コウテイペンギン。 コウテイペンギンの子育ては非常に過酷。身を削るイクメンだ…!【動画あり】

コウテイペンギンの子育ては非常に過酷。身を削るイクメンだ…!【動画あり】

コウテイペンギン

ケープペンギン Spheniscus demersus : : : : : ペンギン目 Sphenisciformes Sphenisciformes Sharpe, 1891 Spheniscidae Bonaparte, 1831 Spheniscomorphae Impennes Eupodornithes ペンギン目 ペンギン科 ・現生• イワトビペンギン属• Eudyptula• Megadyptes• family ペンギンは、 ペンギン目(Sphenisciformes)に属する種の総称である。 ペンギン科(Spheniscidae)のみが現生する。 主にに生息するであり、。 今では使われることは稀だが、「人鳥(じんちょう)」「企鵝(きが、企は爪先立つの意、鵝は)」 というもある。 分布 [ ] の広い緯度範囲に分布する。 主にで繁殖するのはとの2種のみである。 ほかに、・・の3種は、南極大陸の中でも比較的温暖なにも繁殖地があるが、主な繁殖地はである。 他の種類は・南部・・、あるいは南極周辺の島などに繁殖地がある。 最も低緯度にすむのは直下のに分布するであり、その生息域は赤道を挟みわずかに北半球にはみ出ている。 これらの中低緯度の繁殖地はいずれも、周辺からの流れて来る海域に面している。 形態 [ ] ペンギンは、現在では619だが、から、かつてはもっと多くの種類が存在したことが確認されている。 属や種を特徴付けるのは周辺で、それぞれ特徴的な形態をしている。 現生ペンギンの最小種はで体長は約40cmである。 現生最大種はで、体長100-130 に達する。 ただし、種の や、 はコウテイペンギンよりも更に大型である。 多くの鳥類は陸上では、胴体を前後に倒し首を起こす姿勢をとるが、ペンギン類は胴体を垂直に立てる。 鳥類の多くが飛翔に使うは特殊化し、状の「フリッパー」と化していて飛翔能力を失い水中の遊泳にのみ使われる。 首が短く、他の鳥類とは一線を画す独特の体型をしている。 世間一般では「脚が短い」と思われているが、実際には体内のの内側で脚を屈折している。 関節はこの状態のまま固定されているので、脚を伸ばすことはできない。 体外から出ているのは足首から下の部分だけである。 成鳥ではほとんど脂肪に隠されており表面上見えないが、生後まもなくの脂肪の少ないペンギンではその骨格がはっきりと見てとれる。 分類 [ ] の目間は Hackett et al. 2008 、目(科)内は Baker et al. 2006 より。 water birds ペンギン目 オウサマペンギン属 オウサマペンギン コウテイペンギン ジェンツーペンギン属 アデリーペンギン ジェンツーペンギン ヒゲペンギン マユダチペンギン キマユペンギン ハシブトペンギン イワトビ ペンギン マカロニペンギン ロイヤルペンギン キンメペンギン属 キンメペンギン コビトペンギン属 コビトペンギン ケープペンギン属 ケープペンギン マゼランペンギン フンボルトペンギン ガラパゴスペンギン ・ Suliformes ペンギン目は・(の一部)からなるクレード water birds の一員である。 は外洋性の海鳥のである。 ペンギン目は現生科に関してはである、つまり、ペンギン科のみが属す。 従来は1種とされてきた Eudyptes chrysocome の3は、遺伝子の比較により別種とする主張がある。 キタイワトビペンギン Eudyptes moseleyiのみを分化し、ヒガシイワトビペンギンをミナミイワトビペンギン Eudyptes chrysocomeの亜種とする主張もある。 従来は種または亜種とみなされてきたハジロコビトペンギン Eudyptula albosignata は、コビトペンギンに含められ、さらにコビトペンギンの他の亜種と共に、亜種の地位も否定された [ — ]。 かつてはロイヤルペンギンとマカロニペンギン、ハシブトペンギンとキマユペンギンを同種とする説もあったが、遺伝的差異は別種に相当する。 以下の分類はClements Checklists ver. 2015・IOC World Bird List v 7. 1 、和名は山階 1986)、英名はIOC World Bird List v 7. 1 に従う• Aptenodytes forsteri• Aptenodytes patagonicus• イワトビペンギン属• Eudyptes chrysocome• Eudyptes chrysolophus• Eudyptes moseleyi• Eudyptes pachyrhynchus• Eudyptes robustus• Eudyptes sclateri• Eudyptes schlegeli• コビトペンギン属 Eudyptula• Eudyptula minor• キンメペンギン属 Megadyptes• Megadyptes antipodes• Pygoscelis adeliae• Pygoscelis antarctica• Pygoscelis papua• Spheniscus demersus• Spheniscus humboldti• Spheniscus magellanicus• Spheniscus mendiculus• ジェンツーペンギン P. papua 歴史上のペンギン分類には大きく分けて、いずれかの海鳥の仲間だとする説と、他に類縁のない独特のグループだとする説とがあった。 1840 はペンギンを、・・と共に Pygopodes に分類した。 ほぼ同じグループを 1873; 1874 は Anseres、 1882 は Urinatores と呼んだ。 Gray 1849 はやや異なり、海鳥・水鳥の大半を含む Anseres に含めた。 それらに対し、 1867 はペンギンを、他の海鳥から分離し Spheniscomorphae とした。 1880 は、独立したペンギン目 Impennes とした。 1885 は、独立したペンギン上目Impennes とした。 1887 は、鳥類を4グループに分けたうちの1つ Eupodornithes をペンギンに当て、ペンギンはの祖先の段階で他の鳥類とは分かれていたと示唆した。 1888 ; 1893 ; 1898 ; 1933 などは、(現在知られているとおり)ペンギンはに最も近いとした。 それ以降は、ペンギンは目をなし、ミズナギドリ目に近縁だとする説が主流となった。 ただし、独立したグループを形成するという説も後々まで残った。 Verheyen 1961 はペンギン目を、・ウミスズメ目(・ウミスズメ科・アビ科)と共に Hygrornithes 上目に分類した。 Bock 1982 はペンギン目を、・に並ぶ第3の上目であるペンギン上目 Impennes に分類した。 はペンギン目を廃し、現在の water birds 全体を拡大したコウノトリ目に含めた。 ペンギン科は・・ミズナギドリ科(現在のミズナギドリ目)と共にミズナギドリ上科に含めた。 フンボルトペンギン属の化石種2種と 下 の Clarke et al. 2003 はペンギン科とペンギン目を系統的に再定義し、ペンギン科は現生ペンギンのの子孫、ペンギン目はペンギンの祖先が飛翔能力を失ってからの子孫とした。 さらに彼らは、ペンギンの祖先が他の現生鳥類から枝分かれして以降の子孫として Pansphenisciformes も定義した。 ただし、が発見されている最古のペンギンもすでに飛翔能力を失っており、Pansphenisciformes とペンギン目は現状では同じである。 ペンギン科( Clarke et al. の意味での)に含まれる化石属は発見されておらず、ペンギン科には現生属のみが含まれる。 ただし、ケープペンギン属の化石種2種 と がペンギン科に含まれる。 ペンギンの絶滅属については、以下の系統が求まっている (属分類と矛盾する部分は簡略化している)。 ただし遺伝子による系統に比べれば分岐は不確実である。 ペンギン目 Delphinornis Marambiornis Mesetaornis Perudyptes Duntroonornis Arthrodytes Platydyptes Eretiscus Dege Marplesornis ペンギン科(現生ペンギン) 1946 は化石ペンギンを4亜科、現生ペンギンをペンギン亜科 Spheniscinae、計5亜科に分類していた。 パレオスフェニス亜科 - パレオスフェニスクス• パラプテノイディテス亜科 Paraptenodytinae - パラプテノディテス , アルスロディテス Arthrodytes• パレユーディプテス亜科 - パレユーディプテス• アンスロポルニス亜科 Anthropornithinae - , デルフィノルニス Delphinornis, その後 Marples 1952 はアンスロポルニス亜科をパレユーディプテス亜科に統合した。 しかし系統解析では、 Simpson や Marples の枠組みは否定されている。 生態 [ ] ヒゲペンギンの群れ 陸上で繁殖する。 卵は1個〜3個を産み、オスとメスで抱卵をする。 で託児所の意。 クレイシとも)を形成するものがある。 また、羽毛が抜け替わる換羽期には海に入らず、絶食状態で陸上にとどまる種もいる。 ほとんどのペンギンは他の鳥類と同様に春から夏にかけて繁殖するが、最大種のコウテイペンギンは、-60に達する冬ので繁殖する。 そのため、世界で最も過酷な子育てをする鳥と言われる。 人間との関係 [ ] ペンギンの西洋世界での認知は、温帯産ペンギンについてはに始まる。 亜南極産は18世紀以降、南極産は19世紀以降のようである。 日本では江戸時代後期に蘭書で知られたが、その認知は一部の蘭学者にとどまった。 一般への認知は明治後期の日本人の南極探検にはじまる。 の動物園での映像 ペンギンは各地の・で見ることができる。 に際しが中国より送られてきた返礼として、とともにケープペンギンが日本から中国に送られた。 これは前述のように、日本では当時既にペンギンの飼育体系が確立していたが、当時の中国は飼育事例がなかったためである。 南極・亜南極のペンギンの飼育には低温にする設備が必要だが、・・などのペンギンは、氷雪を好まず屋外飼育が可能であり、イギリスの ()、日本でもなどで冬季はにあたる風景が見られる。 日本では1989年に設立されたのペンギンの飼育施設がフンボルトペンギンの生息地の岩山を再現したものであり、以後の温帯ペンギンの飼育施設はそれを踏襲しているが、それまでは戦前ので確立された南極のをモチーフにした白塗りのコンクリートの小山をバックとすることが多かった。 捕鯨との関わり [ ] 時代には日本のがでとともにペンギンを生け捕りにして持ち帰り、やに譲渡されて飼育・展示されていた。 で39年間に渡って飼育され世界最長飼育記録を残したキングペンギン「ぎん吉」や、同館で28年間に渡って飼育されたエンペラーペンギン「フジ」も、大洋漁業(のちの)の捕鯨母船「第二日新丸」に捕獲され渡来した個体であった。 捕鯨母船では上甲板にペンギン用のプールを特設したものもあり、船員たちの憩いの場になっていたという。 船内では餌に解凍して切り刻んだが与えられ、船員らは荒波による船酔いで食事が喉を通らない日でもペンギンの給餌は怠らなかった。 しかし船員もペンギンに関しては素人のため、過剰な給餌で消化不良やを起こし体調を崩す個体もいた。 また、南極からの帰航は温暖な周辺を必ず通過しなければならないため、低温乾燥地帯原住で抵抗力の弱いペンギンはを発症しやすく、帰港時にはすでに衰弱していた個体や園館に譲渡されたのち短期間で死亡してしまう個体も少なくなかった。 文化 [ ] 民俗・俗信 [ ] 南半球(特に温帯・寒帯)に住む動物であるペンギンについて、北半球のヨーロッパや東アジアでは近世以前には知られていなかった。 日本の場合、期にで知られたが、の一部しか知り得なかった。 そのため、ペンギンについて、・のような家禽や、・・など身近な野鳥、あるいはのような気高い野鳥のような俗信などはなく、紋章などにも用いられなかった。 北半球でのペンギン文化は以降のもので、前述の動物園・水族館飼育や、後述するキャラクターによって作られたところが大きい。 ペンギンのキャラクター [ ] 「」も参照 2006年にアメリカでペンギンの絵本 が出版され、波紋を呼んだ。 アメリカのニューヨーク市セントラルパーク動物園に実在した、オス同士のペンギンのカップルを題材にしている。 ペンギンに同性愛行動は存在する。 2006年、ノルウェーのでは、世界初の「生物の同性愛」がテーマの展示会が催され、同性愛自体が自然界でも珍しいことではないという事実が研究で確認されている。 同性同士のペアのペンギンは、ドイツの動物園や日本のなどで存在が確認できる。 映像 [ ] 、イギリスの放送局であるはエイプリルフールの話題にペンギンを用いた映像を制作発表。 その映像 で愛らしいペンギンが空を飛ぶ様子をなどITを援用して巧みに創り出した。 ペンギン歩き [ ] 歩幅を小さくし、そろそろ歩く方法をペンギン歩きと呼ぶ。 冬季の凍結路面などで安全に歩く手法で、日本のほか、ドイツ でも推奨されている。 ファーストペンギン [ ] 集団で餌を求めて海に飛び込む際に、最初に飛び込むペンギンは「ファーストペンギン」と呼ばれる。 転じて「リスクのある新分野に最初に挑戦する人」のことを指す。 「ペンギン」の語源 [ ] ラテン語説 [ ] の pinguis()によるという仮説。 15世紀後半以降、を横断したの漁師が、北西の周辺に生息する飛べない潜水性の海鳥であるをで penguigo(太っちょ)と呼んだ。 16世紀にこの語が英語に入って penguin となったとする。 時を同じくして、南半球を探検しペンギンを初めて見たヨーロッパ人は、オオウミガラスに良く似た形態・生態のこれらの海鳥を同じ「ペンギン」の名でよんだという。 これらは特に区別せず「ペンギン」と総称され、混同されることも多かった。 ウェールズ語説 [ ] 古代の pen gwyn(白い頭)に由来し、オオウミガラス(頭部が白い)を指す語として12世紀ごろから使われていたという仮説。 しかし、一次史料は現存せず、疑問視されることもある。 オオウミガラスの絶滅 [ ] 語源的には「ペンギン」はに由来した。 しかし、当時(16世紀以前)の人々がオオウミガラスとペンギンを峻別していたわけではなく、オオウミガラスと(南の)ペンギンが「ペンギン」と呼ばれるようになったのはほとんど同時期である。 南半球の探検が進み、南のペンギンの研究・利用が増える一方、オオウミガラスは乱獲により17世紀ごろから激減し、18世紀には猟が商業的に成り立たなくなり、にはした。 これにともない、「ペンギン」は南のペンギンを指すことが徐々に多くなり、ついには完全に南のペンギンのみを指すようになった。 出典 [ ] []• Hackett, S. ; Kimball, R. ; Reddy, S. ; Bowie, R. ; Braun, E. ; Braun, M. ; Chojnowski, J. ; Cox, W. et al. ; Pereira, S. ; Haddrath, O. ; Edge, K. 2006 , , B 273: 11—17 ,• Banks, J. ; Van Buren, A. ; Cherel, Y. ; Whitfield, J. 2006 , , Polar Biol. 30: 61—67 ,• テュイ・ド・ロイ、マーク・ジョーンズ、ジュリー・コーンスウェイト『新しい、美しいペンギン図鑑』上田一生監修、裏地良子、熊丸三枝子、秋山絵里菜訳、エクスナレッジ、2014年、224-227頁。 Peucker, A. ; Dann, P. ; Burridge, C. 2009 , , 126: 397—408 ,• 2016. IOC World Bird List v 7. : Retrieved 18 April 2017• ; Bertelli, S. ; Giannini, N. 2006 , , 22: 412—441 ,• Ksepka, D. ; Clarke, J. 2010 , Bulletin of the 337 ,• 日本国環境省地球環境局. 南極辞典. 2008年3月26日閲覧。 小樽市ホームページ 2017年1月12日閲覧• ロイター(2017年1月6日)2017年1月12日閲覧• HRビジョン 2016年2月29日. 2020年5月31日閲覧。 『ペンギン、日本人と出会う』 著、刊 2000年 - 特に、日本でのペンギン飼育に関する記載に詳しい。 注釈 [ ].

次の

テイコウペンギン

コウテイペンギン

黒と白のコントラストで、凛とした立ち姿の「 コウテイペンギン」。 別名「 エンペラーペンギン」とも呼ばれており、 ペンギンの中で最も大きく、まさに「皇帝」にふさわしい堂々とした風格をしている。 一方、大きな体を左右にゆらして ヨチヨチ歩く姿のこっけいさや、 ふわふわの毛をしたヒナのかわいらしさも、コウテイペンギンの魅力である。 このコウテイペンギン、じつは、 世界一過酷な子育てをする鳥といわれているのをご存知だろうか。 ブリザードが吹き荒れる極寒の南極で、 ひたすら卵をあたため続けるオス…。 え!? オス? と、まずそこに衝撃をうけた方も多いだろう。 実はコウテイペンギンが卵からヒナにかえるまで、まさに 身をけずって子育てするのは オスなのだ。 というわけで今回の雑学では、コウテイペンギンの過酷すぎる子育てにせまってみよう。 そうなんだよ。 しかもその子育てはとても過酷なものなんだ…! 【雑学解説】コウテイペンギンは、オスのほうが2ヶ月間絶食して卵をあたため続ける コウテイペンギンが暮らしているのは、地球の最南端・ 南極。 海の近くに群れをつくって暮らしている。 しかし、そこはエサになる魚も多いがアザラシやシャチなどの 天敵も多いため、小さなヒナを育てるには危険すぎる。 そこで、4月頃(南極では秋)になると、 子育てをする場所をさがして、海をはなれ 内陸へと向かって大移動する。 時には 100kmもの道のりを歩いて移動するという。 よちよちと100km歩くことがすでに過酷である。 コウテイペンギンの歩くスピードは時速0. 5kmだといわれているから、 100km歩くには200時間…。 まったく休まず歩いても8日以上かかる計算になる。 おそらく、1か月ほどかけて歩くのだろう。 しかもどんどん海からはなれていくため、エサはない…。 なにも食べずに歩き続けるのだ。

次の

カワイイだけじゃない!?【ペンギン豆知識★12連発】

コウテイペンギン

分布 [ ] の周辺に分布し、非繁殖期は海上で群れを作って生活する。 形態 [ ] 全長115 - 130センチメートル。 体長は100-130cm、体重は20-45kgに達する。 現生のペンギン目内では最大種。 頭部とフリッパーの外側の羽色は黒。 上胸は黄色。 腹部やフリッパーの内側は白色。 側頭部の耳の周辺は橙色。 下嘴に黄色やピンク色の筋模様が入る。 後肢にはピンク色の斑紋が入る個体もいる。 下のくちばしの根もとには嘴鞘(ししょう)という部分があり、ここも黄色をしている。 外見はオウサマペンギンに似るが、オウサマペンギンは体長95cmほどと小型で、頭部から胸にかけての黄色部分が橙色を帯びること、くちばしやフリッパーが長くて頭身が小さいことなどから区別する。 また、生息域や繁殖地も異なる。 雛の綿羽は灰色。 頭部は黒く、顔は白い。 生態 [ ] 最大で水深564メートルまで潜水した記録がある。 通常は2分半から4分潜水し、深い場所に潜る際は12分潜水することもある。 最長潜水時間は22分だが、水深の浅い場所での記録であり氷の割れ目を探すのに手間取ったためと考えられている。 潜水能力は鳥類最高で、水深500m以上の深さに20分以上潜るとも言われる [ ]。 他のペンギンと同様に肉食性で、、、などを捕食する。 卵や雛の捕食者としてオオフルマカモメが挙げられる。 繁殖に失敗した個体は別の親から卵や雛を奪おうとすることもあるが、この際に奪おうとした卵が壊れたり雛が死亡することが多い。 いっぽう、おもなはやである。 『ナショナルジオグラフィック』によると、英国の海洋生物学者の観察から、コウテイペンギンの瞬間的なスピード泳力の秘密は、羽毛に蓄えた空気から気泡を発生させることで、海水と体の間の摩擦抵抗を減らすことにあったとわかった。 繁殖行動 [ ] コウテイペンギンの卵 ペンギンは南極にすむと思われがちだが、実際に南極大陸におもな繁殖地を持つのはコウテイペンギンとの2種類だけである。 アデリーペンギンは夏に地面が露出した海岸で繁殖するが、コウテイペンギンは零下数十度の冬ので繁殖を始める。 このためコウテイペンギンは「 世界でもっとも過酷な子育てをする鳥」と呼ばれることがある。 厳しい冬に子育てを始めるのも、ヒナの成長と餌の量に関連したものと考えられる。 南極では秋にあたる3月から4月の頃、群れは海を離れて繁殖地である氷原に上陸する。 は海岸から50-160kmほど離れた内陸部である。 これほど海岸から離れる理由の一つはから逃れるため、また雛が成長する前に氷原が溶けてしまうからであると考えられている。 およびそれに続くの後、5月から6月にかけては長径12cm、重さ450g程度の卵を1個だけ産む。 産卵により疲労しているメスは餌を求めて海へ向かい、繁殖地に残ったはを足の上に乗せ、抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる両肢の間のお腹のだぶついた皮を使って、抱卵を始める。 抱卵は立ったままで行い、巣はない。 繁殖地へ移動した頃から数えると約120日間も絶食していることになる。 8月頃にはヒナが生まれるが、メスがまだ戻ってきていない場合には、オスはから分泌した白色の乳状の物質(ペンギンミルクと呼ばれることがある)を餌としてヒナに与える。 メスが海から戻ってくると、ヒナの給餌はメスが行うため、オスはやっと海に出て行けることになるが、遠い海までの道のりで力尽き死んでしまうオスもいる。 オスだけが抱卵するのはコウテイペンギン特有であり、他のペンギンはオスとメスが交代で抱卵する。 海へ行ってきたメスはヒナのための食物(オキアミなど)を胃に貯蔵しており、食物を吐き出してヒナに餌として与える。 ヒナは最初羽毛も生えていないが、やがてを小さくしたような黒と灰色の綿毛が生える。 海へ行ったオスは、やはり同様に食物を胃に貯蔵して、数週間後に繁殖地へ戻ってくる。 以後、オスとメスが交代でヒナの番と餌運びを行う。 ただ、戻ってきてもヒナがなくなっていたりしていると、メスは他のヒナを奪って育てようとする。 ヒナの成長につれ、摂取する餌の量が増えていくと、オスとメスが両方とも海に出るようになる。 クレイシは子育てを行っていない若鳥などに守られながら徐々に海岸へと移動する。 ヒナが充分に成長する頃にはクレイシも海岸に到達し、南極も夏を迎える。 ヒナが成鳥の羽に換羽するのと同時期に、成鳥も冬羽から夏羽に換羽する。 なお換羽の間は海に入らず、絶食することとなる。 換羽の終わった群れは餌の豊富な夏の南極海へ旅立つ。 保全状態評価 [ ] 大型であること・生息環境が安定していること・人間の影響がないことから生息数は安定している。 一方で温暖化による生息地の棚氷の減少が懸念されている。 海水面の変化により2100年までに多くの繁殖地が影響を受け、壊滅する繁殖地もあるという説もある。 2009年に人工衛星からの調査では46コロニー、238,000ペア、595,000羽の個体数が確認された。 長寿記録 [ ] 飼育下における最高齢記録は日本ので飼育されていた「」の28年5ヶ月(3月29日~8月28日、野生由来のため実年齢は不明)である。 「フジ」は長崎水族館の顔として長年に渡って親しまれ、死後はとなって現在はで大切に保存されている。 見られる水族館 [ ]• 出典 [ ] []• Aptenodytes forsteri. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e. T22697752A132600320. Downloaded on 04 June 2019. 『NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版-ナショナルジオグラフィック-2012-11』日経ナショナルジオグラフィック、2012年10月31日発行 この原理は、造船工学、繊維科学など他分野でも応用されている。 National Geographic. 2016年6月13日閲覧。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 (映画)• (コウテイペンギンがモデルとなっているのキャラクター)• (コウテイペンギンの雛がモデルとなっているキャラクター)• (コウテイペンギンがモデルとなっている) 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる( - )。

次の