ウォンビン。 【元祖韓流四天王】韓国イケメン俳優ウォンビンの現在の姿が衝撃すぎる・・!<写真有>(2020年6月3日)|BIGLOBEニュース

キムヘジャ若い頃のドラマ画像!プロフィール・ウォンビン共演母なる証明秘話!

ウォンビン

木村拓哉の全盛期を思い出させるような雰囲気を持っているイケメンで、デビュー以降、数多くのドラマや映画に出演、今ではトップスターの中のトップスターとして認められています。 今見ても面白い『アジョシ』、ポン・ジュノ監督の名作『母なる証明』、ソン・ヘギョやソン・スンホンと共演した『秋の童画』は、日本でも有名な作品ですよね。 残念ながら 2010年の『アジョシ』以降、映画やドラマに出ておらず、ファンは彼の帰りを待ち続けています。 業界関係者曰く、数多くの映画やドラマから出演依頼が行っているんだけど、ウォンビンは大きな予算が投入された作品よりかは、作品性の高く多様性を重視した作品に出たいということで、なかなかチャンスがないみたいです。 だから韓国の多くのメディアは、それなら家族の方に行ってみよう(笑)ってウォンビンの家族、特にお父さんとお母さんに結構取材に行っているんです。 ウォンビンのお母さんとお父さんは、ウォンビンが大スターになってからも、変らずに江原道の山の中の小さい村で、農業をやりながら暮らしています。 韓国は日本より家族のつながりを重視するし、親が成人した子供と一緒に暮らしながら生活に口を出したりすることも多い国。 ましてや田舎出身の息子があそこまで大出世しているなら、ソウルに出てきて、息子が用意してくれた豪邸で一緒に暮らすというのも、変な話ではないんです。 K-PIOアイドルの子が「最近、親に家を買ってあげました」という話も、結構聞きますもんね。 なのにウォンビンのお父さんとお母さんは、何一つ変わらず、田舎で素朴な暮らしをしています。 それから、韓国の独特の文化といいましょうか、知らない人に対しても息子や娘の自慢をするのは当たり前のことです。 家族の繋がりが強いからなんだと思いますが、「うちの子はダメなんです」という親はあまりいないんです(笑) (ですから韓国の友だちのお父さんやお母さんに会った時、いきなり自慢をしてきても、びっくりしないでください、韓国では当たり前なんです!変な人じゃないです!) それなのに・・・ウォンビンのお父さんお母さんは、ウォンビンなんてダメダメって言っている?! そんな変わったウォンビンの家族のエピソードを紹介したいと思います。 みんなすっごく有名だと言っているけど、私が見るからにはそうでもないし(笑) これからどうなるかも分からないし。 でもみなさんが力になってくださったら、もっと大きくなるんじゃないかな。 あいつよりカッコよく成長した子なんて、いくらでもいますよ。 芸能人は誰でもなれるわけじゃないよ。 お母さん:「 ひどいな!そんな難しいことでもないでしょ!」 結局、ウォンビンはファンと写真も撮って、サインもしてあげたそうです。 一緒に買い物行こうってお姉さんたちに言われて、行きたくないと、バレたらお姉さんたちも不便でしょうってウォンビンが言った時のお姉さんの反応がこちら。 自分でそれぞれしっかり行きなさいという感じで。 自由なんです。 元々お父さんに似て、無口なの」 記者:「イ・ナヨンさんのことは知っていますか」 お母さん:「いや、誰なのか知らなかったよ、テレビ見ないから。 今回初めて見たんだけど、綺麗な人だね」 記者:「二人は結婚しますかね」 お母さん:「分からないよ、結婚する時が来たらするだろうし、 自分で決めると思うよ」 …めっちゃ淡々としてて全然面白くないインタビューに(笑) ウォンビンの両親の発言にこれからも注目です!.

次の

俳優ウォンビン、10年ぶりのドラマ出演不発?事務所側「確認不可…決まった作品はない」│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

ウォンビン

ウォンビンプロフィール 本名:キム・ドジン(ハングル表記:김도진) 生年月日:1977年11月10日(2020年3月現在は42歳) 国: 韓国・江原道旌善郡余糧面 身長:178㎝ 家族:妻(女優のイナヨン)、長男 職業:俳優 活動期間:1996年~ ウォンビンってこんな人 第一次韓流ブームで 「韓流四天王」の1人として 日本でも大人気だったウォンビン。 木村拓哉さんのような整った顔立ちにメロメロに なった女性もとても多かったものです。 そんなウォンビン、最近はあまりテレビで見かけ なくなりましたが現在はどうなっているか気に なりますよね。 昔から俳優になるのを夢見て演技を学んでいた ウォンビンは1996年のケーブルテレビの公採 オーディションに合格して韓国デビューします。 そしてそれを見ていた韓国で著名なファッション デザイナーの アンドレ・キム氏の目に止まり、 ファッションショー出演したのをきっかけに ドラマ 「プロポーズ」にキャスティングされて 1997年に芸能界デビューを果たしました。 オーディションの合格から一気に成功の道を 歩みだしたウォンビンは2000年に大ヒットした ドラマ 「秋の童話」に出演し韓国で更なる人気を 集めます。 2002年には日韓共同制作ドラマ「フレンズ」で 深田恭子さんと共演し日本でも広く知られるように なり韓流四天王としての地位を確立しました。 ウォンビンの現在がシワシワでメンテ中 第一次韓流ブーム時は大ブレークしていた ウォンビンですが2020年現在では日本のテレビや 雑誌ですっかり見かけなくなってしまいました。 かつては韓流四天王として大変な人気を博した ウォンビンは現在どうしているのか気になりますよね。 ウォンビンは現在42歳になり、顔にシワが目立つ ようになったので 「シワのメンテ中なのでは?」 なんてウワサがあります。 しかし、ウォンビンのファンからは 「シワシワじゃない、今もイケメン」という 声が上がっておりメンテが必要なほどのシワシワに 劣化はしていない様子です。 では何故こんなウワサが立ったのかと調べてみると 2012年11月に韓国の中央日報が 「俳優ウォンビン、ハンサムなルックスに隠れていた衝撃の目元のシワ」 なんて見出しの記事があったことがわかりました。 人間だれしも年齢を重ねるとシワの1つは 必ずできるものですしウォンビンくらいの ハンサムならシワが出来たら渋みが出てより 素敵になりそうなものですよね。 Sponsored Link ウォンビンと嫁イナヨンの子供は何人何歳 プロフィールでもお伝えしたように、ウォンビンは 女優のイナヨンさんと結婚して 1人の子供がいます。 ウォンビンもイナヨンさんも秘密主義なので お子さんについての詳細はわかりませんが、 2015年12月生まれ(2020年3月現在は4歳)の 男の子だということはわかっています。 お子さんの顔がわかる画像は見つかりませんでしたが 美男美女のご両親なのできっと可愛らしいお顔立ち なのでしょうね。 また、妻のイナヨンさんはインタビューで 「夫と一緒に家事や育児をしている」 と語っており、ウォンビンの良い夫&パパ ぶりを垣間見ることができます。 ハンサムな上に家事や育児に協力的なんて、 最高の夫ですよね! 現在では、2010年の映画「アジョシ」以降一切の ドラマや映画の出演オファーを辞退しているウォンビン。 どうやって生計を立てているのかと思ったら韓流スター ならではの不動産運営などで実業家としても活動 しているようです。 今回のコロナウイルスで母国韓国が多大なる被害を 出していることから自身が運営する不動産の家賃を 3月4月の2カ月間通常家賃の50%OFFで減免して ネットでも話題になっていました。 ウォンビンの整形疑惑は昔から 整った顔をしており 「彫刻のようなビジュアル」 「韓国のキムタク」なんて言われるウォンビン ですが、あまりにも整っているので昔から 整形疑惑があります。 確かにウォンビンの目はとてもキレイな パッチリ二重なので 「人工的なものを感じる」「少しぐらい触ってるだろうな」 と思ってしまう人も多いでしょう。 しかし、ウォンビンの幼いころの写真を見ると 「整形なんて必要ない!」というほど かなりの可愛いお顔立ちをしています…! しっかりと現在のウォンビンの面影もあるので、 整形疑惑はデマだと思っていいでしょう。 Sponsored Link ウォンビンのおススメ映画 ちなみにデビュー当時は今を時めくソンヘギョ との共演で話題となった「秋の童話」で大ブレイク したウォンビンですが、その後は映画俳優としての 活躍を中心にしていました。 そこでウォンビン出演のおススメ映画を紹介 したいと思います。 映画というと、韓流ドラマに馴染みがある人は あまり良いイメージが無いかもしれませんが韓国の エンタメ界は特別ですよ。 私も元々韓流ドラマファンから高じて最近は1回 2時間弱で見切れる韓流映画にハマった独りですが 韓流の映画は本当迫力あって面白いですよ。 迫力無いタイプのドラマもありますが個人的には 映画おススメです。 話は変わったウォンビンのおススメ映画なら 個人的には2011年公開の 「アジョシ」がおススメです。 顔だけじゃなくて韓流スターって身体も素晴らしです。 もの凄い作り込んだモムチャンボディが世の 女性をメロメロにしたのは言うまでもありません。 古くだと2004年公開の 「ブラザーフット」も美男子ぶりが 確認できるウォンビンの男盛りを見てもらえるかな と思います。 脇を固める俳優も、あの四天王の仲間だった チャンドンゴンと豪華絢爛。 それにしても若い頃に大人気となったウォンビンは 性格的にも拘りが強いのか、韓国では2010年公開の 「アジョン」以降ドラマも映画も一切出演していません。 「アジョン」以降も何度か映画のオファーを 貰っているウォンビンですがヒットメーカー と言われる監督からのオファーにも関わらず 脚本が気に入らないと全てを辞退しています。 名だたる俳優がこぞって出て話題となった 「軍艦島」にも出演オファーを辞任したウォンビン。 何だかとってもマイペースで、のんびりした所も ウォンビンの魅力の一つかもしれませんね。 とは言え10年近くスクリーンに出てないウォンビン ですがそのイケメンぶりは今だに健在。 そして10年前の映画でも全く古臭く感じさせない 所がウォンビンの凄い所です。 是非コロナウイルスで引きこもり状態のみなさんも 今なら U-NEXTが31日無料視聴期間をキャンペーン しているので、この機会にウォンビンの映画見て みませんか。 他にも気になっていたドラマなど 31日無料視聴期間 なら余裕でサクッと見ダメすることが可能です。 31日以内なら解約手続きも簡単、1円も使わず1カ月 以内なら韓流ドラマも映画も見放題。 ・1997年にドラマ「プロポーズ」で韓国芸能界デビューし、2002年に日韓共同制作ドラマ「フレンズ」で日本でも大ブレーク ・「シワシワでメンテ中」のウワサがあったウォンビンですが、実際は年相応でシワシワではない ・シワシワのウワサの根元は、2012年11月の中央日報の記事見出しが原因 ・ウォンビンは女優のイナヨンさんとの間に、4歳の男の子がいる ・家庭では妻と一緒に家事や育児をする善き夫で素敵なパパ ・昔から整形疑惑があったウォンビンですが、幼いころの写真を見ると面影がハッキリとあり、整形のウワサはおそらくデマ 色んなウワサはありますが、現在もウォンビンは、とてもハンサムでステキな年の重ね方をしているようです。 今は俳優業から遠ざかっていますが、またドラマで活躍するステキなウォンビンを見たいですよね!.

次の

ウォンビン、ドラマ「不可殺」出演を検討するも断った?事務所がコメント“確認はできない”

ウォンビン

略歴 [ ] 江原道旌善郡に2男3女の末っ子として生まれる。 春川機械工業高校(江原道)、を経て、演劇映画科に編入・卒業し、同大学芸術大学院映画学科在学中。 芸能界入りする前は、故郷で自動車の整備工をしていた。 にケーブルテレビ局第一放送の公採3期オーディションに合格しデビュー。 それを見ていた、韓国で最も著名な、の目に止まり芸能界デビュー。 当初はのドラマ『』が大ヒットしブレイク。 日本においては一時に所属し、に日韓合作ドラマ『』の主演を務め、にはIT関連企業「」のCMに出演した。 11月29日、韓国のにより陸軍102補充隊に入隊するが、以前から痛めていたひざの病状が悪化し、「左側ひざ十字靭帯(じんたい)部分断裂」との診断を受け4月に手術。 「兵役継続は困難」と判断されたため、同年6月7日に除隊、しばらくの間リハビリに専念する。 2009年、監督の『』(原題:마더-Mother-)において復帰を果たす。 2013年から女優のと交際し、2015年に結婚。 出演 [ ] 映画 [ ]• (原題:킬러들의 수다)(2001年) - ハヨン 役/監督:/共演:、、• (原題:태극기 휘날리며)(2004年) - ジンソク 役/監督:/共演:、• (原題:우리 형)(2005年) - ジョンヒョン 役/共演:、• (原題:마더-Mother-)(2009年) - トジュン 役/監督:/共演:、• (1997年、) - ヒョヌ 役/共演:、• (1997年 - 1998年、) - ハン・スンジュ 役/共演:、• (1999年 - 2000年、) - カン・ミン 役/共演:、、ヤン・ドングン、• ドラマシティ - 彼が簡易役で降りた(2000年、) - ミノ 役/共演:ヤン・ドングン• (2000年、) - ソン・ミョンテ 役/共演: 、、• (2000年、) - ハン・テソク 役/演出:/共演:、• 日韓共同制作ドラマ『』(2002年、・) - キム・ジフン 役/共演:、 CM・広告 [ ] 韓国 [ ]• ジオジア(2001年 - 2005年、2008年) - ファッションブランドの広告モデル• (2002年 - 2005年)• 「サイオン」(2005年) - 「サイオン・アイディア」キャンペーンモデル• 「」(2008年)• 「マキシムT. P」(2008年 - )• HANG TEN(2010年 - 2011年)• CUCKOO(2010年 - 2013年)• Basic House(2011年 - 2013年)• 「4G LTE」(2011年 - 2012年)• CHRIS. CHRISTY(2011年 - 2014年) - ファッションブランドの広告モデル• K2(2011年 - 2012年)• 自動車「ソナタ ハイブリッド」(2012年)• コリア(2012年)• TOUS les JOURS(2012年)• CENTERPOLE(2013年 - 2014年)• BIOTHERM HOMME(2013年 - )• JD GAMES(2017年 - 2018年)• CHERISH(2018年 - )• SHINSUNG TONGSANG「OLZEN」(2018年 - )• JEAN-MICHEL BASQUIAT(2018年 - ) - ウェアブランドの広告モデル 日本 [ ]• (2005年)• ジャパン「hite d」(2011年) DVD [ ]• BINUS(2006年)• I LOVE YOU(2010年)• Bittersweet Nostalgia(2012年) 社会貢献活動 [ ]• ユニセフ韓国委員会特別代表(2007年 - 2012年) 書籍 [ ] 写真集 [ ]• dream in HEAVEN(2002年)• WWW Wonbin Wide pinup Web (2002年)• 28 day'n year Wonbin(2005年)• Dear Wonbin/ウォンビンへの手紙(2006年) 受賞歴 [ ]• - 新人賞(1999年、『』)• KBS演技大賞 - 優秀演技賞(2000年、『』)• 第16回コリアベストドレッサー賞 - 男性タレント部門ベストドレッサー賞(2000年)• 第37回 - TV部門新人演技賞(2001年、『秋の童話』)• 第27回黄金撮影賞 - 新人男優賞(2004年、『』)• 第12回 - 新人男優賞(2004年、『ブラザーフッド』)• 韓国建築文化大賞 - 国土海洋部長官賞(2008年)• 第4回ベストスターアワード - スター賞(2009年)• 第47回 - 主演男優賞(2010年、『』)• 第47回大鐘賞 - 人気男優賞(2010年、『アジョシ』)• 第31回 - 人気スター賞(2010年、『アジョシ』)• 第8回 - 主演男優賞(2010年、『アジョシ』)• 第6回大韓民国大学映画祭 - 主演男優賞(2010年、『アジョシ』)• CINE21映画賞 - 今年の俳優賞(2010年、『アジョシ』)• 第2回映画記者協会選定 今年の映画賞 - 主演男優賞(2011年、『アジョシ』)• 第8回マックスムービー今年の映画賞 - 最高の男優賞(2011年、『アジョシ』)• 第48回大鐘賞 - 人気賞(2011年)• 第11回大韓民国青少年映画祭 - 男優部門人気映画人賞(2011年)• 第22回 - 男性部門特別賞(2011年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 원빈 공식싸이트. WONBINUS. 2008年10月14日閲覧。 Chosun Online. 朝鮮日報日本語版 2008年7月1日. 2008年10月14日閲覧。 2015年8月3日. 2015年8月5日閲覧。 Japanese JoongAngIlbo(中央日報日本語版). ジョインスドットコム 2008年1月23日. 2008年10月14日閲覧。 네이버 뉴스. NHN 2004年3月7日. 2008年10月14日閲覧。 네이버 뉴스. NHN 2005年4月13日. 2008年10月14日閲覧。 Chosun Online. 朝鮮日報日本語版 2005年6月22日. 2008年10月14日閲覧。 Japanese JoongAngIlbo(中央日報日本語版). ジョインスドットコム 2008年4月21日. 2008年10月14日閲覧。 Chosun Online. 朝鮮日報日本語版 2008年7月1日. 2008年10月14日閲覧。 WoW! Korea. 2010年1月19日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2010年9月7日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2011年1月13日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2011年3月3日. 2019年3月25日閲覧。 Kstyle. 2012年2月2日. 2019年3月25日閲覧。 中央日報日本語版. 2012年2月16日. 2019年3月24日閲覧。 Kstyle. 2012年10月19日. 2019年3月25日閲覧。 Kstyle. 2012年11月13日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2013年2月5日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2012年12月17日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea 2018年2月23日. 2019年3月23日閲覧。 WoW! Korea. 2018年7月17日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea. 2018年11月7日. 2019年3月23日閲覧。 Chosun Online. 朝鮮日報日本語版 2004年12月16日. 2008年10月14日閲覧。 WoW! Korea. 2011年7月14日. 2019年3月25日閲覧。 日本ユニセフ協会. 2007年9月6日. 2019年3月25日閲覧。 한국방송공사. 2008年10月14日閲覧。 한국방송공사. 2008年10月14日閲覧。 원빈 공식싸이트. 중앙엔터테인먼트앤드스포츠. 2008年10月14日閲覧。 네이버 뉴스. NHN 2004年3月24日. 2008年10月14日閲覧。 제16회 이천 춘사 대상영화제. 2008年10月14日閲覧。 、大韓建築士協会、ソウル経済新聞社が主催する「2008韓国建築文化大賞」において、ウォンビンが両親のために建築した住居が竣工建築物部門の本賞(一般住居部門)を受賞し、ウォンビンも建築主として表彰を受けた。 한국건축문화대상. 대한건축사협회. 2008年10月14日閲覧。 Chosun Online. 朝鮮日報日本語版 2008年10月13日. 2008年10月14日閲覧。 WoW! Korea. 2010年10月22日. 2019年3月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• (韓国語) (日本語) (英語) この項目は、に関連した です。

次の