている。 この投稿には「調剤薬局で働いてますが、滅菌ガーゼを爆買いしていく方が増えててこちらも困ってます」「私もちょうど今日、怪我した子どものための滅菌ガーゼを買いに行き、すっからかんの売り場を見て愕然としました」「ほんま、これ辞めて下さい」など、同様に滅菌ガーゼの不足に悩まされている旨のリプライも寄せられた。 自作マスクに関しても「滅菌ガーゼでマスク作るとかは無意味だから止めましょう」といった声がある。 そもそも「滅菌」とは何か。 日本石鹸洗剤工業会(JSDA)ウェブサイトによると、「すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去することで、日本薬局方(編注:厚生労働省が定めた医薬品の規格基準書)では微生物の生存する確率が 100万分の1以下になることをもって、滅菌と定義しています」と説明がある。 「滅菌でないガーゼを使っても変わらないでしょう」 手作りマスクのあてガーゼに用いる際、滅菌ガーゼかそうでないガーゼかで違いはあるか。 一般消費者向けにも滅菌・未滅菌の両ガーゼ商品を製造している医療機器メーカー・ハクゾウメディカル(本社・大阪市)の担当者は3日、J-CASTニュースの取材に「滅菌ガーゼである必要はないと思います」と話す。 「気持ちの問題で、口元を清潔にしたいという思いから滅菌が選ばれるのかもしれませんが、滅菌でないガーゼを使っても(手作りマスクとしての機能は)変わらないでしょう。 滅菌ガーゼは傷口にあてて出血を止める時などに使われます。 傷口から雑菌が入らないようにするためです」 関西の別の医療機器メーカーA社の代表も同日、取材次のように話す。 「滅菌ガーゼというのは、傷口など損傷した皮膚にあてる時に雑菌がつかないようにするために使います。 しかし、マスクのガーゼは通常、健康な皮膚にしか当たりません。 また、体内に菌が入らないように滅菌ガーゼを使うわけですが、マスクは空気中にさらされ、菌がつきます。 こうしたことからすると、自作マスクに滅菌ガーゼを使う必要性はないと思います」 逆に医療現場では「手術する時などは体内に入れますから、滅菌したガーゼを使います」という。 術後の在宅療養時についても「どのレベルで在宅になるかとか、医師の判断にもよりますが、滅菌ガーゼが必要になることはあります」と話した。 国内で流通するガーゼは多くが中国製。 A社代表は「新型コロナウイルスの影響で中国工場は止まっているところが多いです。 だから国内に入ってくるガーゼも少なくなっています」としており、先のハクゾウメディカルでもガーゼは中国工場で生産しているため、国内では品薄という。

次の