ビーフ シチュー 肉 硬い。 ビーフシチュー と・・・

ケンタロウ流【ゴロゴロ肉の本格ビーフシチュー】レシピ・男子ごはん

ビーフ シチュー 肉 硬い

1 牛肉をぶつ切りにしてコショウをまぶす。 2 タマネギは大きめのくし形に、ジャガイモとニンジンは一口大に切る。 3 圧力鍋にサラダ油を引いて牛肉とタマネギを炒める。 途中で赤ワインを回しかける。 4 肉の表面の色が変わったら、水とローリエを入れて沸騰させる。 アクが浮いてきたらすくい取る。 5 加圧状態にして15分弱火で煮込む。 6 安全のため火を消して圧力鍋の圧力を下げてから蓋を開け、ジャガイモとニンジンを入れる。 7 加圧せずに10分煮込んだらローリエを取り出す。 8 ビーフシチューミックスとケチャップを入れて混ぜる。 9 5分ほど時々かき混ぜながら煮たら器に注ぐ。 10 電子レンジで解凍したブロッコリーを乗せたら出来上がり。

次の

ビーフシチューの上手な作り方。安い肉をトロトロに柔らかくするコツ

ビーフ シチュー 肉 硬い

ビーフシチューの牛肉を柔らかくする方法 以前、カレーやビーフシチューについて 上記のことを紹介しました。 まだまだ寒い時期が続くため、 さらに美味しくできないかと思い、 以前と違った方法に挑戦してみることにしました。 牛肉を柔らかくする方法としては、• ワイン• ビール• 玉ねぎ• ヨーグルト• キウイ が効果があると聞きます。 実際のところ、何が一番効果的なのでしょうか?? ビールはもったいない感じがするし、 キウイをわざわざ買ってきて皮をむくのは面倒です。 材料としても活用できそうで、 家でも手軽に用意できるものが 肉を柔らかくする助けとなれば、最高です。 そこで活用してみようと思ったのが、 家にいつもあるヨーグルトです。 臭みとりに有効なワインは今回も使います。 肉を柔らかくできる?下ごしらえにヨーグルトの効果は? <今回の下ごしらえ> ボールに牛肉を入れて、 ヨーグルト大さじ3程度(肉の量を見て加減して良い)を入れ、 よく揉みこむ。 牛肉が隠れるぐらいワインを入れて 最低1時間程度おく。 今回は、色々やっていたため、 2時間ぐらい放置していました。 あとの作り方は、 いつもと同じように作りました。 漬け込んだときに使った ワインもヨーグルトもそのまま煮込むときに使って問題ありません。 <ヨーグルトを下ごしらえに使った結果> 今までは、煮込み始めた翌日は、 牛すじはトロトロでも、 牛テールが骨からはずれにくいことが多かったです。 でも、今回ヨーグルト効果なのか、 煮込み始めた翌日でも、 牛テールは骨から肉はスムーズにとれて、 肉は柔らかく、ほろほろ、トロトロに仕上がっていました。 実際に何回かビーフシチューやカレーを作った感覚としては、 ヨーグルトを牛肉の下ごしらえに使うと 柔らかく トロトロ ほろほろ に仕上がる助けに十分活躍します。 何よりヨーグルトのメリットは、 我が家は毎朝ヨーグルトを食べるため、 冷蔵庫にいつでもある材料だということです。 そして、 ヨーグルトは価格も安いため、 手をかけても、材料費は抑えられます。 ヨーグルト臭さは残らないし、 味を左右せず、肉を柔らかくしてくれるため、 下ごしらえとして、ヨーグルトで牛肉を揉みこむことを 一度試してみることをオススメします。 ビーフシチューでもカレーでも活用できます。 肉がとろとろ、柔らかいと まるでお店で食べているかのような 幸せで贅沢な気分の食事になります。

次の

ビーフシチューで肉の臭みを無くする方法は?

ビーフ シチュー 肉 硬い

作り方• 大きめのひと口大に切った牛肉にフォークで穴をあけ、保存袋に入れる。 鍋に分量の水、酒、ローリエを入れて、舞茸ごと肉をいれる。 蓋をずらしてかぶせ、1時間30分煮込む。 煮汁が半分くらいになるのが目安• アクと一緒に舞茸を取り出し、すりおろしたタマネギを加える。 さらに市販のルーとバターも大1も加える。 キャラメル酢を作る。 鍋に色のついたキャラメル酢を入れ、軽くかき混ぜ、好みでコショウ適量をふる。 お皿に盛り付け、付け合わせを添えれば完成です。 情報元:あのニュースで損する人得する人 サイゲン大介さん「ビーフシチュー」2016. 30放送 では、作ってみます! 「安い牛肉でお店の様なビーフシチュー」を作ってみました! お肉の下準備 牛すね肉は大きめのひと口大に切ってフォークで穴をあけ、保存袋に入れます。 私が今回使ったのは100グラム約140円くらいの、普通にスーパに売っていた煮込み用すね肉です。 サイゲンさんは100g約120円のお肉を使っていました。 すね肉って牛肉の中では比較的安いんですね。 まいたけのたんぱく質分解酵素のおかげでお肉が硬くなるのを防ぎ、うまみもアップすると話していました。 煮る 鍋に分量の水、酒、ローリエを入れて、舞茸ごと肉をいれます。 蓋をずらしてかぶせ、1時間30分煮込みます。 煮汁が半分くらいになるのが目安だと話していました。 基本弱火で微調整しながら加熱しました。 一時間半後はこんな感じになりました。 アクと一緒に舞茸を取り出し、すりおろしたタマネギを加え、さらに市販のルーとバターも大1も加えます。 キャラメル酢作り コクだしに使うキャラメル酢を作ります。 耐熱容器にはちみつと酢をかき混ぜて、600Wのレンジで1分50秒加熱します。 事件発生 しかし、ここで事件が起きました。 レンジをセットしてアクとりをしていたら、なんだか酸味の強い匂いがたちこめてきたんです。 ん?と思いレンジを見ると、レンジからゆげが出ています。 あわてて開けてみると・・ う、うわーっ! そして・・・ 完全に焦げました。 ということで、 キャラメル酢を作るときは私のようにほったらかしせずに、絶対に様子を見て作ったほうが良いです。 目安は濃いめのあめ色ぐらいです。 二回目は1分ぐらい加熱した後10秒ずつ追加して、様子を見ながら作ったところうまくできました。 鍋に色のついたキャラメル酢を入れ、軽くかき混ぜ、好みでコショウ適量をふります。 お皿に盛り付け、付け合わせを添えれば完成です。 できました。 では、いただきます。 ここからは辛口レビューです。 感想 良かったところ お肉がほろほろ一歩手前 安物のお肉で本当に柔らかくなるのか?というところが最大の関心だったのですが、番組で話していたようにほろほろとおはしでほぐれる所まではいかなかったものの、ナイフとフォークで切るのは楽々ぐらいには柔らかくなっていました。 確かにお店で食べるビーフシチュー・・ ランク的にはファミレスよりは断然上で、1500円で頼んだビーフシチューがこんな感じでも納得できるくらいに柔らかかったです。 食べた時の柔らかさは変な筋や硬さはなく、「何か硬いものがある」というようなことが全くない、食べていて安心・満足できるような、質が良い柔らかさでした。 ホロホロまではいきませんでしたが、スーパーに売っていた普通の肉を使って作ったとは思えないくらいに出来は良く、ほろほろの手前ぐらいまで柔らかくなっていたところは印象に残るおいしさでした。 家でここまで柔らかくできるなら満足ですし、家族からも好評でした。 お店の様な味 あとシチューも濃厚さと深みがあって、お肉とあわさるとお店の味といわれていたのも納得できました。 「普通に家庭で作っていてはこうはできないだろう」という出来上がりになっていて良かったです。 気になったところ ソースが焦げた キャラメル酢は時間通りにやったら私の時は焦げてしまったので、絶対レンジの様子をみて加熱したほうがいいです。 様子を見ながら少しずつ時間追加したらうまくできましたよ。 普通より濃厚 あとは使うルーにもよるかもしれないんですけど、シチューの部分が普通よりは少し濃厚なんですね。 手作り感のあるおいしさよりも外食で食べるようなぎゅっと詰まったソースの方が近い感じです。 なので、 濃厚系が好きな人にはぴったりですが、そうでない人は最終調整で水などで伸ばしても良いと思いました。 次回作るときは様子を見ながら、自分好みに最終調整して作ろうと思います。 ルーが使い切りできない あとはスーパーで売っているものだとルーが微妙に残ってしまう点が気になりました。 分量通りだと普通より少し濃いめなので、無理やり入れるという事も出来ないし、ここはしょうがない所でもあるでしょう。 マイタケはどうしたらいいのだろう あと、アクとりの際に舞茸をとってしまうんですが、その後どうするのかまったく説明がないんです。 何か食べ方のアドバイスを一言くれていたら文句がなかったんですが、その点は不満に感じました。 うちは結局汁ものやおかずに入れて食べました。 スピードメニューではない あとは浸けるのに30分、煮るのに1時間30分かかるので、スピードメニューではなかったです。 結論:濃厚さのある本格ビーフシチュー。 ほろほろ1歩手前ぐらいまでお肉が変身しました おすすめレシピ! おはしでほどけるようなホロホロにはなりませんでしたが、その一歩いて前位まで柔らかくなっていて、ナイフで切るのは楽々な柔らかさでした。 変な硬さや筋のある部分もなく、ソースも普通より濃厚に仕上がっていて、お店で出てきそうな味というのには頷けるくらいにお肉が化けていていました。 ルーや舞茸が余ってしまうというデメリットもありましたが、それを差し引いてもこのおいしさは覚えておきたいレシピでした。 レンジのキャラメル酢は焦げやすいので、様子を見ながら加熱したほうがいいところだけ注意ですよ。

次の