人 から どう 思 われ て いるか。 「良い人だと思われたい」と過剰に気にしてしまう問題について|心理資格ナビ

すごい人とすごいと思われたい人のちがい

人 から どう 思 われ て いるか

146『どう思われているかが気になるとき』 このサイトの作者の本 累計32万部 自分が他人からどう思われているかということは、誰でも気になるものです。 しかし、これはまた、いくら考えてもきりがないことでもあります。 他人と話をしているとき、自分の顔はどう映っているか、相手に不快感を与えていないか、自分の話はつまらないと思われているのではないか、などと考え始めると、頭の中が混乱し、何も話せなくなってしまいます。 人前で緊張してうまく話せないという人は、「話をすること」と「どう思われているかを気にかけること」のふたつを同時に行おうとしてしまっているのです。 このふたつは、相互に影響し合っています。 相手の反応が気になるから、うまく話さなければならないと緊張してしまいますし、うまく話さなければいけないという思いが強いほど、また相手の反応が気になってしまいます。 堂々巡りできりがありません。 相互に影響し合っているものだからこそ、ひとつにまとめて考えればよいのです。 「どう思われるか」ということは、「何を話すか」に付随してえられる結果です。 つまり、「何を話すか」というひとつのことに集中しさえすれば、それで充分なのです。 それ以外のことは、自分の思いとは関係なく決まることです。 「どう思われるか」を気にかけることは、無駄であるどころか、マイナスにしかなりません。 人の好みは、さまざまです。 ある人からは「明るくはきはきした人」と思われている人が、ある人からは「口やかましくてうっとうしい人」と思われているかもしれませんし、ある人から「決断力のある頼もしい人」と思われている人が、別の人からは「強引で身勝手な人」と思われているものです。 「相手がどう思うか」ということは、相手が決めることであり、自分の力の及ぶ範囲ではありません。 「自分がどう思われているかが気になって仕方がない」という人は、まず、「他人から好かれないこともある」という事実をいさぎよく認めなければなりません。 自分だけではなく、人間なら誰にでもありえることで、気にしても仕方のないことなのです。 「他人からどう思われているかを気にかける」ということは、自分を拒絶する人間は許せないという怒りであり、他人の心を支配したいというエゴにすぎません。 他人の心を推し量り、他人の立場になって考えることは大切ですが、自分がどう思われているかを気にかけるのは、相手を思いやる優しさではありません。 そんなことをいくら気にかけても、豊かな人間関係は築けないのです。 他人から嫌われることを怖れる人は、自分は他人を嫌うことに罪悪感をもち、嫌いな人のことも好きになるよう精一杯努力しているのかもしれません。 子供のころ、たとえば親に反抗心を示したとき、親の幼児性によって、それを強く非難され、「人を嫌う人間は、心のみにくい人間だ」と思い込まされたのではないでしょうか。 だから、自分が他人によく思われようとしてびくびくと気を遣っているのに、他人が自分を邪険に扱っても平気でいられることが許せず、不公平の落差に憤ってしまうのです。 そういう人は、まず、自分の心に潜む「他人への敵意」を素直に受け入れなければなりません。 「この人はどうも苦手だ」「この人とはどうしてもうまくやっていけない」ということは、誰にでもあるものです。 直接相手を傷つけるのはよくありませんが、心の中で苦手意識をもつことぐらいは、許されるのです。 自分にもそういう気持ちがあるということを認められれば、逆に自分が他人から苦手意識をもたれることがあっても仕方がないと思えるようになります。 他人からどう見られるかということばかりを気にかけてしまう人は、他人に嫌われたくない、変に思われたくないという一心でそうしているのでしょうが、ひとつ重大な点を見落としています。 そのように「他人の目ばかりを気にして生きている自分」が他人の目にどう映っているかを考えていないということです。 先ほども述べたように、人の好みはさまざまで、どういう人間が好かれるかということは一概には言えません。 しかし、「人の目を気にしてびくびくと警戒ばかりしている人」が好かれることはない、ということは断言できるでしょう。 気にしても仕方がないことは仕方がないと割り切り、会話をするときは会話に集中し、遊ぶときは遊びに集中すればよいのです。 他人からどう思われるかを気にかけるよりは、はるかによい結果がえられることでしょう。

次の

気付かぬ間に嫌われていた!?周りからどう思われているの?嫌われ度診断!

人 から どう 思 われ て いるか

146『どう思われているかが気になるとき』 このサイトの作者の本 累計32万部 自分が他人からどう思われているかということは、誰でも気になるものです。 しかし、これはまた、いくら考えてもきりがないことでもあります。 他人と話をしているとき、自分の顔はどう映っているか、相手に不快感を与えていないか、自分の話はつまらないと思われているのではないか、などと考え始めると、頭の中が混乱し、何も話せなくなってしまいます。 人前で緊張してうまく話せないという人は、「話をすること」と「どう思われているかを気にかけること」のふたつを同時に行おうとしてしまっているのです。 このふたつは、相互に影響し合っています。 相手の反応が気になるから、うまく話さなければならないと緊張してしまいますし、うまく話さなければいけないという思いが強いほど、また相手の反応が気になってしまいます。 堂々巡りできりがありません。 相互に影響し合っているものだからこそ、ひとつにまとめて考えればよいのです。 「どう思われるか」ということは、「何を話すか」に付随してえられる結果です。 つまり、「何を話すか」というひとつのことに集中しさえすれば、それで充分なのです。 それ以外のことは、自分の思いとは関係なく決まることです。 「どう思われるか」を気にかけることは、無駄であるどころか、マイナスにしかなりません。 人の好みは、さまざまです。 ある人からは「明るくはきはきした人」と思われている人が、ある人からは「口やかましくてうっとうしい人」と思われているかもしれませんし、ある人から「決断力のある頼もしい人」と思われている人が、別の人からは「強引で身勝手な人」と思われているものです。 「相手がどう思うか」ということは、相手が決めることであり、自分の力の及ぶ範囲ではありません。 「自分がどう思われているかが気になって仕方がない」という人は、まず、「他人から好かれないこともある」という事実をいさぎよく認めなければなりません。 自分だけではなく、人間なら誰にでもありえることで、気にしても仕方のないことなのです。 「他人からどう思われているかを気にかける」ということは、自分を拒絶する人間は許せないという怒りであり、他人の心を支配したいというエゴにすぎません。 他人の心を推し量り、他人の立場になって考えることは大切ですが、自分がどう思われているかを気にかけるのは、相手を思いやる優しさではありません。 そんなことをいくら気にかけても、豊かな人間関係は築けないのです。 他人から嫌われることを怖れる人は、自分は他人を嫌うことに罪悪感をもち、嫌いな人のことも好きになるよう精一杯努力しているのかもしれません。 子供のころ、たとえば親に反抗心を示したとき、親の幼児性によって、それを強く非難され、「人を嫌う人間は、心のみにくい人間だ」と思い込まされたのではないでしょうか。 だから、自分が他人によく思われようとしてびくびくと気を遣っているのに、他人が自分を邪険に扱っても平気でいられることが許せず、不公平の落差に憤ってしまうのです。 そういう人は、まず、自分の心に潜む「他人への敵意」を素直に受け入れなければなりません。 「この人はどうも苦手だ」「この人とはどうしてもうまくやっていけない」ということは、誰にでもあるものです。 直接相手を傷つけるのはよくありませんが、心の中で苦手意識をもつことぐらいは、許されるのです。 自分にもそういう気持ちがあるということを認められれば、逆に自分が他人から苦手意識をもたれることがあっても仕方がないと思えるようになります。 他人からどう見られるかということばかりを気にかけてしまう人は、他人に嫌われたくない、変に思われたくないという一心でそうしているのでしょうが、ひとつ重大な点を見落としています。 そのように「他人の目ばかりを気にして生きている自分」が他人の目にどう映っているかを考えていないということです。 先ほども述べたように、人の好みはさまざまで、どういう人間が好かれるかということは一概には言えません。 しかし、「人の目を気にしてびくびくと警戒ばかりしている人」が好かれることはない、ということは断言できるでしょう。 気にしても仕方がないことは仕方がないと割り切り、会話をするときは会話に集中し、遊ぶときは遊びに集中すればよいのです。 他人からどう思われるかを気にかけるよりは、はるかによい結果がえられることでしょう。

次の

もしかして好き?【あの人の心の中のあなた】カードが示す14の予言

人 から どう 思 われ て いるか

自分は人からどう思われているか異常に気になります。 家族の介護が落ち着き、この春から数年ぶりに仕事を始めたのですが ミスばかりしています。 経験のあるレジ打ちのパートをしていますが、やはり店や機械が違うと大変です。 自分はどんくさいため忙しい店のペースにまだ慣れません。 今日は過不足を出してしまい(お客さんにおつりを返し足りなかった)明日主任と同僚全員に 謝らなければならず、憂鬱です。 自分が経験者だというのを社員は知っているので「経験してるから大丈夫ですよね?」 と言われることが多くプレッシャーです。 もう何年も前の話なのでと言っていますが、「経験者のくせにミスが多い」とか 「仕事が遅い」と思われているのではないかと気になってしまいます。 また、レジの主任がきつい人で気分が悪いと思いっきり態度に出し不機嫌になるので そばにいるだけでビビッて落ち着かなくなって挙動不審になります。 主任だけでなくちょっとキツめに注意されたると「ああもう自分は嫌われた」とか ジロッと見られたりすると「何か悪いことをしてしまったんだろうか」と考えてしまい その人とはまともに話せなくなってしまいます。 全然知らない人がすれ違いざまに笑ったりすると自分が笑われたのかと思ってしまうタイプです。 仕事は遅い、覚えは悪い、ミスはするでいいところが無く自分は社員に嫌われているというのが今の 気持ちです。 でも、そういう事ばかり考えていると余計ミスをしてしまう気がするので 人からどう思われているのかをあまり気にせず前向きににいられる方法を知りたいです。 アドバイス下さい。 お願いします。 分かります・・自分も昔同じようなタイプでした。 とにかく怒られたりするのが嫌で 新しい職場で仕事慣れるまでが苦痛で仕方なかったなぁ。 何回も同じことを聞いてしまったり。 あくまで私の体験談ですが ビクビクする自分に腹が立ったのが自分が変わるきっかけでした。 考えても考えても、嫌われまいとすればするほど萎縮して 失敗してしまう。 自分の心の弱さが態度や顔に出てるんでしょうね、なぜか上司や同僚から 人一倍きつく当たられることも多かったです。 そんな自分が嫌で、 「この状況しんどいから、やめよっと」とスッと力が抜けまして。 友人からは 「相手がどう思うかなんて予想しても無駄。 受け取るのは相手。 あなたがどう自分を取られるのかは相手次第なんだから。 あんたがドン臭いか、あんたが挙動不審かは、相手が勝手に決める。 どれだけ頑張っても、相手が勝手に判断しちゃうんだったら びくびくして本気出せない自分が馬鹿らしいって思わない? それならば嫌われるの上等で自分の力発揮できるように自分でやれよ。 相手は変わってくれないよ?じゃあどうすんの? 自分の考えを変えるしかあんた楽になんないじゃん」と言われて ま、それもそうだな、と。 びくびくしてる自分に嫌気がさしたのと 考え方ひとつで嫌われようが文句言われようが必要以上に萎縮しなくなりました。 ただ、職場を制するのは、やはり仕事だと思います。 ミスを防ぐように気をつけて 分からないところは相手に嫌な顔されようが何度も疑問を聞いて 早く仕事を覚えてやる!と頑張りました。 分からない、不安、自分にそれだけの力がないから恐れるのだと悟ったからです。 やっぱり何クソ!の精神は大事だと思います。 相手の反応でいちいち心折れてたら自分の成長が止まっちゃう。 がんばって! 経験がある仕事でも、ブランクがあれば、初めてのお仕事よりプレッシャーは強いのではないでしょうか? とにかく色んなシステムの変化が激しいので、経験があればあるほど、ギャップを感じるのではないかと思うのですが。 介護は、社会から切り離されたようなお時間だったのではないかと思いますし、気になるのは仕方がないと思います。 慣れるまでは、神経が張りつめた状態は変わらないと思います。 気分で起こっていることではないと思うので。 カウンセリングで状態が良くなるような気もするのですが、こういった相談窓口もあるようなので、利用されてはいかがでしょうか? 本当に、介護は大変だったと思います。 本当によく頑張られたと思います。 手が離れて、疲れが出ることもあるんじゃないでしょうか。 ご本人が感じている以上に、精神的に疲労した状況なのでは?と思います。 安定剤をいただくなどの方法もあると思いますが、お薬は飲み始めてしまうと止めるのが大変です。 また、眠くなる成分が多い場合も多いかもしれません、余計、仕事に差し支えてしまうような気もします。 ですが、夕方だけ服用といった場合もありますので、あまり酷ければ、こちらで最寄りの良い心療内科をお尋ねになって、通われるとよいと思います。 何かご参考になれば、幸いです。 参考URL:.

次の