アコール dod - アコール dod 声優 7

Dod アコール 『NieR/DOD #2』【考察】アコールについて考える【ネタバレ注意】

Dod アコール ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

『NieR/DOD』【考察】ゲーム内で語られない裏設定や裏話【ネタバレ注意】

Dod アコール 【ニーア】オリジナルアコールの正体ってもしかしてヨコオ氏?【レプリカント】 |

Dod アコール ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

Dod アコール アコール/旧世界

ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

Dod アコール その他世界観

Dod アコール ドラッグオンドラグーン3

Dod アコール ドラッグオンドラグーン3

Dod アコール 【ニーア】オリジナルアコールの正体ってもしかしてヨコオ氏?【レプリカント】 |

その他世界観

Dod アコール 【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

【ヨコオタロウ氏を】「舞台 ヨルハVer1.3a」を見た感想を書こうと思ったらアコールとは?な記事になっている件【ロッカーに入れたい】|おふとんしてたらまたねてた

ゲシュタルトニーアの住処及び保管庫として石の神殿が出てきますが、ゲシュタルトニーアは騙されていたことに激怒し人類側から離反しているわけですから、それまでにいた所を拠点とするよりは、研究所を出て石の神殿に移ったとするのが自然です。

  • 暴走状態のアンドロイドは機械生命体が攻撃を仕掛けてくる時のように目が赤く光り、味方である2Bや9Sに襲い掛かってきた。

  • 前作の最終決戦において失われた「黒の書」であるが、実はアンドロイドに姿を変えて「ヨルハ計画」を立案したとすればどうだろう。

  • マナ 「天使の教会」の司教である少女。

『NieR/DOD #2』【考察】アコールについて考える【ネタバレ注意】

ワン 来訪者 『ドラッグオンドラグーン ノベルプレリュード』にて書き下ろされた作品• 今作においても「デボル」「ポポル」が登場しており、かつて同型のアンドロイドが起こした暴走事件の罪の意識に苛まれている。

  • 教会都市 「大災厄」によって出現した謎の都市。

  • さらに現在でもトウの最期などには真面目な態度を取っていることから、これらの態度は本心を隠すため、もしくは狂ってしまったトウに近づきたいがための演技だと思われる。

  • 結論から言えば、ゲシュタルトニーアを管理していたのは恐らく 旧 人類であり、厳密には人類は滅亡していません。

ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

・巨大樹も塔システムも、コピーモデルを作ることができる。

  • 『ドラッグオンドラグーン3』の前日譚となる物語であり、ワンたちが世界各地の領主を討伐する旅をしていた頃の様子が描かれている。

  • フォールダウン・・・下落? -- 名無しさん 2019-09-06 18:56:53• また姉妹の中では特に料理好きであり、モンスターを食材として加工することもできる。

  • 観測する側のため本来ならゼロたちの行動には干渉できない するべきではない が、あまりにもバッドエンドを多く見すぎたため、自らの業務違反にならない程度にあれこれと口出しをするようになる。

【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

この釣り機能は入れられたら入れたい程度で、無理そうだったら入れなくても良いよと言われたいたため、ゲームデザイナーの『根岸』さんはしばらく無視していたそうだ笑 また、とある バッドエンドでアジを食すと死亡するエンディングが存在するが、これを提案したのは根岸さんである。

  • ニーアの存在 今作に連なる前作のDエンディングの結果から、 レプリカントのニーアは存在ごと消え去り、最初からいなかったことになっている。

  • 自身の欲求を解消するためだけの存在とすら言える「使徒」を従えることに対してあまり肯定的ではなく、そのためウタウタイの中で唯一使徒を持っていない。

  • 「P33」は前作の「ロボット山」に登場したボスキャラクターであり、今作の「廃工場跡地」は彼が生産された場所である。

ストーリー考察Part4|設定資料集の情報に基づいた答え合わせとヨルハ計画首謀者の謎 ※ネタバレ注意!

「花」とそれを宿すウタウタイを殺す力を持っているが、その理由は不明。

  • 登場キャラクター [ ] 主人公 [ ] ゼロ - 本作の主人公。

  • スタッフロールでは「Partition」と表記されている。

  • ヨナ R を取り戻したニーア R だが、人類のゲシュタルトを維持する管理者と、レプリカントを生産する管理者の双方が失われる結果となった。

ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

作中で使用している武器それぞれに用意された逸話や由来などが記されている。

  • 分岐する世界のさまざまな事象を記録するアコールにとって、目的を阻害されているも同然だ。

  • だから今日が35回の目撃になるわけです。

  • ・巨大樹も塔システムも、ネットワークの集合体となる。

『NieR/DOD #2』【考察】アコールについて考える【ネタバレ注意】

ファミ通は同ジャンルのゲームと違った特徴が多くはないが肯定的だった。

  • 今回の考察は以上となる。

  • 女性はおろか男性、果ては人間以外さえも性欲の対象とみなせる変態であり、「穴さえあればなんでもいい」と語るほどの見境なさを誇る。

  • 特定の条件を満たすことで発生するということだが、詳細は不明。

    関連記事



2021 cdn.snowboardermag.com