クリティカル エイジ。 【クリティカルエイジ】 とは??│スクールブログ│すがも校(豊島区すがも)│子供英会話教室 AEON KIDS

運動神経だけじゃない!?子どもにテニスを勧める理由とは?

クリティカル エイジ

テレビのバラエティー番組「アメトーク」の『運動神経悪い芸人』は大人気の企画ですよね。 特番になったりDVDの売り上げも凄いことになっていて、芸人としては運動音痴を売りにして人気者になれますが、スポーツをうまくできる方が絶対楽しいです。 ところで、クリティカルエイジって言葉を聞いたことがあります? クリティカルエイジ とは、 最近の脳科学の研究で明らかになった概念で、脳が持っている学習限界年齢のことなのです。 つまり、ある年齢を過ぎると、新しいスキルを得とくするのが非常に難しくなってしまいます。 実は、「アメトーク」の『運動神経悪い芸人』は子供の頃に、体を動かす遊びをやっていなかった可能性があります。 お子さんを『運動神経悪い芸人』にさせたいなら別ですが、運動神経を良くして、スポーツを通して人生全般が楽しくなるというお話をします。 クリティカルエイジ前に始めたいスポーツとは? 将来お子さんがどんなスポーツをやるにせよ、幼児期の頃から体を使った遊びが必要です。 子どもは体を使った遊びから、脳の大脳皮質の運動野(体を動かす神経系列)が鍛えられます。 脳が鍛えられるということを簡単に説明すると、遊びでの繰り返しの体の動作で、脳内の神経に電気的な信号が的確にスムーズに伝達される回路が作られると考えてください。 このような運動に関する脳の回路を作る限界の年齢が クリティカルエイジ なのです。 脳の仕組みは複雑で、スポーツでは視覚や聴覚や触覚により、瞬時に判断をして、次の行動を電気的な信号に変えて筋肉に伝えています。 このような 空間把握能力や高速で動いているものを見る 動体視力、 判断力、 行動力を小さい頃に鍛えるために最適なスポーツが、 テニスや サッカーです。 テニスが上達するためのクリティカルエイジは10歳までとされていますが、お子さんが将来どんなスポーツをやるにせよ、 小さい頃からテニスをやることで、動体視力、判断力、行動力、空間把握能力やスポーツを通してリーダーシップなどを身につけることができます。 また、こういった 運動能力を高めることで、IQが上がることが最近の幼児教育の研究で分かってきていますし、何よりもテニスは年をとってもできる生涯スポーツです。 そこで!無料体験会実施してます まずは、これからお子さんに何かスポーツさせたいと思っている方に、テニススクール ミューインドア安謝校のレッスンが無料で体験できる『AUAオープニング体験会』をオススメします! 体験会では、テニスが全く初めてのお子さんでも、ラケットを持たないボール遊びから、ラケットでボールを打つことはもちろん、反射神経を鍛える動きなどを取り入れたプログラムをコーチと楽しく体験できます。

次の

「オトナ脳」は学習できない! クリティカルエイジを克服する大人のための勉強法/苫米地英人/著 本・コミック : オンライン書店e

クリティカル エイジ

音読で文章力を上達させる方法 脳機能学者・苫米地英人さんによると、文章力の有る・なしは、脳の「クリティカルエイジ」と関係があるようです。 クリティカルエイジとは、遺伝的に決まっているそれぞれの器官が持つそれぞれの機能の発達の年齢のことを言います。 つまり、脳のクリティカルエイジは「脳の学習限界年齢」と言い換えることができます。 例えば、言語にもクリティカルエイジが存在し、8〜10歳くらいまでに母国語としての言語の習得が止まってしまうといわれています。 ですから、一般的に、小学生くらいのときを海外で過ごした日本人はバイリンガルになっていますが、大人になってから海外留学をした日本人がバイリンガルになるのは、クリティカルエイジの壁があり、難しいのです。 クリティカルエイジという観点から「文章力」というものを考えてみると、文章が苦手な人は、中学生くらいになるまでの期間(13歳前後)までに、文法的に正しい文章や、語彙の豊富な文章を読んだことがなかったのではないかと推測されるのです。 しかし、苫米地英人さんによれば、「クリティカルエイジは克服可能」であるとのこと。 その方法としては、「ヘンな文章を書く脳」を活性化させずに、新たに「正しい文章を書く脳」を作る、ということなのだそうです。 具体的には、お笑いやバラエティなど、正しくない日本語のテレビをなるべく見ないようにして、明治の文豪など、語彙の豊富な美しい日本語の作品を声に出してたくさん読む(音読する)ということ。 音読によって、美しい文章の日本語を、脳に、新しく、徹底的に学習させるのです。 もし、「ヘンな文章を書く脳」を2時間使ってしまったら、「正しい文章を書く脳」を3時間使い、活性化させる脳の割合を常に後者優位にします。 これを3週間くらい続けることによって、頭の中に「語彙が豊富で美しい文章を書く脳」が新たに形成される。 つまり、クリティカルエイジを克服したということです。 この方法は、大人になってから新しい語学を習得する際にも、効果的に応用することができるでしょう。

次の

英文が読めない原因: 効果的な英文リーディング勉強法

クリティカル エイジ

答えは 「YES」です。 しかも、これはあなたが実際に、日本語を学ぶときにやってきたのです。 もしも、あなたが日本語を話す能力があるのであれば、 英語だって話せるようになるのです。 そう、つまり、 「文法ルールなどを暗記せずに英語を話せるようになる」 のです。 英語をマスターしたあとの「あなたの人生」を。 「英語をマスターして、 キャリアアップ している」 「海外ドラマ、映画を 字幕なしで観ている 」 「 外国人の友人や恋人 をつくってる」 「海外旅行で外国人と 楽しく話している 」 「 留学や海外赴任 で楽しく生活している」 …などを想像するのではないでしょうか。 でも、あなたは多くの日本人と同じように、 「どうして、日本人はいつまでたっても英語が苦手なんだろう」 と思っているのではないでしょうか? しかし、 これは脳科学から考えれば当たり前です。 それでは、詳しくみていきましょう。 クリティカルエイジとは、遺伝的に決まっている それぞれの器官のそれぞれの機能の発達年齢のことを いいます。 たとえば、 言語であれば、8〜13歳くらいまでに 母国語としての言語の習得が止まってしまうといわれています。 ですから、一般的に、小学生くらいのときを 海外で過ごした日本人はバイリンガルになっていますが、 大人になってから海外留学した日本人が バイリンガルになるのが難しいのです。 つまり、あなたが14歳以上であれば、 クリティカルエイジを克服する勉強法をしなければいけないのです。 脳科学から見たときに、日本の英語教育がやっている 「文法」から学んでいく方法は完全に間違っているのです。 私たちが日本語を学んだように、 「見る・聴く」からはじめなければ 言語をマスターするのは難しいのです。 脳が言語を学ぶ仕組みは、「見る・聴く」が最初なのです。 そうすれば、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じように、 「文法ルールなどを 暗記せずに英語を話せるようになる」 のです。 文法から学ぶ方法は大間違いなのです! では、具体的には、どうすれば、短期間に英語をマスターできるのか? 具体的には、 「脳が言語を学ぶメカニズム」に沿った方法で、 英語を学ぶ必要があります。 前述したように、赤ちゃんが英語を学ぶのと同じように、 「見る・聴く」からはじめ、文法は学ばない! そうすることで、 あなたの脳の中に、 「英語脳」をつくることができるのです。 実際に、 苫米地博士が考えた方法で、 年齢や環境に関係なく 英語力ゼロからネイティブスピーカーになった人が多く生まれています! しかも、限りなく短期間に、多くの方がネイティブスピーカーになったのです! この方法は、かつて苫米地博士が雑誌『CNNイングリッシュエキスプレス』に半年ほど連載し 話題になり、昨年15万部突破のベストセラーとなった 『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方〜クリティカルエイジを克服する加速勉強法』でも触れ、 その後インターネットを中心に話題になりました。 最新の脳科学で実証された成果を基につくったこの方法は、 より短期間に、効率よく外国語を学べる方法です。 これと似た方法が、かつての スパイ教育でも使われていたこと もわかっており 短期間で外国語を習得する最適な勉強法 であることは間違いありません。 7〜8年にわたって多くの人が体験し、成果を出している方法なのです。 ぜひ、この機会に、 書籍 『英語は逆から学べ!』 〜最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法〜 苫米地 英人 博士 著 を今すぐ書店でお買い求めください! ぜひ、これまでの間違った英語学習を今すぐ止めて、 最新の脳科学による英語学習法にシフトして下さい。 脳機能学者・計算言語学者・分析哲学者・実業家。 上智大学外国語学部英語学科卒業。 2年間の三菱地所勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学。 その後、コンピューター科学の分野で世界最高峰と言われるカーネギーメロン大学大学院に転入。 計算言語学の博士号を取得(日本人初)。 帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、通商産業省情報処理振興審議会専門委員等を歴任。 中国南開大学客座教授、全日本気功師会名誉会長。 現在、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、米国公益法人The Better World Foundation日本代表。 イエール大学・カーネギーメロン大学在学中、世界で最初の音声通訳システムを開発し、 CNNで紹介されたほか、マッキントッシュの日本語入力ソフト「ことえり」など、多くのソフトを開発。 帰国後、三菱地所の財務担当者としても活躍。 自身の研究を続ける傍ら、1989年のロックフェラーセンター買収にも中心メンバーの一人として関わった。 また、オウム真理教信者の脱洗脳や、国松警察庁長官狙撃事件で実行犯とされる元巡査長の狙撃当日の記憶の回復など、脱洗脳のエキスパートとしてオウム事件の捜査に貢献。 現在も各国政府の顧問として、軍や政府関係者がテロリストらに洗脳されることを防ぐ訓練プログラムを開発・指導している。 近年は、同時通訳者としての経験や脳機能学者・計算言語学者としての見識から生み出した「英語脳のつくり方」プロジェクトが大反響を呼んでいるほか、本業のコンピューター科学分野でも、人工知能に関する研究で国の研究機関をサポートする。 次世代P2P型通信・放送システム「Key HoleTV」を開発し、無料公開も行っている。 今春から、自己啓発や能力開発の分野における世界的権威ルー・タイス氏とともに、米国認知科学の最新の成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」の日本向けアレンジに着手。 日本における総責任者として普及に努めることになった。 一方、格闘家前田日明氏とともに全国の不良たちに呼びかけた格闘イベント「THE OUTSIDER」を運営。 また、「神様のパズル」(角川春樹事務所)や「明日使える心理学!テッパンノート」(TBS・毎日放送系列)「ケータイ捜査官セブン」(テレビ東京系列)の監修を務めるなど、多方面で活躍している。 著書に『残り97%の脳の使い方』『英語は逆から学べ!』『英語は逆から学べ!実践トレーニング編』『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方〜「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法〜』『脳と心の洗い方〜「なりたい自分」になれるプライミングの技術〜』(フォレスト出版)、『本当はすごい私』(講談社)『年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方』(宝島社)『洗脳』(三才ブックス)、『ドクター苫米地の新・福音書』(講談社)、『スピリチュアリズム』(にんげん出版)、『心の操縦術』(PHP研究所)、『洗脳原論』(春秋社)、『夢をかなえる洗脳力』(アスコム)、『洗脳護身術』(三才ブックス)、翻訳書に『CIA洗脳実験室』(デジタルハリウッド)など他多数。 セミナーなどの最新情報はブログで.

次の