なん じ ぇ スタジアム。 ノブナカなんなん?|テレビ朝日

なんJ

なん じ ぇ スタジアム

良いスタジアムとはなんなのか? 良いスタジアムとはなんなのか? 何が良いのかと言うのは非常に難しい。 人それぞれ観点が違うので、なかなかこうだと言えない所がある。 たとえば選手を目の前で見たい人、ピッチをちゃんと見渡せる方が良いと言う人それぞれだ。 良く言う「専用スタジアムが良い」と言うが、それは僕は一概には言えないと思う。 例えば、球技専用でも何種類かある。 純粋にサッカー専用、ラグビーやアメフトと兼用。 どういう事かと言うと、サッカー専用はサッカーのピッチサイズに併せてスタンドが出来ている為に、ピッチのすぐ横がスタンドになる。 しかし、ラグビー、アメフトと兼用だと、サッカーのピッチより大きくサイズを取る為に、ゴール裏のスタンドが物凄く遠い。 こうなってしまうと、決して見やすいとは言えないのだ。 ラグビーと兼用のニッパツ三ツ沢球技場 サッカー専用の日立柏サッカー場 上の写真を見比べて欲しい。 二つの違いが一目瞭然だと思う。 しかし、ゴールまでが遠い兼用の球技場でも目線を高くするとどうなるか。 ラグビーと兼用のホームズスタジアム神戸 ラグビーと兼用のベストアメニティスタジアム これは札幌ドーム。 特殊な例だが、ピッチとスタンドの間に構造上の大きな溝があるため距離がある。 しかし、スタンドが高く作られているために非常に見やすい。 このように、距離があっても反対側サイドまでちゃんと望めるようになる。 スタジアムではこの「高さ」が重要なポイントになってくる。 最前列が低いのは致し方ない事だが、なるべく後ろに行かずに高い位置で見るとなると、スタンドの「傾斜」が重要になる。 同じ列数でも、奥行きがあって傾斜が緩ければ、重要な「高さ」が無くなりピッチから離れてしまうので見辛い。 しかし、傾斜があれば重要な「高さ」も出来るし、ピッチからの距離も短くて済む。 カシマサッカースタジアムは、近さ・傾斜共に優れたスタジアムだ スタンドでもうひとつ大切な事がある。 サッカーは雨でも試合をするスポーツである。 また、日本は春〜秋に掛けてリーグ戦を行なうリーグが多い。 そのために夏場昼間の試合になると屋根の無いスタンドは日陰が出来ずに灼熱地獄になる。 したがってスタンドに屋根があることは絶対条件だろう。 だが、日本のスタジアムにはメインスタンドの一部にしか屋根がないと言うのがスタジアムの定番になっている。 また、デザインが重要視されてる所があり、屋根があっても全く機能してないスタジアムもある これは笠松運動公園陸上競技場。 Jリーグで使用されるスタジアムだが、この様にメインの一部にしか屋根がない たつのこフィールドの様にJFLクラスになると屋根が全くないスタジアムもある。 ここでの良いスタンドの定義は 「ピッチに近くてスタンドに傾斜があり屋根があること」だ。 中にはマリノスタウンの様にかなり当てはまるのにとてつもなく見辛いと言う例外があるので注意。 要は「試合は見辛いけど選手を少しでも近くで見たい」のか「試合がしっかり見やすい」のかの選択になる。 これはトラックのある陸上競技場でも言える事だ。 静岡スタジアム・エコパでの例だが最前列だとこんなに遠く見辛い しかし二階席に行くとピッチ全体が見渡せる これは人それぞれの判断でぜひ試してみてほしい。 全体を見たい人は、ゴールマウスより高い位置で見るのがちょうど良い。 ユアテックスタジアム仙台は屋根もあり、ピッチからの近さ・傾斜、高さに優れたスタジアムだ そしてもうひとつ重要なのは、「アクセス」だ。 日本のスタジアム特徴として、市街地から少し離れた大きな公園の中にある。 土地的な問題もあるのだろうが、日本ではスポーツ施設をまとめてひとつの場所に建設する特徴があるからだ。 基本的に大きなスタジアムを建設するのは地方自治体だ。 一企業がスタジアムを建設して運営すると言うのは難しいと言う事だろう。 しかし、海外に目を向けるとスタジアムの中にショッピングモールや結婚式場、レストラン等、大型複合施設になっているパターンが多い。 こういった概念が日本にはまだまだないのだろう。 地方自治体がスタジアムを建設する時は、国体のような大きな総合スポーツイベントが無いと計画がでない。 サッカーのみではなかなか動かないの現状で、こういった形になりアクセスが悪くなる。 設備自体も陸上競技場がメインになるのでサッカー場と言うのは省かれてしまう傾向にある。 駅前スタジアムの代表ベストアメニティスタジアム 大抵の陸上競技場はこういった運動公園内にある Jリーグ会場のNDソフトスタジアムも山形県の総合運動公園内にある こう言ったスタジアムは市街地からは離れて、最寄り駅も遠い場合がほとんどだ。 しかし、近くにバス停があり本数が多ければ問題はない。 そこはスタジアムによって違うのでチェックして欲しい。 では、アクセスが良いとはどういった事なのだろうか? 基本的に時間の計算が出来る電車の駅から近い事を、このサイトではアクセスが良いと言っている。 そして、駅から徒歩10分圏内が良いと言えるだろう。 しかし、室蘭市入江運動公園陸上競技場の様に室蘭駅から徒歩5分と抜群なアクセスに見えがちだが、室蘭駅自体に列車が1時間に1本程度しかない場合がある。 こう言った場合は、色々と計画をしなければならないので注意。 さてここまで話しをしたのをまとめると…。 「ピッチに近くてスタンドに傾斜があり屋根があること・市街地の中にあり最寄り駅から徒歩10分圏内」になるかな。 この辺を頭に入れて、スタジアムを比べてサイトを見てみると良いと思う。 是非自分なりのお気に入りのスタジアムを見つけて欲しい。 [PR].

次の

良いスタジアムとはなんなのか?

なん じ ぇ スタジアム

このサイトについて 当サイトは、まとめブログを中心としたアンテナサイトです。 サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。 また当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 ご意見やご要望がございましたら、 のダイレクトメッセージまでご連絡下さい。 まとめブログ管理人様へ 下記の内容をご了承下さい。 ・取得記事に対してAI分析を実行し、野球に関する記事か否かを判定しております。 判定基準は機械学習による影響が大きいため、精度は完全ではありません。 ・当サイトでは「NGワードデータベース」による取得記事のフィルタリングを行い、社会通念上不適切だと判断される文言がタイトルに含まれる記事の取得を行いません。 具体的な判断基準は公開できません。 ・類似した記事が既に当サイトに存在している場合、記事の取得を行わない場合があります。 ・取得した記事は当サイトが運用するTwitterアカウントにてツイートする場合がありますが、取得した全記事に対してのツイートすることを保証するものではありません。 ・特定の個人や団体を誹謗中傷する等、内容が不適切だと判断される記事や行為を確認した際には通告なく登録サイトから削除します。

次の

良いスタジアムとはなんなのか?

なん じ ぇ スタジアム

理由その1 「税金を使って作っているからです」 プロ野球が使用している球場は民間の所有物が多いです、甲子園、東京ドームなど。 民間の資金で球場を作るのなら、自由に設計できます。 それに対してサッカー場の多くは公共施設。 「サッカー競技者とサッカー協会のためだけに専用球技場を作れ」、とは言えないんです。 陸上競技とか、いろんなところに気を使わないといけない。 サッカー専用球技場のように見えても、ゴール裏を広く作ってありますよね。 ゴール裏のスタンドからは遠い場合が多いですよね。 あれはラグビーやアメフトにも配慮しているんです。 理由その2 「日本においてサッカーはメジャースポーツとしての歴史が浅いからです」 陸上競技場の横には、たいがい野球専用球場が併設されていますよね。 国立競技場と神宮球場とか。 一見すると野球ばかりがエコひいきされているようにも見えますが… 我が国において野球は、明治時代からダントツで盛んだったんです。 だから専用球場が整備され始めたのが異常に早いんです(甲子園や神宮なら1920年代の建設)。 また、そもそも昔は観客席が必要なスポーツなんて野球しかなかったし。 それに、野球以外の競技団体の幹部も、子供の頃は野球少年だった人も多いんです。 サッカー協会の幹部にすら野球少年だった人もいます。 だから、野球がある程度は特別扱いされるのも当然、と日本社会では見なされています。 反対にサッカー協会の幹部が「専用球技場をたくさん作れ」と言おうものなら、「つい2~30年前までマイナー競技だったくせに何をエラそうなことを言っているんだ!」と、他団体からブーイングを受ける可能性が大です。 もしも、サッカーが古くからメジャースポーツで、社会のそこかしこに経験者が存在すれば、あるいは税金で専用球技場をたくさん整備するのも認めてもらえるんですが。 最後に、野球場よりもサッカー場(陸上競技場)が良い点について 民間施設の野球場は、都市部の一等地にある場合が多く、稼働率と収益率を上げないといけないんです。 つまり野球が行われない日もコンサートなんかのイベントを開いて、儲けないといけない。 だから人工芝にしてしまう。 あれは良くないです。 その点、公共施設だと稼働率と収益率を民間ほどは気にしなくてよいですから、天然芝を敷いて、芝の養生のために競技場を休ませることもできます。 あれはサッカー場(陸上競技場)の良いところですね。 日本には各県、各市にサッカーラグビー場や球技場と、トラックなしの専用グラウンドがあります。 しかし、長年見るスポーツとしてサッカーがあったわけではないので、収容1000人ぐらいのスタンドだけで充分役割をはたしていたのです。 近年になってプロとしてやるにはスタジアムにも基準ができましたが、いきなり用意するのは財政的に不可能です。 そこで、毎年各県持ち回りとなっている、国体に開会閉会式場として使われる、トラック付きの総合スタジアムが利用されているケースが多いのです。 また、大きなスタジアムを新設するにしても、何十億というお金は、税金などを投入しないと作る事は不可能。 そして、税金を投入して、市や県の事業としてやるには、多くの人の理解が得られるように、工夫が必要で、そのために陸上トラックを付けることも有効な手段です。 県の総合グラウンドならば、各種競技の県大会や体育の日など祝日のイベントやその他のイベントでも使われていますが、陸上トラックがあれば、さらに稼働率をあげることができます。 そもそも日本の場合、クラブがあるからスタジアムを建てたというのは少ないです。 スタジアムがもともとあって、クラブチームが使うようになりました。 クラブがスタジアムを作って、維持費を払っていけるクラブは、鹿島、浦和、名古屋ぐらいじゃないでしょうか。 G大阪も新スタジアム建設に向けて動いているみたいですし。 じゃあどこが維持費を払っているかと言うと、自治体だったり、ネーミングライツを獲得した企業です。 等々力や西京極なんかはもともとあった古い競技場です。 味の素スタジアムや東北電力ビッグスワンあたりはネーミングライツがついたスタジアムです。 クラブが自治体や企業に使用料を払って使っています。 ある程度キャパがあるスタジアムを使っているチームは集客力があるちーむです。 前置きが長くなりましたが、サッカーだけだと赤字になって維持していくことができないために、他目的のスタジアムを作ってサッカー以外の種目を出来るようにしているためです。

次の