アンバサ 飲み物 - 昔なつかしのジュース

飲み物 アンバサ カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

飲み物 アンバサ 懐かしい炭酸飲料「アンバサ」の復刻デザインペットボトルが売ってたので飲んでみた|にゃんこ大魔神のブログ

カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

飲み物 アンバサ 昔なつかしのジュース

飲み物 アンバサ 昭和懐かしい乳酸菌飲料:コカ・コーラ アンバサ

アンバサ

飲み物 アンバサ 昭和懐かしい乳酸菌飲料:コカ・コーラ アンバサ

飲み物 アンバサ アンバサ

アンバサ

飲み物 アンバサ 低刺激乳性炭酸飲料「アンバサ サワーホワイト」は懐かしさを愉しむドリンク

飲み物 アンバサ アンバサ

アンバサ飲んで

飲み物 アンバサ アンバサ飲んで

飲み物 アンバサ アンバサ飲んで

カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

ちなみに私は炭酸の方が好きでした。

  • 実際にどんなパッケージだったのか、検索はしない。

  • というより表舞台から退いたような雰囲気となっているアンバササワーホワイト、かつては美味しいホワイトソーダの座をかけてカルピスソーダと激しい戦いをしていたドリンクだ。

  • では、飲んでみましょう。

アンバサ

  • 四国限定発売(生産は委託工場が担当)。

  • 「アンバサ・サワーホワイト」・・・のペットボトルバージョン。

  • 北陸・東北・北海道では未発売。

カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

超微炭酸により炭酸の刺激は全然なし、もちろんカルピスソーダよりも炭酸は弱い。

  • このうち、サワーホワイトについては5月からでも発売された。

  • 350ml缶は沖縄のみの販売。

  • 私は幼少の頃に一度飲んだきりすっかり彼とは音沙汰ない。

懐かしい炭酸飲料「アンバサ」の復刻デザインペットボトルが売ってたので飲んでみた|にゃんこ大魔神のブログ

あの頃を思い出すと、心がニンーとする。

  • 要するに「カルピス+サイダー」 うぅ・・・懐かしいですね~。

  • だったような気がする。

  • というかそもそも出会ったことはあるのだろうか。

低刺激乳性炭酸飲料「アンバサ サワーホワイト」は懐かしさを愉しむドリンク

一度しか飲んだことがないが、アンバサという名前は後にも他にもあの飲み物以外に聞いたことがない。

  • 以降、や一部地域で販売が徐々に再開され、頃にはアンバサを冠する製品が再び全国で見られるようになった。

  • (現在はコカ・コーラでは取り扱っていません) 当時であったカルピスソーダやスコールの競合品としてコカ・コーラが開発し、ほか製品よりも濃厚で飲みごたえがあるのがアンバサの特徴で、アンバサ派ファンを生み出しました。

  • 炭酸が入ってないアンバサは1994年頃に、あったような気がします。

カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

製品の種類 [ ] の250ml缶サワーホワイト(左から3つ目) サワーホワイト 初代デザイン 200mlリターナブル瓶、300ml、250ml缶、350ml缶(四国限定)が販売された。

  • 確かに口の中がニンとするのだ。

  • 炭酸が入ってないカルピスみたいな、ホワイトサワー?みたいな感じでした。

  • とお墨付きをもらった。

アンバサ

2006年発売デザイン 当初は490mlボトル缶、300mlボトル缶、280ml缶(四国限定)での発売、その後490mlボトル缶は販売終了。

  • 飲んだ瞬間に甘さがグンときたのはこれかもしれないですね。

  • 他のみんなが言わない程度にはマイナーな飲み物だったし、固有名詞だったし。

  • そんなレアドリンクとなってしまったアンバサ サワーホワイトPET500mlは復刻デザインで発売されており(2021年1月現在)350ml缶とは違ったデザインになるのだ。

カルピスソーダのライバル? 幻の炭酸飲料「アンバサ」を飲んでみた

アンバサが自販機に設置された時は、見慣れたコカ・コーラ、ファンタ、スプライトの中で光輝いていた時代がありました。

  • 大人になるとこれが懐かしさに感じ、思い出補正も加わってノスタルジック。

  • 概要 [ ] の提案により開発された商品で、当該地域で200mlの入り製品が発売され、翌に入り製品が全国発売された(一部地域では北九州同様入りも発売)。

  • 日本コカ・コーラから発売されていた炭酸飲料である「アンバサ」ですが、これをリアルで飲んでたという人は結構なお年なのではないでしょうか。




2021 cdn.snowboardermag.com