アフィ 稼げない。 「新規」アフィLabは稼げない?評判 レビュー 井口大輝代、津幡 真吾 株式会社アリウープ

ブログアフィリエイトは稼げない?実際に稼げたやり方

アフィ 稼げない

お任せアフィリッチ 岸元優 URLはこちら:お任せアフィリッチ (リンク切れ) 運営会社:株式会社インフォブレイク 津田颯 お任せアフィリッチ 1年以上のブランクを空けて 岸元優氏が新たなオファーを仕掛けています。 LPの謳い文句を見ると 以前仕掛けていた謳い文句と全く同じなので 以前のオファー、高額塾と内容は同じでしょう。 以前の名前である「岸本優」から 「岸元優」に変えた理由は定かではないですが、 おそらく検索逃れの為でしょう。 ちなみに岸元優氏のビジネス内容は ローンチ動画でも言及されていましたが 「スマホアフィリエイト」になります。 現在利用率が拡大している スマホユーザーをターゲットにして アフィリエイトを仕掛けていくという内容です。 岸元優の場合は そのサイトの作成をツールに任せ 1日3分の作業を可能としているようです。 ツールでサイトを作成し 後は放っておくだけで継続収入になるという 非常に魅力的な内容なっているのですが、 初月で10万円を確実に稼ぐというのは言い過ぎです。 確かにツールを使って簡単にサイトを作成できるかもしれませんが、 だからといって「確実に稼ぐ」というのはありえません。 そもそもサイトを作成したとしても そこからクリック、契約、申し込み等の 顧客からのアクションがなければ報酬は発生しません。 つまり「人気のある商品」をアフィリエイトしていく必要があります。 しかし既に人気がある商品だとすれば 現時点で検索上位を抑えられており、 収益化するのは難しいでしょう。 過去のオファーの際の岸元優のツールは コンテンツ内容がなく、ただ広告を貼り付けただけの ペラページを作成する機能しかなかったので 正直、岸元優のツールにSEO効果は見込めません。 なので現状で上位表示されているサイトを SEO対策して、他サイトを抜いて上位表示させるというのは困難です。 むしろ「無理」と言ってもいいでしょう。 となるとこれから人気の出るであろう商品を 目利きして商品選定をしていかなければならないわけですが、 当然ライバルが存在しているので簡単には収益化できません。 仮に岸元優の商品選定ノウハウを学んでも 塾生同士で同じノウハウで商品を探すわけですから 当然商品の奪い合い、競合が発生します。 つまり競争に勝ち抜いた人間でしか 収益化は難しいということです。 まぁビジネスなので 競争に勝ち抜いた人間しか収益化できないというのは 当たり前のことなんですが汗 しかし、激しい競争が見込まれる中で 「確実に10万円稼げる」というのは誇大広告でしかありません。 この点に関しては信用しない方がいいでしょう。 現時点ではツールの性能自体等分からない部分が多いですが、 仮に過去と同じようなツールであった場合は SEO効果が見込まれないので収益化は非常に難しいです。 しかし仮に前代未聞の凄いツールだったとしても コツコツSEOを上げるサイトには負けますので 長期的に継続して稼いでいくことは不可能です。 正直月120万円稼いでいるという 岸元優の発言も本当かどうか怪しいですし 注意したほうがいいオファーでしょう。 もし過去に、 同様の情報商法商材の被害にあって ・お金を少しでも取り戻したい… ・販売者と連絡がつかない… ・今後どうすればよいのかわからない… という方は下記のフォームをご参考ください。 情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら 無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、 LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と 実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。 もしそのような商品を購入してしまった場合には 以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。 悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、 その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので 「騙された」と感じたら、 業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

次の

井口大輝のアフィラボは稼げない?アリウープのPPCアフィリは継続は難しかったりするのか

アフィ 稼げない

発端はまとめブログ 発端はまとめブログという奴です。 まとめブログは2chなどの掲示板から情報をまとめてブログに掲載する方法なのですが 他人のふんどしで相撲を取るやからを嫌う日本人には評判が悪い。 主に2ちゃんねらーが嫌っています。 「俺たちの書き込みでお金儲けされるのが許せない」とまあこんな感じです。 まあ、一から文章を考えるよりも適当に文章を編集した方が楽というのもありますが まとめブログはとにかく数をこなせます。 なので稼ぎやすいのかもしれません。 ただ、面白くするためにスレを荒らしたり、偏向的な編集をしたり嘘を書いたタイトルをつけたりと アクセスを集めるためならどんなあくどい事もするというアフィリエイターが多い・・・多かった。 わざと炎上させるような書き込みばかりを使って編集したりするので本来のスレッドとは似ても似つかない結論に至ってしまう事がある。 まとめブログは情報の信ぴょう性よりも記事の面白さ重視なので情報のソースとしては不適切。 いわゆる偏向報道みたいな記事が受けるんですよ極端に煽ったり対立しているかのような演出をする事もあります。 2chで活躍する人たちにしてみれば「俺たちの書き込み」で金儲けしやがってというのもあるし 2chを使っていないユーザーからしたらとにかく広告とか相互RSSの記事リストが多い。 楽して稼げると乗せられてやってみたものの全く稼げない じゃあ稼げてるアフィブログはなんなんだ!きっとズルしてるに違いないみたいな被害妄想があるのかもしれません。 いわゆる嫉妬や妬みという奴です。 昔のSEOはクソみたいなサイトでも簡単に上位表示させられたからそれも関係があるのかもしれません。 アフィブログでもちゃんとコンテンツを書いている人が少ないとか昔はいろいろあったみたいです。 情報商材が詐欺臭い 情報商材というアフィリエイトのノウハウをまとめたレポートなんかを販売したり 無料動画を見せた後に高額塾を販売したりします。 情報商材というのは玉石混交で全くインチキな内容のものがあったと思えば かなりいい内容のものがあったりします。 ただ、この良い情報商材も学校の教科書に例えるなら大学の教科書 一般的なインターネットの知識しかない人にとってはちんぷんかんぷんというのが正直なところ 小学生に大学の教科書を渡して独学で理解しろと言ってるようなものです。 そんなんばっかりなので稼いでいるアフィブログは嫌われる。 これは嫉妬とか妬みですね。 実際の所、情報商材という教科書を買わずに上手く行っている人もいるしいるかと聞かれたらいらないと答えるしかない。 詐欺商材が多いのも事実です、それ以上に情報なんて胡散臭いものにお金を払う文化が日本で根付いてないのが原因ですね。 門外不出のネタを他人にバラしてどうするんだという話です。 紹介する商品はメリットしか書かない 紹介する商品やサービスの良いところしか紹介しない そういう信ぴょう性にかけるレビューブログを書いたりするので 基本的に口コミブログは信用されていないのかな~とも思います。 デメリットを書くと買ってくれるお客さんも買ってくれなくなるかもしれません。 なのでいい事しか書かないとは言えそれは家電量販店とかでも同じな気がします。 デメリットが書かれたポップを家電量販店で見たことはありませんからwww SEO対策のためにゴミみたいなコンテンツを量産するから SEOのために対して内容のないサイトを量産したり一昔前はワードサラダとか 過剰な被リンクで検索順位を上げているゴミサイトがたくさんあった。 本当に知りたい情報が書かれた内容のブログは一生懸命探さないと出てこないのに ゴミみたいな薄い内容のコンテンツはたくさん出てくる。 そういう状況がアフィブログを嫌う理由になるのかもしれません。 2016年現在、そういうスパム手法は駆逐されつつあるので問題はないのですが 30~40代くらいの人はそういう経験があるからアフィブログが嫌いなのかも? 今はGoogleが賢くなったからそういうサイトは圏外に飛ばされるので問題ありません。 空気読めない集客をする TwitterやFacebookなどに空気の読めない書き込みをしたりする。 話題とは全然関係ない内容のブログ記事リンクを貼り付けたり 場の空気を悪くする事この上ない行動が目立つ。 せめて話題に沿った内容の記事リンクを貼ればいいのにわざわざ関係ないリンクを貼るから嫌われる。 空気の読めない発言をSNSでしたり全く興味のない人間にメルマガを誘導したりする。 とは言え数%のお客様をしっかり確保できればいいという発想なんでしょうね。 まとめ 稼げている人への嫉妬や妬みもあるだろうけど 詐欺師に近いような胡散臭い人や偏向的な編集をするまとめブログ。 主にまとめブログと2chの関係やTwitterとメディアの関係は本当に複雑な気がします。 最近は報道メディアもTwitterから情報を集めているから他人の情報で金儲けしようという事に腹を立てている人が多いんですね。 情報提供者に報酬とか払わないから余計アフィブログが嫌われてしまうのかもしれませんね。 空気が読めない書き込みをSNSとかでしたりやること無礼な奴らがいて 真面目にアフィリエイターやってる人の足を引っ張っているという感じですね。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

アフィリエイトブログで稼げない、成果が出ない人への怒りと悲しみ

アフィ 稼げない

上野です。 昔ほどは稼げなくなったPPCアフィリですが 最近ではPDFにまとめられたノウハウでは無く 高額塾としてシステムや環境を パッケージングして売るのがトレンドに なっているようです。 「稼げるのか?」ではなく 「稼ぎ続けることは出来るのか」 って部分が問題になってくるのですが 突然規約が変わってしまうPPCアフィリに 継続性があるかは微妙な感じ。 間違いなく言えることは 塾の主催者は塾費をいただいた時点で稼ぎになるのに対して PPCアフィリを実践する塾生は 稼げるかどうかは分からないということです。 そして、稼げたとしても 稼ぎ続けられるかどうかは謎。 ということで、今回検証するのは 井口大輝氏のアフィラボ(アフィLAB)です。 井口大輝氏のノウハウというより たいていのPPCアフィリはローラー作戦で しらみ潰しに「売れる商品とキーワード」を 見つける宝探しの作業が中心になります。 結局のところ、PPCアフィリなんてものは 売れる商品を見つけ出したあとは いかに需要があって供給の少ないキーワードを 見つけ出すかの椅子織ゲームです。 とりあえず限りなく出稿単価の安いキーワードで PPCを打ちまくって1円でも利益の出るキーワードを 刈り取っていくわけです。 もちろん、井口大輝氏に どんな商品を売っているのか? どんなキーワードをで出稿しているのか? なんて聞いても教えてくれるわけはありません。 反応のとれる商品・キーワードなんか教えたら 塾生同士で食い合ってすぐに飽和してしまいますからね^^ 簡単・即金を強調しているPPCアフィリなわけですが 結局は本当に稼げる案件やキーワードは 泥臭く自分で探さないといけないし 初心者のうちはまともな額を稼ぐことは無理でしょう。 井口大輝氏のアフィラボでは 最初に展開式PPCアフィリエイトなる方法ではじめる そうですが、これは別に真新しい手法でもなんでも なくって古いPPCアフィリ教材にも書かれている 古典的な手法。 例えば、「痩身エステ」をメインキーワードにして 広告を打ちたいとするじゃないですか。 もちろん「痩身エステ」だけの単一キーワードで 出稿したら広告単価が高すぎて利益が出ません。 だから 痩身エステ 北海道 痩身エステ 青森 痩身エステ 秋田 痩身エステ 宮城 痩身エステ 山形 … みたいに関連キーワードを展開していって 広告単価が安かったらとりあえず出稿して 「利益になるキーワード」を 集めるってわけです。 アフィラボにも独自ノウハウはあるかもしれませんが やってることは古典的な手法だし 高い塾費を払って今さら学び直すような内容かな? って感じ。 Eシステムとか言うシステムの必要性も謎で ペラサイトのサイト作成ツールなら ググればいくらでも出てきます。 管理もエクセルで十分です。 今までPPCアフィリで稼いできた古参アフィリエイターは エクセルを使っているわけで 専用システムがないと稼げないってことは ありませんからね^^ アフィラボのカリキュラムでは三ヵ月目から YDN戦略PPCアフィリがはじまるようですが YDNアフィリは上級者でも手こずる難しい手法です。 ここでPPCアフィリの二大手法である 「スポンサードサーチ」と 「YDN」の違いを説明しておきます。 カリキュラムの最初のほうでやる 「スポンサードサーチ」は検索エンジンから やってきたお客のキーワードに合わせて 狙い撃ちするという手法。 例えば検索エンジンで「痩せたい」と検索すると 出てくる広告って書いてある部分がスポンサードサーチ。 一方で、YDNはコンテンツに合わせて広告表示される仕組み。 どういう事かというと、例えばヤフーのダイエットの記事を 読んでいたとするとコンテンツに合わせた、 ダイエットサプリの広告などが表示されるわけです。 これの何が問題なのかって YDNで狙うお客はただ何となくネットサーフィンを している暇つぶし層が大半だっていう事。 あなただって何かを買う目的で ヤフーニュースとかを見たことはないはずです。 お客の流れをコントロールしにくいっていう欠点があるので YDNは自社商品のイメージ広告がメインの使い方になります。 広告をYDNに切り替えると確かに表示回数は増えるだろうし 広告単価も減るけどだからといってイコール 稼げるわけでは無いという事です。 甘くはないPPCアフィリの実態 PPCアフィリ塾の謳い文句としてよくあるのが 「PPCで成功できなかったら何してもダメ」 というフレーズ。 確かにPPCアフィリは即金性もあるし 昔はインフォトップの売り上げランキングで 上位にあったのはだいたいPPC教材でした。 でも今となっては PPC教材が新しく販売されることも 少なくなって実際に実践者の数は 昔よりもかなり減った印象です。 なぜ減ったのかって単純に昔よりも 稼ぎずらくなったから。 規約がかなり変更されてしまったので 昔みたいな薄いぺらページで軽く誘導するだけで 利益があがらなくなってしまったからです。 今では売るだけが目的の価値の低いページは なかなか審査に通ってくれなくなってきています。 これはヤフーの運営会社の立場になってみれば 当然の話で、自社で運営してる検索エンジンの 検索結果が売り込むだけのスパム記事で 溢れていたら駆除したくなりますものね。 まだネットの人口が少なくって PPCで広告費を落としてくれる人が大事な収入源だった 時期ならともかく、今となっては ヤフーとしてもスパマーを放し飼いにする理由なんて 無いですからね^^ PPC側がアフィリエイターへの風当たりが悪くなった だけが問題ではなくって やりづらくなった割には教材通りに進めても ライバルとバッティングして稼げなくなるのも PPCアフィリが衰退した理由のひとつ。 アフィラボじゃ塾生全員が同じツールを使う以上 ノウハウが被っていたら塾生同士でキーワードが バッティングする可能性があるわけで ツールを使おうが使うまいが 自分独自の切り口を見つけない事には 安定して稼げないのは一緒です。 そして、PPCの運用には広告費が必須なわけですから 自分だけのオリジナルノウハウを開拓するにしても キャッシュを枯れさせないだけの体力を 持っていることが大前提。 すでに広告に回せるだけの資金がある人なら 話は別ですが、これから副業をはじめて お金を稼ごうって人にはそもそもPPCアフィリは 向いていないわけです。 なので売れる商品を見つけた後にやるべき事は いかにキーワードをずらしてライバルとかち合わない ようにするかが勝負になってくるわけですが 全くの初心者だと そもそも売れる商品を見つけ出すまでの 資金の余裕がないわけですからそれ以前の 問題だったりします。 規約だって今後は厳しくなっていく事はあっても ゆるくなっていく事は無いでしょう。 キーワードの競合も変わってくるわけで 教わったノウハウを真面目に学ぶよりも 実際に単価の低い広告を出してみて 市場に答えを聞いてみたほうが近道です。 PPCのノウハウなんて出尽くしてるし 基礎的なことを学ぶんだったら 2万くらいの教材を買えば十分。 25万の高額塾に入るよりも その塾費をPPCの広告費にあてて 売れる商品とキーワードを 探すほうが残る利益は多いと思います。 そもそもPPCアフィリの最大のデメリットが 「初期費用が必要なこと」なのに 25万とか塾費だけで資金を枯らしてしまっては 意味がありません。 PPCのような外部メディアの規約変更とかに 縛られるよりは少し時間はかかりますが パワーブログを作成してロングテールで 黙々とキーワード拾っていくだけで 十分食べていけるだけ稼ぐことはできます。

次の