滝川 クリステル 資産。 滝川クリステル、巨額の資産を築いた人脈と進次郎氏の苦悩 (1/3ページ)

進次郎氏の資産公開で判明 滝クリ2.9億円資産に官邸が冷や汗

滝川 クリステル 資産

笑顔を見せる進次郎氏 11月4日、都内で開かれたチャリティーイベントに、小泉進次郎環境相(38才)がゲストスピーカーとして登壇。 イベント終了後、押し寄せた参加者に笑顔で挨拶すると、進次郎氏は足早に移動車へと乗り込んだ。 向かった先は、現在暮らす議員宿舎でもなければ横須賀(神奈川県)の自宅でもない。 身重の新妻が独身時代から住み続ける、都内の超高級マンションだった。 新閣僚が連続辞任した。 10月25日には公設秘書が支援者に香典を渡した問題で菅原一秀経産相(57才)が辞任。 31日には、妻で参院議員の案里氏(46才)の選挙戦における公職選挙法違反疑惑で河井克行法務相(56才)が内閣を去った。 その辞任閣僚に負けないぐらいスポットライトが当たったのが、進次郎氏の妻である滝川クリステル(42才)の資産だ。 菅原氏の辞任と同じ日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣で新たに入閣した15人の保有資産が公開された。 最も注目されたのは、戦後最年少の38才で入閣した進次郎夫妻の保有資産だ。 資料によれば、進次郎氏本人の資産は不動産、預貯金含めてゼロだったが、滝川は2億9001万円もの資産を有していたのだ。 「家族分を含めた総資産は、新閣僚の中で進次郎氏がダントツ。 全閣僚の中でも資産家の麻生太郎副総理に次ぐ2位でした。 進次郎氏の資産ゼロも驚きですが、滝川さんがそこまでのお金持ちと予想した記者は少なかった」(政治部記者) 資産公開時、進次郎氏は「私と結婚することで公開しないといけない。 ルールではあるが率直に(妻に)申し訳ない気持ちだ」と頭を垂れた。 「例えば預貯金のうち公開されるのは定期預金だけで、普通預金や当座預金は対象外です。 また、大臣は配偶者や扶養親族の資産は公開しますが、それ以外の同居親族までは対象になっていないので、土地や建物もそういう親族名義なら公開はされない。 「都内屈指の高級住宅地に、マンションと土地付きで一戸建てを持っています。 そのうち一戸建ては両親が住んでいるようです。 2軒合わせて最低3億円以上の価値があるといわれている。 所有は滝川さんの父親が代表を務める法人で、滝川さんも取締役に名を連ねていますが、公開対象ではありません」(前出・政治部記者) またCMやテレビ出演料などの収入も普通預金で管理していれば公開されない。 滝クリが代表理事を務める動物保護支援のための団体「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」は、寄付金などの金額や使途を一切明らかにしていない。 「法律的に一般財団法人には収支を公開する義務はありませんが、活動内容が健全であることを示すため、ホームページ等でできる限り財政状況を公開するのが現在の流れです」(公益法人に詳しいジャーナリスト) 同財団法人は非公開だが「法令に沿った形で適切に対応しています」と説明する。 3億円でも驚かれたが、普通預金や不動産などを含めると、資産は5億円や6億円にのぼる可能性がある。 たしかに大手企業のテレビCMに数多く出演するなど、2013年の「お・も・て・な・し」ブレークの後の収入は高額だったかもしれない。 それでも、局アナ時代は年収400万円ほどといわれた滝川が、ほんの数年でここまで莫大な資産を作れるのか。

次の

滝川クリステルさんの資産&年収がスゴイ!小泉進次郎さんはヒモ状態か?

滝川 クリステル 資産

提供 莫大な資産が明らかになった滝川クリステル 11月4日、都内で開かれたチャリティーイベントに、小泉進次郎環境相(38才)がゲストスピーカーとして登壇。 イベント終了後、押し寄せた参加者に笑顔で挨拶すると、進次郎氏は足早に移動車へと乗り込んだ。 向かった先は、現在暮らす議員宿舎でもなければ横須賀(神奈川県)の自宅でもない。 身重の新妻が独身時代から住み続ける、都内の超高級マンションだった。 新閣僚が連続辞任した。 10月25日には公設秘書が支援者に香典を渡した問題で菅原一秀経産相(57才)が辞任。 31日には、妻で参院議員の案里氏(46才)の選挙戦における公職選挙法違反疑惑で河井克行法務相(56才)が内閣を去った。 その辞任閣僚に負けないぐらいスポットライトが当たったのが、進次郎氏の妻である滝川クリステル(42才)の資産だ。 菅原氏の辞任と同じ日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣で新たに入閣した15人の保有資産が公開された。 最も注目されたのは、戦後最年少の38才で入閣した進次郎夫妻の保有資産だ。 資料によれば、進次郎氏本人の資産は不動産、預貯金含めてゼロだったが、滝川は2億9001万円もの資産を有していたのだ。 「家族分を含めた総資産は、新閣僚の中で進次郎氏がダントツ。 全閣僚の中でも資産家の麻生太郎副総理に次ぐ2位でした。 進次郎氏の資産ゼロも驚きですが、滝川さんがそこまでのお金持ちと予想した記者は少なかった」(政治部記者) 資産公開時、進次郎氏は「私と結婚することで公開しないといけない。 ルールではあるが率直に(妻に)申し訳ない気持ちだ」と頭を垂れた。 「例えば預貯金のうち公開されるのは定期預金だけで、普通預金や当座預金は対象外です。 また、大臣は配偶者や扶養親族の資産は公開しますが、それ以外の同居親族までは対象になっていないので、土地や建物もそういう親族名義なら公開はされない。 「都内屈指の高級住宅地に、マンションと土地付きで一戸建てを持っています。 そのうち一戸建ては両親が住んでいるようです。 2軒合わせて最低3億円以上の価値があるといわれている。 所有は滝川さんの父親が代表を務める法人で、滝川さんも取締役に名を連ねていますが、公開対象ではありません」(前出・政治部記者) またCMやテレビ出演料などの収入も普通預金で管理していれば公開されない。 滝クリが代表理事を務める動物保護支援のための団体「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」は、寄付金などの金額や使途を一切明らかにしていない。 「法律的に一般財団法人には収支を公開する義務はありませんが、活動内容が健全であることを示すため、ホームページ等でできる限り財政状況を公開するのが現在の流れです」(公益法人に詳しいジャーナリスト) 同財団法人は非公開だが「法令に沿った形で適切に対応しています」と説明する。 3億円でも驚かれたが、普通預金や不動産などを含めると、資産は5億円や6億円にのぼる可能性がある。 たしかに大手企業のテレビCMに数多く出演するなど、2013年の「お・も・て・な・し」ブレークの後の収入は高額だったかもしれない。 それでも、局アナ時代は年収400万円ほどといわれた滝川が、ほんの数年でここまで莫大な資産を作れるのか。 滝川は、局アナ時代に人脈を築いたという。 「2002年にはフジテレビの『ニュースJAPAN』のメインキャスターに抜擢されました。 彼女は仕事熱心で上昇志向があり、テレビ局の幹部に連れられ、政済界の大物やスポンサーらとの会合に顔を出していたそうです。 そうした中で、一介の女子アナが知り合うことのできない人たちとの人脈を培っていったのでしょう」(滝クリを知る関係者) 恋愛にも積極的で、室伏広治(45才)、中田英寿(42才)、小澤征悦(45才)らと浮き名を流した。 恋愛遍歴からも彼女の交友関係の華やかさや幅広さがうかがえる。 そうした人脈が、東京五輪の招致アンバサダーや、大手企業のテレビCMなどの仕事を得るのにも役立ったことは間違いないだろう。 新妻の「稼ぐ力」に進次郎氏自身も動揺しているという。 「結婚発表後、滝川さんは一部メディアが報じた夫の恋愛遍歴に驚いた様子でしたが、今は立場が逆。 政治家にとって資金力は武器になる一方で、自分が資産をゼロで公開していることからもわかるように、進次郎氏は巨額資産が有権者にとってマイナスイメージにつながるとの考えが強い政治家。 何より結婚からわずか3か月で、自身の私生活や妻の経済事情が明かされ、これまでのクリーンなイメージにヒビが入った。 まさに受難の時です」(前出・政治部記者) 結婚発表時、進次郎氏は自身のブログに滝クリの存在を、《力を抜いて、無防備な自分でいることができ、救われる》と綴っている。 いつまで気を抜いていられるだろうか。

次の

滝川クリステル

滝川 クリステル 資産

愛犬を連れて散歩する滝川クリステル氏 10月25日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣の新閣僚らの保有資産が公開された。 資料は就任・退任した大臣・副大臣・政務官130人分、A4判700ページ以上にわたる膨大なものであり、就任した大臣らの全員のデータは26日の新聞各紙朝刊で集計されて報じられる見込みだが、中でも注目されたのが、男性閣僚としては戦後最年少の38歳で就任した小泉進次郎環境相(38)だ。 手元の資料によると、公開された進次郎氏の資産情報は、非常にシンプルなものだった。 【小泉進次郎】 ・土地 該当なし ・建物 該当なし ・預貯金 0万円 ・有価証券 0万円 ・貸付金 0万円 ・借入金 0万円 ・ゴルフ会員権 該当なし ・自動車等 該当なし ・書画骨とうその他の美術工芸品 該当なし もちろん「資産ゼロ」なのではない。 この資産公開は普通預金や当座預金は対象外となっているから、普通預金口座にいくらあるかはわからないのだ。 ちなみに進次郎氏は、2018年4月に発表された衆議院議員の資産公開でも同じく「資産ゼロ」として報告していた。 今回、1年半前と違ったのは、8月に結婚して「配偶者」となった滝川クリステル氏(42)の資産も公開されたことだ。 土地や建物、預貯金などは進次郎氏と同じく「該当なし」だったが、有価証券の欄には数字の記載があり、内訳として以下のように記されていた。 【小泉クリステル】 ・有価証券 国債 1億5000万円 公社債 1399万円 証券投資信託及び貸付信託等 802万円 その他 1億1800万円 合計2億9001万円。 滝川氏は2000年にフジテレビ系列の共同テレビ入社後、2002年からフジ系『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。 2008年にプロダクションと専属契約を結んで以降は、報道番組だけでなく、ドキュメンタリーやバラエティ、CMなどに多数出演し、活躍の場を広げてきた。 近年は2020年東京五輪の招致アンバサダーや国際NGO「世界の医療団」親善大使などを歴任、動物愛護活動にも力を入れるなど、マルチな活躍ぶりが知られている。 テレビ・ラジオやCMなどの出演料を合わせた滝川氏の年間収入は推定1億5000万円と報じられたこともあり、長年、第一線で活躍してきたことを考えれば、3億円近い資産は滝川氏の築いた輝かしいキャリアの充実ぶり、そして堅実さを表していると言える。 それ自体はまったく批判されるべきものではないだろう。 ただ、この数字を公開前に知っていた官邸関係者は「その額を聞いた時には冷や汗をかいた」と明かす。 「進次郎氏はただでさえ四代続く政治家一族の御曹司として、世襲批判を受けやすい立場。 滝川さんとの結婚以来、彼には逆風が吹き続けている。 そもそも閣僚らの資産公開は、政治家の〈清廉さを保持し、政治と行政への国民の信頼を確保する〉ため定められた「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」に基づいて行われている。 1984年の第2次中曽根内閣から閣僚本人を対象に公開が始まり、その後、リクルート事件を契機に本人と家族が保有する資産に対象を広げ、就任時と退任時にそれぞれ公開されるようになった。

次の