大航海時代6。 『大航海時代6』リセマラ当たりランキング|キャラ ガチャ

大航海時代6(ウミロク6)の航海士の組合せは?海戦や探検を効率よく攻略するための選び方を紹介!

大航海時代6

大航海時代6の商館経営 大航海時代6はプレイヤーの商館を運営する経営ゲームの要素も兼ねているため、商館を運営しながら本編ストーリーのクリアを目指す事になります。 その為には商館運営に関する依頼も含めて効率的に運営できるように努めなければなりません。 農園・果樹園・牧場等での生産依頼 納品依頼のクエは指定の港への納品だけではありません。 プレイヤーの『 農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場など』に依頼者が訪れて指定の品を生産して欲しいという依頼も発生します。 この場合では、指定の品を自分の農園等で 指定の数量を生産する必要があります。 もし、生産時間が足りないといった場合では、他のプレイヤーのマーケットに訪問して買い求めてもOKです。 鉱山も所有 プレイヤーの商館は 鉱山の運営も行っているため、鉄鉱石や粘土、砂などの鉱石が欲しいという依頼も発生します。 この場合では他のプレイヤーの マーケットで仕入れても良いですし、自分の鉱山から生産しても良いです。 交易品の加工 プレイヤーの『農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場など』から生産された品物を加工して、 造船素材や 消耗品の加工を行う事も出来ます。 この場合では交易品加工所で行えます。 ここで加工された造船素材や消耗品はマーケットや各港で販売する事も出来ます。 大航海時代6の交易クエスト 大航海時代6では交易も重要になります。 商館を運営するには資金であるドゥカートを稼ぐ必要があるため、他の港に船で行って品物の売買で利益を出さないといけません。 ドゥカート(資金)集め 自分の農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場、鉱山などで生産された商品を他の港に行って 売却して資金を稼ぐ必要があります。 目ぼしい商品が無い場合は他の港で買い求めて(仕入れ)から少しでも高く販売できる港に輸送して売却する事になります。 基本的には、この繰り返しになるので簡単そうに見えますが、 相場は変動するので、いつものパターンで交易していれば稼ぐ事が出来るという訳ではありません。 納品依頼(手紙を届けて) 知り合いから街の人から、書をしたためたので 手紙を届けて欲しいという依頼も発生します。 指定の港に船で移動すればOKなので簡単なのですが、船を動かすと食糧が消費するため、手紙を届けるついでに何かを販売しないといけません。 そのため、どこかの港に行く=資金稼ぎをするといった感じで貪欲に ドゥカートを集める必要があります。 納品依頼(あの品を届けて) 交易の関係するクエストには 手紙を届ける依頼の他に、あの品を指定の港まで届けて欲しいという 納品依頼も発生します。 この場合では、自分で納品する商品を準備した上で、指定の港まで商品を輸送しないといけません。 手元(倉庫)にない場合は何処かの港で 買い求めた上で納品するパターンになります。 あと、マーケットが既に設置されている場合では、マーケットから商品を購入しても問題ありませんが、たいていの場合は 法外な価格で出品されている場合が圧倒的に多いです。 大航海時代6の探検クエスト 大航海時代6には探検のクエストもあります。 ただ単に商売できる商品を生産したり、仕入販売していれば良いという訳ではありません。 遺跡などの出向いて宝探しも行う必要があります。 遺跡調査 遺跡調査の依頼( 探検クエスト)を受けると目的地の遺跡が出現します。 この依頼を受けない状態ではマップ上に何も表示されていません。 探検クエストを行う場合は、先ず遺跡調査のクエストを受けてから 探検に適した艦隊を派遣する事になります。 新しい港を発見する 探検は遺跡調査だけを行えば良いという訳ではありません。 遺跡調査を行う為には最寄りの拠点となる 港を発見しておく必要があります。 最寄りとなる港を発見しておかないと 食料補給が出来ませんから、遺跡に到着する事が出来ず、強制的に商館の拠点である港に戻って来てしまいます。 これでは移動する時間が勿体ないですから、予め先行して 新しい港を発見しておく必要も発生します。 海賊からの襲撃イベント 特に新しい港を発見する目的での調査では外洋に出るため、 海賊からの襲撃も当然の事ながらあります。 この場合では自分で応戦しても良いですし、 委任して勝敗結果だけを表示する2パターンを利用する事が出来ます。 勝敗は 艦隊の戦闘力が重要な要素になるため、少なくとも襲撃して来る海賊よりも戦闘力が上の状態になるように日頃から鍛錬しておく必要もあります。 大航海時代6の海戦クエスト 大航海時代6では海戦イベントも発生します。 主に海賊との海戦になるのですが、本編ストーリーではどっかの組織と本格的な海戦イベントも発生するため、海戦を担当する艦隊の育成も重要になります。 海賊の討伐依頼 どこかの海で海賊が荒らし回っているので 討伐して欲しいという依頼が発生します。 この依頼を見事に討伐すると、ギルド貢献値をゲットする事が出来ます。 ギルド貢献値がある一定の単位まで貯まるとプレイヤーの 爵位の昇格条件をクリアする事が出来るため、海賊などの討伐依頼のクエストもコツコツこなしていく必要があります。 また、例え、討伐に失敗した場合でも 経験値を得る事が出来るため、航海士や船のレベル上昇にも役立ちます。 討伐に失敗した場合では、 ジュエルを消費して海戦で役立つアイテムを利用するのも1つの方法になります。 赤い火が見える船からの攻撃 海戦イベントは討伐依頼だけではありません、品物を輸送している時に 赤色の炎のような物が見える船と接触すると海戦イベントが発生します。 接触しないように回避措置を行っても 追いかけて来る場合もあるため、船の移動速度も影響します。 因みに、交易艦隊の場合では、たいていの場合は負けてしまう事が多いです。 本編ストーリーの海戦イベント 各パートナーとの本編ストーリーでも 海戦イベントが発生するため、海戦を担当する艦隊の編成や船、航海士のレベル上げも重要な要素になります。 本編ストーリーでの海戦でクリアできない場合では、単発の 討伐クエストを利用して艦隊のレベルを上げてから再挑戦する事になります。 艦隊の戦闘力は 航海士と船の両方の能力も影響するため、それぞれのレベル上げや船の改造も重要になります。 大航海時代6は商館経営・交易・探検・海戦どれも重要 大航海時代6を楽しくプレイするには、商館経営・交易・探検・海戦のどのクエストも疎かにする事が出来ないのでどれも重要になります。 どれも疎かにできない重要な役割 どれも均等に レベル上げや 強化するのはとても大変です。 長い時間も掛かる事になるので、つい少しでも簡単に済ませてしまおうと考えてしまいがちになります。 このように考えてしまうと、無課金ではなく 課金に走ってしまいがちになります。 確かにこの方が比較的に楽にストーリーを進行させる事が出来るので便利かも知れませんが、個人的には苦労する道を選んだ方が良いのではないか?と考えます。 ガチャ系のアイテムというのは 切りが無いので、程々にというのが難しくなります。 どっぷり嵌まってしまいやすい魅力を兼ね備えているため、嵌らないように心掛ける事も必要になります。 のんびりで良いと思う 無課金なのだから、別にレベル上げやランクの昇格などは別に 遅くても良いと思います。 自分の時間に合わせてゲームを楽しむのが最適です。 商館経営・交易・探検・海戦は どれも重要なので、のんびり少しずつクエストをこなして行くパターンでも全然問題ないです。 艦隊の編成及び造船も考慮を 全ての基幹部分になるのは行動力である 航海士や 艦隊の整備になります。 ストーリーを進行させるにも艦隊をどのように編成するのか?によっても変わって来るため、資金に余裕が出るようになったら、積極的に艦隊整備に時間を費やすのが良いと思います。

次の

MyCard娛樂中心 » 《大航海時代VI》儲值教學優惠懶人包

大航海時代6

大航海時代6(ウミロク6)には航海士(キャラクター)が登場します。 この航海士を組み合わせて海戦や探検をプレイしていきますがどの画面から航海士を選ぶのか?航海士の組み合わせを変えることでどのようなメリットがあるのか?など自分がプレイして分かったことをまとめました。 wikiとはいきませんが、なるべく詳細に攻略情報をまとめているので参考にしていただければと思います。 大航海時代6(ウミロク6)の航海士(キャラクター)とは 大航海時代6(ウミロク6)ですが航海士というキャラクターが登場します。 この航海士を組み合わせながら海戦や冒険などのアプリ内のコンテンツをプレイしていきます。 (この航海士の組み合わせをどうするかが大航海時代6の攻略法でもあるのですが) 航海士を組み合わせながらプレイしていきますが、航海士ごとに能力が異なります。 この航海士ですが「交易」「海戦」「探検」と3つの能力をもっており、航海士ごとに得意な分野が異なります。 またこの「交易」「海戦」「探検」という能力ごとにさらに、ランクが設定されています。 ランクについては能力の高い順に「S」「A」「B」「C」「D」で設定されています。 上記の画面の場合、大航海時代6(ウミロク6)に登場する「ロッコ・アレムケル」という航海士の場合ですが、交易はF、海戦はA、探検はBというランクです。 また、海戦の部分には「火炎弾」、探検の部分には「先の一撃」と表示されています。 このように表示されている部分についてはこの航海士の能力として利用できるものになります。 海戦の「火炎弾」については、この航海士を海戦で利用すると海戦時に「火炎弾」が利用できます。 また、「先の一撃」については、探検(冒険)でこの航海士を利用すると、一定の確率で敵との戦闘時に先制攻撃ができる能力になります。 このように航海士ごとにどんな能力を持っているのかを知っておくことが大航海時代6の攻略方法としてのポイントになってきます。 また、交易については鍵マークとなっているので現時点では利用できない能力です。 なお、「RANK2で習得」とあるように、航海士のランクが2になることで利用できるようになります。 ここで「RANK」が出てきたので、つぎに「RANK」について説明します。 大航海時代6(ウミロク6)の航海士のRANK(ランク)を上げるには 航海士のランクをあげることで開放されていないスキルを習得することができます。 そのため、航海士のランクを効率よく上げていくことが攻略法のひとつとなります。 次に大航海時代6(ウミロク6)の航海士の「フィリッパ・ラモス」を例に、ランク上げすることで、フィリッパ・ラモスの能力(スキル)がどのように変更されるかを紹介したいと思います。 ランク1のフィリッパ・ラモスの状態ですが、以下のような状況でした。 ウミロク6の航海士情報画面の左側にRANK(ランク)が1/8と表示されており、その右側に「7/2」と表示されています。 また、RANK矢印(ランク矢印)とも表示されており、この矢印ランクが表示されている航海士はランクを上げることができる航海士であることを表しています。 また、ランクの上にはレベル(LEVEL)が表示されており、「8/20」と表示されていますが、現時点でのレベルの上限が20であることを表しており、現時点でのレベルが8であることを表しています。 また「7/2」ですが、ランクを上げる(ランクアップ)ために必要な航海士の数を表しています。 ランクを上げる(昇進)をするためには宝箱を開けて、同じ航海士を手に入れることが必要となります。 7の部分が手に入れている航海士の数を表し、2がランクアップに必要な航海士の数を表しています。 ランク矢印をタップすると大航海時代6の航海士の「ランクアップ」画面が表示されます。 条件欄で「昇進可能」と表示されていますが、昇進可能=ランクアップができることを表しています。 ただ、「ドゥカート2000」と表示されているので、大航海時代6内でのお金である「ドゥカート」を2000を使うことでランクアップができます。 また、右側の効果欄でランクアップ(昇進)することで、海戦のスキルである「舵破壊」の能力を得ることができます。 このようにランクアップさせることでスキルだけでなく、レベルの上限もアップさせることができます。 ランクアップ(昇進)するには画面右下にある「昇進」ボタンをタップすることでランクアップさせることができます。 このようにランクアップさせることで航海士のスキルやレベルの上限をアップさせることができ、航海士を育てて行くことが大航海時代6(ウミロク6)の攻略法となります。 ちなみにフィリッパ・ラモスですが、航海士を全部で7つもっていたのでさらに、ランクアップさせるための画面を確認しました。 このように航海士をランクアップさせることで新しいスキルやレベルの上限をアップさせることができますが、航海士を集める必要があります。 大航海時代6(海6)の航海士は探検や海戦などで宝箱を獲得することで増やすことができます。 (そのため宝箱を集めることも攻略方法としてはポイントになります) また、仲介所で無料で手に入れることもできるので、仲介所の「日替り雇用」を利用して無料で航海士を手に入れることも航海士の攻略法のひとつです。 ここまでが航海士のランクアップについてですが、レベルについても紹介します。 航海士のレベルについて 航海士のレベルをあげることで、能力をアップさせることができます。 また、探検、海戦を成功させることでもレベルアップさせることができます。 さらに、航海士画面からレベルアップさせることもできます。 「航海士の航海日誌」を利用することでもレベルアップさせることもできます。 レベルアップすることで「交易」「海戦」「探検」の能力値がアップします。 (1つの項目であったり全ての項目であったりとその時によって違うようです) このように航海士のレベルについては、「海戦」や「探検」を攻略することで経験値を積み上げることができるだけでなく、航海士の画面から「航海士の航海日誌」を利用してもレベル上げを実施できます。 「航海士の航海日誌」を利用してもレベル上げができるので、航海士の航海日誌を利用してのレベル上げという方法も攻略方法として知っておくと効率よく航海士のレベル上げも実施してみてください。 序盤でどの航海士のレベルを上げておくか? このように、大航海時代6(ウミロク6)では航海士のレベル上げとランク上げをしながら「交易」「海戦」「探検」を攻略していきますがどの航海士のレベル上げ、ランク上げを実施していくかが大航海時代6(ウミロク6)を攻略していく上でのポイントになります。 自分がプレイしての攻略方法ですが、海戦を多くプレイしたいということであれば海戦のスキルが強い航海士を中心にレベル上げ、ランク上げを実施していくのが良いかと思いますし、冒険のステージを楽しみたいというようであれば、冒険のスキルが強い航海士を中心にレベル上げ、ランク上げをしながら航海士を育てていくのがよいかと思います。 ただ、どちらにしろ航海士を育ててることになるため、大航海時代6(ウミロク6)では航海士を育てることもゲームを攻略するうえでの楽しみ方になると思います。 個人的には、大航海時代6(ウミロク6)の冒険のステージをいかに効率よく攻略していくのか?冒険ステージの方が海戦よりも不確実性が高いという感じがしているので、冒険スキルが高い航海士を中心に育てて行きたいと思っています。 自分が手に入れた航海士で冒険スキルの高い航海 ・エピック(三と表示されている航海士) レオン・フェレロ:冒険スキルがSランク「黎明の航海者:探検隊の攻撃力が一度だけ大幅に上昇する」 ロクセラーナ:冒険スキルがBランク(ランクが足りないため詳細が分かっていません) ・レア ローラン・フィノート:冒険スキルがAランク「広域調査:範囲内のマスを判別する。 範囲は8」 ロッコ・アレムケル:冒険スキルがBランク「先の一撃:戦闘時一定確率で敵に先制攻撃を行う」 ・コモン(一と表示されている航海士) フィリッパ・ラモス:冒険スキルがAランク「周辺調査:範囲内のマスを判別する。 範囲は4」 アモンディ・カルメ:冒険スキルがBランク「救急処置:戦闘時一定確率で体力を回復する」 ジュリオ・アブレイユ:冒険スキルがBランク「先の一撃・対獣:戦闘時一定確率で敵に先制攻撃を行う。 動物に対して効果大」 コンスタンサ・ピレス:冒険スキルがBランク「強壮薬:探検隊の消耗状態を治療し体力を回復する」 このように大航海時代6のアムステルダムでの第1章6節までプレイしての状況で記載しています。 今後もプレイして航海士の情報として分かった攻略情報などを記載していきたいと思います。

次の

大航海時代6攻略日記!商館経営・交易・探検・海戦どれも重要な役割

大航海時代6

大航海時代6の商館経営 大航海時代6はプレイヤーの商館を運営する経営ゲームの要素も兼ねているため、商館を運営しながら本編ストーリーのクリアを目指す事になります。 その為には商館運営に関する依頼も含めて効率的に運営できるように努めなければなりません。 農園・果樹園・牧場等での生産依頼 納品依頼のクエは指定の港への納品だけではありません。 プレイヤーの『 農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場など』に依頼者が訪れて指定の品を生産して欲しいという依頼も発生します。 この場合では、指定の品を自分の農園等で 指定の数量を生産する必要があります。 もし、生産時間が足りないといった場合では、他のプレイヤーのマーケットに訪問して買い求めてもOKです。 鉱山も所有 プレイヤーの商館は 鉱山の運営も行っているため、鉄鉱石や粘土、砂などの鉱石が欲しいという依頼も発生します。 この場合では他のプレイヤーの マーケットで仕入れても良いですし、自分の鉱山から生産しても良いです。 交易品の加工 プレイヤーの『農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場など』から生産された品物を加工して、 造船素材や 消耗品の加工を行う事も出来ます。 この場合では交易品加工所で行えます。 ここで加工された造船素材や消耗品はマーケットや各港で販売する事も出来ます。 大航海時代6の交易クエスト 大航海時代6では交易も重要になります。 商館を運営するには資金であるドゥカートを稼ぐ必要があるため、他の港に船で行って品物の売買で利益を出さないといけません。 ドゥカート(資金)集め 自分の農園、果樹園、牧場、採取場、ハーブ園、漁場、鉱山などで生産された商品を他の港に行って 売却して資金を稼ぐ必要があります。 目ぼしい商品が無い場合は他の港で買い求めて(仕入れ)から少しでも高く販売できる港に輸送して売却する事になります。 基本的には、この繰り返しになるので簡単そうに見えますが、 相場は変動するので、いつものパターンで交易していれば稼ぐ事が出来るという訳ではありません。 納品依頼(手紙を届けて) 知り合いから街の人から、書をしたためたので 手紙を届けて欲しいという依頼も発生します。 指定の港に船で移動すればOKなので簡単なのですが、船を動かすと食糧が消費するため、手紙を届けるついでに何かを販売しないといけません。 そのため、どこかの港に行く=資金稼ぎをするといった感じで貪欲に ドゥカートを集める必要があります。 納品依頼(あの品を届けて) 交易の関係するクエストには 手紙を届ける依頼の他に、あの品を指定の港まで届けて欲しいという 納品依頼も発生します。 この場合では、自分で納品する商品を準備した上で、指定の港まで商品を輸送しないといけません。 手元(倉庫)にない場合は何処かの港で 買い求めた上で納品するパターンになります。 あと、マーケットが既に設置されている場合では、マーケットから商品を購入しても問題ありませんが、たいていの場合は 法外な価格で出品されている場合が圧倒的に多いです。 大航海時代6の探検クエスト 大航海時代6には探検のクエストもあります。 ただ単に商売できる商品を生産したり、仕入販売していれば良いという訳ではありません。 遺跡などの出向いて宝探しも行う必要があります。 遺跡調査 遺跡調査の依頼( 探検クエスト)を受けると目的地の遺跡が出現します。 この依頼を受けない状態ではマップ上に何も表示されていません。 探検クエストを行う場合は、先ず遺跡調査のクエストを受けてから 探検に適した艦隊を派遣する事になります。 新しい港を発見する 探検は遺跡調査だけを行えば良いという訳ではありません。 遺跡調査を行う為には最寄りの拠点となる 港を発見しておく必要があります。 最寄りとなる港を発見しておかないと 食料補給が出来ませんから、遺跡に到着する事が出来ず、強制的に商館の拠点である港に戻って来てしまいます。 これでは移動する時間が勿体ないですから、予め先行して 新しい港を発見しておく必要も発生します。 海賊からの襲撃イベント 特に新しい港を発見する目的での調査では外洋に出るため、 海賊からの襲撃も当然の事ながらあります。 この場合では自分で応戦しても良いですし、 委任して勝敗結果だけを表示する2パターンを利用する事が出来ます。 勝敗は 艦隊の戦闘力が重要な要素になるため、少なくとも襲撃して来る海賊よりも戦闘力が上の状態になるように日頃から鍛錬しておく必要もあります。 大航海時代6の海戦クエスト 大航海時代6では海戦イベントも発生します。 主に海賊との海戦になるのですが、本編ストーリーではどっかの組織と本格的な海戦イベントも発生するため、海戦を担当する艦隊の育成も重要になります。 海賊の討伐依頼 どこかの海で海賊が荒らし回っているので 討伐して欲しいという依頼が発生します。 この依頼を見事に討伐すると、ギルド貢献値をゲットする事が出来ます。 ギルド貢献値がある一定の単位まで貯まるとプレイヤーの 爵位の昇格条件をクリアする事が出来るため、海賊などの討伐依頼のクエストもコツコツこなしていく必要があります。 また、例え、討伐に失敗した場合でも 経験値を得る事が出来るため、航海士や船のレベル上昇にも役立ちます。 討伐に失敗した場合では、 ジュエルを消費して海戦で役立つアイテムを利用するのも1つの方法になります。 赤い火が見える船からの攻撃 海戦イベントは討伐依頼だけではありません、品物を輸送している時に 赤色の炎のような物が見える船と接触すると海戦イベントが発生します。 接触しないように回避措置を行っても 追いかけて来る場合もあるため、船の移動速度も影響します。 因みに、交易艦隊の場合では、たいていの場合は負けてしまう事が多いです。 本編ストーリーの海戦イベント 各パートナーとの本編ストーリーでも 海戦イベントが発生するため、海戦を担当する艦隊の編成や船、航海士のレベル上げも重要な要素になります。 本編ストーリーでの海戦でクリアできない場合では、単発の 討伐クエストを利用して艦隊のレベルを上げてから再挑戦する事になります。 艦隊の戦闘力は 航海士と船の両方の能力も影響するため、それぞれのレベル上げや船の改造も重要になります。 大航海時代6は商館経営・交易・探検・海戦どれも重要 大航海時代6を楽しくプレイするには、商館経営・交易・探検・海戦のどのクエストも疎かにする事が出来ないのでどれも重要になります。 どれも疎かにできない重要な役割 どれも均等に レベル上げや 強化するのはとても大変です。 長い時間も掛かる事になるので、つい少しでも簡単に済ませてしまおうと考えてしまいがちになります。 このように考えてしまうと、無課金ではなく 課金に走ってしまいがちになります。 確かにこの方が比較的に楽にストーリーを進行させる事が出来るので便利かも知れませんが、個人的には苦労する道を選んだ方が良いのではないか?と考えます。 ガチャ系のアイテムというのは 切りが無いので、程々にというのが難しくなります。 どっぷり嵌まってしまいやすい魅力を兼ね備えているため、嵌らないように心掛ける事も必要になります。 のんびりで良いと思う 無課金なのだから、別にレベル上げやランクの昇格などは別に 遅くても良いと思います。 自分の時間に合わせてゲームを楽しむのが最適です。 商館経営・交易・探検・海戦は どれも重要なので、のんびり少しずつクエストをこなして行くパターンでも全然問題ないです。 艦隊の編成及び造船も考慮を 全ての基幹部分になるのは行動力である 航海士や 艦隊の整備になります。 ストーリーを進行させるにも艦隊をどのように編成するのか?によっても変わって来るため、資金に余裕が出るようになったら、積極的に艦隊整備に時間を費やすのが良いと思います。

次の