倉敷 市 殺人 事件。 倉敷市児島老夫婦殺人事件〈考察〉: Science of Crime

【真相は】岡山市中区・夫婦殺傷事件 逮捕の男は被害者を「好きだった」 その後

倉敷 市 殺人 事件

ドラマ「警視庁 岡部班~倉敷殺人事件~」のキャスト・あらすじ、原作を読んだので結末・犯人ネタバレに迫ります。 「警視庁 岡部班~倉敷殺人事件~の原作は、ベストセラー作家・内田康夫さんの小説。 キャストは信濃のコロンボの高橋克典さん主演の警視庁岡部班。 田口浩正さん・佐野史郎さんら実力派キャストを組んで事件解決に挑みます。 ある夜、新宿でデートをしていたOLの前で、刺された男性がダイイングメッセージを残して亡くなることから物語が始まります。 その後、岡山県・倉敷アイビースクエアの女性毒殺事件とつながり、倉敷・東京・岡山・富山にまたがるミステリーへと発展。 犯人の完璧なアリバイやトリックを岡部警部が鮮やかに謎解きます。 キャスト・あらすじ、原作を読んで結末・犯人ネタバレに迫るので、ドラマ「警視庁 岡部班~倉敷殺人事件~」を見れなかったひとや、見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。 胸にナイフが突き刺さり、服が血に染まっている。 英が駆け寄ると男は「タカハシのヤツ…」と最後の力を振り絞って発し力尽きた。 面倒に巻き込まれたくない勝浦に促されるまま、英はその場を立ち去る。 早々に通報があり、岡部警部(高橋克典)を筆頭に岡部班の面々が現場に駆け付ける。 所持品から、被害者の身元は富山県にある望岳寮という養護施設の園長代理・滝沢武彦(中丸新将)と判明。 捜査の結果、被害者の財布などは手つかずであったが、ボストンバックが無くなっていることがわかった。 一方、滝沢が亡くなったことをニュースで知った英は、被害者の最後の言葉を聞いたのは自分しかいないと、意を決して警察に匿名で電話をする。 電話に応対したのは岡部警部だった。 英は滝沢のダイイング・メッセージと、その時の状況を恐る恐る岡部に伝える。 新宿の事件の後日、岡山県の倉敷アイビースクエアで、女性が毒の入った缶ジュースを飲んで死亡した。 現場から若い男が立ち去ったのを目撃されており、岡山県警倉敷中央署が捜査に乗り出す。 被害者の山路郁子(新田祐里子)は東京在住のOLで、なんと岡部班の松岡巡査部長(中村静香)の幼馴染みだった。 郁子は友人らと倉敷へ旅行に向かう途中、東京駅で「トモ君」と呼ばれる男性と偶然会い、倉敷でその「トモ君」に会ってくると言って一人別行動をとったという。 偶然にも英の実家の寺で郁子の葬儀があり、松岡が郁子の友人らから話を聞きに訪れる。 郁子たちは倉敷から「高梁(たかはし)」へ行く予定だった。 その会話を耳にした英は、もしかして「タカハシ」は人名でなく地名なのではと考え…。 一方、新宿の事件の捜査が進展し、被害者・滝沢が東京へ行くにあたり望岳寮の帳簿を持ち出していたことがわかる。 その帳簿が入ったボストンバックがいまだ見つからないことから、犯人が計画的に帳簿を強奪したのではと岡部班は推測。 さらに望岳寮について調べると、以前は寮創設者の息子である白神康隆(利重剛)が運営を手伝っていたらしい。 白神に何かを感じる岡部。 だが白神には完璧なアリバイがあった…。 tbs. 「飛騨片麻岩」は日本の最古の岩石と呼ばれ、岐阜県の飛騨地方に中心に分布し、庄川の河原には普通に存在する。 しかし安倉智彦が殺された岡山県の高梁 タカハシ 川に、「飛騨片麻岩」があるのはおかしいと。 このことを警察に電話しようとすると電話の途中で切られ、草西英は白神と運転手の藤井にナイフで脅され誘拐された。 白神はアリバイを作るため警察を利用していた。 犯行当時、警察を呼びつけ、アイバイ工作をしたうえで「望岳寮」を出発。 そのすぐあとに庄川の河原で安倉智彦を殺し、死体と凶器の石をトランクに詰めて倉敷へ向かった。 一方で倉敷営業所に出前を呼んで、安倉智彦がその時点で出かけたようにアリバイ工作をしていた。 白神は倉敷へ来る途中、岡山県新見市の広瀬に凶器の石を捨てて、岡山県の高梁 タカハシ 川に浮かんでいる川舟の中に安倉智彦の死体を捨てた。 白神は車の中で、草西英に事件のことを話した。 10年近くかけて「望岳寮」の帳簿を操作して、ちの投資のための事業資金を作りだしていた。 事業が成功したら返すつもりでいたが、滝沢武彦は不正に気付いていたが、秋になってから「返せ返せ」と催促が激しくなってきた。 その理由は、勲章を受けることになったから不正がバレると困るというものだった。 そして厚生省の監査が入る前に東京で暴露すると、ついに脅してきたので、殺した。 白神は当初、なんとかして告発を防ごうと考えただけだったが、安倉智彦が殺しに積極的だった。 10月7日、滝沢武彦が東京に向かう電車で、安倉智彦は偶然を装って声をかけ、東京につくと新宿の裏通りに誘い出して殺した。 すると白神と赤間のアリバイ工作は無意味となり一味は窮地に追い込まれた。 だからやむを得ず、白神は、山路郁子を殺せと安倉智彦に命令した。 山路郁子が東京に帰った時に、滝沢武彦がころされた事件を知ったら、安倉智彦との関連を必ず連想したはずだ。 安倉智彦は「望岳寮」時代、自分の性格が原因で滝沢武彦に差別されたと恨らんでいた。 その後安倉智彦は「望岳寮」を脱走したが、山で死にかけところを白神が救った。 それ以来、白神のいいなりだった。 そのため「タカハシのヤツ」というダイイングメッセージを草西英に聞かれてしまった。 滝沢武彦のダイイングメッセージ「タカハシのヤツ」の意味は、「タカハシ=岡山県の高梁」で「ヤツ=ヤス」だった。 「高梁の安倉智彦」と言いかけていたのだ。 その後、ヤスで始まる名前=安倉智彦であると警察が突き止めるのは時間の問題となり、安倉智彦を殺す必要が出てきた。 しかし安倉智彦を殺しても、白神一味(白神・藤井・赤間)には警察が立証してくれたアリバイがあるので安心・・・のはずだった。 草西英が「飛騨片麻岩」に気付くまでは。 建物に入ると赤間が座っていていた。 しかし待ち構えていた警察に包囲され、白神一味は逮捕された。 犯人逮捕の瞬間、草西英はショックで気絶した。 草西英が電話で「飛騨片麻岩」と言いかけたこと、草西英と白神が一緒にいること、これらに岡部警部が気付いたからだ。 結果、草西英の大活躍で「飛騨片麻岩」は白神の完全犯罪を崩す突破口になった。 完全犯罪とするために仕組んだ工作が、逆に犯人の命とりになった。

次の

金田一耕助の足跡を辿る

倉敷 市 殺人 事件

事件現場になった銀行(2012年撮影) 1933年午前1時ごろ、玉島町(現在の中央町)にあった(現)玉島支店長の自宅へ制服姿のが訪ねてきた。 そのため支店長(当時40歳)と巡査は、支店長宅の隣にある銀行へ行った。 しかし、いつまでたっても2人が戻ってこないため妻と小間使いが不審に思い行内にいったが誰もいなかった。 そのため支店長次席を呼び、午前4時半ごろに金庫室を開けさせると、そこには支店長が絞殺されており、金庫から3万円(21世紀換算で2000万円相当 )とが奪われていた。 は巡査であるのが確実であった。 そのうえ近隣の聞き込みから当時玉島では珍しい が走っていた目撃証言が得られ、犯人は自動車で逃走したことが判明した。 また県内の乗合自動車会社から当夜、が岡山や玉島方面を客を乗せ走っていたと名乗り出たことから、客もただちに判明し事件発覚後わずか4時間後に犯人は高飛び寸前に勤務先の派出所でされた。 犯行動機 [ ] 犯人は岡山県(現在の)の金川警察署 葛城村巡査駐在所のO巡査(当時28歳)であった。 Oはその年の1月までに勤務しており支店長とは面識があり、支店長はOに対し疑いの念を抱いておらず、Oに背後から電気コードなどで絞め殺されてしまった。 Oの犯行の動機は、幼馴染で相思相愛の仲のTを身請けするための大金が必要だったからであった。 事件前日の17日に岡山であった際、彼女から自分を身請けしてほしいとせがまれ、そのためには2000円(同140万円)が必要といわれた。 またOも玉島時代の借金200円が返済の目処がたっていなかったことから 、その金銭欲しさに銀行強盗という凶行に及んだというものであった。 事件の影響 [ ] 現職警察官による凶悪犯罪であったため、は自らの名で全国の警察官に対し厳重注意の戒告を発し、(当時は官選であり官僚)と岡山県警察部長に異例のが下された。 またOの上司であった金川警察署署長は事件の責任を取り辞任した。 犯人のその後 [ ] 強盗殺人を引き起こした警察官はにされがされた。 また判事からも死刑が言い渡された。 となった警察官は(現在の)にし争ったが確定した。 にで刑が執行された。 その他 [ ] 事件があった安田銀行玉島支店は(9年)にとして建設された近代洋風建築であり、現在は西支店が入居している。 参考文献 [ ]• 岡山県警察史編さん委員会編 『 岡山県警察史 下巻』649-652頁、本部、1975年• 「明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典」401-402頁、、 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

事件事故情報

倉敷 市 殺人 事件

身元不明。 岡山駅西口から南西に300mの住宅街の一角 (山陽新聞2020. 26の紙面から) 2002年5月 強盗致死 倉敷市広江・事務所兼住宅・複数の男が強盗・縛られた男性が1週間後に死亡 (山陽新聞2020. 26の紙面から) 2000年2月 殺人、現住建造物等放火 岡山市中区高島・市営住宅1階・焼け跡から男性の遺体。 容疑者は部屋の住人だが行方不明 (山陽新聞2020. ・女児は帰路の犬に挨拶をするのが通常だったらしいが、当日はそれをしていない。 そのため、不審者に後を付けられていたのでは? ・女児の母親は「急用」ができたため、「帰宅時に私がいなかったら、外の鍵を使って中に入って」と登校前の女児に話していたそうです。 ・女児は途中まで友達と帰宅。 ただし、別れた地点は学校寄りで、1人の帰宅距離は長かった。 ・元FBIの人が当時と同じ季節・時間帯で現場付近の道路を歩いた。 結果、住民1人を見かけただけという「人通りの少なさ」に驚き、「白昼だが犯人にとっては好都合な条件がそろっている」と話していた。 ・第1発見者は姉。 最初は妹が単に寝ているのかと思ったぐらい部屋は乱れてなく、アメの缶が落ちて中身が散乱していただけだそうです。 ・女児に抵抗のあとがない、服装は制服姿、ガラス戸を開ける習慣があるのに閉まっていた、ということから「帰宅と同時に不審者に侵入され殺害された」のでは? ・死因は窒息か失血によるもの。 首の圧迫や口を塞がれた形跡はなし。 ・事件の前に母の車のタイヤのボルトが1本外れていた、事件後に父の車のリアワイパーが折られていた。 単純に考えると、身勝手な恨みを持った人間による犯行か? ・気になる点が、メール便の業者と訪問販売員が短時間に訪れているという証言。 短時間の間に2人の訪問者がいるという点が地方都市では珍しい。 単なる偶然かもしれませんが。 ・母が鍵をかけて出かけたのに約10分後に訪問したメール便の業者は玄関が開いていたので、玄関先にメール便を置いた。 「約10分の間になぜ玄関は開いていた?」。 ・当時の救急隊員の証言等によれば、女児に服装の乱れは一切無く、出血は少量で左胸付近にひっかき傷が数か所。 推測される凶器は包丁などではなく、10mm幅4~10cm長の細く尖ったものではないか?とのこと。 包丁ならば傷口は広く出血多量になりやすい。 また、一般的に子供は体が柔らかいため凶器が入りやすい。 女児の傷口は小さい穴だったので、凶器が抜かれすぐに閉じてしまい出血が少なかったのでは?とのこと。 ただ、胸を刺されたため、ほぼ即死。 ・メール便を覆うように倒れていた。 背後から胸を凶器で突かれそのまま倒れたのではないか?とのこと。 ・当時の女児の通う小学校では不審者情報はなかったが、北隣の学校ではあった。 一方、女児の自宅の北付近では下着ドロやのぞきのような不審者がいるという噂があったが、あくまでも噂話程度。 ・元FBIの推論 他人に恨まれる覚えがないという家族の話から、 犯人の"身勝手な思い込み"による強い恨みによる犯行で、家族の動向を知り、女児しかいない時間帯を狙い、女児の殺害だけを計画していた人間で、家族と少しでも面識のある人間の可能性が高い。 要するに「犯人が勝手に恨んだだけの犯行で通り魔ではない」というのがFBIの見方。 ・隣の学校に不審者情報があるのに、女児の学校には伝わっていないという、当時の情報管理のお粗末さも要因の一つ。 ・元FBIの推論が正しいならば、犯人は地元に詳しい人もしくは、家族の知人の可能性がある。 ・事件の時間帯に、現場近くで不審者がいたとのことですが、それと犯人とを結ぶ証言はない。 ・女児の当時の家族構成は、ご両親、兄・姉・女児だったそうです。 恨みが女児ではなく「家族」に対するものならば犯人は一番狙いやすい女児を狙っただけで、ご両親への恨みだけでなく、兄や姉への恨みの線も視野に入れるべきではないかと、個人的には思います。 1995年4月28日 金 ・平成7 倉敷市 頭を取る目的に2通りの考え方ができ「長年の恨みを晴らした証拠」または、殺人依頼を受けた犯人が「殺した証拠」として持ち去ったのではないかと。 ただ殺すだけなら持ち去る必要はないし、今だに頭部が発見されないということは、現場付近ではない全く別の所にあるのではないかと。 「大池」という池に近い「倉敷市児島上の町」というエリアの地図を見る限り、計画的な犯行でないと逃走できない。 被害者が資産家だと仮定すれば、犯人は被害者から借りた借金返済から逃れたかった、保険金目当て、山林などの資産の売却を断れた恨みなど。 ただ、犯行がプロの仕業っぽい。 あくまでも推論です。 平成13年 賀陽町で行方不明になった男児.

次の